ニートは転職できないって本当?対策について真剣に考える

会社を辞めてすぐに転職活動しないで、しばらくニート生活を……。そして、転職活動するものの、なかなか上手くいかないという人たちがいます。結果、そのような人たちは、もっと長い期間ニートでい続けてしまうことになります。

おすすめの就職・退職代行サービス

「ニートは転職に不利」は事実?

ニートの方々が、転職を考えるものの、なかなか就職出来ないのは事実です。ニートって、本当に気楽な商売です。何もしない人たちのことをニートと言う訳ですから。

しかし、気楽なニート生活をしている人たちは、あとから痛いツケを払うことになります。

30歳過ぎで転職は遅すぎ?

30歳ニートはまだまだ大丈夫と、余裕な気持でいる人たちもいることでしょう。しかし、30歳ニートは、既にほとんどボーダーラインです。ニートが許されているのは、ほとんど若い人たちだけと言っていいでしょう。30歳の人たちは、決してもう若いという言うことができない年齢です。

ニートでいることのデメリットは、転職活動がなかなかうまく進行出来ないことです。面接で横に並んでいるライバルがニートでなく仕事経験があれば、間違いなく企業は、そちらを選ぶでしょう。それは、以前の会社で実績、スキルを積んだ人間だからです。

また、ニートの人たちは、社会的評価が著しく低いです。クレジットカードの契約ひとつしようと思っても、あなたは審査に通過しない可能性があります。

50歳ニートは、既にニートであらず

50歳ニートという人たちは、そもそも人生を今までドブに捨てて来たような人たちかもしれません。ニートと言い、ノンキに生活することができるものの、ツケは必ずやって来ます。

そのような人たちは、残念ながら正規雇用は無理、せいぜいアルバイト生活で生活費を稼ぐ以外方法はありません。また、起業という方法もあるでしょう。

さんざん転職活動がうまくいかないと、自分自身に自信を持つことができなくなって来るでしょう。ニートが長いほど、あなたはどんどん社会復帰をすることができなくなります。

転職できないニートはパートでも繋ぐべき?

なかなか転職が出来ないから、アルバイトで繋ごうという人たちもいるでしょう。お金がないから、アルバイトしなければならない事情があります。

転職活動するのにもお金はある程度必要ですし、やむなくアルバイトという人たちもいます。もちろんアルバイトすることで、収入を得ることができるメリットがあります。アルバイトをしながら、自分自身にマッチした求人があるまで待つゆとりも出てくるでしょう。もうひとつのメリットは、アルバイトがキッカケで、その会社で正社員になることができる可能性があります。

ニート期間があまりにもあいてしまった時には、 面接官にその期間何をしていたのか問われることでしょう。そのようなとき、アルバイトをしていれば、理由にすることができます。アルバイトをしていた経験も、転職企業へのアピールになることもあります。

転職活動のあいだ、アルバイトはありですが、アルバイトに集中しすぎて、転職活動がおろそかになってしまうことは注意しなければなりません。

転職できないニートの悲しい体験談

最初は、ニートって気楽な商売程度に考えている人たちが多いかもしれません。まだまだニートの人たちは、若いから許されている部分もあります。しかしあなたもすぐに年をとってしまうでしょう。いくら転職活動をしても企業に全然相手にされない時が来ます。

ネットのブログでは、様々転職出来ない悲しい体験談が語られています。

それをしっかり参考にして、反省して行動に移すべきでしょう。

ある男性は、ニート生活が長く、転職も出来なかったから、結局結婚が出来なかったということです。ニートもいいかもしれませんが、ニートであるため、あきらめなければならないこともたくさんあることにいずれ気付くでしょう。後から後悔するものの、それはやっぱりどうしようもないのです。

ある男性は、実際に正規雇用されないのならアルバイトでもいいと思っていたのですが、アルバイトもなかなか採用されなくなってたいうことです。交通整理の警備員、そして、清掃員程度のものしか段々と採用されなくなってしまったということです。

転職できないニートの対策

転職出来ないニートは、どのような対策について考えていけばいいのでしょうか。転職出来ないニートは、ポイントをしっかり抑えておくことで、転職活動は可能です。まさに、あなたは人生の大逆転をかけて、仕掛けていかなければなりません。

ニートで転職に成功出来ない理由は、なかなか行動モードに移すことができないからです。ニート生活が長いと、やっぱり多くの人たちが、「躊躇」という問題を抱えているようです。もう少し積極的に行動しないと、なかなかニートの転職活動はうまくいかないです。

ニートが転職出来ないのは、人と関わることが段々と億劫になってしまうからです。結果、あまり真剣に転職活動とは向き合うことはしないで、自分にマッチした企業があれば転職活動しようかな……程度しか考えていないのです。

そしてやっと行動するものの内定など簡単にはもらうことができません。果たして、ニートの転職活動で、あなたは、身の丈にあった企業を狙っているでしょうか。

また、ニートで転職出来ないのは、ニートのブランクをうまく面接時に説明することができないからです。企業の面接官は、転職しようとしているニートに対して、「ブランク期間は何をしていたのか」「働く意欲がないのではないか……」ということを疑問視しています。

ニートたちはそのための対策はしっかり考えて行動する必要があります。

転職することができたという人たちも、また簡単に会社を辞めてしまうリスクがあります。転職をすれば会社生活というリズムになかなかついて行くことができなく、すぐにリタイアすることがあります。ニートが転職すれば、朝早く起きて、出社する必要があります。そのようなことに、ニートを続けている人たちは身体が従うことができなくなっているのです。

ニートの人たちは、ほとんど規律正しい生活を送ってはいません。まさに、昼夜逆転生活になってしまえば、そのまま修正せずです。ニートの日常生活で、あくまでも気楽に過ごすことができるライフスタイルを求めてしまっているのです。

ニートが転職するということは、ライフスタイルまで強制を余技なくされることです。またニートが転職すれば、激務が待っているでしょう。激務というものの、仕事をずっとしている人たちにとっては別に大した激務ではありません。ニートは、さんざんぬるま湯につかって来たから、このハードワークにすぐに悲鳴をあげてしまうのです。

ニートの転職活動を重くとらえない

ニートの人たちは結構焦っているから、なんとかしなければならない気持が出てきてしまうのです。そのようなニートは、転職活動を結構重くとらえてしまっているでしょう。そのようなニートは、かえって思うように行動が出来なくなったりします。ニートの転職活動の肝は、まずは最初の一歩です。

ニートが転職活動するとき抑えておかなければならない重要ポイントは、「ブランクの理由付け」です。企業は、ニートの期間一体何をしていたのかを大変気にしています。長いブランクが存在してしまっているから、面接官は、雇用して企業でやっていくことができるか非常に不安なのです。

ニート期間何もしていなかった……という人たちもいらっしゃることでしょう。あれこれ言い訳を考えるかもしれませんが、嘘は禁物です。嘘は、あとから訴えられる可能性もあります。空白期間が空いてしまった方は、嘘はつかずに正直に話し、 今後の展望や働きたいという熱意を語ることによって“やる気”をアピールするモチベーションが大事です。

例えば、

将来を考えたときにこのままでは駄目だ……と一念発起し就職活動をスタートしました。これからはしっかり自立して自分自身が家族を支えたいです。

などといういい方です。

最初の一歩を踏むことができれば、できるだけたくさんの企業に応募する姿勢が大事です。実際に、 正社員の人たちが転職活動の際に応募する企業の目安は40から60社程度だというデータがありますがご存じでしょうか。ニートで転職しようと思っている人たちは、まだまだ甘さがあるかもしれません。あなたはニートなのですから、40~60社程度では足りないです。ニート転職の成功の鍵は、100社以上、転職活動すること!です。

ニートの転職活動の場合、書類審査が通過しないということが多々あります。そのような事態にいちいち嘆いていてはやっていくことができません。

相談相手を作る

ニートの転職活動はハードルが高いのは事実です。ニートでない人たちが周囲にいれば、敢えてニートのあなたを企業は採用しません。ニートの転職活動は、やっぱりなかなか難しい問題も抱えています。

そのような人たちには、「転職エージェント」などサービスを利用することがおすすめです。エージェントというパートナーが、あなたに対して、契約社員からスタートした方がいいとか、資格を取得した方がいい……などアドバイスをしてくれます。

間違った方向に進んでいけば、エージェントが道を正してくれることでしょう。

【転職できないニート】まとめ

いかがでしょうか。ニート転職活動は、まずは最初の一歩からです。

ニートのぬるま湯からなかなか社会へなじむことができない人たちがいます。ニートの転職活動のため、規律正しい生活習慣に戻す必要があります。

そして、転職活動のポイントは、数多くアタックすることです。一人ではなかなか厳しいというとき、おすすめなのは、転職エージェントです。

ニートの最新記事8件

  • 半年ニートをしてみた 仕事しないことはこんなにも素晴らしい?

    ちょっと昔の人たちは、社会人でないことに人間であることから脱線してしまったようなものすごい恐怖感を感じ、そこに頑張ってなんとしてもしがみついていたりします。 現在はそのよう時代でもなく、それぞれの人たちがそれぞれ別々の人間として生き甲斐を見つけたりします。そこに生き甲斐というものが存在しているのならまだいいかもしれませんが。本当にニートの人たちは、生き甲斐を感じて生活していらっしゃるのでしょうか。…

  • ニートは転職できないって本当?対策について真剣に考える

    会社を辞めてすぐに転職活動しないで、しばらくニート生活を……。そして、転職活動するものの、なかなか上手くいかないという人たちがいます。結果、そのような人たちは、もっと長い期間ニートでい続けてしまうことになります。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 「ニートは転職に不利」は事実? 2 転職できないニートはパートでも繋ぐべき? 3 転職できないニー…

  • 就活に失敗 ニートになってしまうかも ここでしなければならないこと

    おおかた、ニートって、悪い意味で使われていることが多いのではないでしょうか。就活に失敗してニートになってしまったという方々が。真剣に就活と向き合わないで、ダラダラいい加減なモチベーションでいれば、いつでもニートになってしまう落とし穴があります。 あなたは、ニートでもいいでしょうと言うかもしれませんが、それはまだ若いから言うことができるのではないでしょうか。 若いからまだニートでいいのかもしれません…

  • 既卒でニートというのは事情が違うそろそろヤバいかも

    「ニート」、そのような人たちは、ニートという言葉に対していいイメージを抱いているかもしれません。そもそも仕事をしないことは美しいことなのです。人生たった一回なのになんで私達はしたくもない仕事に縛り付けられていなければならないのでしょうか。 社会人ということが、「しばられる」という意味合いならば、社会人でなくてもいいと思っている若い人たちがいます。 学生ニートという言葉があれば、(一般的には学生をニ…

  • ニート歴10年…… このままで大丈夫? そろそろ卒業しなければならない?

    ニート歴10年という人たちのことを、世間ではどのような評価をしているのでしょうか。 ニート歴10年は、まだまだ問題なし……という考えもあるでしょう。ニート歴10年は、相当マズいと思っている人たちもいます。一体どちらが正しい解釈なのでしょうか。 ニート歴10年でも、今後就職活動しようと思ったとき企業があなたをスムーズに雇用してくれればいいのですが。それほど企業は、甘いものなのでしょうか。 おすすめの…

  • ニートのその後をリサーチ 幸せになっているの?

    ニートとは、果たしてなんなのでしょうか。ニートといういい方をして、若い人たちをひょっとしたら甘やかしているだけなのかもしれません。なぜなら、若い人たちは、ニートという言葉をそれ程悪いイメージの言葉として使用していないからです。 若い人たちも自らニートといい、甘えの衣をまとい、大人たちもニートと批判しているものの、ニートという言葉をモラトリアムの許された期間にいる人たちを指す言葉としても使用していま…

  • ニートからの脱出 今のあなたなら出来ないことはない

    ニートはまだまだ余裕?いえ、まだ余裕と思っている時にこそ、脱出しなければならないのがニートではないでしょうか。なぜあなたはニートを選択したのでしょうか。また、今回、ニートからの脱出方法についてアドバイスしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 なんであなたはニートという選択をしたのか 2 いつまでもニートは笑えない 3 ニートからの脱出を…

  • ニートって、「お金稼ぎ」はどうしているの?

    ニートとは、基本、何もしていない人たちのことです。何もしないでいい……、それは非常に羨ましいことです。みなさんも、できれば気楽なニート生活をしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし、実際に何もしないでいいということがあり得るのでしょうか。何もしなければ、お金がないということです。お金がなければ飢え死にしてしまうことになりますが。 ニートと言うものの、はっきりと言えば、お金稼ぎとはしっかり向…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。