20代ニート誕生 本当にこのままで大丈夫?

ニートとは、そもそもどのような意味を持った言葉なのでしょうか。それは、十五歳から三十四歳までの、基本、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない人たちのことです。

若い人たちは、ニートという言葉をメリットとして受けいれていることはないでしょうか。ニートを自慢している若い人たちも……。

20代のニートは、まだまだ大丈夫で、許されている期間なのでしょうか。

おすすめの就職・退職代行サービス

20代ニート まだまだ若いから余裕

ニートだけど20代……、そんな人たちは、ニートを解消しようというモチベーションではなく、このままで全く問題なしという考えに依存しているかもしれません。

実際に、ニートだけど20代という人たちは、堂々とニートだと語ることが多い傾向を見て取ることができます。

現在、無職ですといういい方は、それでも、
なかなか言いづらいことはあるのではないでしょうか。

しかし、ニートという海外の言葉を使用して、無職という言葉をオブラートに包んでしまったようなところもあります。

20代の若い人たちは、ニートという言葉を結構当たり前に使用していたりするから、このようにまるで流行の言葉のようになってしまったのかもしれません。

若い人たちが、ニートという現状を良しとしていれば、周囲の人たちがどうニートのあなたを心配しても問題は解決に至るはずはありませんよね。

なんで20代の若い人たちは、ニートを自慢げに話しているのでしょうか。

合コンに行って、オレまだニートと言っても、20代だからまだ勉強中なのねとか、別に生活に困っていないのならそれで大丈夫……と思っているかもしれません。

お金の問題は、とても大事です。お金がなければ、ニート脱却というモチベーションもより高く持つことができるでしょうけど、親のお金で悠々と遊んでいるニートたちもいます。

しかし、周囲の人たちは、まだ、親のお金で遊んでいて駄目な子供ねという思い方はしません。まだまだ、モラトリアムの期間、20代のニートは許されているのです。

20代のニートは、家がお金持ちである勲章のようなものかもしれません。だとしてら、やっぱり合コンでも、ニートということを自慢げに話そうとしている人がいて当然です。

親も、お金があれば、子供たちに仕事なんてしなくてもいいと思っていることはないでしょうか。

ずっと続ければ社会的人間として通用しなくなってしまうのでマズイと思うものの、敢えてお金があれば仕事はしなくていいというのは、納得のいく理由付けです。親たちは、いずれ社会人として羽ばたいてくれればいいというほぼ過保護状態です。

つらい体験をしてお金を稼いで来た親たちの方が、子供を甘えさせてやりたいという気持を持つ傾向が高いです。親には、甘えさせることができるゆとりが存在しているのです。

周囲の人たちもニートが多い

20代の若い人たちに聞けば、ニートの体験をしたことがあると主張する人たちは少なくはありません。

学生であり、まだまだ仕事が許されている期間だと認識している人たちもいるでしょう。若い人たちは、まだまだ、仕事をしなければならない認識など持っていないのです。

まだまだ学びの時間ととらえている人たちもいるでしょう。そして、学びの時間といういい方をしておきながら、ただ、サボりグウたれている人たちもいます。

それでも、まだまだ20代は若いから、周囲の人たちもそれ程深刻な問題とは受けとってはおらず、見逃しているようなところがあります。

しかし、20代というと言うものの、もちろん年齢前半と後半とは違い、そろそろ、20代ニートが許されない、マズい時期にさしかかっているかもしれません。それに気付かないでいることには相当リスクがあると思いますが。

それに気付かないということは、30代にさしかかり、40代も越え、永遠ニートになってしまうかもしれません。

そろそろ、中高年ニートとは言わないです。ニートとは、若い人たちだけに当てはめる言葉であり、そのような人たちは、単に無職です。

無職として、社会の落伍者としてのレッテルを確実に貼り付けられてしまうかもしれません。

だから、20代ニートで問題なしと考えていい頃、しっかりニート脱却の対策についても考えていかなければなりません。

人生逆転の夢がある

20代のニートだから、まだまだ可能性があります。その可能性に親たちも期待しているようなところがあります。

20代のニートだから、これから、俳優の道を目指してやろうという気持になることもあります。更に、海外へ留学してやろうという気持にもなることがあります。

そのような計画は、もう少し早い時期にしなければならないものの、周囲の人たちは、長い期間決定しなかったのは、それだけ煮詰めていたからであり、確実性の高い船出という認識の仕方をしているかもしれません。

野球で言えばどうでしょうか。前半で、10点程度取っても、逆転されてしまう可能性は充分ありますよね。そのような試合って、とても見苦しい試合です。

人生において、そのような見苦しさを露呈してしまっている人たちって、結構多いです。

まだまだ、自分が何をしなければならないかわからない状態でレールに乗ってしまい、脱線してしまった感じでしょうか。

野球で、多くの人たちが望んでいるのはそのような試合ではなく、逆転サヨナラホームランです。

しかし、20代のニートたちは、そのような可能性は存在しているものの、相当確率は低いということを知らねばならないでしょう。基本は、ほとんどそのようなゲームは負けゲームです。

20代ニート それでも就活しなければならないと思っている

20代のニートたちは、自慢げにニートであることを人たちに喋るものの、いずれ就職活動しなければならない認識もお持ちでしょう。
問題はそれがいつかです。そして、社会が寛容にあなたを受けとめてくれるかです。

基本、大学を卒業して、新卒入社という形が望ましい訳ですから、その路線からは既に外れてしまったという人たちが多くいらっしゃることでしょう。

しかし、第二新卒という言葉があります。新卒にはまることができなかった人たちは、第二新卒があるから大丈夫という気持でいるのでしょうか。

第二新卒とは、新卒のように明確な基準がありませんが、一般的には学校を卒業して企業に就職したのち、1~3年以内に就職や転職をする若年層の人材のことを指します。このような言葉は、昔はなかったのかもしれません。

社会も、モラトリアムの期間を寛容に受けいれようといしている姿勢はあります。社会もフレキシィブルに変わろうとしている事実もあります。

しかし、20代のニートが社会とスムーズに向き合うことができるのは、ここ程度の期間までと言うことができるかもしれません。

20代のニートには、学校を卒業して企業に就職した経験のない人たちがいます。大学、専門学校へ行って勉強する気持もなく、高卒そのままニートという人たちもいるでしょう。高校中退ニートということもあります。つまり、同じ年齢でも、既に相当、後遺症を残しているニートたちがいます。やる気になっている20代のニートと、そうでないニートがいます。

就活で失敗 ニートになってしまうリスク

大学まで行って社会人になる気満々の人たちでも、就職活動に失敗してしまい、ニートというケースもあります。社会は、やる気を持っている人間を全部受けとめてくれる程楽観できる構造をしている訳ではありません。 
それでも、20代のニートなら、まだ可能性が残されています。

なぜ企業で20代のニートが許されているのかといえば、若いから会社の中で教育をすることができ、経験を学ぶことができる年齢と判断しているからです。

そして、会社は、年齢の上の人たちに従う組織であり、20代ニートはまだ充分見合う年齢です。

40代ニートが突然、会社に入社しても、上司との折り合いがなかなかつかない問題点を抱えてしまうことになります。社会がスムーズに機能するために、受けいれることができる年齢の限界が存在します。

20代のニートが、そろそろ就職活動しようかな思い、希望している会社に即入社できる甘い社会ではありませんので、相当危機感を抱いていただきたいですね。一度でも就職活動をして失敗した人たちならそう感じかもしれませんが、社会は自分自身の自由になるものとなめてかかっている人たちもいるのかもしれません。

就職活動で失敗することによって、ニートに転落してしまう人たちも実際にはいます。では、あなたは、今後ニートにならないため、どのようなことに注意、努力しなければならないのでしょうか。

まずは、どうしてもニートになりたくないと自分自身に危機感を持たせるようにしましょう。ただし、ネガティブな気持になってばかりいても先には進むことができません。あなたは、まだまだ若いのだから大丈夫という姿勢を持って頑張っていきましょう。

不採用が続くと「自分はダメな人間なんだ」という自己否定の思考になってしまうものです。そのような人たちがほとんどですが、就職活動とは誰でも失敗を繰り返すものです。
自分自身にエリート意識をもつほど、自分自身に駄目人間のレッテルを貼り付けることになります。就職活動を乗り切るためには柔軟な考え方や対応力が大切です。

【就活で失敗20代ニートになってしまう】 まとめ

いかがでしょうか。20代のニートの人たちには甘えというものが存在しています。まだまだ大丈夫な時期かもしれませんが、そろそろ、危機感も持って行動しなければならない時です。

就職活動を乗り切るためには柔軟な考え方や対応力が大切です。

20代ニートとは、甘えのモラトリアムの期間ではなく、就職活動のノウハウを蓄積する期間です。

ニートの最新記事8件

  • 半年ニートをしてみた 仕事しないことはこんなにも素晴らしい?

    ちょっと昔の人たちは、社会人でないことに人間であることから脱線してしまったようなものすごい恐怖感を感じ、そこに頑張ってなんとしてもしがみついていたりします。 現在はそのよう時代でもなく、それぞれの人たちがそれぞれ別々の人間として生き甲斐を見つけたりします。そこに生き甲斐というものが存在しているのならまだいいかもしれませんが。本当にニートの人たちは、生き甲斐を感じて生活していらっしゃるのでしょうか。…

  • ニートは転職できないって本当?対策について真剣に考える

    会社を辞めてすぐに転職活動しないで、しばらくニート生活を……。そして、転職活動するものの、なかなか上手くいかないという人たちがいます。結果、そのような人たちは、もっと長い期間ニートでい続けてしまうことになります。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 「ニートは転職に不利」は事実? 2 転職できないニートはパートでも繋ぐべき? 3 転職できないニー…

  • 就活に失敗 ニートになってしまうかも ここでしなければならないこと

    おおかた、ニートって、悪い意味で使われていることが多いのではないでしょうか。就活に失敗してニートになってしまったという方々が。真剣に就活と向き合わないで、ダラダラいい加減なモチベーションでいれば、いつでもニートになってしまう落とし穴があります。 あなたは、ニートでもいいでしょうと言うかもしれませんが、それはまだ若いから言うことができるのではないでしょうか。 若いからまだニートでいいのかもしれません…

  • 既卒でニートというのは事情が違うそろそろヤバいかも

    「ニート」、そのような人たちは、ニートという言葉に対していいイメージを抱いているかもしれません。そもそも仕事をしないことは美しいことなのです。人生たった一回なのになんで私達はしたくもない仕事に縛り付けられていなければならないのでしょうか。 社会人ということが、「しばられる」という意味合いならば、社会人でなくてもいいと思っている若い人たちがいます。 学生ニートという言葉があれば、(一般的には学生をニ…

  • ニート歴10年…… このままで大丈夫? そろそろ卒業しなければならない?

    ニート歴10年という人たちのことを、世間ではどのような評価をしているのでしょうか。 ニート歴10年は、まだまだ問題なし……という考えもあるでしょう。ニート歴10年は、相当マズいと思っている人たちもいます。一体どちらが正しい解釈なのでしょうか。 ニート歴10年でも、今後就職活動しようと思ったとき企業があなたをスムーズに雇用してくれればいいのですが。それほど企業は、甘いものなのでしょうか。 おすすめの…

  • ニートのその後をリサーチ 幸せになっているの?

    ニートとは、果たしてなんなのでしょうか。ニートといういい方をして、若い人たちをひょっとしたら甘やかしているだけなのかもしれません。なぜなら、若い人たちは、ニートという言葉をそれ程悪いイメージの言葉として使用していないからです。 若い人たちも自らニートといい、甘えの衣をまとい、大人たちもニートと批判しているものの、ニートという言葉をモラトリアムの許された期間にいる人たちを指す言葉としても使用していま…

  • ニートからの脱出 今のあなたなら出来ないことはない

    ニートはまだまだ余裕?いえ、まだ余裕と思っている時にこそ、脱出しなければならないのがニートではないでしょうか。なぜあなたはニートを選択したのでしょうか。また、今回、ニートからの脱出方法についてアドバイスしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 なんであなたはニートという選択をしたのか 2 いつまでもニートは笑えない 3 ニートからの脱出を…

  • ニートって、「お金稼ぎ」はどうしているの?

    ニートとは、基本、何もしていない人たちのことです。何もしないでいい……、それは非常に羨ましいことです。みなさんも、できれば気楽なニート生活をしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし、実際に何もしないでいいということがあり得るのでしょうか。何もしなければ、お金がないということです。お金がなければ飢え死にしてしまうことになりますが。 ニートと言うものの、はっきりと言えば、お金稼ぎとはしっかり向…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。