会社を辞めさせてもらえない理由とは?絶対に退職できる方法を解説!

会社を辞めさせてもらえないときは、どうすれば良いのか本人も途方に暮れてしまうものです。

・辞めたいと言っても強制的に引き止められてしまう
・辞めたいと言うと脅しのような言葉を浴びせられる

など、辞めさせてもらえないときの悩みは非常に大きくつらいものです。特に脅しめいた言葉を浴びせられて会社を辞めさせてもらえないのは、パワハラやモラハラなども関係してくる大きな問題となります。

そこで今回は、会社を辞めさせてもらえないときの理由などを考えながら、確実に会社を退職するための方法を解説していきたいと思います。辞めさせてもらえない会社の状況や、上司との対応方法について迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの就職・退職代行サービス

会社を辞めさせてもらえない…上司が引き止める理由

会社を辞めさせてもらえないときは、まずなぜ強制的な引き止めが起きているのか、その理由から考えていきましょう。上司に引き止められて、会社を辞めさせてもらえないときは、以下のようなことが理由として考えられます。

人手不足が深刻なのでいてもらえないと困る

まずよくあるのは、人手不足です。日常的に人手の足りていない会社は、人員を確保することにいつも必死です。常に新入社員を募集しているような企業や、離職率の高い職場、常に忙しくバタバタしている職場などは、いつも人手不足に悩まされている場合が多いです。

そんな人手不足の会社にとって、現在いる社員に辞められることはまさにとんでもないことでしょう。なんとしてでも引き止めようとして働きかけてくることはありがちです。

「今辞めるなんて正気なの?」
「周りに迷惑をかけると思わないの?」
「せっかく一人前に育ててやったのに」

……といった言葉を伝えて引き止め、人手不足で会社が困ることをなんとしてでも阻止しようとしてきます。実際、このような言葉を伝えられて引き止められたら、特に気が弱い人は「すみません…」と従ってしまうものです。

実際、そのせいでいつまで経っても会社を辞めさせてもらえず、結果として強いストレスを抱えてしまう人は多いです。

辞めてほしくない人材なのでなんとか引き止めたい

会社としては、やはり優秀な人材は残ってもらいたいものです。特に人手不足というわけでもないのに、会社から強く引き止められるのには、このように能力を買ってもらっている場合もあります。

「君みたいに優秀な人に辞められたら困るよ。ぜひ残ってくれ」と言われれば、実際、悪い気はしないでしょう。そのせいで結局いつも辞めるタイミングを逃してしまい、会社を辞めさせてもらえない状況に苦しむ人は多いです。

入社したてなので辞めるなんてとんでもないと考えている

新入社員が、入社したてで辞めたいと言ってくることに関しては、会社はかなりシビアです。まだ入社したてで会社に何も貢献してもらっていないからこそ、「そんな状況で辞めるなんてあり得ない!」と思うからでしょう。

会社としては、せっかく採用したのだから、しっかり役に立ってもらわないと困ると考えるのは当然です。特に新入社員よりは年長者でもある上司は、「最近の若いものはすぐに仕事を辞めたがる」といったイメージを持っていることも多いです。

だからこそ入社したてで辞めたいと言ってくる社員のことは、「甘ったれてる」と考え、辞めることを何としてでも阻止しようとするのです。しかも自分が上司なら、入社したての部下が辞めたいと言うなんて、最終的には自分の責任にもなりそうなものです。自分の沽券のためにも辞めさせないようにするものでしょう。

会社を辞めさせてもらえない人が知っておくべきこと

会社を辞めさせてもらえない状況に困っている人は、まず以下のようなポイントに注目しておきましょう。

特にブラック企業など劣悪な環境で仕事をしていると、冷静に物事を判断する力もなくなっていってしまうものです。会社の言いなりにならないよう、辞めたいのに辞めさせてもらえないときは、大事なポイントを見逃さないことが大切になります。

会社を辞めるかどうかは最終的に本人が決めること

まず、会社を辞めるかどうか、最終的な決定権は当然本人にあります。上司など会社の人間がどう言おうと、最終的に辞めるかどうか決めるのは自分自身ということです。

上司の強い口調にはつい騙されてしまいがちですが、「辞めるな」という上司の言葉には実は何の強制力もないのです。

もちろん会社もそのことはわかっているでしょう。ですがそれでも引き止める言葉を伝えるのは自由なので、上司という立場をうまいこと利用して、かなり強めな口調で、まるで強制力があるかのように引き止めをしてくるのです。

深刻な人手不足の問題を背負う必要はない

会社を辞めさせてもらえないことに悩む人は多いですが、その理由の多くにはやはり人手不足が関係してきています。しかし深刻な人手不足の問題があろうと、もし本当に社員に辞められたら、会社はそれでもなんとか職場を回していくしかありません。

人手不足が深刻だったとしても、実際に人がいなければ会社としては仕方がないのです。深刻な状態でも、なるようにしかならないといったところです。

辞めさせてもらえないことに悩む人の多くは、自分が辞めることで周りにかかる迷惑をまず先に考えてしまいます。ですがそんなことばかり考えていても、どうしようもないのは変わりません。会社は一人欠けたら人員を補充するなり仕事の仕方を変えるなりして対策を取るしかないでしょう。

つまり、自分自身が必要以上に会社の人手不足の問題を背負う必要はないということです。

会社のことも大事ですが、自分の心身のバランスも大事なことを、忘れないようにしましょう。

会社を辞めさせてもらえない人が退職するための方法

では、会社を辞めさせてもらえないことに悩まされたときは、どのように会社を辞めるのが良いのでしょうか。退職するために必要な対策としては、以下のような方法が挙げられます。

上司に退職の意向をしっかり伝える

まずは、通常通り上司に退職に意向を伝えることが大事です。法律上の決まりでは2週間以上前に申告すれば本人は自由に退職できるようになっているため、この決まりを守っていれば、何か訴訟を起こされるような心配はありません。

人手不足のことを考えて、必要以上にためらう必要はありません。辞めさせてもらえない会社の場合、正直なところいつ退職の意向を伝えても、人手不足を理由に引き止められる可能性は高いです。

強めの口調で引き止められたとしても、脅し文句を並べられたとしても、辞める意思を強く持って伝えることが大事です。

直属でない上司やさらに上の上司に相談する

会社を辞めさせてもらえないときは、普段世話になっている直属の上司ではなく、その上司と立場が同じ別の人や、さらに上の上司に相談することも大事です。

もし直属の上司からパワハラやモラハラのようなことを受けているなら、それが原因となって辞めさせてもらえないことをしっかり相談しましょう。本社の人間を頼ったり、立場関係なく仕事について相談できる窓口があればそこに退職について相談したりするのもありです。

会社に退職届を内容証明郵便で送付する

辞めようとしている人を無理に引き止めるような会社は、何かとトラブルの多い会社である傾向があります。例え2週間前に辞めることを伝えたとしても、本当に訴訟を起こしてくるようなことももしかしたらあるかもしれません。

辞めさせてもらえないのなら、まず、退職届を書くことです。そしてその退職届を内容証明郵便で会社に送付しましょう。退職届を受け取れば、会社は退職届を書いた本人の意思に従わなければいけなくなります。

内容証明郵便で送るのは、今後いざ退職するときに万が一トラブルになったときのためです。内容証明郵便で退職届を送っているなら、退職届を提出したという事実が残るため、会社の「退職を受理した覚えはない」といった主張も通りづらくなります。

労働基準監督署に辞めさせてもらえないことを相談

会社に辞めさせてもらえないときは、労働基準監督署にその事実を事細かに伝えて、相談することも一つの手です。

辞めさせてもらえない状況になった理由やその経緯、上司からどんなことを言われて辞めさせてもらえないのかなどの証拠をそろえて、会社の状況を説明しましょう。会社があまりにも理不尽な対応をしている場合は、労働基準監督署も何かしらの対応をしてくれるはずです。

会社を辞めさせてもらえない時は給料も不払いにも注意

ちなみに退職の際には一点注意しておきたいポイントがあります。それは給料の不払い(未払い)です。

辞めさせてもらえないようなブラック企業は、退職した社員に対して、何らかの理由をつけて給料を支払ってこないことがあります。その他、残業代を始めとした手当の支払いを拒否されるなど、最後の最後でお金のことで揉める可能性は十分あり得ます。

人手不足で困っている会社は、そもそも経営状態も悪く、日常的に給料の不払いが問題となっているケースも多いです。もし退職後に給料が振り込まれていないようなことがあったら、必ず会社に電話を入れて確認するようにしましょう。もしそれでも対応してもらえないなら、労働基準監督署に相談する、弁護士に相談するなどの対策が必要になってきます。

まとめ

会社を辞めさせてもらえない場合は、主に会社の人手不足などが大きな原因となっている場合が多いです。無理に引き止められたり、脅されたりすることも、実は珍しいことではありません。

ただ、最終的に会社を辞めるか、それとも続けるかを決めるのは本人です。会社を辞めさせてもらえないにしても、上司の強引な引き止めには強制力がないことをぜひ知っておきましょう。

会社を辞めさせてもらえない状況に困っても、まずは慌てないこと、上司の言いなりにならないことが大事です。人手不足に関しても重くとらえる必要はないでしょう。決まりを守れば誰でも退職は可能なので、今後の行動については冷静に判断していってください。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。