バイト先が合わないから辞める…退職の正当な理由になる? | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

バイト先が合わないから辞める…退職の正当な理由になる?

バイトを辞めるとき、合わないという理由で退職を考える人は多いものです。

どんな人にも仕事の向き不向きはありますし、職場の環境や人間関係などが合わないと感じることもたくさんあります。合わないバイトを続けることは本人にとって苦痛以外の何物でもないため、合わないと感じることが限界に達したら、バイトを辞めることはやはり検討したいところです。

そこで今回は、合わないという理由でバイトを辞めるときは、そのまま理由を伝えて大丈夫なのかという点に焦点を当てながら、合わないバイトを辞めるときの注意点なども解説していきたいと思います。

「合わない」という理由でバイトを辞める人は多い

合わないという理由で、バイトを辞める人は世の中にたくさんいます。合わないという理由でバイトを辞めるのはそもそもありなのかな…と感じているのなら、それは十分正当な理由になるため安心しましょう。

実際、その仕事が合うのか合わないのかは、やってみないと判断できないものです。バイトを始める前は「こんなバイトやってみたい!」と思っていても、実際に仕事をしてみたら「こんな大変だったなんて」と愕然としてしまうことは多々あります。

何事もやってみないと、自分がどんな感想を抱くのかはわからないものです。人間関係もありますし、合う・合わないをバイトを始める前に見極めるのはかなり至難の業でしょう。

バイトを辞める理由「合わない」は、何が合わない?

バイトを辞める理由として、「合わない」ことを挙げる人は多いですが、では、その「合わない」は何が合わないのでしょうか。よくある理由を見ていきましょう。

バイトの業務内容が合わないから辞める

バイトの仕事内容が合わないと思う理由で、辞める人はたくさんいます。先ほども触れてきたように、バイトの業務が自分に合っているかどうかは、実際に仕事をしてみないとわかりません。

・接客に憧れていたが、クレームが多くてしんどい
・黙々と作業する仕事なら楽だと思ってたが、意外と腰や肩にきてしんどい
・想定していたよりも営業色の強いバイトで、営業成績を競争するのが合わない

など、仕事内容や業務のきつさを合わないと感じ、辞める理由に考える人は多いです。

バイトの人間関係・年齢層・男女比等が合わないから辞める

バイトの人間関係を合わないと感じて、辞める人もたくさんいます。仕事をしていく上で人間が合わないと、辞めることを考えたくなるくらいモチベーションに大きく影響してきます。

例えば年齢層が自分よりかなり高めで、話が合わない、友達ができないなどの理由があったり、もしくは男女比に大きな差があるため合わないと感じたり……。

また、従業員の人間性が関わってくることもあります。いじめや嫌がらせが横行しているバイトや、派閥争いがあってギスギスしているようなバイトは、自分がいじめのターゲットではなかったにしても正直辞めたいと思うものです。

バイトの店長(上司)が合わないから辞める

バイトの店長など、上司と合わないことを理由に辞める人も多いでしょう。

例えば、言い方がきつく、いつも嫌味なことを言ってくる店長とは、合わないと感じる人は多いはずです。店長と合わないことを理由に辞めたくもなるでしょう。人前で怒鳴りつけてくるなど、パワハラのようなことをしてくる上司もいるものです。

また、人事異動の関係で、バイトの店長が途中で変わるようなこともあります。それまではうまくやっていたのに、途中から入ってきた店長とは馬が合わなくなってしまった…というケースもよくあるでしょう。それが辞める理由にもつながります。

バイトの労働条件(給料や勤務時間)が合わないから辞める

バイトの労働条件が自分に合わないという理由も、よく取沙汰される退職の理由の一つです。多くの人が合わないと感じることは、例えば以下のようなことが挙げられます。

・給料が安くて割に合わない
・勤務時間が合わない
・残業が多くて困っている
・交通費が支給されないため実質給料が減っている

このようなその他の労働条件が悩みの種となって、バイトを辞めるきっかけになるケースは多いです。

辞めるときバイト先に合わないと理由を伝えるのはあり?

バイト先に合わないことを理由としてはっきり伝えて良いのかは、非常に迷うところです。

さすがに合わないことを辞める理由としてストレートに伝えるのは申し訳ない気もしますし、退職するときにも気まずい雰囲気になってしまうかもしれません。

バイトを辞めるときには、基本的に店長などの上司から辞める理由を聞かれることが多いです。確かに、辞める理由を名言すること自体は義務付けられているわけではありませんが、変にごまかすのも考えものでしょう。

では、バイト先に合わないと理由をそのまま伝えることの是非について、考えてみましょう。

合わないと伝えることは問題ない

結論から言ってしまうと、合わないと伝えること自体は何も問題ありません。特に、バイトの環境の劣悪さなどが関係してくるなら、合わないことは正当な理由として伝えるべきでしょう。

もちろんその後、店長がバイトの環境や労働条件などを見直してくれるかどうかは、自分が辞めた後なので関係ないといえばないことかもしれません。ただそれでも、「ここが悪い」「ここがこのバイトの難点だ」と伝えたいなら、「給料が安すぎて合わないので辞めます」とはっきり理由を言って問題ないでしょう。

また、合わない理由を伝えることで、逆に続けていくための交渉ができる可能性も出てきます。辞める理由として合わないことをはっきり伝えれば、店長はその合わない部分を改善してくれて、「こうするから続けてもらえないだろうか」と言ってきてくれるかもしれません。

もし時給が安くて合わないのなら、辞めると言ったことで、店長は昇給を検討してくれるかもしれません。交通費が支給されないことを理由に辞めるなら、店長は多少なら支給することを考えてくれるかもしれません。

交渉の上で引き留めてくれるなら、自分自身も「それならバイトを続けても良いかも」と思える可能性があります。交渉ができるかもしれないという点でも、実はバイト先に辞める理由として合わないことを伝えることには、十分メリットがあるのです。

伝えたくないときは合わない以外の理由を考えておこう

もし合わないことを直接伝えたくないときは、別の理由を辞める理由として考えておきましょう。

上のように交渉できるかもしれないことを合わない理由として伝えるのは良いですが、さすがに「店長の人間性が合わない」「バイト先の人間関係が合わない」といった理由の場合は、交渉してどうにかなる問題ではないでしょう。ストレートに合わないと伝えてしまうと、辞めるときにも角が立ってしまいます。

店長も引き止めづらい理由としては、家庭の事情を持ってくるのがおすすめです。

・親の介護をすることになった
・家の仕事を手伝うことになった
・子供の面倒を見る時間をもっと取りたい

など、家庭の事情を辞める理由として持ってこられたら、「それでもいてくれ」とは店長も言いづらいでしょう。辞める理由として合わないことを伝えるのは、さすがに気が引ける…と思ったときは、それらしい理由を考えておきましょう。

合わないという理由でバイト先を辞めるときの注意点

合わないという理由でバイトを辞める人は確かに多いですが、実は、多い分、合わないことを理由に気軽な気持ちでバイトを辞めてしまう人もたくさんいます。

もちろん辞める理由に制限などはありませんし、辞める辞めないも本人の自由ですが、合わないことを理由にバイトを辞めるときは、一度冷静になって考えることも大事です。では最後に、合わないという理由でバイト先を辞めるときの注意点を見ていきましょう。

本当に合わないのか冷静になって考える

まずは、「本当に合わないのか」ということを落ち着いて考えてみましょう。

仕事内容、人間関係、労働条件など、合わないと感じる要素はたくさんありますが、すぐに辞めたいと感じるほど我慢できないことは少ないかもしれません。

特にまだバイトを始めて間もないなら、合わないと感じても続けていく姿勢は持ってみても良いものです。

「もしかしたら楽しいと感じられるときが来るかもしれない」
「今後はこの人間関係にも慣れてくるかもしれない」

そういったポジティブな思考も大事ということです。実際、合わないと思っていた仕事も、続けてみたことががらりと変わることは少なくありません。合わないと思っていたバイトの先輩や同僚といつの間にか仲良くなれることも、決して珍しいことではないでしょう。

バイトの辞め癖がつかないように注意する

バイトを合わないという理由で辞めるときは、なるべく「辞め癖」がつかないように注意したいところです。

合わないという理由はバイトを辞める正当な理由ですが、何でもかんでもすぐに「合わない」と言って不満や愚痴をこぼしていたら、それはただのないものねだりになってしまうこともあります。

するといつの間にかバイトをすぐに辞めるといった辞め癖がついてしまい、なかなかバイトが安定しないことも可能性としては考えられます。

自分の理想にぴったり合うバイト先が見つけられればそれに越したことはありません。ただ、なかなかそううまくいくことも少ないため、「合わない→すぐ辞める」といった思考回路が癖づいてしまわないようには気を付けたいところです。

まとめ

バイトを合わないという理由で辞める人はたくさんいます。その理由には、バイト先の人間関係、業務内容、上司の人間性、労働条件など、さまざまな要素が関係してきます。また、人によって仕事の向き不向きは違いますし、合わないと感じてしまうのは仕方がないことでしょう。

辞め癖がつかないようにすることには注意しつつ、合わないと感じて困ったときは、あまり無理せず辞めることも考えてみましょう。場合によっては合わないということを、ストレートに上司に伝えても問題はないはずです。それが意外と功を奏して、労働条件の見直しにつながる可能性もあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。