【恐怖】ニートの末路とは?無職をこじらせないために現実を知ろう | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

【恐怖】ニートの末路とは?無職をこじらせないために現実を知ろう

ニートになってしまうと、人は最終的にどのような末路をたどるのでしょうか。ニートの「末路」を知っておけば、今後もしニートになることがあっても、早めに社会復帰する行動は起こせるでしょう。

長くニートを続けると、自分でも想定していなかったような悲惨な末路をたどることになるかもしれません。自分だけでなく、家族も巻き添えにすることになり、大きなトラブルに発展する可能性は十分あり得ます。

そこで今回は、ニートの末路について解説しつつ、ニートをこじらせないための就活方法や仕事の選択肢についてご紹介していきます。

「ニート」とは?末路は思っている以上に悲惨?

「ニート」とは、15歳~34歳の働いていない人のことを指します(学生は除きます)。

ニートと言うと、働いていない人ある程度全年齢の人を指すイメージがありますが、実はニートの定義には年齢が決まっているのです。ただ、一般的には、学生を除いた働いていない人全般を示す場合も多いです。

社会問題となっているニートや引きこもりは、最近どんどん年齢層が上がっていき、10代・20代だけの問題ではなくなってきています。ニートの末路は悲惨で、家庭全体を巻き込んだ大きなトラブルにまで発展することは少なくありません。

特に30代以降のニートは、悲惨な末路をたどらないように十分注意する必要があると言えるでしょう。

ニートの末路を順を追って見てみよう

ではここからは、実際にニートの末路とはどんなものなのか、順を追って見ていきたいと思います。実際に悲惨な末路をたどらないためには、ニートの末路とはどんなものなのかしっかり現実と向き合う必要があります。

無職の状態が続いてニートになる

まず、無職で仕事を見つけようとすることさえしなくなると、ニートになってしまいます。

ニートになる原因や経緯は人によってさまざまです。学校を卒業してから働き口を探すことなくニートになってしまう人、一度は会社に勤めたもののすぐに辞めてしまいニートになってしまう人、ある程度サラリーマン(OL)をやってキャリアを築いたのにも関わらず、何らかのきっかけで退職してニートになってしまう人……そのプロセスは人によって違います。

ニートになってひどい末路をたどる可能性は、実は誰にでも可能性としてあることなのです。

「いつかは就職する」とニートの誰もが思っているが…

ニートになったとしても、最初は誰もが将来に希望を抱いています。「いつかは就職する」「次は就職に絶対に失敗しない」と思い、いずれは就活する意思をしっかり持っているものです。

ニートは、いきなりひどい末路をたどるわけではありません。実際にはしばらくして就活をし、無事に社会復帰を果たす人もたくさんいます。しかし就職に関して意思を持っているこのあたりの段階で就活を有言実行しないと、実際にニート状態は泥沼化し、ニートの末路が始まっていきます。

引きこもりがちになり精神的に病んでいく

ニートの状態が長期化すると、多くの人は徐々に引きこもりがちになります。精神的に病んでいく人も多く、社会からはますます離れた生活を送ることになります。

昔のような覇気は一切なくなり、働きたいという意欲すら持てなくなってくることは多いです。仕事をしよう、就活をしようと思っても心がそれを拒絶してしまい、人との交流をどんどん絶つようになっていきます。ニートを長く続けると、このような末路が待っているのです。

家族にも腫れ物扱いされるようになる

最初は家族とも今後の就職について話をしていたかもしれません。しかし何年もニート状態が続いてしまうと、徐々に家族も就職について触れなくなっていきます。まるで腫れ物に触るように、コミュニケーションを取ることを避けるようになっていってしまうのです。

家庭崩壊や家庭内暴力なども、ニートの末路です。ニート・引きこもり状態が続き、家族とはすっかり関係が悪くなり、最終的には修復不可能なほどに会話はゼロになっていきます。

ニートが「8050問題」を引き起こす

ニートの末路が悲惨だと言われるのは、最終的には家族をも巻き込んだ問題を引き起こすことになるからです。

最近よく取沙汰される「8050問題」は、80歳の老親が50歳の子供の面倒を見ることを指します。引きこもりの年齢層は昔と比べて上がっており、親子ともに社会から隔絶された生活を送ることになってしまうのです。親子ともに社会的孤立の末路を辿り、親子で心中、もしくは親が死去して何もできなくなった子供が孤独死……といった事件は最近非常に多いです。

引きこもりニートになってしまった本人も、最初は絶対に働くと思っていたことでしょう。しかしいつの間にか仕事が決まらない焦りや不安に負けてしまい、働く意欲を無くした結果、このような恐ろしい末路をたどってしまうのです。

ニートの末路を知ったらまずは就活。どうにかなるでは解決しない

ニートの末路を知れば、多くの人はニートの末路について「まずい」と思うはずです。このままでは自分も同じような末路をたどってしまうのではないか、と恐怖に震える人も多いでしょう。

しかしニートの末路を知って焦りを感じられるということは、自分自身で社会復帰に向けて立ち上がれるチャンスはまだまだあるはずです。今「このままニートではまずい」「こんな末路をたどるのは嫌だ」と思えるなら、悲惨な末路にならないために就活に向けて行動を起こすことが大切です。

今ニートの人はまずは数時間のバイトから

しばらくニートを続けているせいで、就職できるか不安な人は、まず数時間のアルバイトからでも良いので何か仕事を始めるべきでしょう。

問題なのは社会とのつながりが一切絶たれてしまうことです。アルバイトでも、多かれ少なかれ社会に属す生活を送っていれば、ニートの末路をたどるようなことは防げるはずです。アルバイトなら、本格的な就職に向けて自分を慣らすのにもちょうど良いでしょう。ずっと就職のチャンスを探して悲惨な末路をたどるよりは、アルバイトからでも始めた方がはるかにマシです。

ハローワークや転職エージェントを利用する

悲惨な末路をたどらないようにするためには、仕事を探すなら、ハローワークや転職(就職)エージェントなどの支援サービスを利用するのがおすすめです。ニートや引きこもりの人でも、就職の意思があるなら、その人に合った仕事を紹介してもらうことができます。

仕事紹介だけでなく、就職のために必要な研修を受けることができたり、面接対策、相談なども豊富に実施してくれます。ニートの末路をたどらないためにも、まずはどんな仕事があるのか話を聞きに行ってみましょう。

元ニートにとって無理なく働ける職場を探すことが大事

恐ろしい末路にならないよう、ニートが社会復帰を果たすためには、無理なく続けている職場を見つけることが大事になってきます。実際、ニートから就職した結果、すぐに辞めてしまうという人はかなり多いです。

そこでニート生活に逆戻りでは、それこそニートの末路をたどる可能性があります。例えばあまり密なコミュニケーションを必要としない仕事や、体力を使わない仕事、特別なスキルを必要としない仕事などに目を向け、自分でも続けていけそうな職を見つけていきましょう。

人とのコミュニケーションがつらいなら在宅ワークもあり

どうしても人とのコミュニケーションに自信が持てない人は、在宅ワークを考えるのもありです。在宅ワークの場合は、確かに家にずっといる状態は変わらないかもしれませんが、自分でお金を稼ぎながら家にいるのと、ニートの状態で家にいるのでは全く意味合いが違ってきます。

ニートではなくなりますし、お金を稼いで仕事をする分、社会とのつながりはしっかり持つことができます。収入が自信につながり、生活環境の変化にも良い影響を与えてくれるでしょう。ニートの末路をたどらないためには、コミュニケーション下手な人は在宅ワークも選択肢の一つとして考えてみましょう。

在宅仕事の選択肢とは?ニートの末路を辿らないために

ではここからは、ニートにおすすめの在宅ワークの種類や選択肢をご紹介していきます。

ニートの末路をたどらないためにも、他人との会話や人間関係構築に自信が持てない人は、在宅仕事もぜひ検討してみましょう。

データ入力

データ入力は、エクセルのファイルや決まったフォーマットに文字を打ち込んでいく仕事です。ちょっとしたファイル整理や計算なども含まれる場合もあります。

仕事内容が単純なので在宅でできる場合が多く、求人自体はそこまで多いわけではありませんが、仕事が見つかればニートでも続けていける可能性はあります。事務職などは入社後数か月は出社して働き、その後に在宅に切り替えられるという場合もあるため、後に在宅に切り替えるルートを模索するのもおすすめです。

WEBライター

WEBライターは、ネットニュースやコラム記事、ブログ記事などを執筆するライターの仕事です。

基本的に記事ごとに報酬をもらうシステムなので、生活費をまかなえるまで稼げるのかと言われれば頑張り次第といったところですが、タイピングが早ければニートからでも挑戦してみる価値はあります。実際、ニートの悲惨な末路をたどりそうになっていた人が、WEBライターとして食べていけるようになったという話もあります。

デザイナー・イラストレーター

WEBデザインや広告デザイン、イラスト制作などのスキルを持っている人は、在宅でイラストレーターやデザイナーを目指すのもおすすめです。

こちらも案件ごとの報酬になることが多いため、稼ぎはスキルや頑張り次第で変わります。ですがクラウドソーシングサービスなどを使えば、経験ゼロからでも稼げる可能性はあるため、挑戦してみるのも良いかもしれません。

プログラマー

IT業界の需要が増している近年は、プログラミングスキルを持っていると就職にも困りづらいといいます。ニートで時間を持て余しているという人は、プログラミングを勉強してプログラマーやエンジニアを目指すのも良いかもしれません。

在宅で雇ってくれる企業もありますし、最初は出社が必要で、徐々に在宅に切り替えが可能になるという企業もあります。

内職

内職は、家で書類の封入作業や梱包、シール貼りなどを主に行います。こなすべきノルマは多いですが、その分頑張り次第では稼げる可能性があります。

プログラマーやデザイナーとは違って専門的なスキルを必要としないのが、内職の良い点です。特別なスキルはないが、ニートの末路をたどらないためにも、何か仕事はしたい…と思ったら、まずは内職から始めてみるのも良いでしょう。

まとめ

ニートの末路は、ニートになってしまった本人が考えている以上に悲惨で恐ろしいものです。その末路をたどると、実際にニートや引きこもりの状態から抜け出すのは非常に難しくなります。実際にニートを辞めようとしてはくじけてまたニートになり……といったループを繰り返している人はたくさんいるでしょう。それが悲惨な末路につながります。

ニートの末路をたどらないためには、就職のチャンスを見逃さないことが肝心になります。自分の末路に焦ったそのタイミングで社会復帰できるよう、無理なく続けられる仕事を見つけることをぜひ心がけていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。