退職代行を弁護士に依頼したい!東京でおすすめの弁護士とは?

東京で働いている人で退職代行を利用して仕事を辞めようと思っているなら、退職代行業者ではなく弁護士を利用してみてはどうでしょう。

退職代行サービスを扱う専門業者と弁護士のどちらがおすすめなのか、退職代行を弁護士に依頼する場合のメリットや、おすすめの弁護士・弁護士事務所を紹介します。

おすすめの就職・退職代行サービス

東京でおすすめの退職代行を扱う弁護士

東京では、退職代行業者だけではなく退職代行を含めた業務を扱っている弁護士や弁護士事務所が多くあります。

退職代行を積極的に扱っている弁護士や弁護士事務所の対応がとても手厚いと評判も良く、ただ仕事を辞めるだけではなく、解決したかったことも一緒にお願いすることができスッキリと退職できたという人も多くいます。

そこでまずは、東京でおすすめの退職代行を扱う弁護士や弁護士事務所を紹介します。

うおや総合法律事務所

料金要相談(着手金として100,000円~)
住所東京都中央区銀座7-17-12銀座東京ビル4階
対応エリア茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県 東京都、神奈川県
弁護士山田 剛士
対応可能内容残業代請求、不当解雇、解雇予告、内定取消、雇い止め、労働災害、労働審判、ハラスメント、退職代行、給与未払い、退職金未払い

ごく一般的な弁護士事務所なので、着手金や成功報酬なども普通に設定されています。

また、お問い合わせフォームから問い合わせをしたあとで、面談などの相談に応じる形をとっているので、電話やLINEなどでの相談は行われていません。

そのため、気軽に利用できるものではありませんが、弁護士としての対応は素晴らしく、希望通りの結果に導いてくれると評判も良いです。

弁護士法人アディーレ法律事務所 新宿支店

料金一律55,000円
住所東京都新宿区西新宿1丁目25-1新宿センタービル3階
対応エリア全国
弁護士谷崎 翔 他
対応可能内容残業代請求、退職代行など

弁護士への相談が無料、料金は一律となっているなど、一般企業が行う退職代行サービスと変わらないサービスを行っている弁護士事務所として人気があります。

アディーレ法律事務所といえば、テレビCMなどでも有名な事務所なので、信頼度や安心感が違うことも評判のひとつと言えます。

残業代や退職金などの請求や交渉など弁護士にしか行えない業務にも対応していますが、着手金は無料で、業務が成功した場合にのみ成果報酬が発生する仕組みなので安心して利用することができると評判です。

旬報法律事務所

料金要確認
住所東京都千代田区有楽町1-6-8松井ビル6階
対応エリア東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
弁護士新村響子 他25名在籍
対応可能内容残業代請求、不当解雇、解雇予告、内定取消、雇い止め、労働災害、労働審判、ハラスメント、退職代行、給与未払い、退職金未払いなど

男性弁護士だけではなく、女性弁護士も複数在籍しているので、女性で退職代行を利用したいけれど、男性弁護士だと話しづらいという人に好評です。

法律のプロとして様々なトラブルや交渉事・請求にも対応しているので、安心して退職のために利用することができます。

初回相談料は、30分5,500円となっていますが、残業代を請求したいという場合は、30分の相談料を無料で行っています。

その他の費用は、依頼内容によって異なるので表記されていませんが、どのくらいの費用が必要なのかを相談時に聞くことができます。

東京で弁護士に退職代行を依頼。退職代行専門業者との違いは?

東京で退職代行を行っている弁護士の中でも有名で利用者の多い弁護士や弁護士事務所を紹介しましたが、実際に退職代行を利用する場合、退職代行専門業者と弁護士ではどう違うのでしょうか。

どちらも同じなら安い方を利用したいという人も多いと思うので、その違いについて紹介していきます。

まず、一番の違いは、退職代行専門業者の場合は、退職を希望する会社へ本人に代わって退職の意向を伝えることしかできません。

一方、弁護士が退職代行サービスを行う場合、

・退職に関する様々な書類の作成
・有給休暇取得の交渉
・未払いとなっている残業代や退職金などの請求

など、様々な交渉事や請求に対応してくれます。

その一方で、退職代行としての業務以外の面を見てみると、弁護士が行う退職代行を利用すると、料金や対応時間をはじめ、連絡方法などはあくまでも弁護士事務所として対応している通常の時間のみとなっているケースが多いです。
しかし、退職代行専門業者では、料金は一律で追加料金がなく明確なことと、対応時間も24時間365日としているところが多く、電話以外にもLINEやメールで対応してくれるなどかなり使い勝手が良いです。さらに、退職後の転職サポートが充実しているなど、退職から転職までをトータル的に行われているのが一般的です。

以上のことから、弁護士と退職代行専門業者の違いは、とてもわかりやすいなっています。そして、どちらを利用するのが良いのかは、実際に利用する人が、退職代行に求めるものによって違うがあるのではないでしょうか。

東京で退職代行を弁護士に依頼するのがおすすめの人とは?

東京で、

「今すぐ会社を辞めたい。」
「退職したいけれど自分ではなく退職代行を利用したい。」

という場合に、弁護士に依頼すべきか、退職代行専門業者へ依頼すべきか迷う人のために、

・弁護士に依頼するのがおすすめの人
・退職代行専門業者へ依頼するのがおすすめの人

について解説しますね。退職代行を利用するための参考にぜひご活用ください。

東京で退職代行を弁護士に依頼するのがおすすめの人

東京で退職代行を利用するなら弁護士への依頼がおすすめの人は、退職することを自分に代わって伝えてもらうという退職代行本来の業務以外に、以下のような請求や交渉も行いたいという人です。

例えば、

・退職を伝えてからそのまま有給を消化するための交渉を行いたい
・精神的苦痛を受けたことを証明するために労災申請をしたい
・セクハラやパワハラを受けたことに対して慰謝料請求をしたい
・手続きの方法がわからないから、退職後の保険や年金などの手続きの代行をしてほしい
・未払いとなっている残業代や退職金をちゃんともらえるようにしたい

などがあります。どれも弁護士にとっては、難しい請求や交渉ではありませんので、特別な手段を用いなくても、弁護士が本人に代わって確認などの連絡をするだけで、大抵のことには応じてくれます。

そのため、退職や退職に関することでトラブルに発展することもなく、希望通りに退職することができる可能性がほとんどなので、何か問題があったり、請求や交渉したいことがある場合は、迷わず弁護士や弁護士事務所を利用するようにしましょう。

東京で退職代行を退職代行業者に依頼するのがおすすめの人

退職代行を東京で利用する場合に、弁護士への依頼がおすすめの人を紹介しましたが、弁護士への依頼まで必要なく、退職代行業者に依頼するのがおすすめの人は、以下のような人です。

・会社へ交渉事や請求するものがなにもない人
・ただ退職することを伝えてくれればいい人
・すぐに出社しなくてもよくなればいい人
・利用料金を少しでもおさえたい人
・退職後が不安だから転職サポートも受けたいという人

などで、退職したい会社とは、トラブルもなければ、改めて金銭的な要求をする必要もなく、ただ辞められればいいという場合は、弁護士に相談するまでもありません。

26時間365日の即日対応など利用しやすい環境が整っている退職代行専門業者を利用する方が、スムーズにあっという間に退職することができると思いますので、そのような人は、退職代行専門業者を利用するようにしましょう。

東京で退職代行を弁護士に依頼する場合の弁護士の選び方

東京で退職代行を弁護士に依頼する場合、一般の退職代行業者を選ぶのとは少し違います。

退職代行を利用する場合、利用する弁護士に求めることと言えば、

・100%確実に辞めることができること
・法的に違法となるようなことが行われるのではなく信頼して依頼できること
・残業代などの交渉や請求が正しく確実に行われること

だと思いますが、今取り上げたものはすべて、退職代行を依頼し取り組む弁護士や弁護士事務所にとっては当たり前のことです。

この3つのことは、理路整然と行われることを前提として、どの部分に精通している弁護士や弁護士事務所なのかを見極め、自分の利用条件にマッチしているかを選ぶ基準とすることをおすすめします。

例えば、退職はもちろんだけど、セクハラやパワハラに遭って嫌な思いをしたことを法律的な見解から何かアクションを起こして欲しいという場合は、セクハラやパワハラ問題に強い弁護士や弁護士事務所を選ぶことです。

弁護士や弁護士事務所では、どのような問題に注力して日々の弁護士業務を行っているのかに違いがあるので、自分のニーズにマッチする弁護士や弁護士事務所を選ぶようにしましょう。

まとめ

退職代行を東京で弁護士に依頼しようか迷っている人のために、東京でおすすめの弁護士や弁護士事務所の紹介から、選び方などについて解説しました。

実際に退職代行を自分ではない第三者へ費用を支払ってまで利用するという場合は、実際に利用して退職した人の口コミ評判を参考にすることも大切です。

しかし、それだけではなく退職する上で、絶対に譲れないものがある場合は、信頼できる弁護士へ依頼し、問題解決のために活用するようにしましょう。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。