第二新卒で転職に失敗しないためのポイント

最近、第二新卒の採用を積極的に行う企業が増えてきています。

第二新卒で転職する人は新卒よりも離職率が低いことが人気の理由ですが、失敗しないで転職するためにはいくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

自分がなぜ転職をしたいのか、転職をすることによってどういうメリットがあるかをまず熟考してみてから行動を起こさないと転職を繰り返す羽目に陥ってしまうこともありますのであくまでも伸長に行動しましょう。

働く職場が自分の人生に大きな影響を及ぼすこともあるわけですから、単なる思いつきで転職をすることは避けたいものです。

おすすめの就職・退職代行サービス

第二新卒が転職で失敗しやすいパターン

第二新卒というと一度新卒で就職はしていますが、年齢的にはせいぜい25歳ですからまだまだ仕事と人生に対して判断が甘い部分があります。

自分が転職で失敗しやすいパターンにはまっている場合には転職活動に精を出してもなかなか面接に通らない、内定がもらえないといった状況になりがちですから注意しましょう。

第二新卒が転職で失敗しやすいパターンを実際にいくつかご紹介しますので、自分が当てはまらないかどうか今一度確認してみることをおすすめします。

今後のキャリアプランを明確に持っていない

新卒でせっかく入った会社を辞めてまで転職するためには、「自分がこういう仕事がしたい」「自分のキャリアプランをこの会社でこういう形で実現したい」という強い姿勢がないとまた失敗してしまう可能性が高くなります。

企業側としては「なぜ第二新卒でうちの会社に来たいのか」というポイントを重視しますから、それに明確に答えられるようでなくては採用する方も決断を下せません。

自分が希望しているキャリアプランを現在の職場で実現することは本当にできないのかどうか、ただ闇雲に「今の会社ではだめだから転職したい」と思い込んでいるだけなのではないか、よく自問自答することから始めなければ転職は成功しません。

新卒で就職した会社を辞めてしまってから転職活動を始める

第二新卒で転職しようと考えている人の中には、新卒で就職した会社を最初に辞めてしまい、その後に転職活動を始める人がいますが、これはリスクが大きいのでおすすめできません。

第二新卒の需要は高まっており、近年は売り手市場となっていますが、だからといって希望の会社にすぐに入れるかどうかはわかりません。

採用する側としてもこれまで働いてきた会社を辞めて、保証も何も全くない状態で転職活動をしていれば「無鉄砲な性格だ」と判断しかねません。

転職活動には膨大な時間と労力が必要ですが、最初に入った会社は辞めずに、仕事と並行して転職活動をするのが常道です。

第二新卒といえば社会人になってまだ2〜3年しか働いていませんから、転職活動をする間働かなくても食べていける貯金がある人は稀でしょう。

仕事をしながら転職先を探していくうちに現在の職場の良さを見直し、転職したいという気持ちが薄らいでくるかもしれません。

有名企業や大手だけをターゲットにしている

第二新卒で転職を考えている人の中には自分のスキルや能力を過大評価しているケースが時々あります。

「大企業や有名企業であれば自分の能力をもっと発揮できる」と考える第二新卒の人も多いのですが、大手の求人には大勢の志望者が集まりますからよほどのスキルがなければ面接に通る可能性は低いと考えなければなりません。

有名企業や大手だけを志望会社にしていると競争率が高くて失敗することが多いので、謙虚になって職探しをすることが重要になってきます。

転職する理由を他人に転嫁している

転職を考えている人の中にはその理由として「職場の雰囲気が悪い」「自分の能力を活かせない」などを挙げることが多いのですが、職場を変えてもまた職場の雰囲気が悪ければ転職は失敗ということになってしまいます。

転職したい理由を外に求める人は何度も失敗してしまう可能性が大きいと考えた方がいいでしょう。

第二新卒の転職で失敗しないための4つのポイント

第二新卒の転職で失敗しないためにはどんなことを心がけたらいいのか、ポイントに分けて具体的に見ていきましょう。

少なくとも3年は辞めない覚悟で転職先を探す

第二新卒の採用に二の足を踏む企業の理由は、「うちに来てもらってもまたすぐに辞めてしまうのでは」ということです。

転職の動機が曖昧だとなかなか採用までこぎつけないのが現実ですが、本当に第二新卒として転職したいのであれば、どんなに短くても3年は続けられるという確信の持てる転職先を選ぶことが大切です。

終身雇用制が美徳とされた昔の日本と違い、現在では才能と受け入れ先があればどんどん転職してキャリアを磨いていくのもひとつの人生です。

特にIT業界など新陳代謝の激しい分野では転職することによって力をつけていく人も少なくありません。

転職で失敗しないためには「転職はネガティブなもの」という先入観を自分で持たないことも重要です。

自分の強みや欠点をもう一度を掘り下げて考えてみる

第二新卒で転職を決意するのにはそれなりの覚悟がありますが、現在の職場の何が不満なのか、どこが自分に合わないのか、そして自分の強みと欠点は何なのかを今一度掘り下げて考えてみることによって、最適な転職先の企業というものが自ずと分かってきます。

自分の強みは「粘り強いこと」だと思い込んでいても、面接の場では「粘り強いのなら今の職場でも頑張れるのでは」と切り返されてしまうこともあります。

社会人として成長していくには自分を冷静に見つめることのできる客観性を養うことも大切です。

転職したい会社の現場の情報を収集する

「職場の雰囲気が合わないから辞めたい」というのは第二新卒にありがちな転職の理由ですが、こういう人は一度転職してもまた職場が肌に合わないと言って勤め先を転々とする傾向があります。

失敗のない転職を本気で考えているのでしたら、志望する会社の現場の情報を出来るだけ多く収集するように心がけてみましょう。

企業の中には職場訪問に応じているところもありますし、OB・OG訪問をして実際に働く場の雰囲気を確認できるところもあります。

職場訪問のできる案件をまとめて紹介している転職エージェントもありますので、上手に活用すれば失敗のない転職をすることができます。

OB・OG訪問をするためには、まずメールで学校時代の先輩に連絡を取り、OB・OG訪問をしたい旨を伝えます。

メールの件名は「OB(OG)訪問のお願い」などと明確にしておきましょう。

訪問の許可が出たら指定日時の10分前には会社に到着しておきたいところですが、どんな質問をしたいのかをあらかじめまとめておかなければなりません。

ただ漠然と行って会社の雰囲気を見るだけでは訪問した意味がありませんから、必ず10個程度の質問を用意し、メモに書き出して行くことをおすすめします。

転職エージェントを最大限に活用する

転職サイトの求人案件を見て、気に入った企業に片端から職務経歴書と履歴書を送るのも一つの就活方法ですが、これでは転職したいと希望している会社がどんな環境なのかが分からないままに下手な鉄砲を撃っているようなものです。

現在の仕事を続けながら失敗しない転職をしたいと考えるのなら、転職サイトよりも転職エージェントを活用した方が効率が上がります。

転職エージェントの中には求人募集を出している企業を定期的に訪問して雰囲気を把握しているところもありますから、希望を明確に伝えておけば自分のニーズに限りなく近い紹介してもらえる可能性が大きくなります。

転職エージェントへの登録はほとんどの場合が無料ですので、2〜3箇所に登録しておくといいでしょう。

第二新卒でも転職に失敗しない!【おすすめ転職エージェント3選】

働きながら転職活動をするのは大変なものですが、転職エージェントに登録すれば面接の日程調整まで行なってくれますので精神的なプレッシャーをかなり軽減することができます。

第二新卒向けの転職案件が多い転職エージェントをいくつか選んでみましたので参考にしてみてください。

「Re就活」なら職場見学ありの求人も豊富!

第二新卒と20代専門の転職エージェント「Re就活」には「職場見学あり」の特集ページが掲載されていますから、まずは職場の雰囲気を見て失敗のない転職をしたいという人はぜひ登録しておくことをおすすめします。

Re就活なら有名企業や大企業への転職も夢ではありません。

書類選考なしの優良企業を数多く取り扱っている「JAIC」

転職した後の離職率が極端に低いことで有名なのが第二新卒専門の転職エージェント「JAIC」です。

JAICでは書類選考を通らなくても直接面接を受けられる案件を数多く取り扱っており、就職に成功した後も1年間はフォローサポートが受けられますので、質の高い転職エージェントを探している人にはかなりおすすめです。

サポート体制が充実! 大手の「マイナビエージェント」

求人案件の多い「マイナビエージェント」は第二新卒の転職で失敗しないためには必須の転職エージェントです。

マイナビエージェントでしか見れない第二新卒向けの求人もあり、大変貴重です。

職務経歴書の添削や模擬面接などのサポート体制も充実しており、失敗のない転職をすることができます。

まとめ

第二新卒で理想に近い企業に転職するのは容易なことではありませんが、上手くいけば自分の人生が大きく変わってくる可能性もあります。

一度しかない人生なのですから、失敗を恐れているだけではなく、自分の能力とやる気を信じて思い切って行動を起こしてみるのもいいものです。

第二新卒の最新記事8件

  • 口コミでも人気!第二新卒向けの転職エージェントおすすめ6選

    第二新卒の転職成功の秘訣は、サポート体制がしっかりしていて口コミでも人気の転職エージェントをやはり利用すること。実績の高い転職エージェントは、利用者から良い評価を得ていることが多いです。実際に利用した人からの評価が高ければ、確かに転職の際に安心が持てますよね。 そこで今回は、口コミで高い評判を得ている人気の転職エージェントをご紹介していきたいと思います。 ・転職についての不安が大きいので相談したい…

  • 就職における第二新卒とは?大卒だけでなく高卒も当てはまる?

    就職・転職でよく出てくる「第二新卒」という言葉。第二新卒とは何なのか、自分は含まれるのか、高卒は扱いとしてどうなるのか、大卒でなくても第二新卒には当てはまるのかなど、わからないことは多いでしょう。 これから就職や転職を目指すうえで、それぞれの言葉の定義や条件、注意点などを見極めることはとても大切です。それによって求人にエントリーできるかどうかが変わってくるため、後になって言葉の意味を知って恥ずかし…

  • 第二新卒におすすめの求人サイトを紹介!選び方のポイントも解説

    第二新卒にとって、求人サイト選びは非常に重要なポイントになってきます。どのようにサイトを利用するかによって転職がどれだけうまくいくかは変わってくるでしょう。自分に合った求人サイトを上手に活用していけば、第二新卒で大手企業に転職するのも夢ではなくなってきます。 そこで今回は、第二新卒におすすめの求人サイトの選び方を解説しつつ、実際におすすめの求人サイト・転職サイトを紹介していきます。 おすすめの就職…

  • 第二新卒で大手求人を探す方法とは?転職を成功させるポイント

    せっかく第二新卒で転職するなら、やはり大手求人を見つけて夢の大手企業社員を目指したいですよね。大手への転職が成功すれば、年収アップはもちろん望めるでしょうし、あらゆる条件や労働環境が良くなる分、仕事もモチベーションも上がるでしょう。やりがいを感じられる仕事も多いはずです。 では、第二新卒で大手求人に応募し、転職を成功させるためにはそんなことに気をつけていくのが良いのでしょうか。そこで今回は、第二新…

  • 【例文あり】第二新卒の志望動機の書き方のポイントを徹底解説!

    第二新卒にとって転職活動の悩みのポイントの一つに、志望動機があります。「例文がないと正直何も書けない……」「志望動機とはいっても、正直なところ今の会社が嫌で辞めたいだけだしなぁ……」「給料が良いからなんて言えないしどうしよう」と困っている人は多いのではないでしょうか。 志望動機はその人の印象を形成する大事なものです。志望動機が適当だとやはり不採用にはつながりやすくなりますし、志望動機に深みがあり具…

  • 第二新卒採用にも積極的な大手一覧!有名企業への転職を目指そう!

    第二新卒の採用に、大手企業はどれくらい積極的なのでしょうか。大手一覧をチェックしておけば、実際に第二新卒がどれだけ求められているのかがわかり、転職のモチベーションアップにつながるでしょう。 自分の一生を左右するかもしれない仕事ですから、やはり転職先は大手企業も視野に入れてみたいですよね。絶対に大手!と妥協したくない人も実際にはたくさんいるでしょうし、大手にも正直興味あるかも……となんとなく惹かれて…

  • 第二新卒で大手を目指すのは無理?人気企業に転職する方法とは

    第二新卒にとって、大手企業、人気の会社を目指すのは無理なことなのでしょうか。確かに第二新卒は転職者の中でも有利になりやすい立場ですが、大手となれば状況は変わってきます。第二新卒の若者を採用担当者はどう見るのか、企業によっても変わってくるでしょう。そもそも第二新卒の採用には消極的な大手企業もやはり少なくはありません。 そこで今回は、第二新卒で大手を目指すのは無理なのかという点に注目しながら、大手企業…

  • 第二新卒は転職サイトを使うべき?エージェントとの違いとは

    第二新卒が転職する際に重要なツールとなってくるのが、求人をたくさん見つけられる転職サイトです。転職サイトを利用せず転職する人は少ないでしょうし、実際、転職サイトには第二新卒向けの多くの求人が掲載されています。 ただそれでも、転職サイトってどう使うべきなの?そもそも使うべき?と悩む人は多いでしょう。何しろ初めての転職ですから、第二新卒にとって転職サイトの使い方は悩むものです。 そこで今回は、第二新卒…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。