退職日交渉のコツ!円滑に退職をするための心構え

退職を決意したらまずは面談を行うのが退職への一般的なフローです。基本的に労働者の希望日に退職させる必要がありますが、退職日の交渉が難航し希望通りにいかないことは珍しくありません。

また退職することで、これまでお世話になった会社へ迷惑をかけるかもしれないという思いから、交渉ができない人もいるでしょう。しかし円滑に退職するためには、自分と会社の両方が納得した上で、その後の予定を組む事が大切です。

本記事では、退職日交渉のコツについて徹底解説します。円満に退職するための心構えも合わせてご紹介するので、参考にしてみてください。

おすすめの就職・退職代行サービス

退職日の交渉をする前に行うべきこと

退職交渉に失敗して辞められない…なんてことがないように、事前準備をしっかりしておくことは大切。ルールを守って退職することで、無用な反感をかわずにすみます。

転職先がすでに決まっているのであれば、たとえ難航したとしても希望を通さなければなりません。退職日が押してしまうと最悪の場合転職先にまで迷惑をかけてしまうこともあり得ます。自分の希望を通そうとするのであれば、必ず規則を守るべきです。

退職日の交渉は苦労することもありますが、ここが頑張りどころ。諦めずに交渉しましょう。

会社の規則を確認しておく

退職日を決めたら、ひとまず会社の規則をチェックしておきましょう。面接前にも確認しているかもしれませんが、長年勤めていれば忘れていても不思議ではありません。そもそも退職に関する注意事項を重視して入社する人は多くないので、知らなくても無理はないでしょう。

法律上では「退職日の2週間前に申し出る」ことで退職することができるとされていますが、企業によって異なる規則を設けているのが実情。就業規則には、「退職の際は退職日から〇ヶ月前に申し出ること」といった規則が設けられている可能性があるので、見落としがないように確認してください。規則が定められている場合はそれに従って行動するようにしましょう。

直属の上司へ退職の意思を開示をする

退職の意思は、必ず直属の上司に報告します。この場合上司なら誰でもよいわけではなく、あなたを管理している直属の上司へ面談を持ちかけてください。重役や社長などに直接相談してしまうと、直属の上司が管理責任を問われる可能性があります。
そうなると上司が気を悪くし、トラブルにつながってしまうリスクが高まるので、相談する相手を間違えないようにしましょう。

面談までの流れとして、まずは直属の上司へアポイントメントを取り、面談の時間を作ってもらいます。
ここで提出するのは退職届ではなく、退職願なので間違えないよう注意してください。
面談の際は退職の「相談」と考えず、「退職を報告」するつもりできっぱりと辞意を伝えましょう。

有給をどうするか考えておく

退職の際は、それまでに残っている有給休暇を全て消化してからの退職を勧められます。有給休暇は労働者の権利であり、損をしないためにも取ってから辞めるべきです。しかし、有給休暇を消化するために引き継ぎが疎かになってしまうのは、絶対に避けなければなりません。

きちんと引き継ぎを行なった上で、有給休暇を取得できるスケジュールをおおまかに考えておきましょう。

退職日の交渉に関する注意点

上司から必死で説得されても相手が提示した退職日を簡単に承諾するのはおすすめできません。たとえ、進行中のプロジェクトがあるとしても1ヶ月や2ヶ月など、月単位での延期は承諾しないように。数日程度なら誤差の範囲内ということで問題はないでしょう。

ほかにも「給料をあげる」や「部署を移動させてあげる」などを理由に退職日を遅らせてくれないか、退職自体をやめてくれないかと交渉されることもあるかもしれません。魅力的な条件であっても、口約束で終わってしまう可能性はあります。

もし転職先が決まっているのであれば、転職先の会社名は絶対に上司へ明かさないようにしましょう。転職先を口外してしまうと会社間とのトラブルにも繋がりかねないので、十分に注意しておく必要があります。

退職日の交渉はあくまでも対等な立場で

相談する相手が上司なことから、交渉の際はどうしても萎縮してしまいがちです。しかし希望の退職日に退職することは、労働者としての当然の権利。交渉の際は対等の立場だと自分に言い聞かせて、普段より強気で挑みましょう。

ただ、上司も人間なのでこちらが高圧的すぎたりすれば、無用な怒りをかってしまうかもしれません。かといって消極的すぎると希望日に退職できないというリスクもあります。このようなリスクを避けるため、あくまで「対等」のつもりで交渉を行ってください。

余裕があれば会社の要求を飲んでもいいですが、無理をする必要はありません。むずかしいと感じたら無理をせず断るようにしましょう。交渉前に「どうしても譲れない点」をリストアップしておくのもよいですね。

退職日を交渉する際は有休消化についての交渉も忘れずに

退職日の交渉と並行して、有給休暇についての交渉も忘れずに行っておきましょう。早めに伝えておくことで、「そんなの聞いてないよ!」と怒られるリスクを避けることができます。

ネットの情報では有給休暇を取らせないブラック企業の存在が囁かれることもありますが、有休の取得は労働者の権利。労働基本法でも守られている法律上のルールでもあるのです。
次のステップへ進むためのリフレッシュ期間を得るためにも、諦めず消化できるよう交渉していきましょう。

引き継ぎ業務についてのスケジュールを開示して相談を

上司が退職者の有給休暇取得に対してなによりも心配していることは、「有給休暇を取得してきちんと引き継ぎができるのか」という点です。もちろん有給休暇を取ることに反対はできないので、許可を出す可能性は高いですが心配はしているでしょう。

その不安を解消するためには、引き継ぎ業務をどのように行っていく予定か、書類やスケジュールを開示しながら相談するのがポイント。きちんと予定が組まれていることを確認できれば、上司は安心して許可を出すことができます。

有休は当然の権利

繰り返しますが、有給休暇は労働基本法で認められている労働者の権利であり、取得するのは当然といえます。ブラック企業など社員に一切有休を与えない会社も時折見受けられますが、それは問題かつ違法なのです。

しかし権利を主張するならば義務をこなさなければなりません。引き継ぎ業務をおざなりにしてしまうと、「権利ばかり主張するくせにやることはやらない」と顰蹙をかうのは間違いないでしょう。

円滑退職のためには業務を完璧にこなすと約束した上で、有給休暇を取得する必要があります。真摯に自分の仕事をこなしておけば、上司も同僚も笑顔で送り出してくれるはずです。

退職日の交渉を行う際はNOと言える勇気も必要

日本人は自分の意思を抑えてでも相手を尊重する傾向があるので、人に頼まれると断れないという人は珍しくありません。優しい人や気が弱い人であれば、尚更相手のことを考え過ぎてしまい、断れない人もいるでしょう。

しかし退職日の交渉や退職に関する相談では、「ノー」と言える勇気が大切。相手のことを尊重するのはいいことですが、尊重しすぎるがあまり自分が苦しくなってしまうことのないように断る勇気を持ちましょう。普段から断れない性分なのであれば、面談の前は特に気を引き締めて、「無理なことは断る」と意識しておくようにしてください。

退職日の交渉が難航してしまった場合はどうする?

上記のようなコツを利用して交渉したとしても、会社や上司からしつこく引き止められることもあるでしょう。特にあなたが優秀な人材であればあるほど、会社は少しでも長く在職してもらえるよう交渉してくるはずです。

もし話し合いが平行線で進まなくなってしまった時は、以下のことを思い出してください。

交渉を諦めない

何度もしつこく引き止められると、終わりが見えなくなり交渉自体を諦めたくなるかもしれません。しかし、上司や会社はあなたが諦めることを願って必死に引き止めているのです。あなたが気が弱い優しい性格であれば、尚更強く引き止めることで考え直してくれるかもしれないと考え、何度も交渉しているのでしょう。

しかしここで諦めてはいけません。「ここまで育ててやったのに!」と怒られたり、「あなたは優秀だから」と引き止められる可能性もありますが、自分の意思を曲げず頑として断り続けることが交渉成功への近道です。

あなたの意思が絶対に揺らぐことはないと感じた時点で相手は引き下がってくれます。我慢比べのようですが、気を強く持って断り続け、辞意が固いことを理解してもらいましょう。

まとめ

退職後の進路は、転職したり、職業訓練校に通ったり、資格を取ったり人によってもさまざまです。しかし退職後何をするにしても、退職日の交渉は大切。希望日に退職できるようできる限りの対策を打ちましょう。

そして退職日の合意が得られたら退職届を提出しておきます。書類に残しておくことで、上司が認めていないと言い出してもトラブルになることを避けられるといったメリットがあります。

そして退職日交渉の上でなによりも大切なポイントは、「交渉を諦めないこと」です。こちらが折れてしまうと、その先にある有給休暇の交渉なども難航してしまう可能性がグッと上がります。円満かつ理解ある退職をするためにも、本記事で紹介したコツを使って、お互いが納得できる状態まで交渉してみてください。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。