バイト先が辞めさせてくれない時はどうする?退職する方法まとめ<│ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

バイト先が辞めさせてくれない時はどうする?退職する方法まとめ

アルバイト先に辞めさせてもらえないと、「このまま退職できなかったらどうしよう」「辞めさせてくれないのはパワハラなのでは?」と困ってしまうものです。

バイトを辞める時期は基本的に本人の意思で決めることができますが、時に「人手不足」などを理由に退職させないようにするブラックなバイト先も出てきます。そんなブラックなバイト先に悩み、退職する時期をすっかり見失ってしまう人は多いです。

そこで今回は、バイト先が辞めさせてくれないときにはどうすれば良いのか、辞めさせてもらえない理由などもあわせて解説しつつ、対処法を見ていきたいと思います。

バイト先が辞めさせてくれない理由とは?

ではまず、アルバイト先が辞めさせてくれない理由や、辞めさせてもらえないときの状況について考えてみましょう。

人手不足なので辞めないでほしい

バイト先の店長、もしくは社長などの上司がバイトを辞めさせないのは、まずは単純に人手不足が問題になっているからです。人員が足りていないため、「今辞められたら困る」といった心理になっているということです。

本来であれば、人手不足が理由であっても、バイトを引き留めて良い理由にはなりません。もちろん「もうちょっといてくれないか?」と頼んで本人が了承すれば問題ありませんが、「今いてくれないと困る!」「人手不足なのになんで辞めるの?」と責め立てるようにして、強制的に辞めさせまいとするのはNGです。

ただ、実際のところ、人手不足を理由に、辞めたいと言う従業員を無理に引き留めようとするケースはかなり横行しています。断れない性格の人、気弱な性格の人であれば、なおさら店長や社長の意思に従ってしまうものです。

優秀なバイトなのでずっと働いていてほしい

場合によっては、優秀だからこそ辞めないで欲しいと思われていることもあります。

バイトのリーダーやチーフなど、他のバイト・パートをまとめる立場であった場合はある程度勤続年数も長いでしょうし、バイト先の店長としては「ここまで育ってくれたのだから正直辞められるのは惜しい……」と感じるはずです。

ただ、このように思われて辞めさせてくれないのも、結局のところは上の人手不足が原因となっています。そもそもバイト先に従業員の数が充実していて、教育体制などもしっかり整っていれば、辞めようとする人を無理に引き止めるようなことはしないはずです。

新しいバイトを雇うのが面倒臭い

新しいバイトを雇うことに対する面倒臭さなどが理由となっている場合も、意外と多いです。

誰かが辞めて人手が足りなくなったら、また新たに従業員を増やさなければなりません。ただでさえ人手不足…というわけではなかったにしても、新しく人を雇って教育するのは店長や社長にとって正直骨が折れるものです。

求人を出して面接するのにも手間がかかりますし、やっと一人雇ったところで、その人がしっかり長く働いてくれるか、一人前のバイトに育ってくれるかどうかは未知数でしょう。事実、すぐに辞めてしまう人は少なくありません。

それならうまく言いくるめて、辞めようとしている人を引き留めた方が、バイト先にとっては正直都合が良いというものです。「人手不足というわけではないのになぜ辞めさせてくれないのだろう」と思ったときは、このような理由が関係している場合が多いです。

バイト先が辞めさせてくれなくても退職は可能!

詳細を説明する前に結論から言ってしまうと、基本的にバイト先が辞めさせてくれないにしても、退職することは絶対にできます。法律上の観点も入れつつ、詳細を整理していきましょう。

法律上辞められないことは絶対にない

まず、法律上、自由に辞めさせてもらえないということはNGになります。基本的に「辞める日の2週間前まで」に辞めたいという意思を伝えれば、バイトはいつでも辞められるようになっています。これは法律で決まっているルールです。

そのため人員が不足している、優秀だからまだ働いてほしいといった理由がたとえ店長側にあったとしても、その理由はまったく関係ありません。バイトを辞めさせない正当な理由にはならないということです。

店長/社長の言いなりになってはいけない

法律の観点から見ても、バイトを自由に辞めさせてもらえないということはありません。

そのため店長・社長など、バイトの上長となる人の言いなりにはならないことが大切です。特に気が弱い人や周りの目を気にしてしまうタイプの人は、バイトの店長から強く「今辞めるのはダメ」と言われたら、それに従ってしまうことが多いです。

実際、バイトを辞める時期を自由に決められるということは、よく知らない人も多く、辞めるのには許可が必要=許可が出ない場合は辞めさせてもらえないと思ってしまってしまっている人はたくさんいます。

また、他のバイト仲間に悪いと思ってしまう心理もあるでしょう。「今辞めたら皆に迷惑がかかる」と感じてしまい、罪悪感からバイトを辞められなくなる人も多いです。言ってしまえばバイト先の店長はそういった罪悪感につけ込んで、引き留めようとするため、言いなりにはならないようにしましょう。

バイト先を辞めさせてもらえない時に退職する方法

バイトを辞めるときは、基本的には2週間前に申告すれば辞められるということがわかりました。ではここからは、辞めさせてもらえないときは具体的にどのような方法で退職すれば良いのか、対策を見ていきましょう。

辞める時期についてしっかり相談する

原則として、辞めたい時期の2週間前に退職の意向を伝えれば、バイトを辞めることは可能です。

ただ、どうしても人手不足のことが個人的に気になってしまうという場合は、辞める時期についてまずはしっかり店長や社長と相談しましょう。「〇〇なので辞めさせていただきたいのですが、いつ頃なら退職していいですか?」といったように、相談して時期を調整しましょう。切羽詰まっているわけではなく、ある程度バイトを辞めるまでに猶予が持てる人は、このように相談するのもありです。

もし「〇月なら辞めても大丈夫」といった回答をもらえて、「わかりました。じゃあ〇月いっぱいで辞めさせていただきます」という話でお互いに合意したのであれば、十分余裕を持って退職の意向を伝えられたということになります。そこでもし約束の時期になっても辞めさせてもらえないようなことがあれば、こちらとしても「約束が違います」と主張できるでしょう。

就業規則や法律の上では退職できると主張する

バイト先が人手不足を理由にしたり、何らかの脅し文句をつけたりして、バイトを辞めさせてくれないときは、就業規則や法律の上では退職できるということをしっかり主張しましょう。

就業規則とは、バイト先が決めた働き方のルールです。就業規則はバイト先独自のルールなので、「辞める場合は1か月前に申告すること」といった法律とは違った決まりが明記されていることが多いです。

ちなみに効力の強さでいえば、法律の方が強いため、最終的には就業規則を守っていなくても2週間前に退職の意向を伝えれば辞めることができます。ただ、できればバイト先のルールに則って、就業規則を守って辞めることも考えたいところ。就業規則も守っていて法律的に問題なければ、自由に辞めることができて当然です。後々大きなトラブルになったとしても、ルールを守っている以上こちらは圧倒的に有利でしょう。

そのため辞めるときは、まずバイトの就業規則も確認しておきましょう。ルールは守っていること、法律上問題ないことを伝えれば、店長・社長も何も言うことはできないはずです。

退職代行を使ってバイトを辞める

それでも辞めさせてもらえない、パワハラめいた言葉を並べられて退職を阻止されるといった状況に悩まされているなら、一つの方法として退職代行を使うという手もあります。

退職代行は、本人に代わってバイト先に辞める意向を伝えてくれるサービスのことです。ある程度お金はかかりますが、「パワハラ店長ともう話したくない」「バイトを辞めたいと言って怒られるのが怖い」などの状況に困っているときは思い切って退職代行を使うのもありでしょう。

バイト先を辞めさせてもらない時の注意点

バイト先を辞めさせてもらえないときは、それでもなるべく円満に退職するために以下のようなポイントに注意する必要があります。

辞めさせてもらえない場合でもバックレはしない方が良い

辞めさせてもらえないとき、いわゆる「バイトバックレ」をしてしまう人は非常に多いです。無断欠勤、無断退職にはいろいろとリスクが伴います。

バイトをバックレると、まず本人の携帯や自宅に電話がかかってきます。なぜ出勤しないのかの確認の電話ですが、これは安否確認の意味も含まれています。もしかすると病気で家で倒れているのかもしれませんし、途中で重大な事故にあったのかもしれません。バイト先は安否確認のために実家や家族の携帯電話、警察などに連絡する可能性もあります。

また、バイトバックレを当たり前のようにするようになってしまうと、「嫌ならバックレれば良い」という感覚がいつの間にかしみついてしまいます。これは社会人として非常に良くない考え方なのは言うまでもありません。話し合って辞めることを、ぜひ考えていきましょう。

給料の未払いに注意する

バイト先を辞めさせてもらえない状況で、半ば強引に退職をすると、バイト先に給料を振り込んでもらえないことがたまにあります。原則としてどんな理由があるにしても、会社にはバイトを辞めた人にも給料を支払う義務があります。しかしブラック企業・ブラックバイトの場合、このようなルール違反を報復的にしてくることがあるのです。

もし退職後に給料が振り込まれていない場合は、バイト先に連絡して確認するようにしましょう。それでも振り込んでもらえないときは、本社に連絡を入れる、労働基準監督署に退職後の給料の未払いについて相談するなどの対応策を取っていくことです。

まとめ

バイト先を辞めさせてもらえないときは、まずは冷静になって「それでも退職する時期は自由なはずだ」という気持ちを持つことが肝心です。辞めさせてくれない状況だったとしても、店長や社長の言いなりになってしまってはいけません。

法律・就業規則のルールの上では辞められることを毅然とした態度で伝え、辞めさせてもらえない状況を解決していきましょう。もしそれでも辞めさせてくれないときは、退職代行を利用するなど、バイト先の理不尽な主張に負けないことが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。