バイトが正式に退職するために必要な届出

バイトを退職すると決意した時に踏まえておきたい円満に職場を去るための順序をここで検証します。バイトであっても正社員と同じように順序や届け出方を間違えると双方にとって大きな時間を損なう事になります。万一、退職を考えることになって職場でトラブルを起こさずにスムーズに届出を行うことが円満退職に最も近づく手段となります。

ここでは届出を出す相手から提出するタイミングなどを知っておく事で、相手にとっても不快の無い手順で円満に退職を行う近道を知ることが出来ます。また、退職する時の心構えや手続きの仕方を知っておく事で賃金の未払いや受取りミスを防ぐことにも繋がります。職場とのトラブルを起こさずにアルバイトであっても退職に際しての順序は決して疎かにしてはなりませんので、ここでしっかりと学んでおく事が必要です。

特に今まで退職届を書いたことが無い人やこれまで退職経験の無い人も必要な手続き方法を知っておくことは今後の社会経験としても必要です。就職と同じように退職についても大切な礼儀というものがありますので、普段では知ることの出来ない作法も身に付くことが出来ます。

おすすめの就職・退職代行サービス

バイトの退職に必要な届け方

勤めていた職場を退職する際にはアルバイト勤務であっても必要な手続きはいくつかあります。その手続きを踏まえることで円満に退職を迎えて再就職や新しい生活に専念することができます。特に退職意向を申し出るには口頭で辞めたいと告げるのではなく、退職願や退職届を提出することで相手側とのトラブルを回避することになります。口頭で告げるというのは「言った言わない論争」のトラブルを招きかねないため、一番避けるべき届け方になります。

届け出る相手はもちろんですが、その職場の上司や責任ある立場の方に向けて行います。バイトだからと言って同僚や先輩に口頭で告げることや退職届を間接的に渡すという事は絶対に避けるべきです。また、退職を申し出るには退職日までの期間は充分に取っておくことも必要になります。他の勤務者とのシフトや勤務調整が発生するため、残る方に迷惑をかけないように配慮があると確執も起きなくなります。

バイト勤務でよくあるのが、当日欠勤やいきなり来なくなる「バックレ」という事は絶対やってはなりません。どうしても退職せざるを得ない状況となった場合には、責任ある立場の人に退職日を決めた意向を退職届で用いて伝えることで、退職までに必要な手続きや賃金の支払いなどを円滑に行う事にも繋がります。順序や手続きを守ることで、賃金の未払いや罰金などのトラブルを回避することにもなります。

退職届を提出して退職取り消しは出来るのか?

退職日に向けて日が迫ってくる中で、もし退職の気持ちが変わることや事情が変わってしまった時に出した退職届は取り消しが出来るのかと聞かれる事があります。その場合は基本的に「取り消しは出来ない」ことになります。ただし、職場との合意や取り消しに応じてもらう事が出来たら問題はありません。

退職を考えた時に他との条件や転職先との内定などの都合によって取り消しを考える可能性がある場合には「退職願」として届け出ることをおすすめします。退職願はあくまでも退職意向を申し出て、職場側が合意しなければまだ考えることや交渉の余地を残します。しかし、退職届は一方的に労働者側の契約解除の届出となりますので、自分が改めて撤回することは職場側も予測しておりませんので注意が必要です。

従って、退職を決意した時は相手側から慰留や交渉の余地を残さないように退職届を用意して職場の責任者にしっかりと渡す事が重要です。退職届はそれだけの効果があるため、労働者が行使できる権利なのです。それを職場側は受け取らなないことや拒否することは認められていません。

バイトが準備する退職届の封筒の使い方

退職届を職場の上司に届ける際に注意しておきたいのは裸で書類を渡す事はとても失礼に当たります。基本的に書類を相手方に渡す際にはプライバシー保護の観点だけでなく、書類が神聖なものである事で礼を尽くしているという意味にもなります。バイト勤務だからと言っても書類の渡し方は封筒を使って封をして渡すことは必要です。

また、封筒にも種類があり退職届を封入するには長形3号のサイズの大きさが一般的であり、郵送する際にも定形郵便物としても扱われています。封筒自体は様々な大きさがあるため、退職届の書式の大きさに合わせて封入する丁度よいものを用います。ここで気を付けておきたいのが、直接上司に退職届を手渡す際には封筒の表に郵便番号を記載するマスがプリントされていないものを用います。

封筒の表に郵便番号表記が出来るものを手渡しとして使うのは失礼にあたります。書類や封筒は活用する目的に応じて種類があるため、こちらはあり合わせのものを使用している事が分かってしまいます。従って、封入する封筒に関してはどうしても郵送せざるを得ない場合以外には表記が無地であるものを使用します。無地の封筒に退職届もしくは退職願と表記し、中身のもが何であるのかを明確にしておくとこちらの意志が確実に伝わります。

バイトが退職するまでに届出はいつまでに準備が必要?

アルバイト勤務である際に退職するにあたっては職場のシフトの状況が大きく左右されます。特に今は人材不足の時代ですので、バイトのシフトは同僚も含めてスタッフの勤務状況が大きく変わってしまいます。そのため、退職意向を職場に示すにあたっては2ヶ月以上の期間があると職場や一緒に働いているスタッフにも大きな動揺を与えない配慮となります。

しかし、こちらの退職意向と次の職場などの勤務調整などもあった場合には最短で相手方へ届出を出すのに必要な期間は退職日より2週間前までに出せば良いのです。2週間前に届出を出ることで職場側の受理に関しては拒否することは出来ません。労働基準法に定められた就職も退職も労働者が主張できる権利となります。労働者は雇用主と等しく権利を主張できる立場は保護されていますので安心してください。

ただし、これまでも一緒に働いていたアルバイトであるとシフトの調整や欠員の補充などがとても時間と負担がかかるということを理解しておくことも重要です。円満に職場を退職する場合には職場側の意向なども汲み取って、退職日に関しては合議できるよう相談はしておくことは相手方への配慮を示します。この配慮があるだけで、職場側や同僚の受け止め方も変わってきますので、充分な期間を持っておくと良いでしょう。

バイトが退職を届け出た後に退職金は発生するのか?

アルバイトには退職金が無いということが当然とされていますが、これは雇用契約を結んだときに契約内容を示したものを残してあるかが重要です。正社員でも退職金というものはその企業が決めた制度に則って定められていますので、こちらも知らない人が圧倒的に多いのです。

退職金規定に関しては就業規則や賃金規程などに表記されています。この規定は勤務する立場がどれだけ弱い人であっても全員が確認出来るようになっています。確認出来ないのであれば、総務や経理などの部署に問い合わせしてみてください。もし、その賃金規定が無いことや出せないといった場合には労働基準監督署に申し出してみて下さい。就業規則などは誰もが閲覧できる権利があります。

しかし、退職金に関しては規模や慣習によって支払い方やアルバイトやパートにも支給している企業もあります。退職金制度に関しては退職一時金と年金の方式があり、これらの制度は必ず企業が制定しないといけない規則はありません。従って、退職金が無いことで違法ということもありませんし、実際にある場合はその受給方法に関して就業規則などを確認しておきます。そこに明確に正社員やアルバイトなどの雇用形態などを示したものが無い場合には同じように受給できる可能性があります。

アルバイトなどの有期雇用が多いパターンであっても退職時には勤務年数や貢献度によって退職報奨金や退職慰労金などの名目で受給されるところもあります。企業独自で設けている制度であるため、どの企業も行っている訳ではありません。しかし、正社員に対して退職金制度を用いている場合であれば、長期間でアルバイトやパート勤務をされている人にも少なからず受給ができる可能性があります。

長年働いたパート勤務の人でも退職金がもらえた例も

アルバイトやパート勤務の人の場合だと、ボーナスや退職金なんて皆無と思っている人が殆どです。しかし、長年働いていた職場で非正規雇用であった人が正社員と同じように退職金や賃金を支払う判決も出た例があります。

今は社会保険や賃金、雇用契約に関してもアルバイトやパートなどの勤務の人であっても勤務時間などに応じて対応することを求められています。また、3年やそれ以上の勤務が継続されるアルバイトの人であれば正社員登用などの雇用契約の見直しなども求められています。正社員と同じく仕事に従事する内容が同じであれば、アルバイトであっても賃金や待遇などを与える必要性は企業側に求められています。

従って、バイトであるからと諦めている人もまずは就業規則や賃金規程などを確認してみる価値はあります。そこに正社員や非正規社員などの定めが無い場合、退職金規定などに当てはまる事項が適していれば求める事が出来る可能性が大いにあります。

バイトの退職届に必要な挨拶文

アルバイトでも退職届は用意した方が良いというのは前述の通りですが、どのような挨拶文を用いるのかを考える必要があります。一般的には「一身上の都合により」という申し出が無難ではありますが、自己都合による退職であるため理由を示しておくと相手への印象が変わります。

挨拶文に関してはこちらの一方的な思いだけを書いてしまっても不快感を与え、円満に退職を実行することが出来ない可能性があります。そうなってしまっては壊れてもない人間関係までも壊しかねないこともあります。基本的にはここでは建前という大人の対処をすることで、職場との関係性を壊すことを避けます。

建前で用いる退職届の挨拶文はこちら
・この度は家庭の事情により〇月△日付をもって退職したく存じます。
・この度は健康上の理由により〇月△日付をもって退職したく存じます。
・この度は学業に専念する事情により〇月△日付をもって退職したく存じます。
・この度は就職内定により〇月△日付をもって退職したく存じます。

上記のようにいくつか例を踏まえていますが、基本的に何かの理由によって退職する意思が決まっている事を告げます。挨拶に関しては時候の挨拶とか形式的な堅い内容は差し控えて、伝えたい要点を簡潔に盛り込むことが大事です。

まとめ

アルバイトであっても正社員と同様に職場に届け出る必要な手続きはどの立場であっても正しき順序を踏まえないといけません。それは社会保険や賃金なども同じ労働者として、雇用主へ求める正当な権利を有しているからです。また、円満に退職をするためには職場の同僚との人間関係や職場の雰囲気をできる限り壊さないようすることが大事です。

それは受給する賃金などを確実に受け取ることや再就職に不利の無いように手続きに漏れないようにすることが大事です。円満に退職が行われなかった先にはトラブルでの訴訟や事後に損害賠償などの請求が行われた場合もありますので、必ず円満に退職を済ませることは大事になります。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。