半年ニートをしてみた 仕事しないことはこんなにも素晴らしい?

ちょっと昔の人たちは、社会人でないことに人間であることから脱線してしまったようなものすごい恐怖感を感じ、そこに頑張ってなんとしてもしがみついていたりします。

現在はそのよう時代でもなく、それぞれの人たちがそれぞれ別々の人間として生き甲斐を見つけたりします。そこに生き甲斐というものが存在しているのならまだいいかもしれませんが。本当にニートの人たちは、生き甲斐を感じて生活していらっしゃるのでしょうか。

おすすめの就職・退職代行サービス

半年間ニートの原因

若いから、半年間ニートなど当たり前という感じではないでしょうか。そして、半年間ニートの人たちは、ニートにすばらしさを感じているのです。

ニートは、Not in Education,Employment or Trainingで、NEETという一般的なとらえ方があります。

ニートとはNot in Education,Employment or Trainingの人たちのことであり、教育も、雇用も、トレーニングもなしの、結構社会的に通用しないネガティブな人たちのことです。

半年間ニート生活、こんな気楽な生活はない

しかし、半年程度のニートなど、Not in Education,Employment or Trainingのネガティブな気持を持っていないという人たちが多いでしょう。そこで、大方、人たちは、ニートは、素晴らしい体験だと言っているのです。

半年ニートとは言わず、10年でも、20年でもニート生活をしていたいと思うのではないでしょうか……。

ニートは、実際には、NEET Not in Education,Employment or Trainingだけでなく、 neatという言葉を当てはめることがあります。

neatは、つまり、 Not in Education,Employment or Trainingという意味あいとは真逆の、素晴らしい!という意味です。半年間ニートを体験した人たちが、ニートは素晴らしいと思ったら、どこに就職してもまたニートをしようという気持になってしまうかもしれません。

半年ニートの原因が何かと言えば、全然あなたは、仕事に対してのモチベーションがないからです。仕事しなければならない危機感も感じていないでしょう。

仕事しないで、ニートでいいというのなら、やっぱりニートは、 Not in Education,Employment or Trainingではなく、「neat」、素晴らしいことかもしれません。まだまだ、あなたは、若いからneatで許されるのかもしれませんが、問題は、ある程度年齢がいってしまった時です。すぐにノンキなモチベーションでいれば、そのような年齢に到達してしまうでしょう。

半年間ニート生活、お金の問題は必要なし?

半年ニートの人たちは、お金の問題は心配ないのでしょうか。半年ニートなだけで、それ以前は、どこかでアルバイトでもしていたのかもしれません。ちょっとだけ仕事をしてニート、またお金がなくなればニート……という人たちも結構多くいらっしゃるかもしれないですよね。

そのような生活でもいいのかもしれないですが、問題はその生活をいつまでも繰り返すことができるかです。

お金を都合つける方法といえば、いちいちアルバイトに出て行かないでも、自宅にいて稼ぐことができる方法をいくらでも見つけることができます。

例えば、アフィリエイトも、パソコン環境があれば、お金を稼ぐことができる方法です。
アフィリエイトとは、自身のブログやサイトに企業の広告を掲載し、その広告をクリックした人が商品やサービスに申し込みすれば報酬が発生するというビジネスです。

本気でアフィリエイトで稼ごうと思っている人たちも最近は多いようですが。しかし、はじめてアフィリエイトと向き合ってもなかなか上手くいかないで、すぐにやめてしまう人たちも大勢います。

しばらくは、アフィリエイトには我慢が必要です。アフィリエイトも半年程度辛抱すれば、段々と稼げるようになって来たというケースが多いようです。アフィリエイトをスタートしたいと思えば、
「ASP」と呼ばれる業者に登録する必要があります。

例えば、
A8ネット
アクセストレード
バリューコマース
です。

半年間ニートで気付いた そもそも人間ってなんで仕事をしなければならないの?

半年間ニートの人たちは、そもそもなんで仕事をしなければならないの?と思っているでしょう。あなたは、人から聞かれてどう答えますか?

子供たちは、既にニートという言葉の意味を知り、ニートでも生きているといういい方をするかもしれません。
ニート人口が多いと、そのような人たちをさんざん見て来て「羨ましい……」と思う子供さんも増えて来てしまうのかもしれないですよね。本当に良くない状況なのかもしれませんが。

「なんで仕事しなければならないの?」と疑問を持っているのは、決して一人二人ではありません。

アンケートをとって、仕事する目的について聞いたら、No.1は、お金を得るためということです。やっぱり、多くの人たちはお金がないから仕事をしているのです。半年間ニートでも、お金がないから再び仕事をはじめる人たちが多いのでしょう。

そして、2位は「生きがいを見つけるため」です。そうです、半年ニートという人たちも、仕事に対して生き甲斐、やりがいを見つけることができればいいのですが……。

生き甲斐、やりがいが存在せず、家にただこもっているだけというニートたちは、まずは、その生き方を正していただきたいのです。別に仕事でなくても、遊びに対して生き甲斐、やりがいを見つけることができれば、あなたの顔もよりいきいきとしてくるでしょう。

顔から生気がなくなってしまったようなニートが多いのですが、それはニートというよりは、人生の落伍者です。

お金のため仕事をしていると言えば、非常に聞こえはよくはありませんが、人たちが健康的暮らしをするためにもお金が必要なので、私達の社会において仕方のないことです。

しかし、ニートの擁護ということではありませんが、お金と年収は決して比例する訳ではありません。 ニートを批判して、エリートコースをまっしぐら……という人たちが幸せかと言えば、一概にはそうではなく、半年ニートの気楽さの中にこの上ない幸せ感を見つけている人たちもいらっしゃることでしょう。

一生懸命労働をすれば、過労死のリスクを抱えてしまうかもしれません。過労死は、英語でも、 KAROSHIです。ということは、過労死の問題は一番日本で抱えてしまっているようです。

日本人は働き蜂と言われていましたが、まだ、その名残も確実に残しています。

つまり、お金は大事ですが、結果KAROSHIでは意味がありませんよね。

半年ニートという人たちの選択肢には、KAROSHIはないでしょう。

そもそも人間ってなんで仕事をしなければならないの……?お金は必要です。半年ニートの人たちもそう思っているでしょう。しかし、そこそこお金があればいいと思っているニートが多いのではないでしょうか。

半年間ニートを体験したけど 社会的カタワになってしまわないうちに復帰しよう

半年ニートという人たちが、 お金が必要だからまた仕事に就くケースはあります。しかし、仕事に対して生き甲斐、やりがいを感じることができないから、またまたリタイア……。お金は、そんなにがむしゃらに稼いでも幸せとは比例しないのです。幸せになりたいと思えば、ニートでもできるかもしれません。

半年間ニートという人たちは、このような感じで仕事をしたらリタイア、再びお金がなくなればリタイアと繰り返す人たちが多いです。本人は、それでno problemと思っているかもしれませんが、一体そのような人たちの何が悪いのでしょうか。

ニートの人たちは、充分注意する必要がありますが、仕事のリタイアを繰り返すと辞める習慣ばかり身についてしまうのです。ひとつの仕事先に対して実績を蓄積することができないですよね。そのようなあなたを社会では評価をしません。

そのような人たちのことを社会的カタワというのかもしれません。
そのような日常生活から一刻も早く卒業しなければならないでしょう。

半年間ニートの反省 やっぱり人間は、社会的人間である

なんで、仕事をしなければならないか。お金のためという人たちがいます。そして、生き甲斐、やりがいのためという人たちがいます。しかし、仕事をするとは、人間が社会的人間であるためです。

人間は、いわば、牛や豚とも共通点を持っている動物です。しかし、おおかた私達は豚と同じとは思っていないですよね。つまり、そう思うことができるのは、私達が社会的人間であるからなのです。

【半年ニート】まとめ

いかがでしょうか。
半年ニートという人たちは、決して、仕事をしてないということではなく、仕事をし、仕事を辞めて、お金がなくなればまた仕事をして……という繰り返しの人たちが多いです。このような人たちは、半分は社会的人間とも言うことができるかもしれませんが、しっかりひとつの会社に留まらないとスキルなど蓄積は全然出来ないですよね。

そして、段々とあなたも年齢を重ねることになり、いつか、どこにも転職出来ない年齢にもなってしまうでしょう。

就職活動の面接官に、いままでどのように過ごして来ましたかと聞かれて、ニートは、基本何もして来ませんと答える以外ないのかもしれません。そのとき、面接官は、非常にこの意味不明のブランクを嫌い、あなたを採用しないでしょう。

しかし、正確に言えば、アルバイトを繰り返していたりあなたがしていることはあるのではないでしょうか。それを面接官にどうポジィティブに言うことができるかです。

あなたは、半年ニートの期間実りはあったのでしょうか。実りがないという人たちも、まだまだ半年間のニートだから救われているのです。

そろそろ、ニートは卒業しなければ、今後全く仕事にありつくことができない厳しい現実に遭遇してしまうかもしれません。

ニートの最新記事8件

  • 半年ニートをしてみた 仕事しないことはこんなにも素晴らしい?

    ちょっと昔の人たちは、社会人でないことに人間であることから脱線してしまったようなものすごい恐怖感を感じ、そこに頑張ってなんとしてもしがみついていたりします。 現在はそのよう時代でもなく、それぞれの人たちがそれぞれ別々の人間として生き甲斐を見つけたりします。そこに生き甲斐というものが存在しているのならまだいいかもしれませんが。本当にニートの人たちは、生き甲斐を感じて生活していらっしゃるのでしょうか。…

  • ニートは転職できないって本当?対策について真剣に考える

    会社を辞めてすぐに転職活動しないで、しばらくニート生活を……。そして、転職活動するものの、なかなか上手くいかないという人たちがいます。結果、そのような人たちは、もっと長い期間ニートでい続けてしまうことになります。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 「ニートは転職に不利」は事実? 2 転職できないニートはパートでも繋ぐべき? 3 転職できないニー…

  • 就活に失敗 ニートになってしまうかも ここでしなければならないこと

    おおかた、ニートって、悪い意味で使われていることが多いのではないでしょうか。就活に失敗してニートになってしまったという方々が。真剣に就活と向き合わないで、ダラダラいい加減なモチベーションでいれば、いつでもニートになってしまう落とし穴があります。 あなたは、ニートでもいいでしょうと言うかもしれませんが、それはまだ若いから言うことができるのではないでしょうか。 若いからまだニートでいいのかもしれません…

  • 既卒でニートというのは事情が違うそろそろヤバいかも

    「ニート」、そのような人たちは、ニートという言葉に対していいイメージを抱いているかもしれません。そもそも仕事をしないことは美しいことなのです。人生たった一回なのになんで私達はしたくもない仕事に縛り付けられていなければならないのでしょうか。 社会人ということが、「しばられる」という意味合いならば、社会人でなくてもいいと思っている若い人たちがいます。 学生ニートという言葉があれば、(一般的には学生をニ…

  • ニート歴10年…… このままで大丈夫? そろそろ卒業しなければならない?

    ニート歴10年という人たちのことを、世間ではどのような評価をしているのでしょうか。 ニート歴10年は、まだまだ問題なし……という考えもあるでしょう。ニート歴10年は、相当マズいと思っている人たちもいます。一体どちらが正しい解釈なのでしょうか。 ニート歴10年でも、今後就職活動しようと思ったとき企業があなたをスムーズに雇用してくれればいいのですが。それほど企業は、甘いものなのでしょうか。 おすすめの…

  • ニートのその後をリサーチ 幸せになっているの?

    ニートとは、果たしてなんなのでしょうか。ニートといういい方をして、若い人たちをひょっとしたら甘やかしているだけなのかもしれません。なぜなら、若い人たちは、ニートという言葉をそれ程悪いイメージの言葉として使用していないからです。 若い人たちも自らニートといい、甘えの衣をまとい、大人たちもニートと批判しているものの、ニートという言葉をモラトリアムの許された期間にいる人たちを指す言葉としても使用していま…

  • ニートからの脱出 今のあなたなら出来ないことはない

    ニートはまだまだ余裕?いえ、まだ余裕と思っている時にこそ、脱出しなければならないのがニートではないでしょうか。なぜあなたはニートを選択したのでしょうか。また、今回、ニートからの脱出方法についてアドバイスしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 なんであなたはニートという選択をしたのか 2 いつまでもニートは笑えない 3 ニートからの脱出を…

  • ニートって、「お金稼ぎ」はどうしているの?

    ニートとは、基本、何もしていない人たちのことです。何もしないでいい……、それは非常に羨ましいことです。みなさんも、できれば気楽なニート生活をしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし、実際に何もしないでいいということがあり得るのでしょうか。何もしなければ、お金がないということです。お金がなければ飢え死にしてしまうことになりますが。 ニートと言うものの、はっきりと言えば、お金稼ぎとはしっかり向…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。