職歴なしニート必見!就職する道筋を紹介

職歴なしニートは、数あるニートの中の状態の中でもかなり切羽詰まった状態にあります。その上、年齢のタイムリミットも近いことを考えると、就職するためには急いで行動を起こす必要があるでしょう。

ここでは、「焦ってはいるけれどどんな行動を起こせばいいのかわからない」という方のために、就職までの道筋をまとめて解説します。

おすすめの就職・退職代行サービス

30前後。職歴なし、ニート……この状態で取れる選択肢とは

30歳を控えている職歴なしニートの方、あるいは30歳をもう迎えてしまった職歴なしニートの方は、「何かをしなければならない」という圧力に苛まれていると思います。しかし、いざ行動を起こそうとすると、これまでの失敗がよぎってしまい、動きだせないという方も多いのではないでしょうか。
そうなると、「今の自分にはどんな選択肢が残されているのか」、途方にくれてしまう方も多いと思います。自分には何もないと、ふさぎ込んでしまう方もいるかもしれません。
断言しますが、職歴なしニートだからといって道が閉ざされるということは絶対にありません。常に選択肢は目の前に広がっています。大事なのは、自分の取れる選択肢を把握して、恐れずに進むことです。
ここでは、職歴なしニートの方が取れる選択肢を紹介し、それぞれどのようなメリットがあるのか、どんなものなのか紹介します。

ハローワーク

ハローワークは、年齢に関わらず職歴なしニートが取れる、最も一般的なサービスです。全国各地に存在するハローワークでは、日夜様々な求人を、職を求める人に紹介しています。
ハロワークのメリットは、なんといってもその求人数です。公的なサービスなので、求人を掲載する先にとりあえずハローワークを選ぶ企業も多く、自分がやりたい職場を探すことも不可能ではありません。
さらに、相談できる人がいるという点も魅力的です。ハローワークでは就職支援をしてくれる職員が何人もおり、自分の希望を伝えれば、適切な職場を探してくれます。
また、ハローワークに訪れる人は30歳前後であれば十分若手であるという点も、ハローワークのメリットです。職歴なしニートであっても、周囲の目に怯えることなく職を探せます。
ハローワークが各地方にあるという点もメリットです。他の選択肢はどうしても首都圏に偏っているので、地方に居住している方はハローワークが魅力的な選択肢になりえます。
ただし、公的な機関であるせいで、求職に融通が利きづらいという点がデメリットです。そのため、人と違った職業につきたいと考えている場合は、ハローワークでは適当ではないかもしれません。

就職エージェント

就職エージェントとは、自分の相棒となる「キャリアコンサルタント」がサポートしてくれる民間のサービスです。就職サイトなどとは異なり、就職のはじまりから終わりまでを、特定の1人がサポートしてくれます。
特定の担当者がサポートしてくれるというのが魅力的で、自分のことを理解してくれる担当者が、自己分析を手伝ってくれたり、自分に向いている仕事を探したりしてくれます。
ハローワークと比較すると希望を聞いてもらいやすく、それでいて、就職の出来る・できないを端的に伝えてくれる点が魅力的です。相談と面談を経て、自分の希望を素直に相談できる点も魅力です。
さらに、複数存在する就職エージェントはそれぞれ得意な媒体が異なっており、ニートの就職サポートを得意とする場所に行けば、引け目を感じるということもありません。たくさんの人と会いたくないという人にもおすすめです。
一方、就職エージェントは担当者によって合う・合わないの差が大きい点が欠点といえます。仮に自分とあわないような人が担当になってしまうと、良い就職ができない可能性があります。

自力就活

自力就活とは、企業のサイトや就職サイトを巡ることで、自分の希望の企業への就職を叶えるやり方です。最も自分の希望に沿った職業に就職することが可能です。
自分のペースで就職活動を行える点も魅力といえます。また、第三者に会うということもないため、色々な人と関わるのが苦手だというニートの方にも安心です。
また、誰かに自分のなりたい職業を話さなくて済むという点もメリットといえます。あまり人に話したくない夢を持っている方も、安心して就職活動ができます。
デメリットは、やはり就職活動にかかる手間が甚大だということです。履歴書作りから面接対策までを自分でやらなければならない他、万が一希望の場所がダメだった場合も、自分で他の場所を探さなければなりません。
その上、お金がかかる点もデメリットです。他の就職サポートを利用すれば何らかの助成金を利用できるのですが、自力就職ではそれも望めません。
以上の点から、よほど特定のスキルを持っているというわけでもなければ、自力就職はおすすめできません。どうしてもやるという場合は、お金と時間が普通よりもかかることを覚悟したほうがいいでしょう。

なりたい職業にチャレンジし続けている職歴なしニートの方へ

ニートになった理由は人それぞれだと思います。挫折してニートになった方もいれば、なんとなく流されてニートになった方もいるでしょう。また、夢を追っているせいでニートになってしまった方もいるはずです。
特に、職歴なしニートの方は、なりたい職業に就くことを夢見ているうちに時間が過ぎてしまった、という方も多い傾向にあります。確かに、なりたい職業を追うのは大切です。夢を持つことは素晴らしいと思います。
もし、チャレンジを続けていたせいで職歴なしニートの状態が続いているのなら、まずは1度就職してみるべきです。夢を諦めたくないという気持ちはわかりますが、当面の生活費を稼ぐことはもっと重要でしょう。
職歴なしニートの状態が続くと、「社会人=忙しくて余暇の時間がない」という方程式が成立してしまいがちです。しかし、実際に働いてみれば決してそんなことはありません。
むしろ、時間が経てば経つほど、そうした「余暇の少ない仕事」に就職せざるを得なくなります。30代前後ならまだまだ余暇の多い仕事に就職できるので、まずは就職してみてください。
そして、夢を追うのならどんな職業であれ職歴をつけておいたほうが良いと思います。職歴がない状態ですと、せっかく高い能力を持っていても企業が採用しづらいという実情があります。よって、まずは職歴をつけましょう。
また、漫画家・小説家・イラストレーターといった創作で稼ぐ方であっても、他人との関わりはそのまま人生経験として活きます。一見遠回りに見えるかもしれませんが、とりあえずの就職は夢を追う一歩になるのです。
よって、なりたい職業を追っているという方でも、まずは就職してみてください。

職歴なしニートでも就職しやすい職業も

職歴なしニートの方は、自信が持てないことが多いのではないでしょうか。「自分が就職できる職業なんてない」「自分を求めている職場なんてない」と、自分を卑下してしまうことも少なからずあると思います。
しかし、職歴なしニートであっても、常に求められている職場は存在します。特に人手の足りない職場は、職歴なしニートを大歓迎してくれることでしょう。
具体的には、営業職やIT系の仕事、サービス業・介護職などです。こうした職場は常に人手不足で、職歴なしニートという経歴がハンデになりません。
また、人手の足りない零細企業も狙い目です。もちろん、そうした求人は決して給料がよくありませんが、自分の興味のある分野ならキャリアアップを望めます。
また、需要が拡大し続けている仕事も、職歴なしニートが就職するのにはぴったりな職場です。例えば、介護職は少子高齢化社会が叫ばれる中、需要が拡大し続けており、職歴なしニートにおすすめといえるでしょう。
他にも運送系の企業は学歴も関係なく、ある程度体が動くのなら職歴なしニートでも問題なく就職できます。肉体労働は嫌だという場合は、IT系の仕事がおすすめです。

職業に貴賤なし。職歴なしニートだからこそ偏見に囚われていませんか?

職歴なしニートの方におすすめな職業をあげると、「そんな職業は嫌だ」「つきたい職業ではない」など、あまり良くない印象を持つ方が少なからずいます。
確かに、先述した職業の社会的な評判はあまりよくないかもしれません。しかし、全ての職場が必ずしもインターネット上で聞くような状態だとは限らないのです。
むしろ、実際に働いてみると、インターネット上の評判は全くあてにならないことがわかります。もちろん、環境の良くない職場もあるにはありますが、それはほんの一握りです。
職歴なしニートの状態が続いてしまっていると、「働く」ということ、ひいてはあらゆる職業に対して偏見を持ってしまいます。場合によっては、働いている人を見下して悦に浸ってしまうこともあるでしょう。
これは、職歴なしニートだからこそ陥ってしまう偏見です。偏った情報しか仕入れていないと、あらゆることの視野が狭くなってしまい、「職歴なし」の状態が長引いてしまいます。
職業に貴賎なし。働いている人はみんな素晴らしい、という言葉は、自分の中で反芻しましょう。働くことは、怖いことでも、悪いことでも、ましてや格好悪いことでもありません。
自分の中の偏見が足かせになって、就職できる職場が狭まってしまうのはもったいないことです。敬遠している職場から、意外な天職が見つかるかもしれません。
また、働く場所さえ見つかれば、別の職場へのステップアップも考えられます。職歴なしニートのままですと、あらゆる面で枷が出来てしまうので、なりたい職業がある人も、とりあえず就職することをおすすめします。
最初から正社員を目指して就職するのも、もちろん大事です。しかし、時には非正規雇用やアルバイトを使い、自分のやりたいことに近い職場からキャリアアップするのも大事です。

まとめ

職歴なしニートの方に多いのは、自分の評価が低すぎるか、あるいは高すぎる状態です。どちらにしても、一度就職してみれば、その状態は改善されます。
職歴なしニートという状態は好ましい状態ではありませんが、決して致命的な経歴というわけではありません。まずは人に相談し、仕事を探してみるといいでしょう。

ニートの最新記事8件

  • 半年ニートをしてみた 仕事しないことはこんなにも素晴らしい?

    ちょっと昔の人たちは、社会人でないことに人間であることから脱線してしまったようなものすごい恐怖感を感じ、そこに頑張ってなんとしてもしがみついていたりします。 現在はそのよう時代でもなく、それぞれの人たちがそれぞれ別々の人間として生き甲斐を見つけたりします。そこに生き甲斐というものが存在しているのならまだいいかもしれませんが。本当にニートの人たちは、生き甲斐を感じて生活していらっしゃるのでしょうか。…

  • ニートは転職できないって本当?対策について真剣に考える

    会社を辞めてすぐに転職活動しないで、しばらくニート生活を……。そして、転職活動するものの、なかなか上手くいかないという人たちがいます。結果、そのような人たちは、もっと長い期間ニートでい続けてしまうことになります。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 「ニートは転職に不利」は事実? 2 転職できないニートはパートでも繋ぐべき? 3 転職できないニー…

  • 就活に失敗 ニートになってしまうかも ここでしなければならないこと

    おおかた、ニートって、悪い意味で使われていることが多いのではないでしょうか。就活に失敗してニートになってしまったという方々が。真剣に就活と向き合わないで、ダラダラいい加減なモチベーションでいれば、いつでもニートになってしまう落とし穴があります。 あなたは、ニートでもいいでしょうと言うかもしれませんが、それはまだ若いから言うことができるのではないでしょうか。 若いからまだニートでいいのかもしれません…

  • 既卒でニートというのは事情が違うそろそろヤバいかも

    「ニート」、そのような人たちは、ニートという言葉に対していいイメージを抱いているかもしれません。そもそも仕事をしないことは美しいことなのです。人生たった一回なのになんで私達はしたくもない仕事に縛り付けられていなければならないのでしょうか。 社会人ということが、「しばられる」という意味合いならば、社会人でなくてもいいと思っている若い人たちがいます。 学生ニートという言葉があれば、(一般的には学生をニ…

  • ニート歴10年…… このままで大丈夫? そろそろ卒業しなければならない?

    ニート歴10年という人たちのことを、世間ではどのような評価をしているのでしょうか。 ニート歴10年は、まだまだ問題なし……という考えもあるでしょう。ニート歴10年は、相当マズいと思っている人たちもいます。一体どちらが正しい解釈なのでしょうか。 ニート歴10年でも、今後就職活動しようと思ったとき企業があなたをスムーズに雇用してくれればいいのですが。それほど企業は、甘いものなのでしょうか。 おすすめの…

  • ニートのその後をリサーチ 幸せになっているの?

    ニートとは、果たしてなんなのでしょうか。ニートといういい方をして、若い人たちをひょっとしたら甘やかしているだけなのかもしれません。なぜなら、若い人たちは、ニートという言葉をそれ程悪いイメージの言葉として使用していないからです。 若い人たちも自らニートといい、甘えの衣をまとい、大人たちもニートと批判しているものの、ニートという言葉をモラトリアムの許された期間にいる人たちを指す言葉としても使用していま…

  • ニートからの脱出 今のあなたなら出来ないことはない

    ニートはまだまだ余裕?いえ、まだ余裕と思っている時にこそ、脱出しなければならないのがニートではないでしょうか。なぜあなたはニートを選択したのでしょうか。また、今回、ニートからの脱出方法についてアドバイスしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 なんであなたはニートという選択をしたのか 2 いつまでもニートは笑えない 3 ニートからの脱出を…

  • ニートって、「お金稼ぎ」はどうしているの?

    ニートとは、基本、何もしていない人たちのことです。何もしないでいい……、それは非常に羨ましいことです。みなさんも、できれば気楽なニート生活をしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし、実際に何もしないでいいということがあり得るのでしょうか。何もしなければ、お金がないということです。お金がなければ飢え死にしてしまうことになりますが。 ニートと言うものの、はっきりと言えば、お金稼ぎとはしっかり向…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。