第二新卒の転職面接対策!よく聞かれる退職理由と基本マナー

転職の際の面接対策はとても重要なものです。第二新卒の転職の場合、若手とはいえ、すでに社会人として立派に仕事をしている身ですから、ビジネスマナーやしっかりとした受け答えは自然と重視されるものです。

特にあがり症気味の人や、緊張しやすいタイプの人は、後悔しないためにもしっかり面接対策をあらかじめ行っておきたいですね。そこで今回は、第二新卒の転職の際の面接対策として、重要なポイントをまとめてみました。

これから転職活動を始めるのにあたって、面接対策どうしよう……と困っている人は、どんな面接になるのかシミュレーションしつつ、受け答えやマナーをしっかり把握していきましょう。

おすすめの就職・退職代行サービス

第二新卒で転職する際は失敗しないよう面接対策をしよう

第二新卒で転職する際には、やはり具体的な面接対策が重要になってきます。新卒のときの就活で採用面接は何度も経験しているとはいえ、第二新卒の転職面接となると、やはり求められることは変わってきます。

必要なポイントを理解して、自分に足りないことや苦手なところなどを把握するところから、まずは始めてみましょう。

転職の際の面接で第二新卒に求められることを理解する

転職の際に、第二新卒は面接でどんなことを求められるのでしょうか。求められることに対して応えることができないと、転職失敗につながる可能性は高まります。第二新卒は転職市場において非常に価値が高く、確かにニーズもありますが、面接や履歴書などの準備が足りていないと、「全然どこからも内定もらえない……」といったことはよく起こるものです。

まずは、第二新卒の性質を理解しましょう。第二新卒は、新卒に近いくらいまだまだフレッシュで発展途上の立場です。現職を1年未満で辞めるつもり、もしくはすでに1年未満で退職しているのなら、まだまだ知識も経験も不十分でしょう。

ですがそうはいっても、曲がりなりにも社会に出てある程度もまれてきているのが、新卒と第二新卒の大きな違いです。ただフレッシュなだけでは、魅力を感じてもらえないことが多いもの。荒削りながらも、学んできたことや経験、ビジネスマナーなどをしっかりアピールしていき、そのうえで会社に貢献していくことを伝えていく必要があります。

熱意や積極性は基本として大事なポイント

第二新卒にとってやはり重要になるのは、熱意や積極性です。知識も経験もまだまだ不十分ということなら、最低限学んできたことを活かして、もっと成長していくことをアピールしていく必要があります。

特に早い段階で前職を辞めている人は、企業からは第二新卒であってもマイナスな印象で見られることが多いです。本当にこの人大丈夫?と思われないためにも、働く意欲や自分のビジョンはしっかり説得力を持たせてアピールしていくことが大事です。

第二新卒の面接でとにかくよく聞かれる!転職理由

第二新卒の面接では、やはり一番聞かれることとしては転職理由や退職理由があげられます。新社会人として華々しいスタートを切ったはずが、なぜかかなり早い段階で退職をしている……なぜなのかは採用担当者として非常に気になるところでしょう。

すぐ辞める人という印象を与えないように注意する

転職面接では、とにかく「すぐ辞める人」といった印象を持たれないように気をつける必要があります。そもそも最初の先入観として、第二新卒=すぐ辞める打たれ弱い人というイメージを持つ人も少なくありません。

ないものねだりしてわがままを言っている印象、向き不向きも安易に判断している印象などが伝わると、すぐ辞める人といったイメージにつながる可能性は高まります。

ネガティブな退職理由も必ずポジティブな言い回しに変換する

正直なところ、第二新卒の転職の場合、転職理由があまりポジティブなものではない人は多いでしょう。人間関係がうまくいかなかった、営業ノルマがきつかった、仕事にとにかくやりがいを見いだせなかった、ブラック企業だった……などなど、ネガティブな理由で転職を考えた人はたくさんいるはずです。

ですがどんなにネガティブな転職理由だったとしても、ある程度ポジティブな理由に変換して伝える努力は大切です。人間関係がうまくいかなかったことやノルマがきつかったことなどには基本的に触れないようにして、それよりもなぜその会社に興味を持ったのかをポジティブにアピールしていきましょう。

不満や愚痴を伝えるような退職理由にならないように気をつける

上でもお伝えしたように、面接で転職理由を聞かれたときは、あまりネガティブなことを言わない方が印象は良いです。例えばブラック企業でひどい目に遭い、上司からパワハラを受ければ、その上司のことは尊敬できないかもしれません。

ですが転職面接の際に、「前職の上司のことは尊敬できませんでした」とはっきり伝えてしまうのはNG。正直「謙虚さのない子だな……」と思われてしまう可能性があります。採用担当者は前職がどれだけブラックで上司がどんな人だったのかなんて詳しく知りません。前職に対して不満や愚痴めいたことを口にしてしまうと、ただただ生意気な様子にしか見えないのです。

第二新卒の転職面接で押さえておく基本的なマナー

ではここからは、第二新卒の転職面接で押さえておくべき基本的なマナーを見ておきましょう。まだ荒削りとはいえ、第二新卒はすでに社会に出ている立派な大人です。基本的なビジネスマナーは心得ておかないと、それは理由で不採用になることも十分あり得ます。

第二新卒の転職面接の服装マナー

まずは服装の基本的なマナーから見ておきましょう。ついこの前まで学生だった人も多いでしょうから、「第二新卒の面接ってもしかしてリクルートスーツで行くべき?」と思う人もいるかもしれません。

ですが転職面接の場合は、第二新卒でも服装はビジネススーツが望ましいです。リクルートスーツがNGというわけではありませんが、場合によっては「まだ学生気分でいる」と思われて印象がマイナスになることもあります。第二新卒の場合は学生と違い、すでに社会人なのですから、一般的なビジネススーツを着て面接に臨むようにしましょう。

ちなみに、志望する業界・企業によっては、企業の方針により「普段着でお越しください」と言われることがたまにあります。そうなると「これはそのままの意味なの?それでもスーツを着ていくのがマナーなの?」と意図を深読みして迷ってしまいますよね。

普段着を指定された場合は、基本的に意味はそのままです。スーツではなく私服で行くようにしましょう。方針として、カジュアルな出しつつリラックスしながら面接を行いたいのかもしれません。ただ、普段着を指定されたからといって、派手な服装で出かけるのはNG。ビジネスカジュアルでコーディネートをまとめること、清潔感のある色合いやデザインを大事にすることなどを心がけていきましょう。

第二新卒だからこそ転職の際にはビジネスマナーを見られる

第二新卒の場合、さすがに「まだ学生だから」という目ではもう見てもらえなくなります。緊張してガチガチにはなるかもしれませんが、入室と退室のマナー、お辞儀の仕方、敬語の使い方などはしっかりおさらいしたうえでそつなくこなしていけるとベストです。

「ついこの前までは学生だったのに、しっかり前職で勉強したんだな」と思われて印象が良くなることも多いです。

第二新卒の転職で面接が不安なときは…

では最後に、第二新卒の転職面接で、不安が多いときはどうすれば良いのか、効果的な対処法を見ていきましょう。

一度就活を経験しているからといって甘く見てはいけない

大事なポイントは、一度就活で面接を経験しているからといって、状況を甘く見ないことです。特に社会人になって数か月後の転職活動の場合は、学生時代の就活の延長のような感覚になり、学生の感覚で面接に臨んでしまう人は多いです。

新卒採用と第二新卒採用の場合、実際、どちらも年齢的にはあまり変わりはなくても、学生と社会人では扱いは違うものです。少なくとも第二新卒の面接では、前職の経験でどんなことを学んできたのかは非常に重視されるポイントでしょう。学んだことを活かす姿勢が伝わってこない場合は、不採用につながることも多いです。

転職エージェントに面接対策を頼むのがおすすめ

第二新卒の面接対策でどうしても不安なときは、転職エージェントの利用がおすすめです。近年は第二新卒の転職者の増加から、第二新卒の転職支援に力を言えている転職エージェントはたくさんあります。第二新卒向けの転職エージェントなら、第二新卒ならではの面接の悩みにもしっかり寄り添ってもらえるため、面接対策もかなり的確で具体性があります。

また、転職エージェントを利用すれば、そもそもの転職相談にも乗ってもらえます。実際、まだ転職するかどうかは決めかねていて、転職すべきかどうかの相談から始めたい……という人も多いでしょう。第二新卒の場合、年齢的にはまだ社会に出たばかりですから、「せっかく就職したのにもう転職して大丈夫なのかな」と不安に感じるポイントはたくさんあるはずです。

転職エージェントなら、本人の希望を細かくヒアリングしたうえで、適性のある求人を紹介してくれるため転職しやすさに直結するのも間違いありません。面接対策を始めたとした不安なポイントは、転職エージェントで解消していきましょう。

まとめ

第二新卒の場合、転職の面接で求められることは新卒の面接とはまた違ってきます。必要なポイントを押さえたうえで、しっかり対策を行うことはぜひ忘れないでください。また、よく聞かれることとして転職理由・退職理由は、必ずポジティブなかたちで伝えられるようにしておきましょう。愚痴や不満をついこぼしてしまうと、わがままな人・謙虚さがない人と思われてしまいます。

どうしても面接対策で不安なことがあるときは、第二新卒向けの転職エージェントに相談することも大事です。気をつけるべきマナーからよくある質問の受け答えまで、しっかり対策を行ってくれるため、転職成功には非常につながりやすくなります。

第二新卒の最新記事8件

  • 口コミでも人気!第二新卒向けの転職エージェントおすすめ6選

    第二新卒の転職成功の秘訣は、サポート体制がしっかりしていて口コミでも人気の転職エージェントをやはり利用すること。実績の高い転職エージェントは、利用者から良い評価を得ていることが多いです。実際に利用した人からの評価が高ければ、確かに転職の際に安心が持てますよね。 そこで今回は、口コミで高い評判を得ている人気の転職エージェントをご紹介していきたいと思います。 ・転職についての不安が大きいので相談したい…

  • 就職における第二新卒とは?大卒だけでなく高卒も当てはまる?

    就職・転職でよく出てくる「第二新卒」という言葉。第二新卒とは何なのか、自分は含まれるのか、高卒は扱いとしてどうなるのか、大卒でなくても第二新卒には当てはまるのかなど、わからないことは多いでしょう。 これから就職や転職を目指すうえで、それぞれの言葉の定義や条件、注意点などを見極めることはとても大切です。それによって求人にエントリーできるかどうかが変わってくるため、後になって言葉の意味を知って恥ずかし…

  • 第二新卒におすすめの求人サイトを紹介!選び方のポイントも解説

    第二新卒にとって、求人サイト選びは非常に重要なポイントになってきます。どのようにサイトを利用するかによって転職がどれだけうまくいくかは変わってくるでしょう。自分に合った求人サイトを上手に活用していけば、第二新卒で大手企業に転職するのも夢ではなくなってきます。 そこで今回は、第二新卒におすすめの求人サイトの選び方を解説しつつ、実際におすすめの求人サイト・転職サイトを紹介していきます。 おすすめの就職…

  • 第二新卒で大手求人を探す方法とは?転職を成功させるポイント

    せっかく第二新卒で転職するなら、やはり大手求人を見つけて夢の大手企業社員を目指したいですよね。大手への転職が成功すれば、年収アップはもちろん望めるでしょうし、あらゆる条件や労働環境が良くなる分、仕事もモチベーションも上がるでしょう。やりがいを感じられる仕事も多いはずです。 では、第二新卒で大手求人に応募し、転職を成功させるためにはそんなことに気をつけていくのが良いのでしょうか。そこで今回は、第二新…

  • 【例文あり】第二新卒の志望動機の書き方のポイントを徹底解説!

    第二新卒にとって転職活動の悩みのポイントの一つに、志望動機があります。「例文がないと正直何も書けない……」「志望動機とはいっても、正直なところ今の会社が嫌で辞めたいだけだしなぁ……」「給料が良いからなんて言えないしどうしよう」と困っている人は多いのではないでしょうか。 志望動機はその人の印象を形成する大事なものです。志望動機が適当だとやはり不採用にはつながりやすくなりますし、志望動機に深みがあり具…

  • 第二新卒採用にも積極的な大手一覧!有名企業への転職を目指そう!

    第二新卒の採用に、大手企業はどれくらい積極的なのでしょうか。大手一覧をチェックしておけば、実際に第二新卒がどれだけ求められているのかがわかり、転職のモチベーションアップにつながるでしょう。 自分の一生を左右するかもしれない仕事ですから、やはり転職先は大手企業も視野に入れてみたいですよね。絶対に大手!と妥協したくない人も実際にはたくさんいるでしょうし、大手にも正直興味あるかも……となんとなく惹かれて…

  • 第二新卒で大手を目指すのは無理?人気企業に転職する方法とは

    第二新卒にとって、大手企業、人気の会社を目指すのは無理なことなのでしょうか。確かに第二新卒は転職者の中でも有利になりやすい立場ですが、大手となれば状況は変わってきます。第二新卒の若者を採用担当者はどう見るのか、企業によっても変わってくるでしょう。そもそも第二新卒の採用には消極的な大手企業もやはり少なくはありません。 そこで今回は、第二新卒で大手を目指すのは無理なのかという点に注目しながら、大手企業…

  • 第二新卒は転職サイトを使うべき?エージェントとの違いとは

    第二新卒が転職する際に重要なツールとなってくるのが、求人をたくさん見つけられる転職サイトです。転職サイトを利用せず転職する人は少ないでしょうし、実際、転職サイトには第二新卒向けの多くの求人が掲載されています。 ただそれでも、転職サイトってどう使うべきなの?そもそも使うべき?と悩む人は多いでしょう。何しろ初めての転職ですから、第二新卒にとって転職サイトの使い方は悩むものです。 そこで今回は、第二新卒…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。