バイトを辞める時のメールの書き方、ポイントと例文を紹介!

せっかく希望していたバイト先に就職できたのに、事情があってバイトを辞めざるを得なくなったという時には直接の上司か担当者にその旨を伝えなければなりません。

報告する方法は口頭が原則ですが、最初に手紙かメールでバイトを辞める意思があることを伝えておく方法もあります。

バイト先のシフトの関係で上司と直接会う機会がなかなかない場合などは最初にメールを送って「バイトを辞める」と伝えておくのがおすすめです。

メールといっても、ただ単に「バイトを辞めます」という簡単な文章を送ったのでは勤務先に失礼になってしまいますから、メールを書く際には格式ばった手紙を書くのと同じような書式を用いるようにしましょう。

LINEのメッセージならともかく、形式ばったメールの文章を書くのは苦手という人も多いかもしれませんが、例文を参考にすればメールを書くのもそれほど億劫ではありません。

バイトを辞める意思が固まったら例文を参考にしながらできるだけ早くメールを作成して送信するようにしたいものです。

ここでは具体的な例文も2つほど紹介していますので、参考にしてみてください。

おすすめの就職・退職代行サービス

本当は口頭でバイトを辞めることを伝えるのが正しいマナー

バイトを辞める際には、本来であれば担当者に直接会って口頭で辞めることを伝えるのが正しいマナーです。

職場の同僚たちとうまく付き合えない、雰囲気に溶け込めないのが辞める理由の場合には担当者の顔を見て「辞めたい」と伝えること自体が気まずいものですが、バイトとはいえども仕事は仕事です。

ですからできるだけ穏便に職場を去ることが大事ですし、バイトを辞める前日にメールだけを送って翌日から出社しなくなるなどという行為はもちろんNGです。

「バイトだから自分が辞めても大した支障はない」と思うのは大間違いで、特にシフト制の職場などでは急に辞めてしまうとバイト先の人たちに迷惑がかかってしまう可能性があります。

ですからバイトを辞めることを決意したら、できるだけ早く上司なり担当者なりにその意思を伝えなければならないわけです。

法律の上でも退職する意思は辞める日の2週間前までには表明しておかなければならないと定められていますので、時間的な余裕を持って伝えることが肝心です。

2週間前に表明しておけば代わりのアルバイトを募集する時間も得られますし、シフトの変更もゆとりを持ってできるので、会社側としてもそれほど焦らなくて済みます。

では実際にはどんな内容のメールを書けばいいのか、例文を参考にしながら書き方のポイントを見ていきましょう。

バイトを辞める時のメールの書き方例文とポイント

バイトを辞める時のメールは「辞めます」と断言するのではなく、あくまでも「退職したいのですが」とバイト先の立場を尊重した姿勢で書くのがおすすめです。

本人は何ヶ月も前から辞めることを考えていても、バイト先としては寝耳に水なわけですから断定的な口調は極力避けるようにした方が好印象を与えます。

そして、伝えなければならない内容をすべて網羅したメールを作成することが大切です。

メールに欠かせないポイント

メールの文面で絶対に欠かせないのは退職を希望する年月日です。

これをはっきりと書いておかないと、「ただ単に悩みがあって相談のメールを送ってきただけかもしれない」と思われる可能性があります。

例文にも見られるように、「◯月◯日いっぱいでアルバイトを退職させていただきたいと思います」と書くことで辞める決意が固まっていることが確実に伝わります。

また、退職理由もメールに書いておけば直接対面した時に理由を尋ねられて気まずい思いをしなくて済みます。

退職理由は「一身上の都合」としておけば波風が立ちません。

家族が病気で看病が必要な場合などでも、事情を細かく説明してしまうと「シフトの時間を変えるから」などと言って引き止められてしまう可能性もあるので、理由はあえて簡略に記しておく方が無難です。

どういう理由でバイトを辞めるにしろ、お世話になったことに対しての上司へのお礼の言葉も必ず付け添えるようにします。

長い人生、何が起こるかわからないものです。

現時点ではバイトを辞める必要性があっても、1年先にはまたお世話になる可能性が絶対にないとは言い切れませんから、礼を尽くしておくのは悪いことではありません。

バイト先にメールを送るタイミング

バイト先にメールを送るタイミングは最低でも希望退職日の2週間前でなければなりませんが、時間帯にも注意してメールを送信したいものです。

スマホや携帯でメール受信をしている人は多いので、夜分遅くや真夜中にメールを送ると非常識に思われるばかりか、プライベートの時間を邪魔してしまうことになってしまいます。

ですから、朝9時〜夜20時の時間帯で、しかも平日にメールを送信することを心がけたいものです。

土日や祝日にメールを送るのも感心しません。

送信する相手は直接の上司あるいは店長でなければなりません。

メールアドレスがわからないからといって会社のメールアドレスに送っても用件がうまく伝わらないことがあり、「送ったはず」「受け取っていない」でトラブルの原因になり得ますから気をつけましょう。

バイトを辞める際の実際の例文

メールには件名を書く欄がありますが、ここには「退職についてのご相談(自分の氏名)」と書けば一目瞭然です。

件名に「退職」という言葉と自分の氏名を明記しておかないとメールが見逃されてしまうことがありますので、必ずはっきりと書いておくようにしましょう。

メールとはいえ、本文の最初には宛名を書くことも忘れてはいけません。

「◯◯様」が一般的ですが、お店の場合なら「◯◯店長」と書くのもいいですし、親しい場合、距離感が近い場合には「◯◯さん」と書いてもかまいません。

では、さっそく具体的な例文を見ていきましょう。

例文1

メール例文
ーーーーー
件名:退職についてのご相談(自分の氏名)

メール本文

◯◯さん(◯◯店長、◯◯様など)

お疲れさまです。
月曜・火曜・木曜勤務をさせていただいているアルバイトの△△です。

突然のことで恐縮ですが、ご相談したいことがあってメールをお送りさせていただきました。

この度、一身上の都合により◯月◯日いっぱいでアルバイトを退職させていただきたいと思います。

◯◯さんには仕事の初歩から教えていただきお世話になりました。
作業にもようやく慣れてきたところで退職するのを非常に心苦しく思っております。

職場で教えていただいたことを大切に思い出し、今後の進路にも活かしていきたいと考えています。

後日、直接ご挨拶にうかがう予定でおりますが、残っているシフトに関してはきちんと務めさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

氏名△△
ーーーーー

例文はごくシンプルなものですが、退職希望日やこれまでお世話になったことに対する感謝の言葉などがもれなく明記されています。

アルバイト勤務の人が多い職場では氏名だけを名乗るよりも、例文に見られるように「◯曜日勤務」と書けば上司の方でも誰かすぐにわかります。

手紙の場合には日付も入れますが、メールではわざわざ入れる必要はありません。

例文2

メール例文
ーーーーー
件名:△△(自分の氏名)です。退職についてのご相談

メール本文

◯◯店長(◯◯様、◯◯さんなど)

お世話になっております。
アルバイトの△△(フルネーム)です。

突然のご連絡で失礼いたしますが、今後は勉学に集中的に取り組んでいきたいと考えておりますので◯月◯日をもちまして退職させていただきたいと思います。

直接お会いした上でご報告するのが本筋なのですが、明日から連休に入ってしまい来週までお会いできる機会がないため、まずはメールでご報告させていただく運びになりました。

◯◯店長には仕事を一から教えていただき、何かとお世話になったことを心から感謝しております。

次回の出社日に退職手続きに関するお話をするお時間をいただければと思いますのでよろしくお願いいたします。

△△(自分の氏名)
ーーーーー
このメール例文は在学中の大学生が書いたという設定になっているため、辞める理由も「今後は勉学に集中したい」という当たり障りのないものになっています。

学生のバイト勤めとはいえ、退職の相談や手続きなどは礼を尽くしてこなしたいものです。

フォーマルなメールを作成できるようになれば今後、社会人として他の企業に入社するような場合にも大いに役立ちますから、この際に書き方をしっかりと勉強しておきましょう。

バイトを辞める時のメールは例文を参考に!最低限のマナーを心がけましょう

例文を参考にしてメールを書いたら、すぐに送信してしまわずに一度じっくりと読み返してみましょう。

誤字脱字がないかどうか、伝え忘れているポイントはないかなどをチェックしてから送信します。

バイト先の職場というのは大勢の人がそれぞれの役割を分担して働いている場所ですから、自分が辞めることによって生じた欠員を他の人が補わなければならないわけです。

ですから自分が真面目な気持ちでバイトを辞める決意をしたことを理解してもらわなくてはなりません。

職場の同僚や上司とウマが合わないのが理由で辞めるのであっても、その辺には触れずに最低限のマナーは絶対に守るようにしましょう。

まとめ

バイトを辞めることを言い出すのは非常に心苦しいものですが、最初にメールで意思を伝えておくことによって退職手続きがスムーズになることもしばしばあります。

非常に忙しい上司の場合には直接話をする時間をとるのも難しいことがあるので、メールを最初に送っておけば「じゃあ◯日の◯時に直接話し合いましょう」と返事をもらえるかもしれません。

こうすれば、面と向かってはなかなか切り出せなかった退職の話もすんなりとすることができます。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。