第二新卒の転職時期はいつがいい?失敗しないタイミングとは

誰だって転職には失敗したくありませんし、第二新卒で転職するなら、やはり転職に最適な時期は見極めたいですよね。第二新卒にとって、ぴったりの転職の時期とはいつになるのでしょうか。タイミングを見極めて転職することは、そのまま転職成功につながることも多いです。

そこで今回は、第二新卒におすすめの転職時期について解説していきたいと思います。転職に失敗しないためにも、タイミングの見極めはしっかり行っていきましょう。

おすすめの就職・退職代行サービス

第二新卒の転職時期はしっかり選んだ方が良い?

第二新卒は、他の世代と比べて転職しやすい傾向にあり、実際に企業からも強く求められているものです。転職するのにあたって第二新卒という時期で転職する人はとても多く、それに伴って第二新卒の採用ニーズも各業界で高まっていると言えるでしょう。

では、転職しやすいというのであれば、第二新卒はいつでも有利に転職できるものなのでしょうか。

第二新卒とはいえいつでも有利に転職できるわけではない

第二新卒とはいえ、転職がいつでも有利になるとは限りません。それは時期的な問題だけではないでしょう。業界の動向にもよりますし、企業でどれだけ人手が不足しているかどうかにもよってきます。したがって、第二新卒であればいつでも転職しやすいという認識は持たないようにしましょう。

やはり転職は、第二新卒でも大変なもの。いろいろと状況は違うとはいえ、もう一度就活する時期が来たのだと思えば、とてもわかりやすいはずです。つまり転職を成功させるためには、時期や志望する業種・職種をしっかり考える必要があるということ。何かしら対策を立てて準備することが大事ということです。準備や下調べが十分でないと、やはり第二新卒でも転職失敗につながることはあるものです。

時期を決めて転職活動した方が成功しやすい

第二新卒の転職活動の時期は基本的に自由ですが、やはり時期はあらかじめ決めておいた方が、転職も成功しやすくなります。理由は二つあります。一つ目は、やはり先ほどもお伝えしたように、時期によって採用ニーズが上がるときと下がるときがあるため、タイミング次第で有利不利が変わるからです。転職成功を目指すなら、ある程度採用されやすい時期を狙うことが大切です。

もう一つの理由は、時期を絞って転職活動をした方が、自分でもモチベーション管理がしやすいからです。いつでも転職活動ができるとわかっていれば、いつまでもダラダラエントリーを続けては落ちて……といった状態を繰り返すことになる場合も多くなります。時期が決まっていないからこそ、なかなか踏ん張りがきかないということです。

ですが例えば、必ずこの時期に転職を成功させる!とスケジュールや目標が決まっていれば、自分のモチベーションもその時期に合わせて高めることができます。そういった意味でも、時期はある程度絞っておいた方が、転職は成功しやすくなるのです。

第二新卒が転職しやすい時期とは?

では実際のところ、第二新卒はどのような時期を狙うと転職しやすくなるのでしょうか。タイミングの見極め方のポイントや注意点を整理していきましょう。

会社を辞めるなら2年目以降が望ましい

意外と迷いやすいのが、どれくらいの時期に会社を辞めれば良いのかということです。もしくはいつ頃辞める予定で転職活動をスタートさせれば良いのかということですね。

この会社を辞める時期、転職をスタートさせる時期は、第二新卒にとっては、自分の印象を左右するものです。早い段階で会社を辞めて転職活動にシフトしていたのでは、採用担当者からは「すぐ辞める人」「打たれ弱い人」といったイメージを持たれる可能性があるからです。

そのため第二新卒で転職活動を始める場合、もしくは会社を辞める場合は、なるべく2年目になってからが望ましいでしょう。1年目は意外と印象が悪くなりがちです。よほどブラックな会社でもう耐えられない……というときは除きますが、基本的には、会社を辞めるのは2年目以降にするのが良いでしょう。

人手が足りなくなる時期を見極めよう

あらかじめ企業や業界について研究をしておけば、人手が足りなくなる時期を見極めて行動することもできます。例えば期が変わるときなどは退職者がたくさん出る傾向にあります。その他、8月~9月、1月くらいの時期はボーナスをもらった後だからこそ時期的に退職を決める人が多くなりがちです。そういった時期を狙って転職すると、内定を獲得しやすくなる場合があります。

4月・10月に入社できれば会社にもなじみやすい

転職後に会社になじんでいけるかどうかという点も大事になってきますよね。4月・10月は新入社員が増える時期なので、同じくらいの時期に転職して入社すれば、会社にもなじみやすくなります。期が変わって会社もばたばたしている頃なので、転職には向いていると言えます。同時に、企業側も採用に積極的になる可能性があります。

第二新卒が転職しやすい時期を逃さないために必要なこと

では、第二新卒が転職しやすい時期を逃さないためには、普段からどのようなことに注意すると良いのでしょうか。次に、ちょうど良い時期を狙って転職するために必要なことについて解説していきたいと思います。上手に内定を勝ち取りやすい時期を狙って、転職を決めていきましょう。

いつ入社したいのかを決めて転職活動のスケジュールを立てる

まずは具体的な転職のスケジュール作りからです。スケジュールがあいまいだと自分のモチベーションも上がりきらず、行き当たりばったりな行動を繰り返してしまうことになります。結果として転職失敗につながることがあるため、気をつけてください。モチベーション管理は転職するうえで意外と重要なポイントです。

最初は、いつ入社したいのか、いつ今の会社を辞めたいのかなどを考えながら、逆算してスケジュールを決定していきましょう。そうすれば、そのためにやるべきこと・準備することも見えてくるでしょう。

業界・企業をよく分析して応募のタイミングを考える

自分が志望する企業や業界そのものを分析することもとても大切です。いつなら内定を獲得しやすいのか、いつなら企業が第二新卒の採用に積極的になるのかなど、応募のタイミングを見極めていきましょう。実際に応募のタイミングをしっかり見極めて対策していけば、かなり早い段階で転職成功につながることも期待できます。ドンピシャな時期でエントリーすれば、特に第二新卒は内定を勝ち取りやすいです。

時期についてわからないことはしっかり相談する

転職の時期についてわからないことがあったときは、なるべく転職支援サービスなどを通じてプロに相談しましょう。自分一人で考えて行動する力も大事ですが、やはり情報力の面では、自分一人だけでは力不足になってしまいます。

例えば転職エージェントで担当してくれるキャリアアドバイザーは、その業界ならではの採用事情に精通しています。転職するべき時期などもわかるでしょう。より転職を有利にするためにも、ぜひ相談してみましょう。

第二新卒が転職に有利な時期ではないときはどうする?

場合によっては、時期的には微妙な気がするけど、今すぐにでも会社を辞めたい……と感じることもあるでしょう。そういった有利な時期でないときは、どのような対策を立てて転職活動をしていくと良いのでしょうか。重要なポイントを見ていきましょう。

1年未満だけど会社を辞めたい・転職したい…そんなときは

転職する際には、前の会社はなるべく2年目以降に辞めた方が良いでしょう。第二新卒とはいえ、1年以内に辞めてしまうと印象はどうしてもマイナスになりがちです。

しかしそうは言っても、どうしても辞めたいなどの事情があることもあるでしょう。例えばブラック企業で仕事をしていて、身の危険を感じたときなどは、確かに早めに辞めるのが望ましいです。そうなってしまっては仕方がありません。

ただ、やはり1年未満で辞めることは、2年目以降で辞めることより印象が悪くなりがちな現実は受け止めておいた方が良いでしょう。時期についてはどうしようもないため、別の部分で対策を強化していくことが大切です。

転職エージェントに相談してサポートしてもらう

やはりおすすめは、転職エージェントに転職についてしっかり相談することです。時期的にまだ早い気もするけれど、転職したい……そんなときはどうすれば良いのかなど、担当のキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

良い時期ではなくても転職する方法や、どんな求人なら転職できる可能性があるのかなどをしっかり教えてくれます。例えば1年未満でも転職は不安なことも多いでしょうし、まだ就活が続いているような感覚で落ち着きませんよね。そんな悩みを相談できるのが、転職エージェントの強みになります。

時期に関わらず人手が不足しやすい業界を狙って転職する

時期があまり良くないけど転職したい……というときは、人手が不足しやすい業界を狙って転職するのもおすすめです。その方が、多少は不利でも転職はうまくいきやすくなる傾向があります。

例えば介護業界やIT業界などは、需要があるのにも関わらず人手が足りず、未経験者でも採用にはかなり積極的になっている業界です。人手が不足しやすい業界を熱って転職すれば、自分の就きたい仕事にはつけなくなるかもしれませんが、その分スムーズに転職することができるといったメリットを感じられます。

まとめ

第二新卒とって、転職の際に時期の見極めはとても大事です。採用ニーズが高まる時期を狙うこと、そしてなるべく会社を辞めるなら2年前以降にすることなどをぜひ心がけていきましょう。第二新卒は転職の際に比較的歓迎される立場にありますが、転職のタイミングを間違うと失敗につながることがある点は気をつけてください。

時期の見極めがうまくできないとき、不安ばかりのときは、やはり情報や知識をたくさん持っているプロに転職のサポートを頼むのがおすすめです。転職エージェントの利用なども考えつつ、有利な時期を逃さないようにしましょう。

第二新卒の最新記事8件

  • 口コミでも人気!第二新卒向けの転職エージェントおすすめ6選

    第二新卒の転職成功の秘訣は、サポート体制がしっかりしていて口コミでも人気の転職エージェントをやはり利用すること。実績の高い転職エージェントは、利用者から良い評価を得ていることが多いです。実際に利用した人からの評価が高ければ、確かに転職の際に安心が持てますよね。 そこで今回は、口コミで高い評判を得ている人気の転職エージェントをご紹介していきたいと思います。 ・転職についての不安が大きいので相談したい…

  • 就職における第二新卒とは?大卒だけでなく高卒も当てはまる?

    就職・転職でよく出てくる「第二新卒」という言葉。第二新卒とは何なのか、自分は含まれるのか、高卒は扱いとしてどうなるのか、大卒でなくても第二新卒には当てはまるのかなど、わからないことは多いでしょう。 これから就職や転職を目指すうえで、それぞれの言葉の定義や条件、注意点などを見極めることはとても大切です。それによって求人にエントリーできるかどうかが変わってくるため、後になって言葉の意味を知って恥ずかし…

  • 第二新卒におすすめの求人サイトを紹介!選び方のポイントも解説

    第二新卒にとって、求人サイト選びは非常に重要なポイントになってきます。どのようにサイトを利用するかによって転職がどれだけうまくいくかは変わってくるでしょう。自分に合った求人サイトを上手に活用していけば、第二新卒で大手企業に転職するのも夢ではなくなってきます。 そこで今回は、第二新卒におすすめの求人サイトの選び方を解説しつつ、実際におすすめの求人サイト・転職サイトを紹介していきます。 おすすめの就職…

  • 第二新卒で大手求人を探す方法とは?転職を成功させるポイント

    せっかく第二新卒で転職するなら、やはり大手求人を見つけて夢の大手企業社員を目指したいですよね。大手への転職が成功すれば、年収アップはもちろん望めるでしょうし、あらゆる条件や労働環境が良くなる分、仕事もモチベーションも上がるでしょう。やりがいを感じられる仕事も多いはずです。 では、第二新卒で大手求人に応募し、転職を成功させるためにはそんなことに気をつけていくのが良いのでしょうか。そこで今回は、第二新…

  • 【例文あり】第二新卒の志望動機の書き方のポイントを徹底解説!

    第二新卒にとって転職活動の悩みのポイントの一つに、志望動機があります。「例文がないと正直何も書けない……」「志望動機とはいっても、正直なところ今の会社が嫌で辞めたいだけだしなぁ……」「給料が良いからなんて言えないしどうしよう」と困っている人は多いのではないでしょうか。 志望動機はその人の印象を形成する大事なものです。志望動機が適当だとやはり不採用にはつながりやすくなりますし、志望動機に深みがあり具…

  • 第二新卒採用にも積極的な大手一覧!有名企業への転職を目指そう!

    第二新卒の採用に、大手企業はどれくらい積極的なのでしょうか。大手一覧をチェックしておけば、実際に第二新卒がどれだけ求められているのかがわかり、転職のモチベーションアップにつながるでしょう。 自分の一生を左右するかもしれない仕事ですから、やはり転職先は大手企業も視野に入れてみたいですよね。絶対に大手!と妥協したくない人も実際にはたくさんいるでしょうし、大手にも正直興味あるかも……となんとなく惹かれて…

  • 第二新卒で大手を目指すのは無理?人気企業に転職する方法とは

    第二新卒にとって、大手企業、人気の会社を目指すのは無理なことなのでしょうか。確かに第二新卒は転職者の中でも有利になりやすい立場ですが、大手となれば状況は変わってきます。第二新卒の若者を採用担当者はどう見るのか、企業によっても変わってくるでしょう。そもそも第二新卒の採用には消極的な大手企業もやはり少なくはありません。 そこで今回は、第二新卒で大手を目指すのは無理なのかという点に注目しながら、大手企業…

  • 第二新卒は転職サイトを使うべき?エージェントとの違いとは

    第二新卒が転職する際に重要なツールとなってくるのが、求人をたくさん見つけられる転職サイトです。転職サイトを利用せず転職する人は少ないでしょうし、実際、転職サイトには第二新卒向けの多くの求人が掲載されています。 ただそれでも、転職サイトってどう使うべきなの?そもそも使うべき?と悩む人は多いでしょう。何しろ初めての転職ですから、第二新卒にとって転職サイトの使い方は悩むものです。 そこで今回は、第二新卒…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。