バイトを辞めたいけど言い出せない…ラインで伝えてもいい?円滑な辞め方とは?

アルバイトやパートを辞めたいけど、言い出せないというのはよくある悩みです。言い出せない要因はさまざまですが、対面では無理でもラインならすんなり言い出せるという人は多いのではないでしょうか。

一説では、対面よりもラインの方が話しやすいと感じている人が多いと言われています。現代人であれば、コミュニケーション方法は対面だけではないので、無理もないかもしれません。
特にラインはメールよりも送信した内容がわかりやすく、使い勝手もよいので相手が目の前にいる感覚で使っている人もいるでしょう。

電話すら使用頻度が減っている現代では、退職に関する大切な連絡でもラインを使いたいという人もいるはずです。
今回は、実際ラインで退職の報告をしても大丈夫なのか?について解説します。円滑な退職方法も合わせてご紹介するので、ラインで連絡したい人は必見です。

おすすめの就職・退職代行サービス

【辞め方】ラインでバイトを辞めると伝えてもいい?

そもそもラインを使って退職の相談をするのは原則NGです。ラインで連絡したい人は多くいます。理由は、目上の人へ対面で相談するのが苦手だったり、ラインの方が使い慣れているからというのもあるでしょう。対面では、怒られるのを恐れて言い出せないというケースもあるかもしれません。

しかし、たとえアルバイトとして仕事をしていても社会の一員です。社会人なら仕事を辞める時は、決められたルールに従って行うのがマナー。
どうしてもの場合を除き、ラインでの連絡はしないようにしましょう。

【辞め方】ラインで退職の意思を伝えてもいいケースとは?

とはいえ、ラインで退職の意思を伝えてもよいケースもあります。伝える内容によってはラインでも構わないので、心理的な負担を軽減するために利用してもよいでしょう。
以下の状況下ではラインを利用できるため、ラインでの相談を検討している人はチェックしておいてください。

話し合い日時のアポイントメントを取る時

話し合いの日時のアポイントメントを取る時は、ラインで連絡しても構いません。飲食店や小売店だと店長も店舗で業務をしていたりと、常にデスクで作業しているわけではないはずです。上がりの時間と忙しい時間が被ってしまうと、急に相談を持ちかけても対応してもらえないこともあり得ます。

事前に連絡しておけば相手も心構えができ、忙しい時間帯でも時間を作ってもらえる可能性が高いです。
特に高校生など18歳以下のアルバイトは、「店内にいてもよい時間」が条例で決められているので、タイミングを逃さないためにも事前にアポイントメントを取って時間を作ってもらうようにするとよいでしょう。

やむを得ない事情がある場合

やむを得ない事情があれば、ラインで退職の相談を行なっても大丈夫。たとえば、精神的にダメージを負ってしまい来店できなかったり、突然入院が決まってしまったりなど自由に動けない環境にあることが前提です。
しかし店長や責任者の性格によっては、ラインで連絡すること自体不快に感じない人もいるので、実際問題視されるか否かは働いている店舗によるというところが実情。

詳しくは後述しますが、ラインで連絡をする場合は必ず退職希望日や退職理由を添える必要があります。送信先はグループラインではなく、必ず個人チャットへ連絡してください。
もし店長や責任者から話し合いをしたいと要請されたらできるだけ応じるようにしましょう。

【辞め方】ラインでバイトを辞めると伝える際の注意点

退職の相談をラインでつたえる際には、いくつか注意しなければならないポイントがあります。
以下は対面でも大切なことですが、ラインでは誤解を相手の表情が見えない分、細かいところまで明確にしなければなりません。すれ違いが起こらないよう、端的な説明を心がけましょう。

明確な理由を伝える

唐突にラインで退職の意思を伝えるのですから、理由を伝えないというわけにはいきません。やむを得ない事情で退職を決めたことを伝えましょう。
あまり長々と退職理由を書いてしまうと、読む方も目が滑って大切なところを見逃してしまう可能性があるため、要点だけかいつまんでわかりやすく説明してください。

退職の旨をわかりやすく伝える

「退職したい」という意志を相手に組んでもらおうとするのは、おすすめできません。場合によっては、店長や責任者が「退職したいけど悩んでいる」といった相談だと勘違いしてしまい、手続きに進まないこともあり得ます。
ラインの場合は、はっきりと「退職したい」の文字を入れることが大切です。

退職希望日を明確に伝える

退職の希望を伝えるだけでは、店長や責任者は「1ヶ月後までは出勤してもらえるはずだ」と考えるはずです。退職日の想定がお互いでずれていると後々調整が大変になることも。

今後シフトで迷惑をかけてしまわないよう、何日に退職したいかを明確にしておきましょう。スムーズに退職の手続きをしてもらうためにも大切なポイントです。

感謝と謝罪を忘れずに

バイト先の店長や責任者・スタッフには、いつもお世話になっているはずです。突然辞めることの謝罪は忘れずに入れておきましょう。
社会人として、人間関係を円滑に行うためには大切なコツです。一言入れておくだけでも大分印象が変わります。

【辞め方】ラインでバイトを辞めたいと連絡する際に使えるテンプレート

店長や責任者へ退職の相談をする際は、友達へラインする時のような文面で連絡してはいけません。ビジネスメールということを前提に、文章を考えることが重要。

また退職の意思を報告した後も、制服の返却や私物の受け取り方法などは相談しておかなければなりません。代理人を立てて受け取り・返却する場合でも本人が連絡をしておかなければ、渡すことはできないのが会社としての一般的な方針です。
この辺りの相談は都度行わなければならないので、「折り返し連絡をください」とお願いして文章を締めます。

本記事では、ラインで連絡する場合に使えるテンプレートを用意したので参考にしてみてください。必要があれば、所々変えて使用しても構いません。

相談のアポイントメントを取る場合

相談の時間をもらうためのアポイントメントを取る際に、使えるテンプレートです。この場合は次回出勤する前提として、時間をもらえるよう交渉しています。

<テンプレート>

お疲れ様です。アルバイトの〇〇(自分の名前)です。

突然の連絡で申し訳ありません。この度、「〇〇(明確な退職理由)」の事情により、アルバイトを退職させていただきたいと考えております。

なるべく早めにご連絡するべきと考え、まずはラインにてお伝えさせていただきました。

つきましては、退職日について細かいご相談を行いたいので、次回の出勤日に15分ほどお時間をいただけますでしょうか。
お忙しい中お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

退職日が決まっている場合

退職日が決まっている場合の連絡で使えるテンプレートです。退職の日にちや退職理由など細かく表記しておくのがポイント。

<テンプレート>

お疲れ様です。アルバイトの〇〇(自分の名前)です。

突然の連絡で申し訳ありません。この度、「〇〇(明確な退職理由)」の事情により、〇年〇月〇日をもってアルバイトを退職させていただきたいと考えております。

本当は直接お会いしてご報告するべきですが、「〇〇(やむを得ない事情)」のため、ラインでのご連絡にてお伝えさせていただきました。失礼なのは承知の上ですが、お許しください。

これまで〇〇店長(役職)には、大変お世話になりました。心から感謝しております。
つきましては、退職についてご質問したいことがありますので、お時間のある時にご返信頂けるようお願い申し上げます。
お忙しい中お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

退職日が決まっていない場合

退職日が決まっていないが、退職の意思を固めたという報告の際使えるテンプレートです。この場合、退職日についての相談は店長と行いたいと申し出ておくとよいでしょう。

<テンプレート>

お疲れ様です。アルバイトの〇〇(自分の名前)です。

突然の連絡で申し訳ありません。この度、「〇〇(明確な退職理由)」の事情により、アルバイトを退職させていただきたいと考えております。

本当は直接お会いしてご報告するべきですが、「〇〇(やむを得ない事情)」のため、ラインでのご連絡にてお伝えさせていただきました。失礼なのは承知の上ですが、お許しください。

これまで〇〇店長(役職)には、大変お世話になりました。心から感謝しております。
つきましては、退職日について細かいご相談を行いたいので、ご都合のよろしいお時間をお知らせいただけますでしょうか。
お忙しい中お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

即日退職したい場合

即日退職の許可を得るために、連絡をする場合のテンプレートです。突然の報告になったと謝罪すること、相談という形で連絡をすることがポイントといえます。

<テンプレート>

お疲れ様です。アルバイトの〇〇(自分の名前)です。

突然の連絡で申し訳ありません。この度、「〇〇(明確な退職理由)」の事情により、本日をもってアルバイトを退職させていただきたいと考えております。

本当は直接お会いしてご報告するべきですが、「〇〇(やむを得ない事情)」のため、ラインでのご連絡にてお伝えさせていただきました。失礼なのは承知の上ですが、お許しください。
また、このような突然の連絡となってしまったこと本当に申し訳ありません。

これまで〇〇店長(役職)には、大変お世話になりました。心から感謝しております。
つきましては、退職についてご質問したいことがありますので、お時間のある時にご返信頂けるようお願い申し上げます。
お忙しい中お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

【辞め方】ラインでもバイトを辞めたいと言い出せない場合はどうする?

人によっては、ラインを送信することさえためらうケースもあるでしょう。店長や責任者の性格が厳しいと、怒られることを想定してなかなか送信できないこともあり得ます。
ここでは、どうしても退職を切り出せない場合の最終手段をご紹介します。

退職代行サービスを利用する

退職代行サービスはここ数年で急激に浸透したサービスです。テレビで特集されていることもあるため、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

正社員向けのサービスだと感じますが、実際はアルバイトやパート向けの料金メニューを用意している事務所も存在しています。費用はかかりますが、どうしても退職できなくて精神的に参ってしまっているなら利用するのもひとつの手です。

親に連絡してもらう

学生の最終手段は、親に連絡をしてもらうことです。もちろん個人的な理由であれば親から怒られる可能性が高いですが、「何度相談しても取り合ってもらえなくて辞められない」という事情なら理解してくれるでしょう。親は子供を守りたいもの。子供が困っていれば、手を差し伸べてくれるはずです。

普段退職に対して否定的で攻撃的な性格の店長や責任者でも、外面はいいケースがほとんど。親が連絡すればスムーズに退職まで進むこともあります。それでも退職させてもらえないなら、保護者とともに労働基準監督署へ相談に行きましょう。

バックれはNG

たとえ、退職を認めてもらえなくともバックレは絶対してはいけません。店長や責任者がパワハラ気味だとしても、他のスタッフに迷惑をかける行為は避けるべきです。ほかのスタッフへ怒りが飛び火してしまう可能性もあるため、絶対にバックれないようにしましょう。

いつまでも辞めさせてもらえないのであれば、本社や労働基準監督署、弁護士へ相談することも検討してみてください。

まとめ

バイトを退職するという連絡は、対面で行うのが一般的なマナー。しかしやむを得ない事情があれば、ラインで連絡しても構いません。

またどうしても伝えられず限界を感じていることでバックレそうになったら、最終手段としてラインで連絡するのも手です。本当はマナー違反ですが、バックレるよりずっとよいので「どうしても言い出せなかった」と伝えれば、大抵の責任者は許してくれるはずです。

言わずに無理をし続けるより、たとえマナー違反でもラインで伝えた方がよいということを覚えておいてください。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。