1年間ニートでした それでもまだ余裕?

1年間ニートは、まだまだ問題なしなのでしょうか。いえ、そうでないという人たちもいます。そもそも、ニートとは社会的に批判されている言葉なのです。

私は1年間ニートをして来ました……と言えば、即面接官は、「ウチには必要ありません」というでしょう。

若いから大丈夫というものの、本当のことを言えば、若くてもニートはNGです。

おすすめの就職・退職代行サービス

若いから1 年ニートでも大丈夫?

1年間ニート、しかし、あなたは、まだまだ若いから問題ないと楽観的でいるかもしれません。

実際に、若い1年間ニートの人たちは、これから企業に入社しても、企業に順応できるでしょう。まだまだ、若いから失敗してもやり直しがきく年齢です。上司はあなたより年上ということなので、上司もあなたを教えやすいメリットがあります。

ニートをずっと続けてしまっている人たちは、就職活動に成功しても上司が年下というケースがあり、非常にやりづらいと思っていることでしょう。

そもそも就職活動は成功しても、会社の中の人間関係が全然うまくいかないで、すぐに辞めてしまうケースも多くあります。

ニートのブランクは若くても既にヤバい?

ニートは気楽な商売です。ニートをずっと続けられることならずっとニートがいいと思うでしょう。つまり、ちょっとだけニートをしようと思っている人たちは、いつの間にかニート生活にどっぷりつかってしまったというケースが多いです。

はじめからニートはまずいという認識を持ち、1年間ニートの人たちも一刻も早くニート生活から離脱するモチベーションを持つようにしましょう。

面接官はブランクを問題視している

1年間ニートの人たちが、就職活動で面接を受ければ、面接官は必ずニートのブランク期間をどのように過ごして来たのか聞いて来ます。面接官が一番懸念しているのはここの部分です。

面接官は、ニートというものの、その期間逮捕されていたのでは……ということまで疑問視しています。

実際に、日本の企業では、海外企業のような犯歴調査をすることができません。ですから、企業は、せめてブランクの間何をして来たのか出来る範囲で、あなたに対し質問、そして、前勤務先に問い合わせなどして来ます。

実際に、逮捕されていなければOKということではありません。ニートが、1年間の間にアルバイトでもしていれば、まだ面接官は雇っていいかもという気持が起こるかもしれませんが、全く何もして来なかったという人物も警戒しなければならない要注意人物です。

1年間ニートの人たちは、面接官がそのような質問をして来て、答え方次第では採用されるでしょう。ここが大きなポイントです。

1年間ニートの人たちは、1年間何もしてなかったという人たちもいるでしょう。正直に何もしていませんでした……と言えば、非常に面接官の評価も低いです。せっかく1年間ニートのあなたが、やる気を出して面接を受けているというのにです。

1年間ニートの人たちは、家事手伝いをしていましたと、ごまかせばいいのでしょうか。
それはグッドアイデアという感じもしないではありません。インターネットでもこのようないい方を進めている場合もあります。

しかし、このような1年間ニートの人たちがどんどん増加すれば、家事手伝いをしましたと言えば、すぐに「ああニートなんだ……」と面接官はピンときてしまうでしょう。

最近の傾向は、家事手伝いと言う人たちの印象はあまりよくないようです。

現代社会は高齢化社会時代です。1年間ニートの人たちのブランクを、介護をしていたと答えるのはどうでしょうか。

介護に対して面接官の印象はそれ程悪くないようですが、ただし面接官は、そのあと、次々介護に対しての質問をして来たりします。ですから相当念入りに準備した方がいいかもしれません。どういった介護施設を利用していたか……など聞かれてすぐに答えることができるでしょうか。

そもそも、嘘はよくありませんので、呉々も注意しましょう。

1年間ニートぐらい誰も体験していること

1年間ニート程度誰でもしていることです。
全然余裕……という人たちも多いですが、実際にはそれ程余裕ではないと思います。ニートは、企業にとって非常に印象が悪いからです。

ニートは、社会人離脱の手段です。であれば、企業の面接官は、「そのまま社会人離脱をしていなさい……」と言うかもしれません。「ニートは敢えて社会に復帰する必要なし」と考えているかもしれません。

1年間ニートに甘えの精神が宿っていない?

1年間ニートには、甘えの精神が宿り、ニートを卒業しようと思っても、なかなか就職活動に対してのモチベーションを持つことができないこともあります。1年間程度のニートでもなかなか社会復帰することができないのです。

就職活動が恐い、社会に出ることが恐い……、働くことができない……、そのような問題を、既に1年間ニートの人たちは抱えていたりします。

1年間ニートの人たちの中には、アルバイトをしている人たちもいますが、それが出来ないで引きこもるケースも少なくありません。ニートという意味合いには、引きこもりの意味も含まれているという認識の仕方をしている人たちもいらっしゃることでしょう。

ニートという人たちは、2017年、若年層(15歳~39歳)のうち2.1%というデータがあります。 15~39歳の人の48人に1人はニートという数値になります。

1年間ニートの人たちに対して、甘えているから仕事をすることができない、仕事するのが恐いといういい方も甘えだと、批判の声も聞こえて来ます。

しかし、本当に1年間ニートは、単に甘えだけで片づけることができる問題なのでしょうか。

就職活動が出来ない、社会が恐いという人たちは、なぜ甘えと見られる傾向があるのでしょうか。なぜなら、私達は、仕事をしなければならないからです。
1年間ニートは別にオレの自由だということではなく、労働や納税は国民の義務です。ここの部分を何か勘違いしていないでしょうか。その勘違いのことが「甘え」なのです。

そして、仕事をしていない人たちは、誰かに依存することになります。もう大人だというのに依存しなければ生活出来ないというのなら、それも甘え以外なんなのでしょうか。

そして、自分自身のモチベーションを就職活動に向けてアップさせることをサボッているのです。それも、甘えの精神です。決して社会では許されない行為です。

周囲の人たちは、自分は汗水たらして仕事をしているのに……という妬みもあるでしょう。1年間ニートは、毎日仕事をしないでぶらぶら遊んでいる人たちに見えます。社会は、一生懸命仕事をしている人たちで構成されているのです。

1年間ニートは自由時間が一杯あってなんでも出来る羨ましい人たちなのです。一生懸命仕事をしている人たちに反感をもたれるのは当然のことです。

しかし、1年間ニートの中には、遊んでいるのではない、頑張っていることを知って欲しいと思っている人たちもいることでしょう。

1年間ニート、あなたに目的がある?

1年間ニートでも、目的があれば、それに向かって突き進んでいけばいいと思います。ニートはぶらぶら何もしなくていい期間ではありません。それは、目的を持ち、目的を達成するための準備期間では。

人間には、そもそも、何もしなくていい時間など存在していないのです。それを一度でもしてしまえば人間としての機能を止めてしまい、社会復帰なんて絶対に出来なくなってしまうでしょう。

1年間ニートをしてみようという期間を区切ってニートをしている人たちもいます。そのような区切り方をすることで、1年間有意義にすごそうというモチベーションも生まれるでしょう。1年間ニートでも有意義に期間を過ごすことができればいいと思いますが。

期間のないニートは、やっぱりダラダラ……ということになってしまうでしょう。

ただし、期間を区切るというものの長い期間ニートでい続けてしまうことに相当リスクはありますので注意しましょう。

自分を見つめなおすため一定期間ニートになるというのも目的です。

社会復帰のことを考えて、一定期間ニートになるにしても仕事をしない期間になにをしていたのかを説明できるよう準備しなければなりません。

1年間ニート、それは将来について考える貴重な期間

就職活動で面接官は、1年間ニートのブランクについて聞いて来ます。そのとき、1年間ニートの人たちが、ブランクに対して堂々と理由を説明出来ればいいのです。

1年間ニートそれは、あなたが将来について考える貴重な期間です。そして、結果、あなたが選択したのはこの企業なのです。

あなたが、1年のニートの期間、充電して更にステップアップできる可能性を秘めた会社であることをポジティブに言えるといいですよね。

【1年間ニート】 まとめ

1年間ニートの人たちはまだまだ余裕とは言うことができないかもしれません。ポイントは、1年間ニート期間であなたがどのように過ごして来たかです。

就職活動の面接官は、非常にブランクを嫌い、疑っていたりします。1年間ニートの人たちは、その期間の間、病んでしまっている、ネガティブ思考の人間になってしまった……というケースが非常に多いです。

会社では、そのような闇にみすみす巻き込まれたいとは思うはずはありません。企業は、カウンセラーでも医師でもありませんし。

1年間ニートで、何もしないダラダラ体験を一度でもしてしまうと、人間は結構簡単に駄目になってしまうものです。1年間ニートには、そのような駄目人間になってしまうリスクがあります。

しかし、そうでない1年間ニートの人たちもいます。そのような人たちは、1年間ニートの期間を充電期間ととらえています。1年間ニートの期間、それは、
更にステップアップするための蓄積の期間なのです。

ニートの最新記事8件

  • 半年ニートをしてみた 仕事しないことはこんなにも素晴らしい?

    ちょっと昔の人たちは、社会人でないことに人間であることから脱線してしまったようなものすごい恐怖感を感じ、そこに頑張ってなんとしてもしがみついていたりします。 現在はそのよう時代でもなく、それぞれの人たちがそれぞれ別々の人間として生き甲斐を見つけたりします。そこに生き甲斐というものが存在しているのならまだいいかもしれませんが。本当にニートの人たちは、生き甲斐を感じて生活していらっしゃるのでしょうか。…

  • ニートは転職できないって本当?対策について真剣に考える

    会社を辞めてすぐに転職活動しないで、しばらくニート生活を……。そして、転職活動するものの、なかなか上手くいかないという人たちがいます。結果、そのような人たちは、もっと長い期間ニートでい続けてしまうことになります。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 「ニートは転職に不利」は事実? 2 転職できないニートはパートでも繋ぐべき? 3 転職できないニー…

  • 就活に失敗 ニートになってしまうかも ここでしなければならないこと

    おおかた、ニートって、悪い意味で使われていることが多いのではないでしょうか。就活に失敗してニートになってしまったという方々が。真剣に就活と向き合わないで、ダラダラいい加減なモチベーションでいれば、いつでもニートになってしまう落とし穴があります。 あなたは、ニートでもいいでしょうと言うかもしれませんが、それはまだ若いから言うことができるのではないでしょうか。 若いからまだニートでいいのかもしれません…

  • 既卒でニートというのは事情が違うそろそろヤバいかも

    「ニート」、そのような人たちは、ニートという言葉に対していいイメージを抱いているかもしれません。そもそも仕事をしないことは美しいことなのです。人生たった一回なのになんで私達はしたくもない仕事に縛り付けられていなければならないのでしょうか。 社会人ということが、「しばられる」という意味合いならば、社会人でなくてもいいと思っている若い人たちがいます。 学生ニートという言葉があれば、(一般的には学生をニ…

  • ニート歴10年…… このままで大丈夫? そろそろ卒業しなければならない?

    ニート歴10年という人たちのことを、世間ではどのような評価をしているのでしょうか。 ニート歴10年は、まだまだ問題なし……という考えもあるでしょう。ニート歴10年は、相当マズいと思っている人たちもいます。一体どちらが正しい解釈なのでしょうか。 ニート歴10年でも、今後就職活動しようと思ったとき企業があなたをスムーズに雇用してくれればいいのですが。それほど企業は、甘いものなのでしょうか。 おすすめの…

  • ニートのその後をリサーチ 幸せになっているの?

    ニートとは、果たしてなんなのでしょうか。ニートといういい方をして、若い人たちをひょっとしたら甘やかしているだけなのかもしれません。なぜなら、若い人たちは、ニートという言葉をそれ程悪いイメージの言葉として使用していないからです。 若い人たちも自らニートといい、甘えの衣をまとい、大人たちもニートと批判しているものの、ニートという言葉をモラトリアムの許された期間にいる人たちを指す言葉としても使用していま…

  • ニートからの脱出 今のあなたなら出来ないことはない

    ニートはまだまだ余裕?いえ、まだ余裕と思っている時にこそ、脱出しなければならないのがニートではないでしょうか。なぜあなたはニートを選択したのでしょうか。また、今回、ニートからの脱出方法についてアドバイスしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 なんであなたはニートという選択をしたのか 2 いつまでもニートは笑えない 3 ニートからの脱出を…

  • ニートって、「お金稼ぎ」はどうしているの?

    ニートとは、基本、何もしていない人たちのことです。何もしないでいい……、それは非常に羨ましいことです。みなさんも、できれば気楽なニート生活をしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし、実際に何もしないでいいということがあり得るのでしょうか。何もしなければ、お金がないということです。お金がなければ飢え死にしてしまうことになりますが。 ニートと言うものの、はっきりと言えば、お金稼ぎとはしっかり向…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。