50歳のニートって最悪かも 救われる道はあるの?

40代ニートは最悪と言ってる社会的目があります。40代ニートでは、なかなか就職活動も厳しいのです。

しかし、50歳ニートからしてみれば、40代ニートは余裕綽々にも見えます。

50歳ニートの人たちは、40代ニートの頃にどうにか対策について考えておけば良かったと、非常に後悔しているでしょう。

なんで、50歳でまだニートなの?

ニートは、 not in education, employment or training のことです。ニートは、 それぞれの人たちが適当な解釈をしているケースが多いですが、おおかたは仕事をしていない人たちのことだと理解しているでしょう。中には、パート程度の仕事をしている人たちのことをニートと言っているケースもあるかもしれません。

パートでは将来に対しての安定感はありませんので、ニートと言われても仕方ないところはあるのかもしれません。

ニートは、 not in education, employment or training のことであり、基本、十五歳から三十四歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない人たちのことを言います。

つまり、50歳ニートというものの、正確に言えば50歳ニートはニートとは言いません。

しかし、50歳の人たちもずっと今までニートと言い続けて来た訳ですし、今から、変更する気がないという人たちもいるでしょう。

そんなことはどうでもいいという人たちもいらっしゃるかもしれませんし、ニートと呼ばれるのはいいけど、無職とは言われたくないという思い方をしている人たちもいます。

ニートと無職、同じことなのですが、ニートの方が柔らかい感じでオブラートに包まれている感じもありますよね。

30代ニートという人たちが、まだまだ余裕綽々の顔をしていて仕事をしてないことを自慢気に話していることもあります。まだニートには、若い頃には、モラトリアムの許された期間の象徴のようなイメージもあります。

許されている期間を経過して、気が付けば、50歳ニートに……。50歳ニートに到達してしまった人たちは、現在、相当の数であり社会的問題としておおいに取り上げるべき問題です。

なんで、50歳でまだニートなのかと言えば、50歳でニートになった訳ではなく、ずっとニートを続けて結果50歳ニートになってしまったのです。

その過程の中で、彼もニートを自慢げに話していた頃もあるかもしれません。しかし50歳ニートになって、まだ自慢げにニートと言うことができるでしょうか。

そもそも50歳のニートでは結婚が出来ない

50歳ニートは、結婚率はゼロ%です。結婚していれば、なんらかの仕事を持つ必要があるでしょう。

奥様が仕事をして、男性はニート……、そのようなセッティングは、ほとんどヒモです。

女性がニートで、結婚して専業主婦となり成功談を語るケースもあります。女性たちの方がまだ、可能性が残されているということでしょうか。

しかし、結婚も、就職活動と同じ、結構、アクティブに行動しないと実現することができません。就職活動にネガティブでニートだった女性たちに、婚活は積極的だったとはなかなか考えられないですが。

つまり、ニート女性は、婚期を逃がしているケースも多くあり、50歳ニートで結婚していない女性たちも多くいます。女性の場合、よっぽどの美人であればニートでもシンデレラストーリーもあるかもしれませんが。

50歳でニートなのは人生計画の失敗?

50歳ニートは、なんで今まで人生設計を放棄していたのでしょうか。いえ、50歳ニートだから、既にいろいろな体験もしているでしょう。一度就職した人たちも、この中に含まれているのではないでしょうか。

ニートの意味は、別にそれぞれの人たちが勝手に解釈していい問題です。

お金がなくなれば、パートで食い繋いでいる人たちもいます。そのような人たちは、基本、フリーターといういい方をしますが、そのような例も、ニートに含めていることもあります。

50歳という年齢だから、とにかく、現在ニートでもいろいろ体験をして来ています。

自分自身は、役者を目指して来た、小説家を目指して来たという人たちもいるでしょう。もちろん、それぞれの人たちの目的を達成することができないから、現状ニートなのです。

50歳ニートでも、まだまだ可能性があると言いたいですが。

もちろんゼロではありません。人生100年です。50歳ニートは折り返し地点を回っただけです。

そうはいうものの、50歳ニートは既に相当体力も低下、若い人たちのように走ることができないという人たちもいることでしょう。なかなか頑張りが効かない年齢になってしまったのは事実です。

就職活動しようと思っても身体が動かないという事態に。

50歳でニートでも気楽でいいじゃない

50歳ニートでも、気楽でいいというモチベーションを持つことができればいいのですが……。

お金があれば、余裕綽々でしょう。やっぱりお金が人生の明暗を分けてしまっているのです。

しかし、お金持ちでも、50歳ニートでいることに、周囲の人たちと比較して焦りのようなものを感じることがあります。

仕事がやりがいという人たちもいらっしゃることでしょう。そのような人たちと比較して、あなたはやりがいをどうしても見つけることができなくて、そのような人たちを嫉妬しているのです。

社会人として生きていけば、社会的人脈をどんどん構築していくことでしょう。しかし、50歳ニートのあなたは、いつまでたっても孤独のままです。

50歳でニートでもまだまだ救われる道はある?

果たして、50歳ニートでも救われる道は存在しているのでしょうか。

年齢を重ねてしまう程、就職活動は不利です。やっぱり、社会は新卒で入社というスムーズな流れを求めていいます。

なぜなら、若い人たちを雇うから、企業がその人たちをしっかり教育し活躍させることができます。若いから一度二度失敗しても許されるのです。

そして、若い人たちが就職するから、会社の人間関係もとてもスムーズですよね。50歳ニートが就職に成功しても、上司が30代ということになってしまうことに。あなたが良くても、上司に抵抗があるでしょう。

それだけの理由からしても、50歳ニートはなかなか企業に雇ってもらうことができません。

職歴があれば、まだなんとかできるかもしれませんが、それもなければ。

手に職があれば、マッチした会社なら運良く雇われるかもしれません。しかし手に職と言われても、ニート暮らしの人たちは、そのようなものを持っていない人たちの方が多いです。

しかし、50歳ニートでも、就職活動は無理ではありません。頑張ればどうにかできるというモチベーションで頑張ってみましょう。

50歳ニートを卒業したいと思えば、一日でも早く行動することです。

昔なら50歳ニートなんて企業は相手にしなかったでしょう。しかし、最近では会社でも、そのような人物が少なくないという想定をしています。中には、有能な人物がいるのでは……という気持ちでもいます。

このような人たちの中には、正社員経験があり、相当長くブランクをあけてしまったというような人たちも混じり、まだ磨けば使える人材も混じっているかもしれません。

20代で入社はいいですが、そのような人たちはその頃ぬるま湯につかって全然機能しない駄目社員になっていすることもあります。そのような意味では、50歳ニートは危機感を持ち、いつもピリピリ躍動感をもって行動しているかもしれません。

時として、企業は、そのような50歳ニートの方が魅力的に写るかもしれません。

50歳のニートができる就職活動

敢えて、50歳ニートでもどうにかできるという流れでお話しを進めて行きますが。

もちろん簡単なことではありませんが、自分が希望する条件や職種に固執せず、柔軟に求人を探してみましょう。

あなたが求めるべき仕事は、今までして来た経験を活かすことができる仕事です。

年齢を重ねるほど、年齢に応じた経験や実績が求められるものです。以前、会社勤務をして来た経験がお持ちなら、有効的に利用し、自己アピールをしましょう。

長年かけて習得した専門的な知識やスキルは、あなたを企業にアピールすることができる方法です。

企業は、50歳ニートのあなたには若手の育成をして欲しいと思うことも多くあります。ですから、ただの経験値というのでは雇われにくいかもしれません。できるだけレベルの高い、キャリアが必要です。

ビルや商業施設などの清掃を行う仕事、倉庫管理、配達員……と言った、一見同じ繰り返しをしているような仕事は、まだまだ50歳ニートでも射程に入れることができる仕事です。

ルーティンワークとは、日課のように同じ作業を行う仕事のことを言います。そのような仕事は、まだ雇用される可能性があります。

つまり、高望みをしてもいい結果は得ることができないので、ある程度仕事の妥協は必要、雇われる仕事はどこでも行く程度の気持が大事です。

50歳ニートで社会とは長い間根絶していた人たちには、日課のように同じ作業を行う仕事が都合いいのではないでしょうか。

また、50歳ニート向きの仕事は、マニュアル化されている仕事です。マニュアル化されている仕事とは、製造業や販売業などにおいて、それ程仕事する人たちの能力が問われない仕事です。だから、50歳ニートでも雇われる可能性があります。

ただし、そのような仕事は、工場での勤務や、荷物の積み下ろし、棚卸し作業と言った体力勝負のものが多く、家では全然トレーニングもしていなかったという人たちに続くかどうか不安はありますが。

【50歳でニート】 まとめ

いかがでしょうか。50歳ニートで就職活動は厳しいことは厳しいです。

ですから、できるだけ50歳ニートになる前に対策についてしっかり考えていただきたいですね。

ただし、50歳ニートでも、就職活動が100%無理ということではありません。とにかく、あなたのやる気次第、絶対に企業に入社するというモチベーションで頑張ってください。

最近は、そのような人たちがとても多いです。ですから、昔と比較して道は開けているはずです。

ニートの最新記事8件

  • 半年ニートをしてみた 仕事しないことはこんなにも素晴らしい?

    ちょっと昔の人たちは、社会人でないことに人間であることから脱線してしまったようなものすごい恐怖感を感じ、そこに頑張ってなんとしてもしがみついていたりします。 現在はそのよう時代でもなく、それぞれの人たちがそれぞれ別々の人間として生き甲斐を見つけたりします。そこに生き甲斐というものが存在しているのならまだいいかもしれませんが。本当にニートの人たちは、生き甲斐を感じて生活していらっしゃるのでしょうか。…

  • ニートは転職できないって本当?対策について真剣に考える

    会社を辞めてすぐに転職活動しないで、しばらくニート生活を……。そして、転職活動するものの、なかなか上手くいかないという人たちがいます。結果、そのような人たちは、もっと長い期間ニートでい続けてしまうことになります。 目次 1 「ニートは転職に不利」は事実? 2 転職できないニートはパートでも繋ぐべき? 3 転職できないニートの悲しい体験談 4 転職できないニートの対策 5 【転職できないニート】まと…

  • 就活に失敗 ニートになってしまうかも ここでしなければならないこと

    おおかた、ニートって、悪い意味で使われていることが多いのではないでしょうか。就活に失敗してニートになってしまったという方々が。真剣に就活と向き合わないで、ダラダラいい加減なモチベーションでいれば、いつでもニートになってしまう落とし穴があります。 あなたは、ニートでもいいでしょうと言うかもしれませんが、それはまだ若いから言うことができるのではないでしょうか。 若いからまだニートでいいのかもしれません…

  • 既卒でニートというのは事情が違うそろそろヤバいかも

    「ニート」、そのような人たちは、ニートという言葉に対していいイメージを抱いているかもしれません。そもそも仕事をしないことは美しいことなのです。人生たった一回なのになんで私達はしたくもない仕事に縛り付けられていなければならないのでしょうか。 社会人ということが、「しばられる」という意味合いならば、社会人でなくてもいいと思っている若い人たちがいます。 学生ニートという言葉があれば、(一般的には学生をニ…

  • ニート歴10年…… このままで大丈夫? そろそろ卒業しなければならない?

    ニート歴10年という人たちのことを、世間ではどのような評価をしているのでしょうか。 ニート歴10年は、まだまだ問題なし……という考えもあるでしょう。ニート歴10年は、相当マズいと思っている人たちもいます。一体どちらが正しい解釈なのでしょうか。 ニート歴10年でも、今後就職活動しようと思ったとき企業があなたをスムーズに雇用してくれればいいのですが。それほど企業は、甘いものなのでしょうか。 目次 1 …

  • ニートのその後をリサーチ 幸せになっているの?

    ニートとは、果たしてなんなのでしょうか。ニートといういい方をして、若い人たちをひょっとしたら甘やかしているだけなのかもしれません。なぜなら、若い人たちは、ニートという言葉をそれ程悪いイメージの言葉として使用していないからです。 若い人たちも自らニートといい、甘えの衣をまとい、大人たちもニートと批判しているものの、ニートという言葉をモラトリアムの許された期間にいる人たちを指す言葉としても使用していま…

  • ニートからの脱出 今のあなたなら出来ないことはない

    ニートはまだまだ余裕?いえ、まだ余裕と思っている時にこそ、脱出しなければならないのがニートではないでしょうか。なぜあなたはニートを選択したのでしょうか。また、今回、ニートからの脱出方法についてアドバイスしましょう。 目次 1 なんであなたはニートという選択をしたのか 2 いつまでもニートは笑えない 3 ニートからの脱出を真剣に考えてみよう 4 ニートからの脱出方法 成功例から学ぶ 5 ニートからの…

  • ニートって、「お金稼ぎ」はどうしているの?

    ニートとは、基本、何もしていない人たちのことです。何もしないでいい……、それは非常に羨ましいことです。みなさんも、できれば気楽なニート生活をしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし、実際に何もしないでいいということがあり得るのでしょうか。何もしなければ、お金がないということです。お金がなければ飢え死にしてしまうことになりますが。 ニートと言うものの、はっきりと言えば、お金稼ぎとはしっかり向…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。