第二新卒で転職に成功する方法

最近、「第二新卒」という言葉が流行っていますが、第二新卒というのは高校や大学を卒業すると同時に一旦就職し、入社3年以内で転職活動を行う人たちのことを言います。

ですから年齢的には例えば大学を卒業して就職し、3年後に転職活動を始めるわけですから25歳ぐらいまでが一般的な基準ですが、企業によっては「20代なら第二新卒として認める」ところも多いようです。

「既卒」と違うのは、既卒の場合は大学や高校専門学校を卒業した後正社員として勤務した経験がなく、次をしてから一定期間経った後に就職活動を始めるという点です。

おすすめの就職・退職代行サービス

第二新卒の現状

日本は少子高齢化の一途をたどっていますが、これによって新卒の人数が圧倒的に減り、企業側としては優秀な新卒を獲得することが非常に困難になっています。

それに加えて新卒で入社した社員の約30%は3年以内に退職するという現状があります。

退職の理由は「想像していた職場とは違った」「自分の能力をより高く評価してくれる転職先を探したい」などが大部分となっていますが、慢性的に若手が不足している企業側では新卒だけに頼らずに第二新卒から良い人材を獲得したいという気運が高まっています。

第二新卒が転職しやすい理由

現在、第二新卒は売り手市場となっており、希望する会社に容易に転職できる風潮が強くなっています。

その理由としてまず挙げられるのが、第二新卒には新卒と同じような「やる気」と「新鮮さ」があるということです。

働き始めて3年ということは所属していた会社に染まりきっておらず、自社の社風に溶け込みやすい柔軟性をまだ残しているということでもあります。

もう一つの第二新卒のメリットとしては「社会人としての基本的なビジネスマナーを備えている」ことがあげられます。

新人社員研修はひと通り済ませてきているので新たに一から教育をする必要がありません。

研修に人員やお金を注ぐ必要がなく、現場で即戦力として働いてもらえるという点が企業としては魅力なわけです。

第二新卒は新卒よりも離職率が低い

第二新卒は新卒よりも離職率が低いのも、企業にとっては魅力のポイントとなっています。

第二新卒で就職した人は新卒よりも目的意識がはっきりとしており、慎重な選択を行った上で自社に就職しているからです。

一度他の会社で働いたことによって、「自分に何ができるか」「会社側は自分に何を求めているのか」「この職場にはどんな可能性があるか」を明確に把握しているのが第二新卒の強みです。

新しい社員を一人雇用するとなるとそれなりに教育費や研修費がかかるものですが、第二新卒であれば離職するパーセンテージが低いので、会社側としても損をするリスクが軽減されるという安心感があります。

第二新卒が転職で失敗する原因

企業側にとってはメリットの多い第二新卒ですが、軽率に行動してしまうとわざわざ転職した意味がなくなってしまいますので、転職を実行する前にいくつかのポイントをチェックしておくことが大切です。

第二新卒で転職をしようと思うと「年収を倍増させたい」「自分の能力を発揮したい」などといった欲がいろいろと出てくるものですが、転職をしたからといって人生がいきなりバラ色になるわけではないことは自覚しておくべきです。

どんな企業に勤めても、自分の才能を開花させるためにはそれなりのたゆまぬ努力が必要です。

あくまでも物事を現実的に捉え、長い目で人生を見つめていかないと職場を変えたからといって即成功につながるのではないことをよく理解しておかなければなりません。

ではここで、第二新卒が転職する際に失敗しがちなポイントを見ていきましょう。

転職先が決まる前に今の職場を退職してしまう

第二新卒は売り手市場ですが、だからといって新卒で就職した会社を安易に辞めてしまうのは好ましい行動ではありません。

自由を謳歌していた学生からいきなり社会人になると、多かれ少なかれ誰でもそのギャップを克服するのに苦労するものです。

職場には厳しい上司もいますしウマの合わない同僚も山ほどいるはずですが、これはどこの職場でも同じことで、100%肌に合う勤務先というのは存在しません。

それにも関わらず、ただ単に今勤めている職場の雰囲気が合わない、同僚とうまくやっていく自信がない、仕事の内容が単調でつまらないなどといった理由で退職して次の仕事先を探してもうまくいくはずがありません。

「今の職場が嫌だから他の職場に移る」という考え方で現在の仕事を辞めてしまっても、新しい職場で同じようなことが起きる可能性が大きいからです。

会社としては第二新卒を採用するのに新卒と同等、あるいはそれ以上のメリットを求めてくるわけですから、「前の職場の雰囲気が合わなかったから辞めた」といった気まぐれな態度の人材は必要としません。

第二新卒で転職するつもりであれば、現在の仕事を辞めずに転職活動を行い、本当に自分の目的を実現できると確信できる新しい職場に出会うまでは動かないぐらいの決意がなければ転職は成功しません。

最初に会社を辞めてしまってそれから第二新卒の転職をしようとした場合、とりあえずは働かないと生活していけないという状況に追い込まれてしまい、不本意な転職をしてしまうことがあります。

これでは元の木阿弥で、せっかく第二新卒で転職した意味がありません。

今後どのような仕事をしていきたいかという明確なビジョンがない

第二新卒の転職で失敗しないためには、「今の職場が嫌だから」というネガティブな動機は一切捨てることが必要です。

自分が今後どんな仕事をしていきたいのか、どんな職場でどんな風に自己実現をしていきたいのかを自覚した上で新しい転職先を決めないと、せっかく職場を変えてもまた同じことの繰り返しになってしまいます。

まずは「なぜ転職したいのか」「第二新卒で転職することのメリットは何か」「転職しなくても今の職場で状況を改善することはできないのか」を熟考した上で決断を下さないと、自分のためにも企業のためにもなりません。

現在の職場の賃金が自分のスキルと照らし合わせて明らかに低すぎるから年収の多い職場に転職したいというのは転職の理由としては正当ですから、自分の才能と能力に自信があるのであれば積極的に転職活動を始めるのも悪くないかもしれません。

第二新卒の転職で失敗しないためのポイント

様々な角度から考えてみて、やはり転職してしまった方が自分にとってはプラスだというのであれば失敗しないポイントを踏まえながら転職活動をするのがおすすめです。

転職に有利なタイミングを逃さない

第二新卒の人が転職で失敗しないためには、転職に有利なタイミングを逃さないことが重要なポイントとなってきます。

第二新卒の場合、転職活動に有利な時期は3月と4月、そして7月から9月にかけてです。

3月といえば企業の決算も一段落し、新しい人員を確保しようとする動きが高まる時期ですから、この時期にターゲットを定めて転職活動をすれば良い結果が得られる可能性が大です。

新卒社員の入社と同じ時期にあたる4月も退職者が多いので、有利な職場に就職したいという人にはチャンスです。

ただし、第二新卒の転職の場合にも新卒と同じで書類選考や面接などで1〜3ヶ月の期間がかかることがほとんどですから、前年の12月には転職活動に着手しておきたいところです。

人事異動の多い7月〜9月も狙い目のダイニングですから、条件の良い職場に就職するためには6月ぐらいから動き始めることをおすすめします。

転職の綿密なスケジュールを立てる

転職というのは想像していたよりもはるかに多くの労力と気力を必要とするものです。

現在の職場で働きながら次の雇用先を探すとなると、限られた時間の中で最大限の情報を収集しなければなりません。

自分が転職したい会社あるいは職種にターゲットを絞ったら、スケジュールを立てながら転職活動をしていかないと現在の仕事に支障をきたすばかりではなく、転職でも失敗してしまう可能性があります。

転職を希望する就職先の情報を収集する時期、具体的に会社を選択する時期、自分のアピールポイントや長所をまとめて面接に備える時期、今の仕事の引き継ぎをする時期などについて綿密な計画を立て、着実に実践していかないと理想的な転職はできません。

転職エージェントを活用するのもいいアイディア

第二新卒の求人案件はウェブサイトなどで容易に入手することができますが、スムーズに転職をしたいのであれば転職エージェントを活用するのも良いアイデアです。

転職エージェントのほとんどは登録すると専任のキャリアアドバイザーが転職のサポートをしてくれます。

キャリアアドバイザーは採用の現場を熟知したプロですから、「第二新卒で転職したいけれど自分の方向性が今一つわからない」といったケースでもより良い転職への道を切り開いてくれます。

多くの転職エージェントは無料で利用することができますので、第二新卒の転職を思い立ったらまずは登録手続きをしておくのがおすすめです。

まとめ

一頃までの日本では終身雇用制が当たり前でしたが、最近ではより良い条件の職場に転職しながら成長していく生き方の方が主流になっています。

居心地の悪い職場、明らかに自分に合わない職場に就職してしまうことはありますが、早めに気づいて軌道修正をしていくことで自分の夢を実現できる人生を歩むことも可能です。

第二新卒で転職をする場合は現在の職場の良い点と悪い点がよくわかっているという利点があるわけですから、その利点をよく生かして後悔のない転職をしたいものです。

第二新卒の最新記事8件

  • 口コミでも人気!第二新卒向けの転職エージェントおすすめ6選

    第二新卒の転職成功の秘訣は、サポート体制がしっかりしていて口コミでも人気の転職エージェントをやはり利用すること。実績の高い転職エージェントは、利用者から良い評価を得ていることが多いです。実際に利用した人からの評価が高ければ、確かに転職の際に安心が持てますよね。 そこで今回は、口コミで高い評判を得ている人気の転職エージェントをご紹介していきたいと思います。 ・転職についての不安が大きいので相談したい…

  • 就職における第二新卒とは?大卒だけでなく高卒も当てはまる?

    就職・転職でよく出てくる「第二新卒」という言葉。第二新卒とは何なのか、自分は含まれるのか、高卒は扱いとしてどうなるのか、大卒でなくても第二新卒には当てはまるのかなど、わからないことは多いでしょう。 これから就職や転職を目指すうえで、それぞれの言葉の定義や条件、注意点などを見極めることはとても大切です。それによって求人にエントリーできるかどうかが変わってくるため、後になって言葉の意味を知って恥ずかし…

  • 第二新卒におすすめの求人サイトを紹介!選び方のポイントも解説

    第二新卒にとって、求人サイト選びは非常に重要なポイントになってきます。どのようにサイトを利用するかによって転職がどれだけうまくいくかは変わってくるでしょう。自分に合った求人サイトを上手に活用していけば、第二新卒で大手企業に転職するのも夢ではなくなってきます。 そこで今回は、第二新卒におすすめの求人サイトの選び方を解説しつつ、実際におすすめの求人サイト・転職サイトを紹介していきます。 おすすめの就職…

  • 第二新卒で大手求人を探す方法とは?転職を成功させるポイント

    せっかく第二新卒で転職するなら、やはり大手求人を見つけて夢の大手企業社員を目指したいですよね。大手への転職が成功すれば、年収アップはもちろん望めるでしょうし、あらゆる条件や労働環境が良くなる分、仕事もモチベーションも上がるでしょう。やりがいを感じられる仕事も多いはずです。 では、第二新卒で大手求人に応募し、転職を成功させるためにはそんなことに気をつけていくのが良いのでしょうか。そこで今回は、第二新…

  • 【例文あり】第二新卒の志望動機の書き方のポイントを徹底解説!

    第二新卒にとって転職活動の悩みのポイントの一つに、志望動機があります。「例文がないと正直何も書けない……」「志望動機とはいっても、正直なところ今の会社が嫌で辞めたいだけだしなぁ……」「給料が良いからなんて言えないしどうしよう」と困っている人は多いのではないでしょうか。 志望動機はその人の印象を形成する大事なものです。志望動機が適当だとやはり不採用にはつながりやすくなりますし、志望動機に深みがあり具…

  • 第二新卒採用にも積極的な大手一覧!有名企業への転職を目指そう!

    第二新卒の採用に、大手企業はどれくらい積極的なのでしょうか。大手一覧をチェックしておけば、実際に第二新卒がどれだけ求められているのかがわかり、転職のモチベーションアップにつながるでしょう。 自分の一生を左右するかもしれない仕事ですから、やはり転職先は大手企業も視野に入れてみたいですよね。絶対に大手!と妥協したくない人も実際にはたくさんいるでしょうし、大手にも正直興味あるかも……となんとなく惹かれて…

  • 第二新卒で大手を目指すのは無理?人気企業に転職する方法とは

    第二新卒にとって、大手企業、人気の会社を目指すのは無理なことなのでしょうか。確かに第二新卒は転職者の中でも有利になりやすい立場ですが、大手となれば状況は変わってきます。第二新卒の若者を採用担当者はどう見るのか、企業によっても変わってくるでしょう。そもそも第二新卒の採用には消極的な大手企業もやはり少なくはありません。 そこで今回は、第二新卒で大手を目指すのは無理なのかという点に注目しながら、大手企業…

  • 第二新卒は転職サイトを使うべき?エージェントとの違いとは

    第二新卒が転職する際に重要なツールとなってくるのが、求人をたくさん見つけられる転職サイトです。転職サイトを利用せず転職する人は少ないでしょうし、実際、転職サイトには第二新卒向けの多くの求人が掲載されています。 ただそれでも、転職サイトってどう使うべきなの?そもそも使うべき?と悩む人は多いでしょう。何しろ初めての転職ですから、第二新卒にとって転職サイトの使い方は悩むものです。 そこで今回は、第二新卒…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。