ニート期間が長いと就職はきつい?仕事の始め方やおすすめ職業とは | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

ニート期間が長いと就職はきつい?仕事の始め方やおすすめ職業とは

ニートの人にとって、就職の際に悩みに感じられるのはやはり「ニートでいる期間が多い自分でも就職できるのか」ということです。ニート期間が長ければ、自分でも雇ってくれる職場はあるのか心配に思うでしょう。

ある程度長くニート期間を過ごしている人は、仕事はどのように始めていけば良いのでしょうか。ニートを抜け出すのには、上手な仕事の始め方、そして自分に合った仕事を見つけることが大切になります。

そこで今回は、ニート期間の長い人に向けて、仕事の始め方やおすすめの職業をご紹介していきます。

どれくらいの期間無職だと「ニート」になる?

ちなみに、人はどれくらいの期間を無職の状態で過ごすと「ニート」という扱いになるのでしょうか。

具体的に期間の定義が決まっているわけではありませんが、ニートとは仕事も就職活動も行っていない若者のことを指します。つまり無職で、就活もしていない状態が続いた時点で、その人は世の中的にはニートということになります。

ニートの就職は、はっきり言ってそこまで簡単なものではありません。ニートの期間が数か月続いた時点で、次の就職は正直きつい状況になりかけていると考えて良いでしょう。

ニート期間の長い人はなぜ就職がきついのか

では、ニート期間の長い人はなぜ就職が大変になるのでしょうか。ニート期間の長い人の就職が難しい理由・その実態を見ていきましょう。

ニート期間が長いため仕事する気が起こらない

まずは本人の意欲が問題として関わってきます。ニートの期間が長ければ、仕事をする毎日という感覚は自分の中でどんどんなくなっていき、働く呪縛から解放された状態に慣れていってしまいます。

そのため急に毎日忙しく働く状況に自分を追い込むのを、人は自然と拒絶してしまうのです。言ってしまえばニートの期間が長いと面倒臭さが先行してしまい、「もう少し経ったら就活すれば良いか」という心理になりやすいのです。

ニートでいた空白期間の説明に困る

ニートの期間が長いと、まず就活の際に自分の空白期間の説明に困ることが多いです。なぜ仕事をしていなかったのか、就活を始めるまで時間がかかったのはなぜなのか、先方に納得のいく説明をしなければならず、その言い訳に困る人はやはりたくさんいます。

そのため、結果としてあいまいな言い訳をしてしまい、面接を受けても採用を勝ち取れないことは多いのです。「この人はニートだったんだな。何かと問題がありそうだし、採用は見送ろう」と企業側には感じられてしまうということです。

ニートでもできる仕事がなかなか見つからない

ニートの期間が長いと、仕事の選択肢も少なくなりがちです。ニートの期間が長いと、やはり積極的に採用を考えてくれる企業は減っていきます。応募したくても条件を満たすことができない…ということも増えていくでしょう。

仕事の選択肢が少ないことは、やはり就職のしづらさに響くものです。ニート期間が長ければ長いほど、選択肢は狭まりやすいと言えるでしょう。

ニート期間が長い人の仕事の始め方

では、ニートでいた期間が長い人は、どのように仕事を始めるのが良いのでしょうか。仕事の探し方、採用面接をパスする方法などは、以下を参考にしていってください。

まずはニート脱却のためアルバイトを探してみよう

ニートの期間が長い人は、そもそも働く意欲から失ってしまっている人が正直多いです。いきなり正社員で働くのはしんどい…と思う人もたくさんいるでしょう。

そのためまずは、ニート脱却のために、アルバイトから始めるのがおすすめです。正社員でなくとも、バイトとして働いていれば、ニートという扱いにはなりません。仕事をする習慣もつくため、働く意欲が取り戻せて就職もスムーズになるはずです。

ニート期間が長いせいで働きたくない…と思っている人は、まず週2~3回のアルバイトから始めて、社会復帰を目指しましょう。

ハローワークや就職エージェントを利用しよう

ニートの期間が長い人は、ハローワークや就職エージェントを使って就活しやすい環境を用意していきましょう。

ニートの期間が長ければ、その分仕事探しに困るのは当然のことです。どんな仕事があるのか、ニートでいた時期についてはどう説明するのが良いのか、都度相談することができるのは強い利点になります。就職について悩みに感じていることは、積極的に相談していきましょう。相談や職業紹介だけでなく、面接対策や研修などもたくさん行ってくれます。

友人知人のつてをたどって仕事を見つけるのもあり

ニートの期間が長ければ、就職しようとしてもなかなか仕事が見つからないきつさは伴うものです。実際にハローワークなどを使っても、思うように仕事が見つからない、内定をもらえないことはあるかもしれません。

そんなときは友人や知人のつてをたどり、仕事のあてを探すのもおすすめの方法です。仕事に困っているなかで、友人知人、もしくは親戚などから仕事の誘いや紹介を受けた場合は、なるべく積極的に話を聞いておきたいところです。

ニート期間が長い人におすすめの職業

ではここからは、ニートの期間が長い人におすすめの仕事をご紹介していきます。ニート期間が長い人は、傾向として接客など密なコミュニケーションのある仕事を避けるところがあります。それはやはり、長い間社会と離れた生活を送ってきているからでしょう。

コミュニケーション量の少ない仕事であれば、人に対して気を遣うことも少なくなるため、仕事も続けていきやすくなります。ニートの期間が長かったからこそ、就職しても仕事が続くかどうか不安に感じている人も多いでしょう。

ニートの状態から仕事・アルバイトを探すときは、以下のような職業がおすすめです。

ニート期間が長い人におすすめ①:工場

ニートの期間が長い人には、まず工場の仕事がおすすめです。主に工場のラインで検品や梱包などの作業をする仕事になります。

単純作業の多い仕事なので、基本的には特別なスキルを必要としない場合がほとんどです。長く働いてこなかった人でもチャレンジできる可能性は十分にあると言えるでしょう。

また、工場の仕事は作業が中心となるため、コミュニケーションの数自体もそこまで多くありません。人と接するのが苦手でニートになってしまった…という人でも、工場の仕事なら挑戦はできるのではないでしょうか。

また、工場の仕事は、単発・短期のアルバイトでも数多く募集しているため、社会復帰を考えてバイトを見つけるときにもおすすめです。まずは短期的でもいいから働き始めたいというときには、積極的に考えてみましょう。

ニート期間が長い人におすすめ②:事務

事務の仕事も、ニートの期間が長い人にはおすすめです。事務は座ったまま仕事ができるため、体力に自信がない人には特に向いています。パソコンスキルはある程度必要になる場合が多いですが、一般事務であれば、困らない程度にワードやエクセルに入力ができれば問題ないことが多いです。

コミュニケーションの量については、仕事内容や職場によって異なるのが特徴的です。黙々とデータ入力をするような事務仕事の場合は、勤務中にほとんど会話をしないことも多いですが、事務とは言ってもいろいろなファイル・資料の管理が伴う仕事の場合は、周りの人に逐一確認をとらなければいけないなど、密なコミュニケーションが必要となってきます。

事務は、事務と一口に言ってもやることが多岐にわたることが多いです。ニートの期間が長い人でも挑戦できる可能性がある仕事ではありますが、具体的にどんなことをする仕事なのかは、よく確認しておいた方が良いでしょう。

ニート期間が長い人におすすめ③:運転手

ニートの期間が長い人には、運転手の仕事もおすすめです。よくあるのは物流などのトラック運転手です。トラックが運転できる免許は必要になりますが、他に紹介している仕事と同じで比較的コミュニケーション量が少なく単純作業になりやすいため、ニートの期間が長い人でも挑戦できます。

運転手の主な仕事は運転以外には、荷下ろしや荷積み、それに伴う検品作業などです。配送先・配送元とは確認のために少しコミュニケーションをとる必要がありますが、基本的にそれ以外はほとんど会話をせず仕事をすることができます。

その他にはバス運転手や、タクシー運転手などもあげられます。ちなみにタクシー運転手は業界的に人手不足になっていることも多いため、ニートの期間が長くても採用される可能性は高いというメリットもあります。

ニート期間が長い人におすすめ④:清掃

清掃の仕事も、ニートの期間が長い人にはおすすめです。清掃も黙々と清掃業務を行うタイプの仕事なので、人に対して気を遣うことは少ないでしょう。特に一人で現場に行って清掃を行う仕事の場合は、ほぼ会話をすることはなくなります。

ただ、何人かのチームで協力して清掃作業を行う場合は、もちろん他のメンバーとしっかりコミュニケーションをとらなくてはいけないため、協調性も求められます。その他大型のショッピングモールや駅ビルなどの清掃員の場合は、店内の清掃中にお客様から質問されたりすることも出てきます。場所によってはある程度会話も必要になることを覚えておきましょう。

ちなみに清掃の仕事は、意外と体力を使うものが多いため、久しぶりの社会復帰で正直体力に自信はない…という人は要注意です。短い時間の中で効率的に早く清掃業務を行うことを求められることも多いため、テキパキやることをこなすことが重要になってきます。

まとめ

ニートの期間が長いと、その分社会復帰はやはり難しくなりがちです。本人がまず働く気持ちを失ってしまうので、就職に向けてその重い腰を上げるのはなかなか大変ということです。また、仕事の選択肢が狭まりやすいことも、就職が難しい理由の一つになります。

もうニートでいる期間も長いので、そろそろしっかり就職したい…と思ったら、ハローワークや就職エージェントなどを積極的に活用しましょう。そして自分にできる仕事を見極め、早めに就職先を見つけられるよう、動いていくことが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。