バイト2日で辞めるのは大丈夫?退職方法と伝え方のポイント

バイト初日を終えて2日目。頑張ってみたけれど、正直向いてない気がする、辞めるべきなのかも……と感じてしまう気持ちはありますよね。自分に合ったバイトでなければ、正直苦痛しかありませんし、ストレスは溜まるばかりです。今後やりがいを持って続けていけるイメージはなかなか持てないでしょう。

ですが、バイトを2日で辞めるというのは、ルール的にありなのでしょうか。正直辞めたいけれど、2日で辞めるってありなの?と悩んでいる人は多いかもしれません。

そこで今回は、バイトを2日で辞めることはありなのかという点について考えながら、適切な退職方法をご紹介していきたいと思います。

おすすめの就職・退職代行サービス

バイトを2日で辞めるときってどんなとき?

そもそもバイトを2日で辞めるというときは、どんなとき起こるものなのでしょうか。バイトを2日で辞めるとき、辞めざるを得ないときのシチュエーションについてまとめてみました。

2日頑張ってみたけどやっぱり合わなかった

やはり一番多いのは、2日やってみた結果「自分にはこのバイトは合わない」と感じてしまうケースでしょう。

2日頑張ってみたけれど、この仕事内容はきつい、ここで働いている人たちとは馬が合いそうにない……そんな感想を抱けば、当然辞めたくもなるものです。初日ではなかなか判断できませんが、2日目ならある程度周りの状況も見えてきますし、辞めるべきかもと判断する材料も出てくるかもしれません。

2日目で本格的に業務に入ったら超ブラックだった

バイトの初日は研修、2日目から教育係についてもらいながら本格的に業務に入る……というパターンは多いです。そこで「え?このバイトってかなりブラックじゃない?」と気づくことはよくあるものです。

2日目からいきなりサービス残業をさせられたり、言われていた時間を相当超過して長時間労働させられたり……そんなシチュエーションを経験すれば、「ブラックなのかも」と誰もが思うものです。

ブラックな職場からは、確かに早いうちに距離を取った方が賢明です。入って2日目という短さでも、辞めたいとは思うものです。

教育係の先輩バイト・社員と相性が悪かった

バイトに入って間もないうちは、よく接する人は店長などの責任者や、自分の教育係となるような先輩です。では、そんなよく接する人とものすごく性格的な相性が悪かったとしたらどうでしょうか。かなり先行き不安ですよね。

教育係と相性が悪ければ、今後続けていくモチベーションは当然上がらないものです。そんな人間関係の悩みが原因で、2日で辞めたいという心理になることもよくあります。

バイトを2日で辞めることは可能?リスクはある?

そもそもバイトを2日で辞めること自体は可能なのでしょうか。また、実際に2日で辞めることがもしできたとしても、どんなリスク・デメリットが伴うのでしょうか。2日でバイトを辞めたいとなったら、以下のようなリスクをよくチェックしておく必要があります。

バイトを2日で辞めること自体は可能だが…

本人が辞めるという意思を持っているのですから、バイト先は正直どうしようもないところがあります。結論から言えば、バイトを2日で辞めること自体は可能ですし、1日や2日で辞める新人は、バイト先には正直たくさんいるものです。

仕事やバイトを辞める際には、最短でも辞めたい日の2週間前までに申告するのが社会的なマナー・決まりとなっています。ただ、このあたりはあくまで決まりでしかないため、本人が辞めたいならバイト先も了承するしかないのです。どうしても2日で辞めたいときは、辞めることを伝えれば辞めること自体は可能です。

就業規則を無視した辞め方になるためトラブルになることも

2日で辞めること自体は可能ですが、この辞め方は就業規則を無視した、いわばマナー違反の辞め方になります。雇用契約を結んだ以上は、バイト先としてはしっかり働いて欲しいのは事実。突然辞めることを主張するのは、こちらに非があると言われても仕方がないでしょう。

そのため、現実として2日で辞めることは可能ですが、トラブルになる可能性があることは覚えておきましょう。気持ちよく辞められるわけではないかもしれないということです。強く引き止められたり、明らかに嫌な顔をされたり……そんな後味の悪い辞め方になる可能性は考えられます。

給料はもらえないものと思っておくのが賢明

また、給料について「もらえないもの」ととらえておくのが賢明です。厳密に言えば、2日で辞めるとはいえ、働いたことには変わりないのですから、実際のところは給料をもらうことはできます。

ただ、感情の問題として、「2日で辞めたようなバイトには給料は払いたくない」と考えるバイト先は多いです。そのため意図的に給料を振り込んでこないバイト先も、中にはあります。

もちろんその際には、ルールを破っているのはバイト先ということになりますから、バイト代が振り込まれていないことを主張すれば最終的に受け取ることはできるでしょう。ですが2日で辞めるという選択をした以上、「給料振り込まれてないんですけど」と図々しい主張ができる人は正直少ないでしょう。

そのため2日でバイトを辞めるなら、2日分の給料はもらえないものと思っておくのが無難ということです。もらえたらラッキー、そのくらいに考えておくのが良いかもしれません。

バイトを2日で辞めるときの退職方法と伝え方のポイント

では、実際にバイトを2日で辞めるときはどんなふうに退職すれば良いのでしょうか。ここからは、2日という短さでバイトを辞めるときの辞め方や伝え方のポイントを解説していきたいと思います。

バイトバックレはダメ、ゼッタイ。

2日でバイトを辞めるのは、確かにとても気まずいです。バイト先に迷惑をかけるため、嫌な顔をされるのは正直目に見えています。

そのため気まずさや後ろめたさから、バイトをバックレるかたちで辞めてしまう人は少なくありません。ですが、言うまでもなくバイトバックレで辞めるのはマナー違反です。2日でバイトを辞めることは確かにバイト先に迷惑をかけることですが、バックレで辞めるのはもっと迷惑になることです。

いきなり連絡が取れなくなれば、バイト先からはたくさん連絡が来ます。万が一何かあったら…という心配があるためです。丁寧に安否確認するバイト先なら、実家や家族の携帯などにも連絡はくるかもしれません。

このようにバイトバックレはトラブルをより大きくする可能性があることなので、辞めるときは絶対にバックレないように気をつけてください。

責任者に直接会って辞めたいと伝えよう

バイトを2日で辞めるときは、バイトの責任者に直接会って辞めたいということを伝えましょう。せっかく採用してもらったのに申し訳ないということを伝えつつ、真剣に退職の意向を申し出れば、確かに少しは嫌な顔をされるかもしれませんが大概はOKしてくれます。

先ほどもお伝えしたように、バイト先にとって、新人が1日2日で辞めることはかなりありがちなことです。慣れっこといえば慣れっこなので、辞めたいことを素直に話せばその意図は汲んでくれるでしょう。

正直すぐ辞める人は少なくないため素直に伝えることが大事

バイト先を新人のうちにすぐ辞める人は少なくありません。そもそも実際に入社してみなければわからない部分もたくさんあるため、そういったミスマッチはどうしても生まれてしまうのです。

バイト先だってそれはわかっていることでしょう。理想を言えば新人バイトにも長く働いてもらいたいところですが、辞めたいと言っている人を無理やり働かせるわけにはいきません。

要するに大事なのは、真摯な対応で辞めることができるかということです。2日で辞めるのを謝ること、なぜ辞めたいのか理由を素直に話すことを意識して、相談をしましょう。

バイトを2日で辞める!気まずくて伝えられない時は…

ただ、どうしても気まずくて伝えられないときもありますよね。店長とどうしても馬が合わない、バイト先がブラックすぎて話を聞いてくれない……そんな状況のときは、2日で辞める旨を伝えるのもためらわれるものです。

では、2日で辞めることをどうしても伝えられないときはどうすれば良いのでしょうか。ここからは、そんなときの対処法や対策を整理していきたいと思います。

電話やメールでバイトを辞める意向を伝える

対面で辞めることを伝えるのがどうしても無理なときは、電話やメールで辞めることを伝えるのもありです。もちろんあまり好ましい手段ではないため、マナー違反を指摘される可能性はありますが、気まずいからと言ってバックレるよりは全然マシです。

2日で辞めることを謝りつつ、素直に辞めたいという意思を伝えましょう。電話やメールで伝えたとしても、ある程度の丁寧さがあれば、最終的にはそこまでマイナスな印象にはならないはずです。

退職代行を使って辞めるのもあり

辞めさせてもらえない状況に困っているときは、退職代行を使って辞めるのもありです。やはり自分で辞めることを伝えられるのがベストですが、どうしても伝えられないのなら仕方がありません。こちらも、突然バックレて辞めるよりははるかにましでしょう。

ブラックなバイト先の場合、辞めようとして意思を伝えても、まったく聞き入れてくれない場合があります。そうなると、確かにそれ以上バイト先と話しをするのは困難を極めるもの。辞めさせてもらえない状況に困ってしまう人は多いはずです。

退職代行なら自分の代わりに辞める旨を伝えてくれるため、自分自身はやり取りをする必要がなくなります。どうしても困った時は、退職代行の利用も検討してみましょう。

まとめ

バイトを2日で辞めることは、どうしても合わないと感じたのなら最終的には仕方のないことです。素直に辞めたいということを伝えれば、バイト先も大概がわかってくれます。大事なのは、バックレて辞めたりせず、素直に退職の意向を伝えることです。

確かに2日で辞めることはとても気まずいことです。ですが無断で辞めるのはさらにバイト先に迷惑をかけ、最終的にはトラブルをより大きくしてしまう可能性があるため、必ずマナーのある辞め方を心掛けてくださいね。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。