退職のベストなタイミングとは?円満退職を実現する方法を紹介!

「会社を辞めるベストなタイミングはいつなの?」
「円満に辞めることができる方法が知りたい」
このような悩みを抱えている方もいることでしょう。

そこで今回は、円満に会社を辞める方法やタイミングを紹介します。

おすすめの就職・退職代行サービス

退職時期にピッタリ!5つのベストなタイミング

退職時期には、以下のように5つのピッタリなタイミングがあります。
求人が増える時期
新体制が始まる前
後任が育ってきた時期
ボーナス支給の1〜2週間後
有給休暇を使い切った後
それぞれについて説明していきます。

求人が増える時期

一般的に12月末・3月末に退職する人が増えるため、欠員の補充のために会社側も10月・3月に求人を出すところが多いです。

会社側も採用活動・引き継ぎを同時に行うことができ、退職者も転職活動をスムーズにできるため最適な時期でもあります。

新体制がスタートしたばかりだと転職先でも馴染みやすく、さらに教えてもらいやすい環境という利点があります。

そのため、有効求人が増える10月・3月に退職予定日を決めて転職活動などを同時に進めてみるのも1つの手段です。

新体制が始まる前

なるべく会社に迷惑をかけないで退職したいと考えている方は、1月・4月といった新体制に代わる前の時期を狙うと良いでしょう。

年度末なら仕事の切りも良く、さらにあなたの代わりを見つけるために会社側も新しい体制・組織を構想することができます。

また、年度末前後は会社を辞める人が多いため、会社側としても代わりとなる人員を補いやすいため会社への負担が少ないです。

新体制が決定してしまうと、プロジェクトを託される可能性もあり、そうなってしまうと会社を辞めにくくなってしまうため、新体制が決まる2〜3ヶ月前までには上司に伝えましょう。

会社を辞めた後すぐに働く意思がある場合は、転職先を決めておく必要があるため、退職予定日の2ヶ月前頃から転職活動を行う方が良いでしょう。

後任が育ってきた時期

後継者が育った時期も会社を辞めるベストなタイミングです。

自分の直属の部下が育って、自分と同等レベルやそこまで到達していなくても1人で一通り仕事を回すことができるはずです。

また、部下が自分と同等レベルのスキルを有していた場合、引き継ぎ業務がスムーズに進むため手間や時間もかかりません。そのため、会社を辞めるまでの時間を短くすることが可能です。

ボーナス支給の1〜2週間後

働く活力ともなるボーナスですが、会社を辞めることを決断したらボーナスを貰ってから辞めるための計画を立てましょう。

ボーナスを貰う前に会社を辞める意思を上司に伝えてしまうと査定に影響が出てしまう可能性が考えられます。そのため、ボーナスを貰ってから辞めようと思っている方は必ずボーナス支給が確定してからにしましょう。

また、ボーナス関連の就業規則をチェックして自分が不利にならない時期に伝えるようにしましょう。

有名企業や大企業の場合にはボーナス支給に関連する明確なルールがあるためトラブルになることはありませんが、中小企業の場合にはトラブルになる可能性もありますので、注意しましょう。

中小企業に限ったことではありませんがルールが明確でない場合、上司・経営者のあなたに対する印象などによって支給額が決定してしまうケースもあります。

辞める方は支給対象にならないとボーナスを貰えない場合もあるので就業規則をチェックしておきましょう。また、不明な点があれば事前に確認するとトラブルを避けることができるでしょう。

ボーナスとは査定期間中の働きに対する評価ですので貰ってから会社を辞めても問題がないので、損をしないように就業規則を熟読して計画を立ててから交渉を行いましょう。

有給休暇を使い切った後

会社側は時期を変えることはできますが有給取得自体を拒むことはできません。そのため、会社を辞める前に残っている有給を全て消化してもOKです。

法的に拒むことが不可となっているものの会社によっては有給消化しないでほいいとお願いしてくることもあります。

有給は従業員の権利なので当然断っても何の問題もありませんが、辞める前の有給取得についてマニュアル化されている場合もあります。その際、しつこく阻止しようと説得してくることもあります。

このような面倒なことにならないために、周りの人に話しを聞いたり情報収集をしておきましょう。

また、残っている日数分を退職予定日から逆算して有給を取得することで事実上の即日退職ができます。

円満退職の実現!タイミングや方法

円満に会社を辞めるためには、いつどのような方法で伝えたらいいのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。

退職を伝えるのは1〜2ヶ月前!

退職すると決めた場合、退職日の1〜2ヶ月前に直属の上司に直接辞める旨を伝えましょう。引き継ぎや後継者を見つける時間もありますので、なるべく早く伝えたほうが良いでしょう。

伝える相手は直属の上司が一般的です。また、退職が決定するまでは先輩や同僚に伝えるのは控えましょう。

メールでも送ることはできますが、口頭で行うのが一般的です。お世話になったお礼はもちろん、退職日・退職理由を明確に伝えてスムーズに進められるようにしましょう。

ネガティブな退職理由は避ける

実際、会社や上司への愚痴・不満があったとしてもそのまま伝えるのはやめましょう。そのまま伝えてしまうと、改善するからと提案されたり、条件を提示されて引き止められる可能性もあります。

例えば「人間関係に不満がある」と伝えた場合、改善するからと引き止められないように「自分の能力を発揮できるところ・活躍できるところで働きたい」とポジティブ変換すると良いでしょう。

また、仕事内容に不満がある場合は「他にやりたい仕事がある」、待遇に不満がある場合には「スキルアップ・キャリアアップしたい」と伝えると引き止められにくいでしょう。

このように、ネガティブな理由ではなくポジティブな理由を伝えましょう。

タイミングが大事!退職するまでの流れを紹介

円満に退職する流れは以下の通りです。
転職準備〜時期検討
意思表明
退職日設定と退職届提出
引き継ぎ
退職
円満に会社を辞めるためには、退職までの流れを知っておく必要があります。

それでは詳しく見ていきましょう。

【ステップ1】転職準備〜時期検討

働きながら転職活動を行うか、一度辞めてから専念するか決めておきましょう。また、繁忙期・閑散期・就業規則など、さまざまなことを考慮していつ辞めるか決めましょう。

時期を決めたら逆算してスケジュールを組み立てるといいでしょう。

【ステップ2】意思表明

法的には2週間前ですが、会社の就業規則にもよります。一般的に1〜3ヶ月前に辞めることを表明するのがマナーです。

そのため、1〜3ヶ月前になったら直属の上司にアポイントを取り直接口頭で伝えましょう。

【ステップ3】退職日設定と退職届提出

上司と話し合って定食日を決定します。正式に認められたら退職日の2週間前までに直属の上司へ退職届を渡しましょう。

その際、税金・年金・保険といったk手続きについてもチェックしておきましょう。

【ステップ4】引き継ぎ

現在担当している業務を、それぞれの後継者へと引き継ぎを行います。

口頭で説明する以外にも、マニュアルを作っておくとスムーズに行うことができるでしょう。

【ステップ5】退職

経費精算・備品返却など会社を辞める際、手続きが多いです。そのため、事前に行っておき退職当日はゆっくり行動できるようにしておきましょう。

社外への持ち出し禁止の資料・顧客リストが手元にないか確認しておきましょう。また、お世話になった部署の人たちには直接お礼を伝え、会えない人たちにはメールや手紙を送りましょう。

退職のタイミングを決める際に気をつけるべきポイント

退職は相談するものではなく、報告するものです。

はっきり定まっていないうちに伝えてしまうと相談されていると捉えられてしまい引き止めにあいます。高圧的な口調で引き止められたり、転職活動をしないように脅されたり、恐喝されたりと身動きが取れなくなる可能性も十分考えられます。

また、後継者が見つかるまでいてほしいといわれてかなりの時間経過してしまったり、さらに役職を与えるといった条件を提示されて応じると、そのポジションが一時的なものだったり、さまざまなトラブルが生じてしまいます。

そのため、会社を辞めると強い意思を持ってから伝えましょう。

繁忙期を避ける

会社を辞める旨を繁忙期に切り出すと引き止められる可能性が高く、引き継ぎを行う時間を確保することも困難になります。

完全に引き継ぎが終わらない状態で会社を辞めてしまうと、退職後・転職後も対応しなければならなくなるケースもあり、また印象も悪くなってしまいます。

会社を辞めても取引先として関わる可能性もありますので、印象が悪くならないように繁忙期を避けて行いましょう。

退職の意向はハッキリと伝える

会社を辞めることを伝える際、引き止める余地があると思われないようにはっきり伝えるようにしましょう。

いつもより声のトーンを真剣なものに変え、意思が固いことを伝えることが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回紹介したことをまとめると以下のようになります。
退職時期にピッタリなタイミングには5つある
退職を伝えるのは辞める1〜2ヶ月前
ネガティブではなくポジティブな退職理由を伝える
引き止められないように意思を強く持つ
上記の点をしっかり頭に入れて円満退職を実現させましょう。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。