高学歴ニートになりたくない人へ!就職・転職に困った時の対処法 | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

高学歴ニートになりたくない人へ!就職・転職に困った時の対処法

高学歴ニートになってしまう人には、傾向として同じような特徴や行動パターンを持っているなどの特徴が見られます。

せっかく名門大学を卒業したいのなら、さすがにその後ニートになってしまうようなことは避けたいものです。しかし高学歴ニートは、現代における問題の一つです。高い偏差値の大学を卒業したのにも関わらず、結局高学歴ニートになってしまう人は意外と少なくはありません。

そこで今回は、高学歴ニートになりたくない人に向けて、転職や就職に困ったときにはどうすれば良いのか、その対処法をご紹介していきます。

高学歴ニートとは?

「高学歴ニート」とは、東京大学や早稲田大学、慶応義塾大学などの名門大学を卒業しているのにも関わらず、ニートになってしまった人のことを言います。

高学歴であれば、卒業後の就職先も引く手あまたな印象はあるものです。大企業に就職する人ばかりで、ニートとは無縁のイメージもあります。

しかし実際のところは意外とそうでもなく、最近は良い大学を出ているのにも関わらず仕事が決まらず、思いがけずニート状態に陥ってしまう人は多いといいます。

仕事の選択肢が広いこと、本人のプライドが高くなっていること、いわゆるゆとり世代と言われるような打たれ弱い人たちが若い世代に多いこと……高学歴ニートが生まれることにはいろいろな原因があると言われています。高学歴だからといって、必ず良いところに就職できるとは限らないのです。

高学歴ニートになってしまう人の特徴とは…

高学歴ニートになる人には、共通点や傾向があります。まずは、高学歴になりやすい傾向のある人の特徴を見ていきましょう。以下のような特徴に心当たりのある人は、高学歴ニートになりやすいため要注意です。

プライドが高く人に指示されるのが嫌い

高学歴ニートになりやすい人は、高学歴ゆえに他の人と比べて少しプライドが高いところがあります。

そのため人に指示されることを嫌い、常に自分が上でありたいといった心理を持っています。だからこそ会社に属して上司の指示に従うことを、つい拒否してしまうのです。

また、プライドの高さは融通の利かない頑固さに影響にすることがあります。高学歴ニートになりやすい人は大企業にばかりエントリーして、頑としてその主義主張を変えようとしないため、そのこだわりが災いして就職に失敗し、高学歴ニートになってしまいます。

自分がやりたいと思った仕事しかしたくない

高学歴ニートになる人は、良くも悪くもわがままな性格の持ち主です。

自分の主張を通したいという意思が強いため、やりたいことに集中できる長所を持っている反面、やりたいことには全くと言って良いほど興味を示しません。

そのためやりたい仕事ができる会社から内定をもらえなければ、他の企業で妥協するなんて、まさにもってのほかと思ってしまうのです。それがいつまでも仕事が決まらない状態を作り、高学歴ニートになることに発展していきます。

勉強は好きだが人とコミュニケーションを取るのは苦手

高学歴でも、やはりある程度人とコミュニケーションが取れなければ、仕事をすることはできないでしょう。高学歴の人には、勉強は好きだが人とコミュニケーションするのは苦手といった人が意外と多い傾向にあります。

そのため就職の際にはつい弱気になってしまい、働くことから逃げてしまいます。そのせいで高学歴ニートになり、ますます「コミュ障」をこじらせてしまいがちです。

やりたいと思える仕事がない・夢がない

高学歴ニートになりやすい人は、逆にやりたいことがない、夢がないといった人も目立ちます。こだわりが強いのは確かに問題ですが、逆にこだわりが一切ないというのも問題ということです。

やりたいことがないということは、何にもやる気になれないということです。仕事にはやりがいを見いだすことができないため、働くモチベーションも上がらず、結果として高学歴ニートになってしまいます。

バイトの経験がない・少ない

高学歴ニートになる人は、アルバイトの経験が不足していたり、ほとんど経験がない人に多い傾向があります。

学生のうちにアルバイトをしてきていないということは、社会に出て働いたことがないということです。働いた経験のない人はどこか考え方が子供じみていて、打たれ弱いのが特徴的です。そのためなんとか就職しても、上司に怒られてすぐにやる気をなくし、逃げるように仕事を辞めてしまいます。結果として、高学歴ニートになってしまう人は多いです。

人一倍高学歴にこだわるところがある

他の人と比べて、高学歴であることにこだわる性質を持っているのも、高学歴ニートになりやすい人の特徴です。

高学歴にこだわるところがある人は、就職の際に「エリートコースを歩いてきたのだから、就職も失敗してはならない」と必要以上にプレッシャーを感じてしまいます。そして就職先も、なかなか中小企業では妥協できないでしょう。そのため、結果として高学歴ニートになり、就職先が見つからなくなってしまう人は多いです。

高学歴ニート予備軍がプライドの高さを見直すには

高学歴ニートにならないためには、まずは自分のプライドの高さを見直していくことが大切です。プライドを高く持つことは大事なことですが、そのせいで柔軟性を持てなくなると、高学歴ニートになるためのきっかけを作ってしまいます。

しかしプライドの高さを見直すこと、柔軟な考え方を持つことは、意外とそう簡単にできることではありません。高学歴ニートにならないためには、どのような方法でプライドの高さを変えていくべきなのでしょうか。

ニートのままでいることの危険性を知る

まずは、そのままニートでいることの危険性を考えてみましょう。ニートになって1か月~数か月程度ならまだマシですが、今後、何年もニート状態が続いていくと思ったらどうでしょうか。ゾッとしてしまう人も多いでしょう。

しかし何年も高学歴ニートを続けるかもしれないことは、決して冗談の範疇ではありません。無職の状態でずっと過ごしていると社会に出ることがますます億劫になっていくため、仕事をする気力なんてなかなか湧いてこなくなります。そのせいですっかり自室にこもりきりになってしまうニートも少なくありません。

そんな泥沼なニート状態に陥ってしまえば、家族にも迷惑をかけることになりますし、自分自身もどんどん精神的にまいっていきます。周りの人からは、「あの子って〇〇大学出てるのに、結局今はニートだなんて……」と噂されるかもしれません。

ニートでいることは、結果として自分で生きづらい環境を作ることなのです。

社会人経験の浅い自分の立ち位置を知る

社会人経験の浅い人は、社会的に見て序列はかなり下であることを受け入れなければなりません。

確かにそのあたりを歩いている社会人よりも、高学歴である自分の方が知識や学力は上かもしれません。ですが社会的なステータスや経験値は、明らかにニートである自分よりそのサラリーマンの方が上でしょう。これは紛れもない事実です。お金を稼ぐこと、周りの人に認められてステータスを上げていくことに関しては、ニートは何もできません。

社会に出たときの立ち位置を知らなければ、自分のプライドの高さは見直すことはできないでしょう。まずは冷静に自分の立ち位置を見つめ、考え方に少しでも柔軟性と謙虚さを持てるのが一番です。

高学歴ニートになったらどうしよう…仕事に困った時の対処法

高学歴ニートにならないためには、仕事に困ったときに無気力になるのではなく、就職先を見つけるために工夫を加えていく必要があります。

転職するなら転職エージェントに登録して相談する

今勤めている会社が嫌で退職したいとは思っているものの、このままただ辞めるだけでは高学歴ニートになってしまう……と感じたら、転職の際には転職エージェントに登録して確実に転職先を見つけることが肝心です。

プライドの高い人は大企業ばかり選ぼうとしてしまいます。自分でプライドの高さをコントロールできないなら、他の人に仕事を選んで紹介してもらうのが一番でしょう。エリートであることにこだわってしまう悩みがあるなら、そのことを担当エージェントに相談するのも大事です。

大企業にこだわらず就職・転職先の選択肢を広げる

高学歴ニートにならないためには、大手企業・有名企業にばかりこだわらず、選択肢を自分で広げる意識を持つことが必要になってきます。

いくら高学歴であっても、大企業を狙うのは大変で、狭き門であることには変わりありません。それで結果として高学歴ニートになってしまっては本末転倒なので、やりたいことができるなら、中小企業にもしっかりと目を向けてみましょう。

やりたいことを見つけることより仕事することを優先する

やりたいことが見つからないとやる気が出ないと思う気持ちはわかりますが、最終的にお金を稼がなければ生活はしていけません。その現実と向き合うことも大事です。

なかなかやりたいことが見つからず困っている人は、やりたいことよりもまずはとにかく仕事をすることを優先してみましょう。嫌な仕事でも、続ければやりがいを見いだせるようになっていくことは珍しくないため、高学歴ニートを避けるためにも、まずは仕事を見つけて稼ぐことを大事にしていきましょう。

自分で事業を起こす・フリーランスという選択肢も

どうしても人に指示されたくない、会社に所属するというのが嫌だという人は、高学歴ニートにならないためには、自分で事業を起こしたりフリーランスとして仕事を受注したりすることを考えてみましょう。

ネット社会の現代ですから、パソコン・スマホが1台あれば仕事の可能性は十分広げることができます。「指示されたくない、でも働くのも嫌だ」という状態ではただのわがままなニートなので、「指示されたくないならどうやってお金を稼ぐのか」をしっかり考えるようにしましょう。

まとめ

高学歴ニートになる人の多くは、プライドが他の人よりも高かったり、少し融通の利かない性格をしていたりするものです。それが悪い方向に働いてしまい、仕事が見つからずに高学歴ニートになってしまうのです。

せっかく素晴らしい学歴を持っているのですから、それを無駄にしてしまうのはとても惜しいことでしょう。高学歴ニートにならないためには、自分のプライドを見直すことからまず始めてみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。