ニートが社会復帰するための秘訣5選|無理なく就活・転職! | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

ニートが社会復帰するための秘訣5選|無理なく就活・転職!

ニートが社会復帰するためには、いくつか乗り超えるべきハードルがあります。実際のところ、社会から長く隔絶された日々を過ごしているニートにとって、社会復帰することは想像以上に大変なことです。

そのため、既に何度も社会復帰しようとしては心折れて……といったように、社会復帰に失敗してまたニート・引きこもりに戻ってしまったという人も少なくないでしょう。

そこで今回は、ニートが社会復帰するための秘訣をご紹介していきます。

ニートは社会復帰しづらい環境にある

ニートは、仕事をしていないという立場上、社会復帰しづらい状況にあります。ニートから社会復帰を果たすためには、自分が置かれている立場・環境の実情をまずは認識する必要があります。

ニートゆえ普段から他人と会話をしない

ニートは職に就いていないため、普段から自分以外の人と会話をすることが極端に少ないのが特徴的です。人と関わりたくないといった心理を持ってしまっている人も多く、コミュニケーション能力に自身が持てず悩んでいる人もたくさんいるでしょう。

ニートの場合、普段から家に引きこもりがちな人も多いはずです。友達もあまりおらず、家族ともまともに会話しない……という人もいるでしょう。そうなると、社会と関わり合う機会がほぼない状態なので、いざ社会復帰しようとしてもなかなか適応でいない場合が多いのです。

ニートは就職できるチャンスが少ない

ニートには、そもそも就職するチャンスが少ないという現実があります。

ある程度長くニートを続けていると、社会復帰して就職しようとしても、その難ありな経歴が災いしてなかなか内定をもらえなくなってしまいます。書類選考で落とされてしまう…ということも珍しくありません。

就職のチャンスは、ニート生活が長引けば長引くほど、どんどん少なくなっていきます。採用側の心理を読み解けば容易にわかることですが、何年もニートをしていた人ほど採用しにくい人はいないでしょう。

仕事の選択肢が少なくなりやすいこと、現実として社会の視線は冷たくなりやすいことが大きな壁となるため、ニートは社会復帰・就職の際に困ってしまうことが多いのです。

プライドの高いニートも多いため社会復帰できない

実はニートの中には、過剰にプライドを高く持ってしまう人も少なくありません。

自分がニートをしていることを受け入れることができず、つい意固地になって「天職が見つかるまでは仕事をしない」といった心理を持ってしまったり、プライドの高さから恥ずかしさが勝ってしまい、素直に周りの人に社会復帰について相談できなかったり……。そんな行動が目立つため、ニートは社会復帰しづらい部分があります。

「いい大人なのに、働かないなんて情けない」といった思いは、ニートをしている本人が一番わかっていることです。ですがそんな状態をこじらせると、ますますプライドを捨てられなくなってしまいます。

プライドの高さが悪く出てしまう、社会復帰に苦戦するニートは意外と多いのです。前職である程度のキャリアを築いてきた人なら、なおさらそんな心理にはなるものです。

ニートが社会復帰するための秘訣5選

では実際に、ニートが社会復帰するために必要となるポイントを見ていきましょう。以下のような5つの秘訣を実践すれば、社会復帰するきっかけをつかむことができるはずです。

散歩する・友達と出かけるなど、外出する機会を増やす

とにかくまずは、外出する習慣を自分の中に戻していきましょう。ニートを長くやっていると、そもそもまともに外出していないことも多くなりがちです。

それが対人関係への不安感を募らせる原因になっている可能性は高いです。誰だって他人と接することが少なくなれば、その分コミュニケーションを取ることに対して億劫な心理を抱いてしまいます。

だからこそ、まずは散歩する、友達と出かける、買い物に行くでも何でも良いので、昼間に出かけることから社会復帰のきっかけにつなげていきましょう。

社会人の友達と接して社会復帰するために影響を受ける

ニートが社会復帰するためには、まず社会とのつながりを取り戻すことが肝心です。

社会復帰しようと今まで思ってこれなかったのは、やはり社会から隔離されているようなニート生活を送ってきていたのが主な原因でしょう。それなら、まずは社会人の友達と少しでも接する機会を増やすことが大事です。友達がいないという人は、せめて家族とはしっかり話す機会を作りましょう。

社会にしっかり属して仕事をしている人と話をすれば、多かれ少なかれ影響は受けられるものです。「いい加減ニートは辞めて社会復帰しないと」「私も友達のようになりたい」といった気持ちが少しでも芽生えれば、社会復帰するきっかけとしては十分でしょう。

ニートにありがちな昼夜逆転生活をやめて食生活も正す

昼夜逆転の生活を送っている人は、今すぐにでもその生活リズムを整えるべきです。社会復帰せずニート生活を送っている人の多くは、実は昼夜逆転した生活を送っています。

世の中とのつながりが切れてしまっているのは、その昼夜逆転生活も影響していると言えるでしょう。昼間寝て夜起きるような過ごし方を毎日していると、社会とのつながりが持てなくなることが多く、精神を病みやすいといった特徴もあります。

そして生活リズムを整えるなら、食生活もあわせて見直しましょう。毎日インスタント食品ばかり食べているような生活では、心身のバランスも崩しやすく、社会復帰するのには悪い影響を与えます。

突然就職しようとせずバイトやボランティア等で慣らす

ニートの状態から社会復帰するのですから、最初からあまり壁を高く設定しないことも大事です。いきなりフルタイムでの就職を考えるのではなく、まずは短時間・短期のアルバイトから始めると良いでしょう。

アルバイトの方が非正規雇用である分、ニートという経歴があったとしても、正規雇用よりは採用されやすく社会復帰のきっかけにつながりやすいです。また、ボランティア活動などに参加して、人と触れ合う機会を持つこともおすすめです。

ニートのための就職支援サービスを利用して就活する

社会復帰のために、本格的に就活を始める場合は、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

支援を行っている会社や団体、公的機関は、ニートや引きこもりに対してもしっかりと悩み相談を行い、そして職業紹介をしてくれます。自分にどんな仕事ができるのかわからない、そもそもニートで就職できるのか知りたいなど、悩み事は徹底的に聞いてもらいましょう。

ニートが社会復帰するときの悩み

ちなみにニートは、社会復帰する際にどのようなことを悩ましく感じるのでしょうか。ニートの悩みとしてよくあるものをご紹介していきます。

社会復帰できても能力が追いつかず仕事で苦労しそう

よくあるのは、社会復帰して仕事に就けたとしても、その後能力が追いつかないかもしれないといった不安です。

上司に怒られるかもしれない、周りに迷惑をかけてしまうかもしれない、そんな不安を抱いて就職に困ってしまうニートは多いです。

社会復帰後の職場でコミュニケーションが取れるか不安

仕事における悩みは、もちろん仕事内容に関わるものだけではありません。職場でしっかりコミュニケーションが取れるかどうかも、社会復帰する際に不安に感じられることの一つです。

実際、人間関係で悩みやトラウマを抱え、仕事を退職してニートになったという人もたくさんいるでしょう。ニートを卒業して仕事を新しく探すときには、「また同じことの繰り返しになるのでは」と思ってしまいがちです。

社会復帰できても職場で元ニートだと知られたくない

ニートを悩ませる問題といえば、他の人にニートだったことを知られたくないということです。人一倍プライドが高い人、周りからの評価を気にするタイプの人は、就職した際には周りに元ニートだと知られたくないと過剰に心配してしまいます。

確かに、職場で元ニートだと知られれば、いじめられたり馬鹿にされたりなど嫌な扱いを受けるかもしれません。そんなネガティブなイメージばかりしてしまい、なかなか社会復帰できずにいる人は多いです。

今の楽なニート生活を正直捨てたくない…

今の時間や人間関係に縛られない生活を捨てたくない、という心理もあるでしょう。社会復帰すれば、嫌でも仕事はしなければならないため、またいろいろなものに縛られる日々がやってきます。

そんな日々を迎えることになるのが億劫で、つい限界まで焦らず、ニートを続けてしまう人は多いものです。

ニートの社会復帰におすすめの就職支援サービス

ニートが社会復帰する際には、就職支援サービスを利用するのが一番です。最後に、就職支援サービスとしてはどんな選択肢があるのか、おすすめのものをまとめていきます。

ニートをサポートする就職・転職エージェント

就職エージェント・転職エージェントは、ニートの状態で仕事を探し始める人にはぴったりの支援会社です。

最近はニートなどの職歴なしの人に向けて、相談や研修などを積極的に行っている就職エージェントも多いです。ニートでも就職できる可能性のある企業を見つけてもらえるため、社会復帰するならまずは就職・転職エージェントに登録に向かいましょう。

ハローワーク

ハローワークは、各地域に設置されている公共の職業紹介機関です。地元のつながりが深いため、地元の就職にはかなり手厚い支援を行ってくれます。

理想的なのは、転職・就職エージェントとあわせてハローワークにも通うことです。いろいろな求人に目を向けることができるため、一つの選択肢で凝り固まらず、冷静な判断ができます。

ニートの社会復帰を支援するNPO法人

ニートや引きこもりが社会復帰するのにあたって、その支援を行っているNPO法人やその他団体に相談に乗ってもらうのもありです。

ハローワークや就職エージェントとは違って、別の切り口からニートへの支援を行ってくれている場合も多く、その団体独自の研修や職業訓練などを実施してくれる場合もあります。

確実に就職しやすい状況を作るなら、ハローワークや就職エージェントに通うのが一番ですが、社会復帰に向けてメンタルを整えたい、悩みを聞いてほしいなどの要望が強い人は、こういったNPO法人の門をたたくと良いかもしれません。

まとめ

ニートが社会復帰をすることは、本人が感じている以上にかなり困難を極めることです。社会復帰しようとしてもうまくいかず、何度もニート→就活→ニート→就活…といった流れを繰り返してしまう人は多いです。

まずは自分にやれることから始めて、無理なく社会復帰していけることが大事になってきます。外出する習慣を戻すこと、少しでもアルバイトをしてみることなどを心がけて、ニートから社会復帰に向けて確実に歩を進めていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。