パートで円満に退職を見事に完結させる方法

パート勤務で退職をするときに気遣うべき点や伝える挨拶の仕方などをどのようなタイミングで行うべきかを悩んでしまう人もいます。そのような人のために相手に不快感を与えずに円満に退職を成功させる方法を検証していきたいと思います。

退職する方法はパート勤務であろうがアルバイトでも正社員でも全て同じ方法になるので、特にパートだからといっても相手に失礼にならない方法を取ります。伝える相手は上司やその場の責任者に伝えることになるので、社会人としてその方法を間違えると円満に退職を行えないことにも繋がります。

もし、仕事が合わない場合や人間関係がうまくいかなかった場合にとっても一緒に仕事に関わった感謝の意と敬意を払うということはどの業種であっても雇用形態であっても必要です。それはこれから先の就職や転職活動の姿勢にも表れますので、相手への敬意を忘れずに振舞うことは大事です。

円満に退職を行うにあたっては退職の意向を示すだけでなく、必要な手続きなどもし損なうと自分自身にとって大きな損害にも繋がることがあります。従って、基本的に円満に退職に繋げることは自分自身にとってもデメリットとならないように進めることになります。ここれではその進め方についても検証していきます。

おすすめの就職・退職代行サービス

パートの失礼にあたらない有効な退職時の挨拶

これまでお世話になった職場で退職となるというのは自分自身の役割の穴を空けることとなりますので、その穴を埋めるにあたっては相手側に負担をかけてしまうということになります。退職にあたって気にしてしまうのは一時的に抜けた穴を作ってしまったお詫びという気持ちで「ご迷惑をおかけする」という気持ちの表現は必ず相手に表しましょう。

退職をする時の挨拶は「伝える相手への順序」はとても大事になります。去る者と残る者と温度差は生まれるかもしれませんが、これまでも一緒の時間を過ごした仲間でもありますので、伝える相手を決めておきましょう。その相手は順序がありますので、まずはその職場の責任者へ伝えることが大事です。いきなり雇用主の社長や大きな会社であれば、ほとんど顔を合わさない総責任者に伝えると相手側が困ってしまいます。

基本的にはその場の責任者へ伝えてから、周辺で関わりのある同僚へと伝えていきましょう。この順序を間違ってしまうと、伝えられた方にとっても迷惑をかけてしまう可能性もあるので、正しき順序を守ることは円満退職の基本です。その順序を守ることで、責任者や上司の顔を潰すことにもならず、職場の雰囲気も保たれることにも繋がります。

パートで退職意向を示すタイミングはいつ?

退職意向の挨拶をする相手が決まったら、次に間違ってはいけないのは「伝えるタイミング」になります。タイミングを間違ってしまうと、相手の大事な仕事を止めてしまうことや相手側の立場を危うくさせてしまう事にもなります。円満に退職を進めるにあたってはこのタイミングを大事にすることは自分自身にとっても円滑に退職を行うステップを踏むと言う事です。

退職意向の挨拶を行うには午後の時間に伝える事を心がけると良いです。午後の時間になれば、仕事にひと段落がつきますので、挨拶される側も受け止めやすいタイミングにもなります。退職の挨拶は就業開始すぐに伝えることは避ける必要があります。誰もが仕事が始まった時点だと、その日の仕事の組み立てを行っている人が多いので、緊張感がとても溢れています。そのタイミングに挨拶を行うことは仕事を止めることにも繋がり緊張感を崩すことになります。従って退職の挨拶を行うには午後に行うことが相手にとっても気遣えるタイミングとなります。

退職の挨拶は午後に行うのが基本ですが、特に絶好のタイミングとなるのは午後の休憩や小休止の時が一番良いでしょう。午前の緊張感が解れて午後のタイミングであれば、「小さなお菓子を配りながら」挨拶を行うと印象も良くなります。「お疲れ様です」とお菓子を添えながら挨拶を行うと、相手にとっても緊張が解れている中なので、雰囲気が悪くなりませんので、テクニックとしては使えます。

パートで退職を考えた時に手紙は有効なのか?

退職を考えた時に上司や責任者に意向を告げるために基本的には直接面談して伝えることになります。しかし、相手の忙しさや人間関係で上手く伝えることが出来ない場合は手紙で伝えることも一つの選択肢として活用できます。ただ、文章が会話口調になっていないか、伝えたい内容が明確に述べられていない形はNGです。手紙を使った文章で相手に退職の気持ちを伝えたいのならば、5W1Hの文章校正を使って要点を簡潔に伝える事が必要です。

5W1Hとは基本的な文章の構成で(いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのようにして)という物事を明確に伝えることを言い、各英単語の頭文字を取った言い方を表します。Wの順序は文章内容や目的によって変えることもありますが、要は目的を明確に伝える事が重要です。ビジネス文書で先方に用件を伝えるためにはこの様式を盛り込んで作成することはいろんな場面で役に立ちます。

また、手紙などの文章を用いて退職意向を伝えるのは、上司もしくは責任者となり、同僚を使っての間接的な渡し方はしてはなりません。もし、直接渡すことが出来ない場合は郵送にて送付するか、上司の方のみが直接確認できる所へ置いておくようにしましょう。手紙という手段は直接面談では上手く伝えることが困難な場合にのみ用いるようにして、後に「お話させていただきます」という形で直接伝えることをフォローする伝え方も良いかと思います。

手紙とメールは同じように取り扱われるのかと言うと、ここ近年では同じように扱われることが多いようです。エコや電子化による電子メールに関しても紙と同じように重要な位置づけになります。ただし、ビジネス形式の文章に限ってですが、ラインや携帯電話の日頃の会話で行うメールは非常識となるので避けましょう。

パートの退職に際して都合の良い理由とは?

いざ退職という場面を迎える場合にはこれまでお世話になった関係性を崩さず円満に済ませるためには建前を用いた理由を使うことが良いでしょう。本音で伝える理由となれば、相手側が快く思わなく円満に退職できないこともあります。ここでは「円満に退職する」が大前提ですので、相手にとっても納得できる理由を用います。

相手にとっても納得できる理由というのは、慰留することや退職を却下できない理由であることが良いです。特に用いられる理由は「一身上の都合により」という事が無難ではありますが、その詳細の理由については「〇〇のため」という都合を伝えることが相手にとって印象が変わります。建前で伝える理由については次のいくつかが挙げられます。

・家族の転勤による都合上により
・引越しによる住居が遠方となる都合上により
・育児・養育にかかる時間の都合上により
・次の勤務先が決定したため
・家族の介護にかかる時間の都合上により
・健康上の都合上により

このように何かの都合が生じて退職せざるを得なくなったという理由が述べられれば、それ以上に職場では引き止めも困難となります。職場側より引き止められる要素があれば、さらに交渉が長引く可能性を残してしまうため、それは残さないようにしたいものです。都合の良い理由というのは「もう既に決定している事柄」であれば、相手側にとっても交渉の余地を与えなくしてしまうのです。

パートで退職した後の確定申告の必要性

パート勤務で退職をすれば確定申告は必要になるのかと言えば、その後は転職をして年末調整をすることになれば不要になります。退職後に勤務をしていた職場から発行される源泉徴収票を使って年末調整や確定申告を行います。発行された源泉徴収票は払いすぎた税金の還付を受ける事や控除などを受けるために必要な手続きなので、必ず紛失しないように取っておきます。

パート勤務をしている人で扶養の範囲内で働いている人であるか、そうでないかとでは控除される金額が違いますので、収入額を把握しておくことはとても大事です。パート勤務をしている人の中で世帯内の単独で勤務をしている人や年金と併せて収入がある人は確定申告を行うことになります。その収入額が103万円以上である人は申告にあたっては税務署で手続きを行うことになります。

パート勤務をしている人で退職をしてから専業主婦になった人であっても確定申告は必要となりますので、必ず行いましょう。また、パート勤務であっても退職金支給を受けた人も「退職所得の受給に関する申請書」というものを手続きすれば退職金に関する確定申告は不要となります。退職金は月給と違って大きい金額となりますので、退職所得控除というものが適用されますので、退職後にそのまま無職となる方は控除手続きを済ませておくことが必要になります。

まとめ

パートで退職を決めたら必ず押さえておくことは職場での責任ある人への挨拶報告をするタイミングは間違えないように行います。どうしても直接面談で退職意向を申し出ることが出来なければ、手紙や文章を用いて簡潔に伝えることも可能ですが、あくまでも補助的なもので行うことに留めます。自分自身で直接伝えることが出来ない場合には郵送などの手段を使って礼儀を損なうことなく伝えることが必要です。

退職をするまでの準備や手続きは踏まえておかないと、自分自身にとってデメリットが生じるものばかりになります。特に年末調整や確定申告などの手続きは払いすぎた税金などの還付を受ける可能性もあるため、忘れないように行います。また、退職金に関しては申請書を通じた控除手続きを漏らすと必ず確定申告を必要とします。

パートであっても正社員で勤務をしている人も様々な手続きに関することはほぼ同じ手続きを行う必要があります。円満に退職を行い次の新しい就職や生活をスムーズに移すためには退職前からの行動や姿勢は大切となってきます。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。