ニートが就活を始めるときの準備ポイント5つを知っておこう

ニートが就活を始めるときは、必ず準備として押さえておきたいポイントがあります。

いきなり就活を初めて仕事を見つけようとしても、正直、うまくいかない人は多いです。ニートといえば長く仕事をしておらず、無職の状態がしばらく続いてしまっている人のことを言います。生活環境も、仕事をしていた頃とは大きく変わってしまい、一般的な社会人とはかなりかけ離れたものになっていることも多いものです。

そこで今回は、ニートが就活を始める際に、その準備として先にやっておきたいことを5つご紹介していきます。「そろそろ就活しないと本当にまずい。でもどうすればこのニート生活から抜け出せるんだろう?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの就職・退職代行サービス

規則正しい生活を心がけてニート特有の夜型を卒業

まずは規則正しい生活を心がけて、ニートにありがちの夜型生活から抜け出しましょう。これがニートの状態で就活を始めるための、第一ステップになります。

「そんなことから?」と思う人もいるかもしれませんが、実はこの生活リズムを整えることは重要なことです。夜型生活のままでいると、ニートが就活するうえで何がまずいのかは後述しますが、簡単なことに思えて意外と生活リズムを整えるのは大変なので、軽視しないことが大切になります。

ニートや引きこもりの状態になって、夜型の生活が続いている人は、まずはとにかく朝起きて朝ご飯を食べ、昼間に活動をして夜に寝るスタイルに切り替えていきましょう。そもそも就活自体は夜にはできませんから、そういった意味でも昼の生活に変えていく必要があります。

できれば、出掛ける予定がなくても、なるべく昼間に外に出る癖付けもしていきたいところです。近所に散歩に出掛ける、電車に乗ってみるなど、ニートだからこそしばらくご無沙汰だった習慣を就活前に取り戻したいところです。

夜型のままだとニートから社会復帰できてもしんどい

ちなみに、今後ニートから社会復帰できたとしても、夜型のままでは何かとしんどいことが続きます。

世の中のことのほとんどは、昼間に行われるようになっているのが基本です。先ほども触れたように、就活は基本的に朝から夕方にかけて行います。就活で企業に連絡をするのも昼間、面接を受けるのも昼間、ハローワークなどに通うのも昼間です。夜型のままでは、そもそもスムーズに就活することができず、ニートから社会復帰するきっかけをつかめません。

また、もし就活がなんとかうまくいって、夜型生活のままでニートから就職できたとしても、仕事を始めるときに昼型の生活に無理やり戻すのは大変です。夜も起きていてあまり寝ておらず、その状態で仕事に行って……そんな無理のあるスケジュールで仕事をすることになるため、モチベーションにも影響してくることは間違いありません。

昼型で生活すると気持ちも晴れやかに

気持ちを明るく整えるという意味でも、昼型の方がニートにはおすすめです。太陽の光を浴びることは、気持ちをリフレッシュさせることにもつながり、明るい姿勢を保つうえでとても重要なことなのです。

ニートは就活するにしても、「果たして自分にできる仕事があるのだろうか」といったネガティブな気持ちになりがちです。昼型に切り替えることさえすればポジティブな思考になれるというわけではありませんが、夜型のままでは気落ちしやすいのは確かでしょう。気持ちを晴れやかにするという意味でも、昼型で生活することはぜひ考えていきたいところです。

ニート生活のせいで乱れた身だしなみを就活に向けて整える

ニート生活が長いと、身だしなみは大きく乱れてしまいます。何しろ、毎日職場の人間やお客さんなどの多くの人と顔を合わせない生活をしているため、身だしなみに気を遣わなくなってしまうのです。

髪やヒゲを伸ばしっぱなしにしている、食生活が乱れて顔に吹き出物がたくさんできているなど、いわゆる絵に描いたようなニート、引きこもりの姿になってしまっている人は多いでしょう。

そのままの状態では、当然、就活にも悪影響です。就活の際にはイメージ、第一印象が大事なので、まずは身だしなみを整えることもしっかり考えていきましょう。

清潔感のある見た目を意識すると就活の時に印象アップ

目指すべきは、清潔感のある見た目です。

・髪は短髪(女性は長すぎないことが望ましい)
・髪をしっかりセットする
・ヒゲは剃る
・女性は化粧をする(厚化粧ではなくナチュラルメイク)
・手入れされた服・靴を着用する

以上のようなポイントは、最低限押さえておきましょう。髪を伸ばしっぱなしにしている人は、まずは就活の第一歩として美容院に行くところからです。

清潔感は、「真面目そう」「誠実そう」「優しそう」といった印象につながるため、就活でもかなり印象アップにつながります。これを機に気持ちを新たに、見ていて気持ちの良い見た目を保つようにしましょう。

まずは形から、スーツを新調するのもおすすめ

まずは形から入るのも大事なことです。就活したいと思ったら、スーツを新調するところから始めても良いでしょう。

新しいスーツを買えば、今までニート生活が長かろうと、新しい自分に出会えるような感覚があって気持ちも晴れやかになりますよね。実際、長く袖を通していなかったスーツは、生地がよれよれになっていたりなど、見た目も悪くなっていることが多いです。

就活の際はニートの自分が就ける職業・ポジションを知る

ニートが就活を始めるなら、まずはどんな職業に就けることができるのか、自分のことを客観的に見る必要が出てきます。

ここで冷静に自分に向いている職業やポジティブに目を向けることができなければ、就活は失敗してしまう可能性があります。しばらくニートでいたということは、社会的に見てどういうことなのかを、冷静に考えていきましょう。

前職のキャリア・経験に囚われないことが大事

前職のキャリアや経験のことは、あまり考えない方が良いかもしれません。

ニート期間が2~3ヶ月くらいなら問題ないかもしれませんが、年単位で長くニートだった場合は、前職の経験を活かそうとしても実はなかなか採用をもらえないことが多いのです。残念ながら、長くニートをしていたということは、それだけ周りから見てマイナス要素になるということです。

就職先の希望として前職と同じ業界を目指すこと自体は問題ありません。ただ、あまりその業界にばかりとらわれず、柔軟な視野を持つことも大事です。

高望みしてもニートの就活はうまくいかない

ニートが就活する際には、なるべく高望みになってしまわないように注意しましょう。前職では役職に就いていたり、大企業のサラリーマンをやっていたりすると、その時の感覚からつい高給の仕事ばかりを望んでしまいがちです。

まったく可能性がないわけではありませんが、ニート期間が長ければ長いほど、不利であることは否めないでしょう。今までの経歴が華々しかったとしても、長いニート期間はその経歴のプラス要素を超えるくらい強いマイナス要素になります。

ニートという自分の今の状況をしっかり理解し、どんな仕事なら可能性があるのか、就活の際には冷静な目線を持っていきましょう。

ニートが就活を始める時はマイナス思考から卒業する

マイナス思考を辞めるようにすることも、ニートが就活を始める際にはとにかく必要なことです。実際、メンタル面でのコントロールがうまくいかず、就活しようと思ってもうまくいかず失敗してしまうニートは多いです。

「ニートでも就職できる」と自己肯定感を高く持つ

まずは、自分で自分の可能性を否定しないことが大事です。

「こんなヒキニートの自分が就活なんてできるはずがない」
「もうニートになってしまった時点で人生詰んだ。仕事の当てなんてない」

といったようにネガティブに考えていても始まらないでしょう。まずは「ニートでも就活すれば就職できる」と強くイメージして、自己肯定感を高く保つことが大事です。実際、長くニートをしていた人でも、就活の末に社会復帰をしている人はたくさんいます。

「ヒキニートでも就活はできるかもしれない」
「一度くらいニートになっても人生はまだまだやり直せるはず。仕事も当てもあるはず」

といったように思考回路をプラスの方向に変えていきましょう。

高望みは厳禁だが人の評価を気にしすぎないことも大事

ニートが就活する際には、なるべく高望みしないことが大事とは触れてきました。

ただ、だからといってあまりに周りの人の評価を気にしすぎるのも問題です。ニートは長く仕事をしてきていない罪悪感や後ろめたさなどから、自分のことをただでさえ否定的に見てしまいがちです。そのせいで、就活の際にもなかなか前向きになれない人は多いのです。

「ニート=使えない」「ニート=キモい」「ニート=コミュ障」と思われるイメージが自分の中にはあるかもしれません。確かにそのように思う人もいるかもしれませんが、全員が全員ニートに対してそのようなイメージを抱くわけではないのも事実です。味方してくれる人もたくさんいるため、人の評価を気にしすぎない姿勢も大事にしていきましょう。

ニートでも就活しやすい環境を自分で作っていく

ニートでも就活しやすい環境を自分で作っていくことも、就活の際には必要なことです。ニートが就活を自力でするのはかなり困難を極めるため、できれば就活は良い環境を整えた状態で始めるのがおすすめです。

就活支援会社など利用できるサービスは積極的に使う

就活支援を行っている会社や、定番のハローワークなど、利用できるサービスは積極的に利用しましょう。

例えば就活エージェントと呼ばれる支援サービスの場合、ニートや引きこもりの就職にかなり力を入れている会社も多いです。就活の際にニートだからこそ悩みに感じていることがあれば、積極的に相談にも乗ってくれます。また、細かく希望を伝えれば、その希望に沿った仕事を紹介してもらえることも可能です。

面接対策なども積極的に行ってくれるため、就活の際にはぜひ利用したいところです。

就活について相談できる人には話を聞いてもらう

身の周りに、就活について相談できる人がいれば、しっかり話を聞いてもらいましょう。ニートは、実際のところ自力で社会復帰をするのはかなり難しいです。自分一人で就活しようとしても、「やっぱり怖いから、もう少しニートでいよう」という弱気の心理になってしまうことが多いからです。

家族や友達など、社会復帰や就活のことで話を聞いてもらえる人がいれば、積極的に相談をするべきでしょう。うまくいけば、仕事を紹介してもらえるきっかけにもつながるかもしれません。

まとめ

ニートが就活を始める際には、まず社会復帰するために必要な準備を整えることが大事です。いきなり仕事を見つけようとするのは、ハードルを上げすぎることになり、結果として就活のモチベーションを下げることにつながります。

生活リズムを整えること、身だしなみを見直すこと、就活前に自分が就ける仕事を知ること、マイナス思考を辞めること、そして就活しやすい環境を作ることが大事な準備のポイントになります。ぜひしっかりと就活のための準備を整えて、社会復帰のきっかけにつなげていきましょう。

ニートの最新記事8件

  • 半年ニートをしてみた 仕事しないことはこんなにも素晴らしい?

    ちょっと昔の人たちは、社会人でないことに人間であることから脱線してしまったようなものすごい恐怖感を感じ、そこに頑張ってなんとしてもしがみついていたりします。 現在はそのよう時代でもなく、それぞれの人たちがそれぞれ別々の人間として生き甲斐を見つけたりします。そこに生き甲斐というものが存在しているのならまだいいかもしれませんが。本当にニートの人たちは、生き甲斐を感じて生活していらっしゃるのでしょうか。…

  • ニートは転職できないって本当?対策について真剣に考える

    会社を辞めてすぐに転職活動しないで、しばらくニート生活を……。そして、転職活動するものの、なかなか上手くいかないという人たちがいます。結果、そのような人たちは、もっと長い期間ニートでい続けてしまうことになります。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 「ニートは転職に不利」は事実? 2 転職できないニートはパートでも繋ぐべき? 3 転職できないニー…

  • 就活に失敗 ニートになってしまうかも ここでしなければならないこと

    おおかた、ニートって、悪い意味で使われていることが多いのではないでしょうか。就活に失敗してニートになってしまったという方々が。真剣に就活と向き合わないで、ダラダラいい加減なモチベーションでいれば、いつでもニートになってしまう落とし穴があります。 あなたは、ニートでもいいでしょうと言うかもしれませんが、それはまだ若いから言うことができるのではないでしょうか。 若いからまだニートでいいのかもしれません…

  • 既卒でニートというのは事情が違うそろそろヤバいかも

    「ニート」、そのような人たちは、ニートという言葉に対していいイメージを抱いているかもしれません。そもそも仕事をしないことは美しいことなのです。人生たった一回なのになんで私達はしたくもない仕事に縛り付けられていなければならないのでしょうか。 社会人ということが、「しばられる」という意味合いならば、社会人でなくてもいいと思っている若い人たちがいます。 学生ニートという言葉があれば、(一般的には学生をニ…

  • ニート歴10年…… このままで大丈夫? そろそろ卒業しなければならない?

    ニート歴10年という人たちのことを、世間ではどのような評価をしているのでしょうか。 ニート歴10年は、まだまだ問題なし……という考えもあるでしょう。ニート歴10年は、相当マズいと思っている人たちもいます。一体どちらが正しい解釈なのでしょうか。 ニート歴10年でも、今後就職活動しようと思ったとき企業があなたをスムーズに雇用してくれればいいのですが。それほど企業は、甘いものなのでしょうか。 おすすめの…

  • ニートのその後をリサーチ 幸せになっているの?

    ニートとは、果たしてなんなのでしょうか。ニートといういい方をして、若い人たちをひょっとしたら甘やかしているだけなのかもしれません。なぜなら、若い人たちは、ニートという言葉をそれ程悪いイメージの言葉として使用していないからです。 若い人たちも自らニートといい、甘えの衣をまとい、大人たちもニートと批判しているものの、ニートという言葉をモラトリアムの許された期間にいる人たちを指す言葉としても使用していま…

  • ニートからの脱出 今のあなたなら出来ないことはない

    ニートはまだまだ余裕?いえ、まだ余裕と思っている時にこそ、脱出しなければならないのがニートではないでしょうか。なぜあなたはニートを選択したのでしょうか。また、今回、ニートからの脱出方法についてアドバイスしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 なんであなたはニートという選択をしたのか 2 いつまでもニートは笑えない 3 ニートからの脱出を…

  • ニートって、「お金稼ぎ」はどうしているの?

    ニートとは、基本、何もしていない人たちのことです。何もしないでいい……、それは非常に羨ましいことです。みなさんも、できれば気楽なニート生活をしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし、実際に何もしないでいいということがあり得るのでしょうか。何もしなければ、お金がないということです。お金がなければ飢え死にしてしまうことになりますが。 ニートと言うものの、はっきりと言えば、お金稼ぎとはしっかり向…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。