バイトを急に辞めても大丈夫?できるだけ最短で辞める方法とは?

どのような仕事内容であっても、多少の不満を感じることはあるでしょう。特にアルバイトの場合は単純な作業が多いため、仕事が好きで続けているという人は少ないかもしれません。

たとえ小さな不満であっても積もり積もって、「辞めたい」という気持ちにつながることはあり得ます。本来なら「今すぐ辞めたい」と感じる前に退職を考えるべきですが、そう感じてしまった以上仕方がありません。
また、ひとりでも仕事への士気が低い人がいると、全体の士気まで下がる原因にもなります。無理をせず退職した方が、自分だけでなく職場のためにも有意義です。

今回は、今すぐ辞めたいけれど方法がわからないと不安を感じている人のために、「実際のところアルバイトを急に辞めてもいいのか?」を最短で辞める方法とともに解説。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの就職・退職代行サービス

バイトを急に辞めるのはNG!

無断欠勤後そのまま退職するバックレや、電話やメール・ラインなどで退職を一方的に告げて急に辞める人は実際に存在します。まずは、バックレの主な原因について見ておきましょう。

・店長や責任者が怖くて言い出せず、限界がきて無断欠勤→そのまま退職
・寝坊や遅刻をしてそのまま無断欠勤→退職
・バイト先のスタッフとトラブルになり、そのまま退職

必ずしもこの理由でバックレや無断欠勤をするわけではありませんが、一般的に多い要因です。
詳しくは後述しますが、アルバイトが突然辞めるとバイト先にはさまざまな理由で迷惑がかかります。

ただ、ここで勘違いしてはいけないのが、退職すること自体が問題ではないということ。問題なのは、無断欠勤やバックレで迷惑をかけることであり、きちんと手順を踏めば円満な退職はむずかしくありません。

バイトを急に辞めるのが良くない理由とは

アルバイトの仕事は誰でもできるため、代わりはいくらでも効くと言われていますが、なぜバイトを急に辞めてはいけないのでしょうか?

その理由は、シフトと人手不足にあります。そもそもアルバイトを採用するのは、私たちが想像しているよりはるかに大変です。費用や手間も多くかかっているため、できるだけ長く働いてほしいというのが、雇い主側の本音。ここでは、急に辞めることでどのような迷惑をかけてしまうのか?について説明します。

バイト先のスタッフに迷惑がかかる

飲食店などは人件費節約のため、常に最低限の人数でシフトを回しています。そのため、1人減るだけでもスタッフ全員の負担が激増してしまうのが実情。

特にバックレや無断欠勤は突然シフトに穴を開けてしまうのと同意なので、その日の仕事が大変になるのは想像に容易いはずです。退職をするにしても、出ているシフト分は出勤するのがマナー。バックレたアルバイトの穴を埋めるのは、バイト先のスタッフもしくは店長や社員です。

そして出勤予定だった日数が多ければ多いほど、埋め合わせのためほかのスタッフの出勤日が増えてしまいます。結果的に店舗のスタッフ全員に迷惑をかけることになるので、急に辞めるのはおすすめできません。

新しいアルバイトを探す期間がない

アルバイトやパートの就業規則には、「退職日の1ヶ月前に申し出ること」という規則が設けられている場合が多いです。これは、次のアルバイトを採用するための準備期間として設けられている時間。

新人を採用するには、求人を出して面接を行い、選考ののち採用者を決定するという流れがあります。どの工程も時間がかかり、すぐに応募がくるとも限らないので、できるだけ余裕を持って行いたいというのが会社側の本音です。
特に、常に人手不足でギリギリの店舗に退職者が出るのは死活問題。抜けてしまったスタッフを早急に補填しなければ、店が回らなくなることさえあり得ます。

バックレなどで唐突に退職されると、準備のための時間が一切なく人手不足に悩みながら営業しなければなりません。ほかのスタッフのシフトが増え、耐えられなくなった人が次々と退職してしまう負の連鎖を引き起こしてしまう可能性もあります。店長やほかのスタッフへ迷惑をかけないためにも、バックレや無断欠勤など急に辞めるのは避けましょう。

バイトを急に辞めるリスクとは?

バイトを急に辞めることは、一般的に不法行為と捉えられます。いくつかのリスクがあるため、安易にバックレないようにしましょう。

損害賠償を請求される可能性がある

バックレや無断欠勤をすることで、「会社に実質的な損害を出した」とされる場合、損害賠償を請求される可能性があります。

ただ実際は、「アルバイトが退職したことによってどのような損害が出たか」を証明することは困難なため、アルバイトへの損害賠償請求は難易度が高く請求されないケースの方が圧倒的に多いです。

それに本格的に裁判を起こすとなれば、裁判に関する費用はアルバイト先の会社が負担しなければなりません。結果的にアルバイトに対する損害賠償請求は費用対効果が低いため、請求までされることは滅多にないといえます。

しかし可能性としてはゼロでないので、リスクを避けるためにもバックレや無断欠勤はしないように気をつけましょう。

給料がもらえない可能性がある

急に退職したので、給料がもらえなかったという話は珍しくありません。本来であれば、働いた時間分は給料が発生しきちんと振り込まれます。振り込まないのは違法行為ですが、まれに迷惑をかけられたという意識からか意図的に支払わないケースも見られるのが現状です。

アルバイト先が大手チェーンの飲食店などであれば、振込予定日に通常通り振り込まれる場合が多いので安心してよいでしょう。

ちなみに、就業規則に「無断欠勤が〇日続いた場合、反則金として〇円支払うこと」といった項目があれば、これに従って反則金を支払わなければなりません。詳しい計算式はここでは割愛しますが、基本的にパーセンテージで計算されるため、給料の全額没収ということはないでしょう。

親に連絡されてしまう可能性がある

これは、労働者が18歳以下の高校生の場合に限りますが、急に辞めると親に連絡を入れられる可能性があります。高校生がアルバイトを始める際には、必ず親権者の電話番号の開示を求められるので、お店側も連絡先を知っているためです。

無断欠勤をしてしまうと、店長や責任者はまず最初に「何かあったのでは」と心配するでしょう。通勤中に事故や事件に巻き込まれたりしていないか確認するために、親族へ連絡するのは普通です。結果的に親にバレて怒られるリスクがあるので、正当な手順をふんで退職するようにしましょう。

急に辞めるのはダメ!バイトを辞めたいと思ったらまずは店長に相談しよう

繰り返しますが、突然一方的に退職するのはあらゆる方面でバイト先へ迷惑をかけることになります。決して円満な退職とも言えないので、その後お店を利用することができず、私生活に影響がでることもあるでしょう。

このような事態を避けるため、バイトを辞めたいと思ったらまずは店長や責任者へ相談することが大切。責任者の性格にもよりますが、お互い譲歩しつつ交渉を続ければ、必ず落としどころが見つかるはずです。

バイトを最短で辞めるためにできること〜急に辞めるよりも円滑〜

バックレのようなリスクが高いことをせずとも、最短で退職する方法はあります。突然辞めるより円滑に退職できるので、最短で辞めたいならこの方法を試してみてください。

2週間前に相談しておく

民法には、「退職日の2週間前に申し出ること」で退職できると定められています。就業規則に「退職日の1ヶ月前に申し出ること」とされているケースが多いですが、この法律は就業規則より拘束力があるため、規則を破っても問題はありません。

そして雇用主はこの法律を破ることができないので、2週間前に申告されれば希望日に退職させる義務があります。つまり、最短2週間で退職できるということ。どうしても我慢できないのであれば、2週間後に退職できるよう責任者と相談しましょう。

シフトを減らしてもらう

1ヶ月前に退職を申し出ておき、その後シフトを減らしてもらうのもひとつの手です。1ヶ月間在職している扱いにはなりますが、通常の半分程度までシフトを減らせば実質的な出勤日を抑えることが可能です。

まずは「シフトを減らしてほしい」とシフト作成を請け負っている人へ相談しましょう。この時点で店長は忙しいのかなと推測するはずです。その後退職を申し出ることで、シフトを減らすことと退職の両方の希望を叶えられるでしょう。

店長に退職日を交渉する

上記のような方法はめんどうだと感じるのであれば、いっそのこと退職日を交渉してしまうのもアリ。店長や責任者からの合意を得ることで、即日でも退職が可能です。

話し合いは難航することが多いですが、ここは踏ん張りどころ。「出ているシフトは全て出勤するので、次からは入れないでくれ」と交渉すれば、しぶしぶ合意してもらえるかもしれません。
交渉のコツは駆け引き。何かを要望するのであれば、こちらも何かを差し出すと承諾されやすいものです。

まとめ

さまざまな理由からバイトに限界を感じ、「今すぐ辞めたい」と感じることはあるでしょう。我慢できないかもしれませんが、だからといって急に辞めるのはマナー違反。店長や社員だけでなく、他のスタッフにも多大な迷惑をかけることにもなりかねません。

またバックレや無断欠勤は給料未払いや損害賠償請求のリスクが付きまとうもの。このようなリスクを負わないためにも店長や責任者からの合意を得て、退職することが大切です。もし店長への交渉がむずかしければ、シフトを減らしたり、2週間前に申告することで負担を軽減しつつ円滑に退職するという手段もあります。

最低限のマナーを守り、できるだけ円満に退職できる方法を模索してみてください。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。