1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。
やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。

しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。

ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。

つまり、本格敵始動という時に、いきなりリタイアです。非常に会社にとっても迷惑……という感じがあります。

今回、1ヶ月で退職はOKなのか、などについてお話しします。

1ヶ月で退職してしまうと、転職活動にも大きく影響してしまうかもしれないですよ。1ヶ月で退職……、なおさらしっかり考えなければならないことがあります。

おすすめの就職・退職代行サービス

本来1ヶ月で退職はアリ?

多くの人たちが、1ヶ月で退職と聞けば、それはないでしょうという意見を持つのではないでしょうか。

実際に、このようなことを入社した全部の人たちがしていたら、会社は大損害で、大打撃です。

ただし、逆に言えば、あなた一人程度、1ヶ月で退職しても、大したことはありませんよということかもしれません。

しかし、よく考えてください。新卒や中途採用で会社に入っても、すぐに嫌になることってあるので、仕方ないと言えば仕方ないのではないでしょうか。

仕事場の雰囲気が、自分自身にはマッチしないということもあるでしょう。そして、仕事
内容をだいたい把握するのも1ヶ月あたりで、そのとき自分にはこの仕事は合わないという判断も、その頃起こるでしょう。

1ヶ月で退職は、気まぐれ過ぎて会社には迷惑というものの、仕方ないと言えば仕方がないです。

会社に入る前には、いろいろそれぞれの人たちがイメージを抱いているでしょう。しかし、段々と、イメージが違っているということに気付くことがあります。

この会社は、抱いていたイメージとは違うとはっきりと理解できるのもだいたい1ヶ月あたりと言います。

そして、日本の場合、ゴールデンウイークがありますよね。それまで、一生懸命がむしゃらに頑張って来たのですが、だいたいどのような会社なのか把握した頃、このようなゴールデンウイークがあるとそこで気持が切断されてしまうことになります。

一生懸命頑張って来ただけに、ゴールデンウイークが終了して、会社に行きたくない病が起こることがあります。1ヶ月で退職というのも非常に理解出来るのではないでしょうか。いわゆる五月病ですよね。

でも、1ヶ月で退職してしまうと、転職活動にも大きく影響してしまうかもしれないですよ。

1 ヶ月で退職できる

そもそも、1ヶ月で退職というのはOKなのでしょうか。

結論を急げば、会社に入社して、1ヶ月で退職はno problemです。

それは日本では、職業選択の自由を保障してもらうことができているからです。

いつだって、あなたが辞めたいときには、会社というものは辞めることができるのです。

それは、民法627条に従い、1ヶ月で退職を申し出ても、2週間後に雇用契約を解除することができます。

ズバリ、会社には、それを拒否する権利はありません。

だとすれば、本当に、1ヶ月で退職する人たちって、想像している以上、多いという感じがありますよね。

1ヶ月で退職するヤツは、いい加減なヤツだ……。そんなことは、勝手に思いたいヤツに言わせておけばいいのです。

1ヶ月で退職して、再び、転職して1ヶ月で退職、また転職して、1ヶ月で退職、そして、結果、一番マッチしている会社に勤務することができればいいのですが、そんな不埒で本当に大丈夫なのでしょうか。

そんないい加減な人間を、法律が守ってくれているというのでしょうか。

1ヶ月で退職者は警戒されるかも

しかし、民法627条で1ヶ月で退職する人たちは守られているというものの、そんなに気軽なモチベーションで退職は出来ないと思いますよ。

それは、民法627条以外に、会社は会社で、会社の就業規則というものが存在して、退職についてのルールもこちら側で定められているからです。

1ヶ月で退職するにしても、就業規則のルールに従って、退職手続きは取られていくことになります。

そんなもの無視すればいい……、果たして、そんな気持でいいのでしょうか。そもそも、あなたは社会人なのですから、いくらなんだって社会的常識に従う必要があります。あなたがしなければならないのりは、会社に迷惑かけないこと、そして、正当な手続きです。

そして、1ヶ月で退職して、転職することについて考えてみましょう。転職は、果たしてスムーズに進行して行くのでしょうか。

1ヶ月で退職してしまったことで、転職に対して、少なからず影響はあるようです。

それは、次の企業が、あなたが1ヶ月で退職したことを知れば、またこの会社でも、1ヶ月で退職するのではないか……ということを警戒してしまうでしょう。

1ヶ月で退職することはもちろん会社には迷惑なことです。そして、1ヶ月で退職する人間に対して、意思が弱い、気まぐれ、根性なしなどいろいろ悪いレッテルを貼り付けてしまうことになります。

1ヶ月で退職までしなければならないこと

1ヶ月で退職であなたが何をしなければならないかということですが。

たった1ヶ月で退職なのですから、ここで引き継ぎの問題は出てこないですよね。

あなたがしなければならないのは、1ヶ月で退職した反省です。

もう1ヶ月で退職を決めた訳ですから、くよくよ後悔する必要はありませんが、反省はしっかりしなければならないでしょう。

それをしないと、また同じことを二度、三度繰り返すことになります。それを寛容に受けとめてくれる程、社会は甘くはないでしょう。

1ヶ月で退職してしまったから、今度は成功させてください。そのために、どうしてこのような事態になってしまったのか、会社分析、自己分析をしっかり行いましょう。

会社が悪いというのなら、それを知りまた似たようなタイプの会社に就職してしまうことはないでしょうか。

1ヶ月で退職はちょっと早すぎかも

1ヶ月で退職というのはちょっと早すぎかもしれません。それは、まだ、研修期間を終えた程度で実際には何も学ぶことができていないからです。

せっかくこの会社に入社したのですから、学び何かを身につけて退職というのがいいのではないでしょうか。

会社なら基本、いつでも辞めることができる訳ですから。

そして、研修が終了して、本格的に仕事を始動したとき、そこにやりがいが見つかり、会社のイメージも変わって来るかもしれません。

そのような意味でも、1ヶ月で退職という判断はそれ程妥当ではないのかもしれません。

どのような会社でも、そこからあなたが学ぶ気持でいれば、学ぶことができることは一杯あります。 基本的な業務スキルはもちろん、顧客とのコミュニケーションの方法、チームワークの重要性……、会社とは、やっぱり私達の普段の生活とは違う存在であり、社会人により構成されたシステムなのです。

あなたが学ぶ気持があれば、次へと繋げることができるでしょう。

とにかく、会社が嫌だという気持になってしまうと、1ヶ月で退職することばかり考えてしまって、こちら向きの意識をもつことがなかなか出来ません。

転職活動で面接官は、前の会社で何を学んだのかということを質問して来ます。ですから、あなたは、ここで何かを学ばねばならないということです。

1ヶ月で退職でも、成功できる転職

1ヶ月で退職する人に対して、新しい会社では、いろいろネガティブな評価を貼り付けてしまっている可能性があります。

あなたには1ヶ月で退職した理由は存在しているのかもしれませんが、特に新しい会社の面接官を納得させる言い訳が必要です。

つまり、短期間で辞めることになった正当な理由また、入社後の活躍を期待させるアピールをしっかり用意している人は、転職してもきっと成功できるでしょう。

1ヶ月で退職 転職理由は?

短期間で辞めることになった正当な理由&入社後の活躍を期待させるアピールについてしっかり考えましょう。

そのとき、短期間で辞めることになった正当な理由は人間関係と言う人たちが非常に多くいます。

面接官になんであなたは会社を1ヶ月で退職しようと思ったのですか?と聞かれて、あなたは、以前の会社では、人間関係があまり良くなくて退職しましたと、それが正当な理由かのように話すことがあるかもしれません。

しかし、それって、正当な理由ではありませんし、あなたを不利にさせる理由です。

なんで、人間関係で辞めてしまうことが不利なのかといえば、会社組織というものは、多かれ少なかれ似ているものです。以前の会社で、人間関係で退職したとすれば、この会社でも人間関係で退職してしまう可能性が充分あるということです。

つまり、人間関係のトラブルメーカーは、会社ではかなり使えない人間なのです。

それが事実でも、もっと違うまともな理由を説明しましょう。つまり、面接で話ししなければならない短期間で辞めることになった正当な理由とは、嘘も方便、「入社後の活躍を期待させるアピール」です。

「1ヶ月で退職」まとめ

いかがでしょうか。今回、1ヶ月で退職する人たちについて解説
しました。

1ヶ月で退職はOKです。辞めるのは、あなたの自由です。

しかし、もうちょっと頑張ってみませんか?
せっかく入社した訳ですし、そこから何かを学んでいただきたいのです。転職して面接官にも、前会社で、何を学んで来たのか聞かれることでしょう。

とにかく1ヶ月で退職はOKです。あなたは、退職日までの残された時間、せめて反省をし、貴重な体験をここでしていただきたいですね。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。