ニートは就職に不利?安心して仕事を見つけるために必要なこととは | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

ニートは就職に不利?安心して仕事を見つけるために必要なこととは

ニートが就職を考えるなら、自分の今の状況と冷静に向き合うことが大事なポイントになります。

はっきり言ってニートから正規雇用の就職を目指すのは、そう簡単なことではありません。就活を始めてとんとん拍子に仕事が決まる……ということはほぼ期待できないと言っても良いでしょう。

それだけ「ニート」というものの印象は、第三者から見てマイナスなものになるということです。

ですがそれでも、就職するチャンスはあるため、冷静に自分にできる仕事を見つけていくことを考えましょう。そこで今回は、ニートが就職するために必要なこと、知っておきたいことを解説していきます。

ニートが就職に不利な理由

まず、ニートはなぜ就職に不利と言われているのでしょうか。ニートが就職に不利な理由から整理していきましょう。

経験・知識・スキルが足りない

まず理由として大きいのは、経験、知識、スキルなど、その人の総合的な能力が企業が求めるレベルに達していないことが多いからです。

特に長くニートをしてきている人は、就職の際に苦労しがちです。正社員として働いた経験がない、もしくは相当なブランクがあるということは、会社にとってかなり採用しづらいポイントになります。はっきり言ってしまうと、「この人を採用しても会社には貢献してもらえなそう」と思われてしまうということです。

就職してもすぐに辞めそうと思われる

ニートが就職に不利なのは、やはり「すぐ辞めそう」と思われることが多いからでしょう。

実際に前職を早々に退職している人も多いでしょうし、社会人経験がほぼなければ、打たれ弱い=すぐ辞めるといった印象を持たれてしまうのも当然です。どの企業も、自分のところに就職してくる人はやはり長く働いてくれる人が良いと思っていますし、すぐ辞めそうな人はあまり採りたくないのが本音になります。

ニート=人間性にどこか問題があると感じられる

ニートが就職に不利な理由には、人間性に問題があるかもしれないと思われることも関係してきます。

長く社会からつながりを絶ち、ニートをしていたということは、コミュニケーション能力に問題があったりメンタルが弱かったりする証拠ととらえられるかもしれないということです。事実、精神的ストレスを抱えて心を病み、ニートになってしまった……という人も多いでしょう。

人間性に問題のある人を雇っては、社内のトラブルの原因になるかもしれない。それなら遠ざけたい。と思うのは、やはり企業の本音というものです。厳しい現実ですが、ニートということはそのようなマイナスイメージを持たれることは少なくありません。

ニートは就職したいと思ったタイミングを逃してはいけない

ニートは確かに就職にはなかなか不利な状況にいますが、それでも就職したいと思ったら、そのタイミングを絶対に逃さないようにすることが肝心です。

ニートを長く続けるとますます就職しづらくなる

ニートは、長くその状態を続けてしまうと、就職のしづらさは日々増していきます。その理由は主に以下のようなことが挙げられます。

・長くニートを続けると就職する気力がなくなってくる
・ニート期間が長いと経歴の傷はますます深くなる
・年齢を重ねれば就職・転職はますます不利になる

ニートの生活を送っている中でも、最初のうちは誰もが「やばいな。そろそろ就職しないと」といった就職への強い意思や焦りを持っています。しかしニート生活が長期化してくると、「もう就職先見つからないし、どうすればいいんだろう……」と途方に暮れ、徐々に就職する気力も失せていきます。これがニートを長く続けることの恐怖です。

また、ニート期間が長くなればなるほど経歴の傷は深くなり、就職には影響してくるでしょう。そして年齢的な問題もあります。20代~30代ならまだチャンスはあっても、ニートを経た40代以降の就職はかなり条件も厳しくなってきます。だからこそ、ニートは就職しようと思い立ったタイミングを逃さないことが大切なのです。

若い人は数年のニート期間があっても十分キャリアを積める

20代くらいの若い人なら、数年くらいニートをしていた期間があったとしても、まだまだ十分キャリアは積めます。

もちろん同年代のサラリーマンと比べれば遅れたスタートにはなりますが、出世すること、貯蓄を増やしていずれはマイホームを買うことなども、十分可能ということです。

ニートを数年やってしまった時点で、「もう人生終わった……」と思う人も確かに多いかもしれません。確かにニートである以上、就職はかなり不利であることには変わりありませんが、その後の頑張り次第ではまだまだ人生はやり直せるということです。

実際、元ニートから正社員就職を果たし、キャリアを形成していっている人はたくさんいます。不利という現実は確かにありますが、過剰にネガティブにならないことも大事なことです。

ニートが就職活動するときに必要なこと

では、ニートがこれから就職を目指すとき際には、どんな点に心がけて就職活動をするのが良いのでしょうか。ニートが就職活動をするのにあたって必要なことを見ていきましょう。

就職・転職エージェントに登録する

まずは、自分の就職を支援してくれるサービスに登録することがおすすめです。就職・転職エージェントの場合、仕事紹介はもちろんのこと、適職診断や就職に関わるあらゆる悩み相談を受け付けてくれるため、ニートで就職が不安…という人は積極的に活用するべきです。

ニートの場合、自分一人の力で良い求人を見つけて採用を勝ち取るのは、かなり困難を極めると言って良いでしょう。残念ながらニートの時点で、書類選考で落とされてしまう可能性は高いです。

もちろん就職エージェントを利用すれば必ず内定をもらえることが約束されているわけではありませんが、社会復帰するための支援もしっかり行ってくれるため、就職に自信が持てない人にはまさにぴったりです。

ちなみにより就職のチャンスを広げるなら、あわせてハローワークにも通いたいところです。ハローワークは地元就職に強いといった側面があるため、地元での就職にこだわりたい人には特におすすめです。

いきなり就職は無理かもと思ったらバイトから始める手も

就職するのにあたって、いきなりフルタイムで働くのは精神的にも体力的にもきついかも…と思ったら、まずはアルバイトや派遣社員などから始めるという手もあります。特にアルバイトなら融通が利きやすいため、短時間や短期でも仕事をすることができます。

ニートにとって、確かにいきなり正社員就職を目指すのは本人にとってもなかなかハードルの高いことです。働いていない毎日から、就職していきなりフルタイム勤務になるのですから、そのギャップに耐えられずすぐ仕事をやめてしまう人も少なくありません。それなら、アルバイトなどの短時間の仕事から体を慣らしていくのが効果的です。

社会復帰を目指すニートにおすすめのアルバイトは、例えば以下のようなものがあります。

・倉庫内作業
・トラック運転手
・清掃員
・事務
・コンビニ

このようなアルバイトならコミュニケーション量も少ないため、ニートでもなんとか続けていける可能性があります。就職するためのステップとして、まずはアルバイトから始めてみましょう。

ニートは就職するときにこれだけは注意しておこう

ニートが就職するときには、せっかくの就職活動を失敗に終わらせないよう、注意しなければならないこともあります。

大事なチャンスを棒に振ってしまっては、またニート生活に逆戻りしてしまう可能性が出てきます。就職を考えるときは、以下のような点には特に注意してください。

ニートの就職歓迎の企業はブラックの可能性も…?

求人をチェックしていると、たまにニートや引きこもりを歓迎している企業を見かけます。ニートという立場から就職に困っている人にとっては、このような謳い文句は非常に魅力的に見えるものです。

しかしニート歓迎の企業に就職する際には、十分注意する必要があります。なぜならニート歓迎の企業はブラック企業の可能性があるからです。

・寮を用意して収容所のような働き方をさせる
・長時間労働や休日出勤などを当たり前にさせる
・ベテラン社員がいないため仕事をまともに教えてもらえない
・人手が不足していていつも職場がギスギスしている
・よくわからないものを作らされる(犯罪の可能性?)

ニート歓迎の企業は、このような悪質さが目立つことがあります。職場環境は良いとは到底言えませんし、犯罪の片棒を担がされる危険性も否定はできません。ニートを歓迎しているということは、ニートでも良いから来てほしい=人手不足と容易に想像ができます。

もちろん、ニート歓迎の善良な企業もあります。そのためブラック企業と一概に言えるわけではありませんが、可能性はあることを理解しておきましょう。

就職するならニートという自分の立ち位置を自覚することも大事

ニートの状態から就職を考えるなら、ニートという自分の立ち位置をしっかり自覚することが大事です。

特に再就職を考える人は、昔のキャリアや栄光にとらわれてしまうことが多いです。前職で役職に就いていたとしても、ある程度のニート期間があると、さすがに同じようなポジションを目指すのは難しくなります。あまり高望みしないこと、仕事の選択肢を柔軟に考えることを、ぜひ大事にしていきましょう。

まとめ

ニートから就職を目指すのはなかなか大変で、うまくいかない現実もあります。ですが必要以上にネガティブになっていても仕方がありませんので、まずは自分でしっかり就職活動しやすい環境を作っていくことが大事です。あまり将来を悲観的に見ず、それでも就職したいと思って突き進むことが重要なポイントになります。

いきなり正社員で就職を目指すのは無理かも…と思うなら、アルバイトからでも良いので、社会復帰を確実に目指していきましょう。社会復帰したい、就職したいと思うタイミングを逃さなければ、ニートでもきっと自分に合った仕事を見つけられるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。