離職票がもらえない理由と対処法は?失業保険の申請はどうする? | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

離職票がもらえない理由と対処法は?失業保険の申請はどうする?

離職票がもらえないと、失業保険の申請をすることは原則としてできません。会社を辞めたときに本来もらえるはずの離職票は、基本的に失業保険を申請するときに使う書類になります。もし離職票がもらえないなら、しかるべきところに問い合わせる必要があります。

会社をしっかり退職したはずなのに、なぜか届かない離職票……その理由は何なのでしょうか。「早く離職票もらわないと、失業保険の手続きができないのに!どうしよう」と思ったら、もらえない理由を照らし合わせつつ、まずは問い合わせ先を判断してみましょう。

そこで今回は、

・離職票はいつもらえるのか
・離職票がもらえない理由
・もらえない離職票についての問い合わせ先・対処法

これらの点について詳細を解説していきたいと思います。

離職票がもらえない!通常はいつ届くもの?

離職票とは、会社を辞めた後の失業保険の給付申請をするために使う書類になります。離職票は、退職後に辞めた会社から届くのが通常の流れです。

しかしそんな中、離職票がなぜかもらえないのでは、多くの人が焦ってしまうものです。まずは、離職票が通常もらえるはずの時期やタイミングについて見ておきましょう。

離職票は退職後2週間以内を目処に会社から届く

離職票は退職後、10日~2週間あたりを目安として会社から届けられます。ある程度時間がかかるようになっているのは、会社やハローワークのやり取りの都合があるからでしょう。

離職票がもらえるようになるまでは、以下のようなステップになっています。

退職した会社がハローワークに関係書類を提出

ハローワークが離職票を発行し会社に送る

会社が本人に離職票を送る

離職票をもらえるまで2週間前後かかるのは、会社とハローワークの間で何度かやり取りがあるからなのです。ちなみにこの間に何日かの連休が入ってくれば、休みの関係でもらえるまでに時間がさらにかかることもあるかもしれません。

離職票がもらえないと確かに焦りますが、まずは送ってもらえるまで気長に待ちましょう。

離職票がなければ失業保険の申請ができない

前述してきたように、離職票はもらえないと失業保険の申請ができません。

失業保険は今後の転職活動や家での療養などに大きく役立つものですから、もらえなければ困ってしまいます。失業保険を申請するためには、会社からまず離職票が届くのを待つ必要があるのです。

離職票がもらえない理由・問い合わせ先をチェック

ではそんな離職票ですが、まれにもらえないという事態に陥って困ってしまう人も出てきます。離職票は失業保険の申請に使う大事な書類なので、もらえないままでやり過ごすわけにはいきません。

もし会社から離職票が届かない・もらえない事態に陥ったときは、どこに連絡すれば良いのでしょうか。なぜもらえないことが起こるのかの理由と照らし合わせながら、問い合わせ先をまずは確認しておきましょう。

退職した会社が離職票発行の手続きを忘れている

意外とよくあるのは、退職した会社がすっかり手続きを忘れているケースです。

繁忙期で忙しかったり、たまたま業務上のトラブルが重なってバタバタしていたり、単純に人事担当者のミスで手続きを失念していたり……そんな理由で、送ってもらえない・手続きしてもらえないこともたまにあります。

また、比較的小さな会社は、一人の人が総務やら人事やら会計やら、複数の業務を担当していることもよくあります。小規模な会社の場合、良くも悪くも一つ一つの手続きがのんびりなこともありがちでしょう。離職票のことは、残念ながら忘れ去られている可能性があります。

「もう2週間も待ったのに!」と思うかもしれませんが、円満に退職しているなら、問い合わせた際に丁重に手続きをお願いしましょう。「お願いしたのにもらえてないんですけど!ずっと待ってるんですよ!どうなってるんですか!?」と、いきなり電話口で怒鳴り散らすような問い合わせ方は間違ってもしないようにしましょう。

ハローワークが手続きを忘れているかミスをしている

もしかするとハローワークが手続きを忘れているか、もしくは何らかのミスをしているのかもしれません。

特に3月や9月は、退職者が多く出る時期のため、ハローワークも多くの手続きに追われる時期になります。いわゆる繁忙期なので、離職票の手続きが遅れることもあるでしょう。また、何らかのきっかけで手続きを忘れられてしまっている可能性も、ゼロではありません。

離職票が欲しいと伝えないともらえない場合も

実は離職票は、会社を退職すれば自動的にもらえるもの…というわけではないのです。何も言わなくても手続きして送ってくれる会社もありますが、多くの場合は「〇〇さん、離職票はどうする?欲しい?」と退職の際に会社から尋ねられます。

その際に「失業保険の申請に必要なので、もらいたいです。お手数ですが、お願いします」と意思を伝えていなければ、もらえないこともあります。そのため2週間ほど待ってみて離職票が届かない場合は、そもそも自分が必要だと伝えていない可能性もあります。

「そういえば私、必要ですって言ってなかった気がする……」と身に覚えがある人もいるでしょう。ただ、身に覚えがなくても、退職の際に引き継ぎなどでバタバタしていて無意識のうちに「言ったつもり」になっていた可能性もあります。まずは会社に問い合わせてみましょう。

辞められた腹いせにわざと離職票を送らないケースも…?

稀にあるケースですが、辞められた腹いせに、会社がわざと送ってこない&手続きしてもらえないこともあります。

「あいつ、こんな忙しい時期に辞めやがって!離職票なんて送ってやるものか」
「あの人が突然辞めたせいで仕事は本当にぐちゃぐちゃだよ…。離職票は気が向いたときに送ればいいや」

といったように、嫌がらせをしてくる会社もたまにあるということです。迷惑な話ですが、仕事を辞めるときや引き継ぎの際に話がこじれてしまい、円満に退職できなかった場合は、このような状況に陥って離職票をもらえないことがあるため要注意です。

ただ、離職票が欲しいと言ったのにも関わらずその要望を無視する行為は、実は雇用保険法違反にあたります。このように平気で違法行為を行ってくる会社もゼロではないため、送ってもらえないときはよく気をつけましょう。

離職票をもらえない時の対処法を知っておこう

離職票をもらえない時は、まずは各方面に問い合わせる必要があります。離職票がもらえないときの対処法を見ておきましょう。

まずは離職票について会社に問い合わせよう

先ほども触れてきましたが、離職票がもらえないときはまず退職した会社に問い合わせてみましょう。うっかり忘れられているパターンも結構多いので、問い合わせしたことで初めて送ってもらえることもあります。

ちなみに会社が明らかに嫌がらせで離職票を送ってこない場合は、問い合わせてもたらい回しにされたり人事担当者がしらばっくれたりしてくることもあるかもしれません。そんなときは「雇用保険法違反ですよ」と主張するのも良いでしょう。ただ、これ以上会社ともめたくない場合は、あえてここは我慢して大人の対応を見せ、低姿勢でお願いするのも一つの方法かもしれません。

また、会社に問い合わせた結果しっかり手続きしているというのなら、ハローワークのミスの可能性があります。身分証や給料明細などを証明書類として持参し、ハローワークを訪ねてみましょう。

ちなみに会社がわざと離職票の申請をせず嫌がらせ行為をしてきているのなら、ハローワークに確認を取ってもらうのもありです。間にハローワークの介入があれば、さすがに会社も手続きせざるを得ないでしょう。

失業保険の申請は実は離職票がなくてもできる!?

離職票の発行に時間がかかり、なかなかもらえない場合は、離職票なしで失業保険の手続きを進めてしまうという手もあります。

離職票は確かに失業保険の申請に必要な書類ですが、「仮申請」という仮の手続きを自体は、離職票がもらえていない状態でも手続き可能なのです。離職票なしの仮申請の方法は、以下で解説していきます。

離職票がもらえない時の失業保険の仮申請方法

離職票がもらえない場合は、ひとまず離職票の到着を待たない状態で、失業保険の仮申請を進めることができます。離職票がなかなかもらえないときは、まずこの失業保険の仮申請を済ませましょう。

離職票がもらえていないときの失業保険の仮申請は、退職してから12日で手続きできるようになります。この方法を使うと、離職票がもらえない状態でも失業保険の受給まで手続きを進めることができます。仮申請の方法は以下の通りです。

ハローワークに求職登録

退職日がわかる書類を窓口に持参する

仮申請の手続きをする

仮申請から4週間後の日までに離職票を提出する

この方法で手続きすれば、最短で退職から20日ほどで失業保険の受給は可能になります。屋退職後12日で仮申請→7日(待機期間)で受給といった流れです。ただし、自己都合で仕事を辞めた人は、待機期間は3ヶ月になります。

ちなみに、仮申請の4週間後の日は「認定日」と言われる日になります。この認定日までには離職票をハローワークに持って行く必要があるため、離職票をもらえない状態は認定日までには必ず解決するようにしましょう。

また、仮申請はあくまで離職票がもらえないというイレギュラーなケースに陥ったときのものです。基本的にはまず離職票が届くのを待つ→問い合わせる→それでももらえないなら仮申請……といった流れを意識しましょう。

まとめ

会社を辞めた後に会社から離職票を送ってもらえないのには、何らかの手続きの行き違いやミスがあった可能性があります。単純に会社が忘れていてもらえないという場合もありますが、いずれにしても離職票がもらえないと失業保険の申請が遅れてしまうため、会社やハローワークにしっかり手続きの進捗を確認する必要があります。

また、中には稀に会社がわざと送らない・手続きしないといった嫌がらせをしている場合もあるため要注意です。離職票は失業保険の申請には欠かせない書類なので、2週間経ってももらえないときは早めに対処を取りましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。