仕事を辞めさせてもらえない…訴える・違約金・懲戒解雇の効力とは | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

仕事を辞めさせてもらえない…訴える・違約金・懲戒解雇の効力とは

仕事を辞めさせてもらえないときは、上司や先輩などから言われる「脅し」めいた言葉がどうしても気になってしまうものです。

ブラック企業や万年人手不足の会社は、仕事を辞めたいという社員に対してかなりシビアな対応をしてきます。かなり強制的な言葉を伝えることで、本人を仕事にしばりつけようとすることも珍しくありません。

「仕事を辞めさせてもらえない…辞めたいと言うと脅されるけど、これってパワハラなんじゃ…」と思ってしまう人も多いでしょう。辞めさせてもらえないことの背景に、「訴える」「違約金」「懲戒解雇」などの脅し文句が関係していることは実はありがちです。

そこで今回は、仕事を辞めさせてもらえないときはどうすれば良いのか、そして上司の脅しは本当に効力があるのか、詳細を解説していきたいと思います。

仕事を辞めさせてもらえない職場の特徴

ではまず、仕事を辞めさせてもらえない職場の特徴から見ていきましょう。仕事を辞めさせてくれない職場の多くは、そもそも環境や雰囲気などに問題がある傾向が見られます。

仕事を辞めさせてもらえない、そんな職場に困っているなら、自分の会社が該当しているのかどうか確認してみましょう。

人員足りず残業や休日出勤が多い

仕事を辞めさせてもらえない会社・職場は、常に人手不足に悩まされています。

・従業員の入れ替わりが激しい
・常に忙しいため仕事するときの雰囲気がギスギスしている
・残業が多いため勤務時間が長くなりやすい
・そもそもサービス残業・持ち帰り残業が多い
・休日出勤させられる
・新人の教育体制がなっていない
・離職率が高いためベテラン社員がいない

……など、このような劣悪な環境の仕事は、人手不足を理由に、辞めたいと思っている人を強く引き止める傾向にあります。

会社にとって、ただでさえ人手不足で仕事が回らないところで、社員に辞められるのはひどい痛手です。少しくらいきついことを言ってでも、辞めさせないように仕向けることはしてくるかもしれません。

上司によるハラスメントが横行している

仕事を辞めさせてくれない職場は、上司によるあらゆるハラスメントが横行していることも多いです。

よくあるのはパワハラやモラハラです。会社を辞めてもらえないのには、そもそも上司のパワハラが原因となっている部分もあるかもしれません。

辞めようと思って相談すると、上司や先輩から、以下のようなひどい言葉を浴びせられることも珍しいことではないでしょう。

・仕事を周りに押し付けていくことを最低だとののしられる
・先輩や上司に恩を返さず辞めていく人でなしだと言われる
・退職したところで就ける仕事はないと馬鹿にされる
・辞めたら損害賠償を請求すると脅される

せっかく真剣に相談しようと思ったところでこのような暴言を吐かれては、辞めるにも辞められないでしょう。パワハラ・モラハラをしてくる上司が怖いといった心理が、仕事を辞めさせてもらえない問題につながっているのです。

仕事を辞めさせてもらえない会社でも退職は可能

まず先にお伝えしておくと、仕事を辞めさせてもらえない会社でも、原則として辞めることは可能です。本人の意思関係なく、会社の決定がまかり通ってしまうということはありません。

では、仕事を辞めさせてもらえない会社はどう退職すれば良いのか、その対処法や対策を整理していきましょう。

2週間以上前に退職の申し出をすれば辞められる

基本的に、2週間前以上前に退職の申し出をすれば、仕事を辞めさせてもらえない職場だったとしても辞めることはできます。上司がどれだけ引き止めようと、他の職場の人間から罵倒されようと、この決まりさえ守っていれば基本的に問題なく仕事は辞められます。

確かに上司に許可してもらわないと、仕事は辞められない気がしてしまうものです。周りの人に罵倒されるようなことがあったら、その目を気にして退職の意向を翻したくもなるものです。

ですが本人が辞めたいと言っている以上、実際のところ、会社は本人を仕事にしばりつける権利は持てないのです。仕事を辞めさせてもらえない状況に困っているときは、まずこのルールを知っておくべきでしょう。「2週間前に言えば辞められる」ということの正当性をわかっていれば、安心して「辞めます」と伝えることができますし、辞めさせてもらえないという状態に悩む必要もなくなります。

退職届を書いて受け取ってもらおう

仕事を辞めさせてもらえないときは、まず退職届を書いて受け取ってもらうことです。

退職届は受け取ってもらった段階で本人の辞める意向を向こうが受け入れたということになります。いずれにしても退職は本人の自由ですから、会社側に拒否権はありません。上司はあれこれ言ってくるかもしれませんが、退職届を出している時点で辞めることはできます。

パワハラ上司が怖いなら退職代行を使う手も

場合によっては退職届を出そうとしても、その場で破り捨てられたり、受け取ってもらえなかったりすることもあるかもしれません。

また、人によっては自分を辞めさせてくれないパワハラ上司が怖くて、これ以上話をしたくない…という場合もあるでしょう。そんなときは「退職代行」を使って辞めるという手もあります。

まずは退職代行のメリットを見ていきましょう。

・自分に代わって退職の意思を伝えてもらえる
・今後仕事の上司と関わらなくて済む
・即日で辞められる
・返却物のやり取りはその後郵送でできる

仕事を辞めさせてもらえなくても、退職代行を利用すれば、退職の意向を自分に代わって伝えてもらえるのが退職代行の強みです。辞めさせてもらえない状況でも、退職代行を使えば確実に仕事を辞めることができます。その後、仕事の上司とやり取りする必要はありません。セキュリティカードや鍵、パソコン、制服などの返却物があっても、仕事を辞めた後は郵送で返すことができます。

ちなみに退職代行のデメリットとしては以下のようなものがあります。

・費用がかかる
・会社から訴えられる可能性も(ただしほぼゼロなので心配なし)
・後になって会社から連絡が来る場合も

数万円程度の費用はかかりますが、どうしても辞めさせてもらえない状況に困っているのなら、辞めるための手段としてはありでしょう。他のデメリットとして、訴えられたり仕事先から連絡先が来たりすることも挙げられますが、これらはほぼ心配ないので、安心して仕事を辞めることができます。

訴えると言われて仕事を辞めさせてもらえない時

ちなみによくあるケースの一つとして、仕事を辞めさせてもらえないときに「訴えてやる」「慰謝料を請求する」「損害賠償を請求する」といった脅しを受けることがあります。

つまり会社は、

・突然辞められて迷惑をかけられた→慰謝料を払え
・辞められて会社は人手が足りなくなった→賠償金を払え

といった主張をしてきているということです。法律的な知識が何もなければ、確かにいきなりこのようなことを言われて脅されては、多くの人が構えてしまうものです。怖くて辞められない…と辞めさせてもらえない状態に陥ってしまうことは多いです。

しかし結論から言うと、会社が本当に訴えてくるケースはほぼありません。仕事を辞めた一人の社員に対して訴訟を起こすなんて、会社からしてみればその方がコストがかかるからです。それよりも新入社員を補充して人手を増やした方がよっぽど生産性があります。

そもそも、辞められたことを理由に訴訟を起こすことは禁止されています。突然辞められたことだけを理由に、仕事先が訴えてくる可能性はほぼないと考えて良いでしょう。脅されたとしても、それはただの脅し文句に過ぎないため、辞めたいのに辞めさせてもらえないとおびえる必要はありません。

違約金を請求されて仕事を辞めさせてもらえない時

辞めさせてもらえないケースの一つとして、違約金の支払いを命じられて辞めさせてもらえない場合もたまにあります。「辞めたいなら違約金として〇万円払え」と言われれば、確かに退職にはためらってしまうものです。

しかしこの違約金も、上の損害賠償請求と同じで、上司に言われたとしても一切従う必要はないでしょう。辞められたことを理由に会社は訴訟を起こせないのと同じで、会社は辞められたことを理由に違約金請求はできないからです。

そのため何かの規則に「辞める場合は違約金〇万円の支払いが必要」と書かれていても、その規則は無視してまったく問題ありません。仕事の上司は無視している様子を見てしつこく違約金について話をしてくるかもしれませんが、聞く耳は持たなくて良いでしょう。そのことについて訴訟を起こされることもありません。

懲戒解雇すると言われて仕事を辞めさせてもらえない時

中には懲戒解雇すると言われて、仕事を辞めさせてもらえない場合もあります。懲戒解雇といったかたちで仕事を辞めさせられるのはやはり本人にも不利益ですから、そう言われては仕事を続けるしかない……と感じる人も多いかもしれません。

しかしこの懲戒解雇ですが、実は会社は普通に仕事をしていた人間をそう簡単に懲戒解雇することはできないのが実情です。そもそも懲戒解雇は解雇の方法として一番重いものになるため、例えば事件を起こして逮捕されたり、会社の金品を横領したりなどのトラブルがない限り、基本的に処遇としてはあり得ないものです。

辞めさせてもらえないと悩んでいる人の中で、「懲戒解雇にしてやる」と言われて困っている人も一部いますが、この脅し文句は聞かなくて問題ないでしょう。問題を起こして仕事を辞めたという状況でない限り、仕事を懲戒解雇されることはあり得ません。

まとめ

仕事を辞めさせてもらえないと、その辞めさせてもらえない状況に悩み、いつの間にか体調を崩してしまう人も多いものです。仕事を辞めさせてもらえない職場には、あらゆるハラスメントが横行していたり、長時間労働が当たり前化していたりなど、何かと問題があるため要注意です。

仕事を辞める時期は本人の自由なので、もし仕事を辞めさせてもらえなかったとしても、基本的に退職できない・仕事に縛り付けられるということはありません。もし違約金や訴訟などについて触れて脅されたとしても、その効力はほぼないため、本気で辞めたいときは仕事を辞めるといった強い意思を持つことが大事です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。