バイトを半年で辞める時はどんな風に伝えたらいい?

アルバイトを始めてはみたけれど、半年も経つうちに本業である学業の方がどんどん忙しくなってきてバイトを辞めるしかない状況に陥ることがあります。

半年しか働いていないのにバイトを辞めるということを伝えるのは心苦しい感じがしますが、早めに言っておかないと雇用した側でも対処に困ることがあります。

特に仕事が忙しくて人員がいつも不足しているバイト先では一人が辞めるとすぐに別のアルバイトを探さなければなりません。

ですから「明日言おう」「来週言えばだいじょうぶ」とズルズルと引き延ばさずに、覚悟を決めて退職の意思を伝えるようにしましょう。

おすすめの就職・退職代行サービス

バイトを半年で辞めることを伝える方法

バイトには入る時点で雇用期間が決まっている「有期雇用」と雇用期間が特に定められていない「無期雇用」がありますが、最初から半年間の約束で契約を交わした有期雇用の場合には特に辞める意思を伝えなくても自動的に契約が終了します。

一方の無期雇用では、退職を希望する日の2週間前までにやめるということを伝えておけばまず問題はありません。

わずか半年とはいえお世話になったバイト先を辞めることを上司に伝えるのはなかなか勇気のいることですが、元々アルバイトは一時的な雇用形態ですから、雇用側でも無理に引き止めるようなことはないはずです。

バイト半年で辞める理由に関しては「学業が忙しくなってきた」「介護しなければならない家族が出てきた」などが一般的ですが、特に親しくしていたわけではないバイト先であれば「一身上の都合」というだけで十分です。

バイト辞めることを伝える方法はメールや電話などいくつかありますので、ケースバイケースで最善の手段を選ぶようにしましょう。

辞めることを直接口頭で伝える

バイトを辞めることが決まったら、上司に行って直接口頭で伝えるのが最も礼儀にかなったやり方です。

アルバイトも立派な雇用形態の一つなわけですから、電話で「今日限りで辞めます」といったきりバイトに行かなくなるなどという例を失した行為は極力避けるべきです。

口頭で辞めることを伝え、同時に書面の退職願を手渡すという方法もあります。

バイト先の会社の規模が大きければ大きいほど退職手続きもフォーマルになりますから、その辺りは常識で判断して失礼にならないように自分の意思を伝えるようにしましょう。

辞めることをバイト先に電話で伝える

上司とシフトの時間がうまく合わない場合には、半年で辞めることを電話でバイト先に伝える方法もあります。

企業の側としても大切な人員であるアルバイトが一人欠けるとなると、早急に他のアルバイトを探さなければなりません。

そのためには新たに求人広告を出したり面接をしたりしなければならないので、電話で先に辞めることを知らせておいてもらった方が対応が楽になるわけです。

電話でバイトを辞めることを伝えた時に上司がその場で承諾してくれれば退職はすんなりと成立しますが、後日直接会って口頭で確認するのを忘れないようにしたいものです。

電話だけでは退職希望日を聞き間違えることもありますし、細かいニュアンスが伝わりにくい可能性もありますので注意しましょう。

メールを送って辞めることをバイト先に伝える

半年で辞めることをメールで伝えるのも有効な方法です。

メールであれば送信日時や誰が誰宛てに送ったかなどの履歴が全て残りますので、「そんなことは聞いていない」と言われる危険性がありません。

また、メールは電話よりもフォーマルな通信手段ですから、礼儀を尽くして辞めたい場合にはおすすめの方法ということができます。

メールはいつ送ってもかまわないというイメージがありますが、最近はメールをスマホで受信する人も増えていますからバイトを辞めることを伝えるメールを送信するのなら、平日の常識的な勤務時間の間にするようにしましょう。

バイト先を半年で辞めることを伝える退職願・メールの例文

次にバイト先を半年で辞めることを伝える退職願とメールの例文をご紹介しますので、どうぞ参考にしてみてください。

退職願の例文

退職願はバイトを辞める際に提出すべき正式な書類です。

多くのバイト先では上司に会って口頭で「バイトを辞めます。半年間お世話になりました」と言えばそれで済むのですが、規模の大きい会社の場合には口頭でバイトを辞める意思を伝えると同時に退職願を手渡すのが習慣となっています。

退職願という書面の形で辞める意思を表明しておけば退職手続きに欠かせない退職日も明確ですから、後々トラブルが起こる心配もありません。

退職願の文面は非常にシンプルなものなので、テンプレートを参考にすれば迷わず書くことができます。

最もマナーに適っているのは手書きの退職願ですが、最近ではパソコンで退職願を作成する人も多くなっています。

ーーーーー
退職願

このたび、一身上の都合により、勝手ながら◯◯年◯月◯日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

◯◯年◯月◯日
            △△(自分の氏名)

株式会社◯◯
代表取締役社長 ◯◯ ◯◯殿
ーーーーー

メールの例文

面と向かって上司にいきなりバイトを辞めることを伝えるよりも、最初にメールを送っておけば実際に話す時も事がスムーズに運ぶものです。

特に上司と直接会うと緊張してしまって言葉がうまく出ないといったタイプの人は、最初にメールを送って打診をし、バイトを辞める意思があることを伝えておくのがおすすめです。

ーーーーー
件名:△△(自分の氏名)です。退職についてのご相談

メール本文

◯◯課長(◯◯店長、◯◯さんなど状況に応じて)

お世話になっております。
アルバイトの△△(自分の氏名)です。

突然のご連絡で心苦しいのですが、今後は勉学に集中的に取り組んでいきたいと思い、◯月◯日をもちまして退職させていただきたいと思考えております。

本来であれば直接お会いした上でご報告するべきなのですが、シフト時間の関係で来週まで直接お会いできる機会がないため、まずはメールでご報告させていただくことになりました。

◯◯課長には仕事の基礎から教えていただき、この半年間いろいろな面でお世話になったことを心から感謝しております。

次回のシフト時(◯月◯日◯時)に退職手続きに関するお話をするお時間をいただければと思いますので何卒よろしくお願いいたします。

△△(自分の氏名)
ーーーーー

退職願やメールでバイトを辞めることを伝える以外に電話やLINEを使って連絡する方法もありますが、今ひとつインフォーマルな印象を与えかねません。

ただし、バイト先が数人だけのスタッフのショップなどの場合には電話やLINEでも失礼にならないことがありますので、その辺は一般常識で判断して連絡方法を選びましょう。

バイトを半年で辞める場合の事務的な手続き

アルバイトで入社した場合でも、半年で辞める前には様々な事務手続きがありますので、知っておいて損はありません。

雇用保険

雇用保険被保険者として働いていた場合には、雇用側は「雇用保険被保険者資格喪失届」と「離職証明書」を管轄のハローワークに提出しなければなりませんが、これに伴ってアルバイトをしていた人は「離職票」を交付してもらわなければなりません。

年金手帳

在職中に年金手帳をバイト先に預けていた場合には、退職時に返却してもらうのを忘れないようにします。

厚生年金基金加入員証

アルバイト先で厚生年金基金に加入していた場合には、加入員証を必ず返してもらうようにします。

源泉徴収票

半年でバイトを辞めるとはいえ、退職をする際には源泉徴収票をもらうことも大切です。

源泉徴収票には働いた分の賃金額と社会保険料の金額、そして源泉所得税の金額が記入されています。

社会保険料の精算

バイトを辞めるとなると社会保険料の精算が必要になってきますが、給与から社会保険料が控除されるのは社会保険資格喪失日の前月までです。

ちなみに社会保険資格喪失日というのは退職日の翌日です。

例えば8月31日付で退職をすると社会保険資格喪失日は9月1日ですから資格喪失日は9月となり、8月分の社会保険料を払わなければならなくなってしまいます。

これを避けるためには8月30日付で退職をします。

この場合、資格喪失日が8月31日なので8月分の社会保険料を払う必要はないわけです。

退職日を1日ずらすだけで出費がかなり違ってきますので、いつバイトを辞めるかを決めるのは大切な問題です。

賃金等の支払い

半年でバイトを辞めるとはいっても勤務期間がきっかり6ヶ月間ではない場合には賃金の支払いを請求することをおすすめします。

この時、アルバイト先に賃金の他に積立金や保証金、貯蓄金などを預けている場合にはすべて返還してもらうことも忘れてはいけません。

退職金

半年間働いた程度では、ましてアルバイトの身分では退職金がもらえる可能性はまずありませんが、長期のアルバイトとなると話は別です。

バイトで働く人を保護するための「パートタイム労働法」によれば正社員と同じ内容の職務をこなしており、しかも人事異動の有無や範囲が正社員と同一の場合にはアルバイトでも退職金を受け取る権利があると定められています。

ですから半年ではなくて数年間バイトをしてきて辞めることになった場合には、退職金がもらえるかどうか確認してみることをおすすめします。

まとめ

半年間というのは短いようで長い期間です。

たとえバイトとはいえ、バイト先で教えてもらったスキルやチームワークで働く大切さを学んだことは将来、必ず何らかの形で役に立つはずです。

半年間のバイト生活を一つのステップとして、正社員として働くことになった時にも役立てれば社会人としても人間としても大きな飛躍をすることができます。

バイト先で知り合った同僚との人間関係もバイトを辞めたからといっておしまいにせずに、大切に育てていけばまた新しい世界が広がるかもしれません。

退職代行の最新記事8件

  • 退職の意向の切り出し方 できれば円満退社したい

    会社を退職したい。そのとき、退職の意向をあなたはどのようにして伝えるのでしょうか。 会社という存在は、決してあなたの意思だけ主張すればいい場所ではありません。 会社を退職するにしても、退職の意向は、しっかり相手に理解してもらう必要があります。 ただし、退職の意向を伝えれば、相手にさんざん文句を言われるかもしれませんし、引き留められるかもしれません。 自分が円満退職したいと思うものの、事態は、それ程…

  • 退職時に転職先を聞かれたら どう答えればいい?

    退職時に転職先を聞かれることって結構あることです。これから退職する人たちは、退職時に転職先を聞かれてどう対応していいか困惑しているのではないでしょうか。 そのようなとき、どのような対応をしているのでしょうか。今回、的確なアドバイスをしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 退職時に転職先を聞かれたら それでもできるだけ言いたくない 2 退…

  • 退職まで気まずい雰囲気をどうすればいい?こんな過ごし方がおすすめ

    新しい転職先が決まったという人たちもいらっしゃることでしょう。そして、自分で起業をスタートしたという人たちもいるかもしれないですよね。 退職を決定したあなたは、ただただ退職日を待つだけです。いろいろ、新しい船出の夢を見ているのではないでしょうか。 しかし、あなたは、まだ身体は以前の会社に……。退職日が来るまで、この会社にいる自分がとても気まずいと感じてしまうのです。 なんで、心はわくわくしているの…

  • 退職でもめる原因は何? 対策についても考えてみよう

    退職するのは、会社を辞めるのだから私の自由だと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、会社とは、縛られた組織であり、あなたは自由だと主張するものの、会社ではそうでないことを言い張り、退職でもめるケースが多々あります。 退職でもめることはなく円満退職といきたいところですが、なかなか簡単にいかないことがあります。一体、退職でのトラブルにはどのようなケースがあるのか、解説しましょう。そして、…

  • パートなら即日退職OK?このようなことに注意しなければならない

    私は正規雇用ではありませんし、パートタイマーだから、即日退職も自由と思っている人たちがいます。結構、そのような考えを持っている人たちは、少なくありません。 パートタイマーの即日退職はOKなのでしょうか。パートの即日退職は、同意があればOKです。 正規雇用のように、強い引き留めもそれ程考えられないでしょう。正規雇用と比較して、スムーズに退職することができるはずです。 しかしてパートだからと言っていい…

  • 1ヶ月で退職?そんなのアリ? 理由は……?なんて言い訳するの?

    1ヶ月で会社を退職したい人たちの理由はなんなのでしょうか。やっぱり、会社というものは相性がありますからね。我慢していつまでも居座り続けるよりは、早めに決断がいいという場合もあります。 しかし、1ヶ月で退職なんてちょっといくらなんでも早すぎという感じもあります。 ほとんど、会社では、研修をみっちり行って、さあ、これからみなさん頑張って仕事をしてくださいと指導している頃です。 つまり、本格敵始動という…

  • 退職日まで欠勤したいけど問題なし? その日までしなければならないこと

    晴れて退職、もうこの会社には行かなくて済む……、そう思えば、会社になんか、もう一歩も足が動かない……ということがあるでしょう。さんざん、会社にこきつかわれて会社に縛られていた訳です。一度、身体が解放されれば、もう、もとの状態などに簡単に戻ることができません。でも注意しなければならないのは、実際の退職が決定したのと、退職日とは違います。そのあいだの期間は、非常に微妙な期間で、いろいろな思いで過ごして…

  • 上司に退職することをメールで伝えても大丈夫?【マナーと注意点】

    今働いている勤め先から退職して転職することを決意したけれど、上司の顔を見るとなかなか退職することを口に出せないという人は多いはずです。 こんな時にはメールでさりげなく打診してみるのもひとつの方法です。 退職の意思は口頭で伝えるのが本来のマナーなのですが、上司の方としてもある日突然「辞めます」と言われるよりは、メールなどで退職の意思があることを知らせてもらった方が心の準備ができます。 メールで退職を…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。