退職意向を上手に伝えるタイミングと方法はこれだ

退職を決意した時に相手に不快な思いをさせず円満に職場を去る方法をここで検証していきたいと思います。それはどの相手に伝えることやベストなタイミングで行う事が一番の良い方法なのかを知っておく事で今の職場にて蟠りを残す事無く退職をする事が出来ます。特にいつの段階でどのような方法を取る事で相手へ気遣えるマナーを心得ておく事で次の転職などをスムーズに行う事が出来ます。

また退職前に行っておくことでスムーズに行えることだけでなく、絶対に行ってはいけないタブーな事も押さえておくことで気持ちよく送り出してもらう事も可能にします。一般的に行われている慣習だけでなく、一味違った方法を実行する事で自分自身が「できる社会人」として存在価値を残すことも出来るのです。

おすすめの就職・退職代行サービス

退職意向をメールで伝える手段は良いのか?

退職を考えた時に直接上司へ伝えるのではなく、メールで伝えるというのは常識的に間違っているのかと思われがちですが、今は仕事でメールでの連絡手段を基本的に使うので間違いではありません。また、伝える相手の仕事の忙しさや出勤時間の入れ違いなどもあるため、メールで伝えるという手段はとても効率の良い方法としても捉えられています。

しかし、全ての会社でメールの手段が正解かというと全てが正解ではありません。また、メールと言っても携帯電話やスマートフォンなどの簡易的なメールで伝えるというのはNGです。同僚や上司とlineで繋がっているからと言ってもlineでの退職意向を告げるというのは必ず差し控えるようにします。Lineで繋がっているから安易に会話と同じように退職意向を伝えるというのは社会的に非常識となるため、またトラブルの元にもなりかねませんので絶対に避ける方が良いのです。

メールで退職意向を伝えるというのがなぜ、効果的というのは「簡潔に明確に相手へ示す」という目的が果たせるからです。口頭で退職意向を受け入れると、聞き入れた上司が部下の管理能力に難があると問われる可能性があります。従って口頭よりは文章で受け取る方が形にも残る事や伝える相手へ正しく伝える事が出来るためです。ただし、メールで伝えるというのは書面でどうしても渡す事が出来ない場合や時間がない場合に限ってになりますので、社会的な常識としては書面で退職願や退職届として届ける事が重要です。

退職意向をどのタイミングで伝えるのがベスト?

退職を考えた時に伝える相手はわかってはいるもののどういったタイミングで相手へ伝える必要があるのかと言うと明確には2週間以上前に申し出る事が一般的です。2週間前に申し出るというのは法律において自分自身が不利になる状況とならないタイミングであり、円満に退職するといった目的としては充分ではないタイミングとなります。ベストなタイミングというのは相手にとって迷惑のかからないタイミングを考慮する事が大事です。

相手への配慮がなされている事で自分自身の退職については仕方がない事として、また職場側にも配慮があった気遣いを押さえておくと受給されるボーナスの点や有給休暇の買取りなどにも配慮がなされる可能性があります。退職自体は仕方のない事ですので、お互いに蟠りが残らないように双方にとってメリットを残して退職を済ませたいところです。

それが公務員や重要ポストの役職者であるあなた自身が退職となれば、その後の欠員の補充に関しても大きな負担がかかる事になりますので、充分に時間を要する事が大事です。そのベストなタイミングというのは職場側と話をしてみる事が一番明らかになりますが、こちらも転職先と調整や都合がありますので、2ヶ月間の期間があると充分かと思われます。

ここでは2ヶ月間の期間があれば、担当者や仕事の引き継ぎも充分に出来る期間となります。営業マンであれば、取引先に後任者の顔合わせなどで引き継ぎを済ませる事が出来ます。従って法律的よりも会社のための引き継ぎに要する充分な期間を考えておく方が円満に退職を迎える事が出来ます。

退職の意向を上司に上手く通じる伝え方

今回の退職が会社にとってとても残念な場合だと上司にとっても残念な事になります。上司は部下の退職によって評価が少なからず良いものとならないために仕方ない理由を残す方が上司の顔も潰れません。ここでは社会的な建前をもって上司に伝える事が最良の方法と言えます。

今回退職となった理由に「一身上の都合により」というありきたりな文句を添える事は必ず避ける方が良いかと思います。この文句は本当に当たり障りのない、言い換えれば誰にでも使われる常套句となっているのです。それを受け取った上司がさらに上の上司へ持っていくには充分な理由にならないのです。

ここでは「健康上の理由により」、「家業を継ぐこととなったため」などひっくり返せない理由を用意しておく事が伝える上司にとっても配慮のある理由と言えます。上手に伝える方法は相手にとっても不利になる理由となってしまっては円満に退職となりにくくなる可能性があります。引き戻される可能性のある理由や会社側から条件交渉などの引き延ばし工作などを使われたりしたら、それこそスムーズな退職という目的が遅れる怖れがあります。

ここで上手に理由を用意しておいた方が自分にとっても上司にとっても都合の良い退職手続きを済ませることとなります。円満に退職を行うということは職場周辺の同僚や上司への配慮を怠らないという事なのです。もし言っておきたい遺恨や納得できない相談事はここで発するのではなく、退職願が受理された時に労働組合や専門家を通じて交渉する事にします。

また退職の決意が固まっている場合であれば、退職届を作成して上司へ直接渡す事で揺るがない相手側への手続きとして捉えられます。退職意向は証拠文書ともなりますので、自分自身で作成されない場合にあたっては会社から求められる事もあります。この現代では口頭での伝達は一番軽く信用性の低い手段として捉えられていますので、必ず文書を用いて伝える事で礼儀を尽くす事にも繋がります。

退職意向をいつの段階で伝えなければいけない?

退職意向を伝えるにあたっては2ヶ月間あれば充分な配慮を要した期間とされていますが、自分の意向を伝えるには退職前にする手続きや有給消化などの残日数を考えておかないといけません。また、次の転職先が決まっている場合には退職日は絶対に二重在籍とならないように段階を踏まえておかないといけません。

二重在籍となると社会保険や厚生年金、その後の税金手続きに関してもとても複雑になります。従って転職先が決まっている場合には転職先が決まっている事や社会保険の扱い方なども事前に決めておかないといけませんので、決まった時点で伝える必要があります。退職と入社についてはそれぞれ順序が決まっていますので、離職票や年金手帳に雇用保険などの手続きが今居る職場を退職してから成されるものですので、後先が逆にならないようにします。

また、退職金やボーナスなど退職後に支払われる特別な賃金がある場合には支給日や金額、査定の内容なども事前に納得がいくように説明を受けておくと良いです。そのため、退職にあたっての意向は決意した時に上司へ速やかに伝えておく必要があるのです。相手に全く処理の余地もなく退職間際に意向を伝えることになると退職に際しての自分自身の必要な手続きが些末になってしまいます。そうなっては転職先や無職となった場合の失業保険などの手続きも遅れてしまう可能性がありますので、そこは避けたいものです。

退職意向を電話で相談することは可能なのか?

退職を考えた場合に電話で上司へ伝える事は可能であるのかという事ですが、可能ではありますが得策では無いという事は確実です。電話で話すという事は録音をする事は前提として、伝え方によっては自分にとって不利に取られかねないリスクが高い方法になります。どちらかというとメールで伝える方がまだリスクが少ないと言えます。メールでの方法であれば、文章や記録として残せる事だけでなく用件が明確に相手へ伝える事が出来ます。従って記録に残る方法であれば電話でも可能ではありますが、より正確に明確に残す手段としては不足しているのです。

電話での相談は退職を考えている時点での上司部下間の相談としては問題ないかと思われます。電話での伝える手段というのはビジネスとしても重要度がとても低く扱われてしまうため、内容が重くても受け手にとって軽く捉えられてしまう怖れが大いにあります。ただし、電話での手段でしか行えない場合というのは病気などで直接面談を行えない事や代理で家族が申し出る場合に使う手段としては有効です。そんな場合には会社側としても安易に代理者からの電話相談を正式に扱う事は困難ですので、その後に本人との面談や文書を求められるので注意する必要があります。

まとめ

退職の決意は変わることなく相手側へ伝える場合には退職願や退職届を用いて直属の上司へ渡す事が社会的な常識となります。ただし、病気や特別な事情があって直接伝える事が難しい場合には郵送やメールなどの方法を使って伝える事も可能となります。メールは目的と明確な理由を簡潔に書いて上司へ送信する必要があります。病気の理由で場合によっては診断書などを添付して送る事も必要になります。

退職を上手に伝えるだけでなく、相手側への配慮を欠かすことのないように充分な期間と円満退職に向けて様々な手続きを滞りなく進める必要があります。退職をこじらせてしまうと退職後の生活や転職先での新しい出発に関しても面倒な事が生じます。円満な退職を行うという事は転職先にとっても迷惑をかけることなく手続き関係を円滑に進めることに繋がります。充分な期間を用いて有給休暇の未消化が生じないようにも悔いのない退職手続きを行う事が重要です。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。