第二新卒の女性が絶対に転職を成功させるポイントとは?

第二新卒の転職は比較的有利になりやすいと言われているため、女性の転職も成功しやすい傾向にあります。ですが転職しやすいからと言って甘く見ていると、第二新卒とはいえ転職に失敗してしまうことも出てくるものです。

特に女性の場合、転職先の条件としてこだわりたいポイントはたくさんあるでしょう。女性のキャリアアップに力を入れている企業、産休や生理休暇など女性に対するサポートや支援が手厚い企業など、労働環境に対して重視したいところは多いものです。

そこで今回は、第二新卒の女性が絶対に転職を成功させるうえで必要なポイントを解説していきたいと思います。

おすすめの就職・退職代行サービス

女性の第二新卒は転職しやすい?

まず、第二新卒の女性はどれだけ転職しやすいと言えるのでしょうか。多くの人が転職する時代とはいえ、誰でも簡単に転職ができるのかと言えば人によって条件は変わってきます。

本人に確かな働く意思があるなら転職できる可能性は高い

基本的に転職市場において、第二新卒という若手は非常に重宝される傾向にあります。市場価値が高い=転職しやすいととらえておいて良いでしょう。それは男性・女性に関わらず言えることです。第二新卒の女性で、転職を経験する人は今の時代たくさんいます。

第二新卒といえば、社会人としてはまだ1~3年生。一定の経験があるとはいえ、まだまだフレッシュで企業にとっては育成しやすい年齢です。それでいて新卒ほど教育にコストがかからないため、多くの企業は第二新卒の採用に積極的です。第二新卒の女性にも、さまざまな業界にチャンスがあると思って良いでしょう。

第二新卒は転職しやすいが結婚・出産の時期に注意する

ただ、女性の場合は、結婚や出産の時期に注意する必要が出てきます。2、3年以内に結婚や出産の予定があると、やはり企業は採用に消極的になる傾向があるためです。

企業としては、やはり長く確実に働いてくれる人材を採用したいものです。すぐに辞めるかもしれない人をわざわざ採用するリスクは背負いたくないのが本音になります。そのため結婚や出産の予定がある人は、転職するべきかどうかも含めて時期やスケジュールなどをしっかり考える必要があると言えるでしょう。

転職しづらい第二新卒の女性の特徴とは

第二新卒の女性には転職のチャンスがたくさんありますが、中には転職に失敗してしまう女性もいます。先に退職してしまったことで、なかなか転職先が決まらず、思いがけずニートのような状態に陥ってしまう女性もいるでしょう。転職を確実に成功させるためにも、まずは転職しづらい第二新卒の女性の特徴を解説していきたいと思います。

近い将来結婚や出産の予定がある

先ほども触れたように、近い将来、結婚や出産の予定がある第二新卒の女性は、傾向として転職しづらい部分があります。すぐ辞めるかもしれないという不安要素があるため、企業は採用をためらってしまうからです。

そのため近くに結婚や出産の予定がある場合は、女性の休暇に対してしっかりサポートを充実させている企業を選んでいくと良いでしょう。女性が活躍する職場なら理解を得られることが多いです。第二新卒の女性が転職先に選ぶ際にも、転職しやすさには影響してきます。

ネガティブな理由で前の会社を辞めている

男性女性関係なく言えることですが、ネガティブな理由で前の会社を辞めている人は、市場価値の高い第二新卒であっても転職しづらさに影響することはあります。

仕事が面倒だった、人間関係でトラブルを起こしたなど、ネガティブな理由で退職していることが企業側に伝わってしまうと、それが原因で転職しづらさに響いてしまうことはあります。企業はやはり優秀で成長に期待できる人材を求めています。そのため何らかの爆弾を抱えているかもしれない人は、自然と選考から外してしまう傾向があります。

前職は1年未満で辞めている

第二新卒の場合、転職しやすい人の多くは少なくとも1年は前職を継続しています。1年未満、早い人の場合だと1ヶ月程度で仕事を辞めていると、どうしても印象はマイナスになりやすいでしょう。それは女性も同じです。

「もう少し様子を見ることができなかったのだろうか」「すぐにトラブルを起こしたのだろうか」と思われ、気が短い人、打たれ弱い人、地道な努力ができない人といった烙印を押されてしまうことはあり得るでしょう。新卒で就職してから1年未満での転職は、第二新卒でも成功しづらくなります。

大手企業に転職することにこだわっている

好条件の大手企業に転職できればあらゆる面で待遇が良くなるでしょうし、万々歳です。ですが大手にばかりこだわっていると、転職はやはり成功しづらくなっていきます。女性でも男性でも、もちろん第二新卒で大手を目指すことは可能です。実際に大手に転職して、年収アップに成功した人も多いです。

ですが大手にしか目を向けていないと、視野も狭まりやすくなります。そして大手は決して採用の枠が広いわけではないため、内定をもらいづらいのは言うまでもありません。大手にばかりこだわっていると、時間ばかりが過ぎてなかなか転職が決まらなくなってしまうため、中小企業も含めて検討する広い視野が重要になってきます。

第二新卒の女性が転職を成功させるために必要なこと

では、第二新卒の女性が転職を成功させるには、どんなポイントに気をつけていけば良いのでしょうか。以下の重要な点には、しっかりこだわっていきましょう。

転職しやすい業界・時期を調べておく

業界にはそれぞれ特徴・特色があります。人員が常に不足している業界、新しい人材を積極的に採用している業界などさまざまです。第二新卒で女性が転職をする際に、とにかく転職しやすい状況にこだわるのであれば、転職しやすい業界をよくチェックしておくことをおすすめします。

介護業界、IT業界、ホテル業界、その他サービス業界など、人手が不足しやすい業界を知っておくと、第二新卒の転職には必ず役立ちます。どんな業種・職種が狙い目なのかチェックしておき、少しでも状況を有利にしていくと良いでしょう。

転職エージェントを利用して少しでも有利な状況を作る

第二新卒の女性が転職を成功させる際には、転職エージェントの利用がやはり欠かせません。もちろん自分で一から求人を見つけて転職を成功させる人もたくさんいますが、転職エージェントは第二新卒の転職に非常に役立ちます。第二新卒向けの求人を紹介してくれたり、面接対策などのサポートを行ってくれたりたくさんのメリットがあります。

第二新卒の転職で、女性におすすめの転職エージェントについては後述していきますが、転職エージェントを利用して有利な状況を作ることはぜひ意識していきましょう。

今後のライフプランを明らかにしておく

女性の場合、今後のライフプランをどうするのか、転職する前に明らかにしておいた方が賢明と言えます。結婚の予定はあるか、いつまでに出産したいか……その予定を立てたうえで、転職のビジョンを見いだしていくと、転職先も選びやすくなってくるでしょう。

第二新卒といえば、22歳~25歳。25歳前後なら、結婚や出産を意識してもおかしくない年齢です。特に予定がある人は、どこで結婚や出産のタイミングが来るのかを明らかにしておきましょう。

第二新卒の女性におすすめの転職エージェント

では最後に、第二新卒の女性におすすめの転職エージェントを見ていきたいと思います。転職エージェントはたくさんあるので、まずはそれぞれの特色を見たうえで自分に合っているのかを理解していく必要があります。

特に第二新卒の女性にとって重要なのは、
・第二新卒向けの求人が多い
・女性に寄り添ってくれる
などのポイントでしょう。以下に紹介する転職エージェントは第二新卒の女性に人気の転職エージェントなので、迷ったときはぜひ登録してみましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、転職支援に非常に力を入れている人気の転職エージェントです。マイナビといえば就職や仕事探しのイメージは強いですし、大手企業だからこそ安心できる部分はありますよね。担当となったキャリアアドバイザーが、女性の転職支援を全力で行ってくれます。

「近いうちに出産したい。でも仕事は続けていきたい」…そんな希望があれば、担当のアドバイザーに相談してみましょう。女性ならでの悩みを一つ一つヒアリングしてくれたうえで、数多くの求人からぴったりな求人を紹介してくれます。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントも、大手の転職エージェントの一つ。女性のキャリア形成を応援する転職エージェントなので、バリバリ働いていきたい第二新卒の女性にはぴったりです。特に首都圏での転職には強い傾向があるため、近郊に住んでいる女性は注目です。

typeは20年ほど転職支援サービスを展開してきているため、信頼度は非常に高いです。もちろん実績も十分。女性ならではの転職の悩みを相談したうえで、転職しやすい企業・業界を見つけたい人にはおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリアも人気の転職エージェントの一つです。パソナキャリアは特に女性からの満足度が高いと言われていて、相談の際にとにかくあらゆる悩みに寄り添ってくれるのがポイントとなっています。

第二新卒向けの求人はもちろんのこと、女性が活躍しやすい求人を厳選したうえで紹介してくれます。そのうえで面接対策などのサポートをしっかり行ってくれるため、初めての転職で不安が多い人には相談しやすい転職エージェントになるでしょう。

まとめ

第二新卒の女性が転職を成功させるなら、少しでも転職しやすい状況を自分で作っていくことが肝心です。転職エージェントを利用したり、自己分析を行ったり、自分のライフプランを明確にしたり、転職を成功させるうえでやるべきことはたくさんあります。

女性の場合、やはり転職の際にこだわりたいポイントは多いはずです。自分に合った転職エージェントを見極めつつ、転職を満足のいく結果につなげていきましょう。

第二新卒の最新記事8件

  • 口コミでも人気!第二新卒向けの転職エージェントおすすめ6選

    第二新卒の転職成功の秘訣は、サポート体制がしっかりしていて口コミでも人気の転職エージェントをやはり利用すること。実績の高い転職エージェントは、利用者から良い評価を得ていることが多いです。実際に利用した人からの評価が高ければ、確かに転職の際に安心が持てますよね。 そこで今回は、口コミで高い評判を得ている人気の転職エージェントをご紹介していきたいと思います。 ・転職についての不安が大きいので相談したい…

  • 就職における第二新卒とは?大卒だけでなく高卒も当てはまる?

    就職・転職でよく出てくる「第二新卒」という言葉。第二新卒とは何なのか、自分は含まれるのか、高卒は扱いとしてどうなるのか、大卒でなくても第二新卒には当てはまるのかなど、わからないことは多いでしょう。 これから就職や転職を目指すうえで、それぞれの言葉の定義や条件、注意点などを見極めることはとても大切です。それによって求人にエントリーできるかどうかが変わってくるため、後になって言葉の意味を知って恥ずかし…

  • 第二新卒におすすめの求人サイトを紹介!選び方のポイントも解説

    第二新卒にとって、求人サイト選びは非常に重要なポイントになってきます。どのようにサイトを利用するかによって転職がどれだけうまくいくかは変わってくるでしょう。自分に合った求人サイトを上手に活用していけば、第二新卒で大手企業に転職するのも夢ではなくなってきます。 そこで今回は、第二新卒におすすめの求人サイトの選び方を解説しつつ、実際におすすめの求人サイト・転職サイトを紹介していきます。 おすすめの就職…

  • 第二新卒で大手求人を探す方法とは?転職を成功させるポイント

    せっかく第二新卒で転職するなら、やはり大手求人を見つけて夢の大手企業社員を目指したいですよね。大手への転職が成功すれば、年収アップはもちろん望めるでしょうし、あらゆる条件や労働環境が良くなる分、仕事もモチベーションも上がるでしょう。やりがいを感じられる仕事も多いはずです。 では、第二新卒で大手求人に応募し、転職を成功させるためにはそんなことに気をつけていくのが良いのでしょうか。そこで今回は、第二新…

  • 【例文あり】第二新卒の志望動機の書き方のポイントを徹底解説!

    第二新卒にとって転職活動の悩みのポイントの一つに、志望動機があります。「例文がないと正直何も書けない……」「志望動機とはいっても、正直なところ今の会社が嫌で辞めたいだけだしなぁ……」「給料が良いからなんて言えないしどうしよう」と困っている人は多いのではないでしょうか。 志望動機はその人の印象を形成する大事なものです。志望動機が適当だとやはり不採用にはつながりやすくなりますし、志望動機に深みがあり具…

  • 第二新卒採用にも積極的な大手一覧!有名企業への転職を目指そう!

    第二新卒の採用に、大手企業はどれくらい積極的なのでしょうか。大手一覧をチェックしておけば、実際に第二新卒がどれだけ求められているのかがわかり、転職のモチベーションアップにつながるでしょう。 自分の一生を左右するかもしれない仕事ですから、やはり転職先は大手企業も視野に入れてみたいですよね。絶対に大手!と妥協したくない人も実際にはたくさんいるでしょうし、大手にも正直興味あるかも……となんとなく惹かれて…

  • 第二新卒で大手を目指すのは無理?人気企業に転職する方法とは

    第二新卒にとって、大手企業、人気の会社を目指すのは無理なことなのでしょうか。確かに第二新卒は転職者の中でも有利になりやすい立場ですが、大手となれば状況は変わってきます。第二新卒の若者を採用担当者はどう見るのか、企業によっても変わってくるでしょう。そもそも第二新卒の採用には消極的な大手企業もやはり少なくはありません。 そこで今回は、第二新卒で大手を目指すのは無理なのかという点に注目しながら、大手企業…

  • 第二新卒は転職サイトを使うべき?エージェントとの違いとは

    第二新卒が転職する際に重要なツールとなってくるのが、求人をたくさん見つけられる転職サイトです。転職サイトを利用せず転職する人は少ないでしょうし、実際、転職サイトには第二新卒向けの多くの求人が掲載されています。 ただそれでも、転職サイトってどう使うべきなの?そもそも使うべき?と悩む人は多いでしょう。何しろ初めての転職ですから、第二新卒にとって転職サイトの使い方は悩むものです。 そこで今回は、第二新卒…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。