25歳ニート「職歴なし。」が仕事を選ぶときに気をつけるポイントはこれ! | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

25歳ニート「職歴なし。」が仕事を選ぶときに気をつけるポイントはこれ!

職歴なしの25歳ニートが、「このままではいけない。」と奮起し、仕事を選ぼうとした場合に思う一番のこと言えば、「果たして25歳の今、就職できるのだろうか。」という不安ではないでしょうか。

その答えはズバリ!「25歳ニートでも大丈夫!」です。

ではなぜ25歳ニートでも就職することができるのか、その根拠と就職を現実のものとし、今後ニートに戻ることのない仕事選びなどについて紹介していきます。

25歳ニートが就職を決意する時に気になるポイントは?

25歳でニートとなってしまった人が奮起し、就職を決意する時に気になる一番のことはやっぱり、

「25歳ニートでも本当に就職することができるのだろうか。」

ではないでしょうか。

そしてもしも奮起せずに、

「このままニートを続けたら自分はどうなってしまうのだろう。」

と、このままニートでいることを選んだ場合も気になるというのは本音ではないでしょうか。

25歳ニートが就職を決意する時に気になるポイントについて詳しく見ていきましょう。

25歳ニートでも本当に就職できる?

25歳ニートでも本当に就職することはできます。

求人を見てみると「第二新卒歓迎」というものを多く見かけることがあると思います。

第2新卒として扱われる年齢が25歳までという意味でも25歳ニートは、まだまだ就職し、ニートを脱出することができる年齢です。
さらに今は、高齢化や人口の減少で、人材不足が深刻化しています。どの業種も人材を求めていますし、その中でも25歳という年齢はまだまだ企業にとっては若く、採用したい年齢
で需要があるのです。

このままニートを続けたらどうなる?

25歳の今、ニートのままでい続けると、数年は今と同じ状態で何ら違いを感じることはないでしょう。

しかし、1ヶ月、半年、1年とニートを続けることで、ニートから脱出することが今よりもグッと難しくなってしまいます。

25歳までは学校を卒業後、就職した先から転職する場合も多いので気にはなりませんが、25歳を境に会社に落ち着いていく人が多くなります。

そうすると25歳を過ぎてニートを辞め就職した場合と、25歳でニートをやめて就職した場合の生涯年収に大きな違いが出てきてしまいます。

25歳ニートでも採用する採用担当者のリアルな本音を紹介!

25歳ニートでも本当に就職することができるかどうか。実際に企業の採用担当者として多くの人の面接対応を行っている採用担当者のリアルな本音を紹介します。

ブランクがあることやその期間はあまり問題視しない

採用の際に、25歳ニートとなっている人は、自分にブランクがあることをすごく気にすると思います。

それが採用のデメリットとなるのでは?と思うでしょうが、実は、採用担当者側からするとブランクがあること、その期間はそれほど問題視されることはないのです。

ニートとしてどんなにブランクがあったとしても、仕事がスタートすると、大抵は1週間~2週間もあれば社会人モードになる人がほとんどと採用担当者は言います。

そのことからも、ブランクがあること、その期間がそれなりに長いことなどは、それほど心配する必要はありません。

資格はないよりはあった方が良い

無理に資格取得をする必要はありませんが、資格はないよりはあった方が良いです。

もしも、自動車の普通免許を取得していない場合は、外に出るというリハビリも兼ねて自動車免許の取得はしておいた方が良いでしょう。

就職したい業界がある場合は、その業界で活かせる資格を取得しておくと、もちろん就職に有利に働く可能性が高くなるので考えてみることをおすすめします。

面接時の声は大きめの方が印象がいい

面接時には、声が大きい方が採用担当者からの印象が格段に良くなります。

ニートの期間があったとしても、声を大きめにして受け答えをしているだけで自信があるように見え、仕事もしっかりこなせる人という印象を持つようです。

そのため、25歳でニートだということで自信がないかもしれませんが、採用率を高めるためにも、声だけは大きくを意識して面接に臨むようにしましょう。

面接時しっかり目を見て話す方がいい

声の大きさと同じくらい採用面接時に取り組むべきことは、採用担当者と話をする時に相手の目をしっかり見て話をすることです。

採用担当者は、面接に訪れる人の目線がどこを向いているのかを重要視するようです。

相手の目を見て話をするという当たり前のことができる人とできない人では、採用後の業務の意思疎通にも通づるものとして、相手の目を見て話ができるかどうかはとても重要視されています。

ニートよりフリーターの方が安心なのは本音

企業としては25歳のニートと25歳のフリーターを比べると、安心して採用できるのは25歳のフリーターです。

企業によっては、ニートもフリーターも関係がないというところもあれば、アルバイト経験のある方が採用しやすいというところもあります。

25歳ニートで就職が不安という場合は、週に2回~3回程度でもいいので、まずはリハビリを兼ねたアルバイトを始めた方が就職に有利になるかもしれません。

25歳ニートが就職!自分に最適な仕事を選ぶたためにできること

25歳ニートからの就職を目指したいという場合、安心して働くことができる環境や、自分に合う仕事を選びたいと思いますよね。

そこで、自分に最適な仕事を選ぶために最低限やっておきたいこと、できることをいくつか紹介します。

25歳ニートでも働きやすい環境が整っているかをチェック

25歳ニートでも、ニートではなくても長く安心して働くためには、働きやすい環境が整っているかどうかをチェックすることはとても大切です。

仕事を選ぶ場合は、お給料や福利厚生だけではなく、

・残業時間が少ない
・きちんと休みを取ることができる
・社内の人間関係が良い 

というような会社を選ぶと安心して働くことができます。

25歳ニートをつけ込むブラック企業ではないかを調べてみる

企業の中には、ニートだった人をつけ込むように長時間労働やノルマを強要するような扱いを受ける場合があります。

せっかく25歳でニートを脱出し、社会人として頑張ろうとする矢先にそのようなブラック企業にあたってしまうと、精神的にも肉体的にも疲弊し、その結果、すぐに会社を辞めなくてはいけない事態に陥ってしまいます。

そして最悪の場合、ニートだった時以上に社会復帰しづらい状態になるかもしれません。

そのような事態にならないためにも、25歳ニートからの就職は、働ければどこでもいいというのではなく、ブラック企業だけは選ばないようにその企業の社員の口コミなどを慎重に調べるようにしましょう。

25歳ニートでもできる仕事、職種を選ぶ

25歳ニートが仕事を選ぶときにやりがちなことは、自分はどんな仕事が向いているのか、好きなのかという部分を考えずに、ニートだった自分を認めて雇ってくれる会社を選びがちなことです。

仕事は、ただ働くことができればいいというものではありません。

毎日の仕事は、日常となるくらい大きな比重を占めるからこそ、自分に向いている仕事を選ぶことが大切です。

人とのコミュニケーションを取るのが苦手という場合は、製造業など黙々と作業ができる仕事が良いですし、人との会話が好きという場合は、販売や営業の仕事が良いというように仕事や職種を選ぶようにしましょう。

25歳ニートから抜け出すためにまず始めることは?

25歳ニートでも、

「仕事に就くことができること。」
「仕事を選べないと思う必要はないこと。」

などがわかりました。

25歳ニートとして生活している今を少しでも抜け出すために、今からでもできることをいくつか取り上げてみましたので、就職先を探しながら実践してみるようにしましょう。

ネットに依存しない生活を意識する

25歳ニートの状態ではなくても、ネットに依存している人は数多くいます。

しかし、ニートという状態を考えると、24時間いつでも自由に動画を見たり、ゲームをする時間があるため人によっては、1日中ネットに依存した状態という人もいると思います。

昼夜の時間が逆転したり、どんなことよりもゲーム、動画が最優先というネットに依存した意識を少しでも改善できるようにしましょう。

外出する機会を意識的に作る

25歳ニートの状態は、人と話をする機会がほとんどないという人も多いですよね。

25歳でニートから脱出しようと思ったら、まずは1日1度でもいいので外へ出かけるようにしましょう。

近くのスーパーやコンビニから、近くのショッピングセンターなど人のいるようなところに出かけて、外の空気を吸うだけでも大丈夫。

最初は疲れてしまうと思いますが、徐々に外出する機会を設けながら、人に会ったり話をする機会を作ることをおすすめします。

規則正しい生活に戻す

25歳でニートとして過ごしている人の中には、昼夜逆転している人も多いと思います。

社会人として働く人の基本は、朝出勤して夕方退社するという生活スタイルが多いので、できるだけそのような生活に戻していくようにしましょう。

25歳ニートが就職するためにやるべきことは?

最後に25歳ニートが確実に就職するためにやっておくべきことをお伝えしていきます。難しい部分もあるかもしれませんが、まずは自分ができることから始めてみましょう。

就職エージェントの利用

25歳ニートがいきなり自分ひとりで就職活動を開始するというのは、かなりハードルが高いのが現実です。

そこで利用できるサービスを利用することをおすすめします。

最寄りのハローワークやニートに対応した公共の支援を受けたり、民間会社が行っている就職エージェントを利用してみましょう。

就職エージェントには、ニートに特化しているところもあり、単なる求人情報の提供だけではなく、

・就職相談を受けることができる
・求人の内容は人間関係なども網羅している
・履歴書や面接の指導を受けれる 

などがあり、無事に内定にこぎつけることができるような支援が行われています。

なぜニートになったかの理由を明確にする

25歳のニートから脱出するために行動しようと思ったら、ただ漠然と就職活動を行うのではなく、なぜ自分はニートになってしまったのかをもう一度明確にしてみましょう。

例えば、

・一度は就職したけれど、ブラック企業だった
・体を壊してしまい就職するタイミングがなかった
・一生働ける資格を取得したいと挑戦しているうちにニートになってしまった

など、同じ25歳ニートでも、ニートになってしまった理由は人それぞれだと思います。

ニートとなっていた理由を明確にすることは、次の仕事を選ぶ上でも重要です。
また、面接時にニートになってしまった理由を、採用担当者の納得できる内容として考え表現することもできるようになります。

自己分析をしてみる

25歳でニートになってしまった理由だけではなく、自己分析をすることもおすすめします。

自己分析を行うと、自分に合う職種や業界を見つけやすくなり、自分の強みやアピールポイントは何かを明確にすることができるので自信に繋がります。

自己分析は、

・自分の性格や特性
・好きなことや興味のあること
・得意なこと
・これまで一番頑張ったこと
・嫌いなこと 

などを紙に書き出してみると良いでしょう。
文字にすることで、客観的に考えることができるようになります。

また、自己分析を行っているセミナーなどにも参加してみるとさらに、自分はどういうタイプなのかがわかるので就職に役立つ自己分析を行うことができます。

まとめ

25歳ニートが就職し、ニートから脱出するためにやっておくべきことや、できることなどについて紹介しました。

何かをキッカケにして25歳でニートの状態となってしまうと、もう社会復帰はできないんじゃないかと思う人も多いようですが、決してそんなことはありません。

できれば25歳のうちにニートからの脱出をすることで、希望する仕事に就ける可能性も高くなるので、今のうちに第一歩を踏み出してみてはどうでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。