ニート歓迎の求人はホント?ニートにおすすめの求人の見つけ方とは?

「ニートを歓迎している求人なんてあるわけがない。」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

膨大にある求人の中には、「ニート歓迎」としている求人もある一定数以上あります。

そこで本記事では、ニート歓迎の求人はどこにあるのか、その求人の見つけ方などを紹介していきます。

おすすめの就職・退職代行サービス

ニート歓迎の求人を見つける方法を伝授!

ニート歓迎の求人を見つける方法は、ひとつではなくいくつかあるので、その方法についてお伝えしていきます。

ひとつだけを選んで行うのではなく、複数の方法を同時進行で行いながら自分に合うものを選ぶようにすると効率的にニート歓迎の求人に出会うことができます。

ニート歓迎の求人を探すコツ①ニートに特化した就職支援サービスを利用する

民間企業が行っている就職支援サービスの中には、就職や転職を希望する人が利用するものから、ニートに特化したものまで、利用する人のニーズにマッチしたものが多くあります。

どのタイプの就職支援サービスでも、自分専任となるアドバイザーがつき、就職に関する様々な不安や疑問点の相談と解消、適職などを導き出します。

その結果、安心して働くことのできる職種や企業の紹介を受けることができるので、気になるところがあったら応募してみましょう。

応募の際には、採用に繋がる履歴書の書き方や面接の方法などを教えてくれるます。

ニートでも安心して面接に挑むことができ、採用へと導いてくれるので、とても心強いサービスです。

ニート歓迎の求人を探すコツ②ハローワークで相談する

どの地域に住んでいても利用できるのが、ハローワークです。

ハローワークでは雇用に関する相談や指導を行う行政機関なので、年齢制限はもちろんニートの状態でも誰でも利用することができます。

求職の申し込みを行った時点で、対外的にはニートの状態ではなくなり、仕事を求めている人になります。

ハローワークでは、

・職業相談
・応募したい求人に対して、先方と連絡を取り紹介状を書いてもらう
・職業訓練へ通うことができる

など、手厚いサービスを受けることができます。

ニート歓迎などニートに特化した求人のみという扱いではありませんが、手軽に利用できるのでおすすめします。

ニート歓迎の求人を探すコツ③未経験者歓迎!という求人を探す

ニートで求人を探す場合、「ニート歓迎」という求人ばかりではなく、「未経験者歓迎」という求人も一緒に探してみましょう。

数ある求人の中には、「ニート歓迎」の求人が少なくても「未経験者歓迎」という求人は多いものです。

未経験歓迎の仕事なら、職歴や実務経験がない人(ニート状態の人)が応募してくることを企業側も想定しているので、最初から採用のハードルが低いです。

業務もゼロから教育していきたいという企業が多いので、おすすめです。

ニート求人を保有!おすすめのニートに特化した就職支援サービス

ニートでも応募できる求人を多く保有している「ニートに特化した就職支援サービス」は、複数あります。

そこで質の高いニート求人を多く保有していて、ニートから脱出し、安心して働くことのできる職場へ就職することができた人の多い就職支援サービスを紹介します。

ジェイック(JAIC)

ジェイック(JAIC)では、ニートの人必見となる「未経験から正社員になるために」という社会人として生きていくために必要な知識を学ぶことのできるジェイック(JAIC)独自の就活講座を行っています。

ニート向けのコンテンツも多くあり、安心して社会復帰できるような支援が行われています。

ニートに特化した求人情報も多く保有しているため、採用率は80%以上、就職後の定着率も高いのでニートで就職したいという人に人気があります。

Re就活

20代ニートの求人を見つけたいという時に最適なのが、20代ニートや第二新卒という人の転職活動の支援を行っているRe就活です。

未経験者歓迎という求人を多く保有しているだけではなく、企業から「スカウト」が来ることもあります。

多くの可能性を試しながら「ニートの求人を探したい。」「就職したい。」という人におすすめです。

ハタラクティブ

数ある就職支援サイトの中でも老舗と言われているハタラクティブは、これまでニートから就職したという支援実績の数が15万人を超えています。

ニート求人を保有しているという理由だけではなく、ニートが安心して就職できるようなサービスが行われていることが、これだけの数のニートを就職・社会復帰に導いていると言えます。

ハタラクティブは、関東圏を中心に大阪・名古屋・福岡にも拠点があるので、関東圏に住んでいない人でも便利に利用できます。

ウィズキャリ

ウィズキャリは、他社の就職支援サービスと基本的には変わりませんが、他社との大きな違いは、ニートが就職に向けて不安なく取り組むことができるサポートが万全という点です。

特に時間をかけたヒアリングには定評があり、じっくりと、

・これからどんな仕事に関わっていきたいのか
・得意なことは何か
・ニートとなってしまった原因
・なぜ自信をなくしてしまっているのか

などを掘り下げ、自信を持って就活に取り組むことができるように、一般的なヒアリングよりも10倍近くの時間をかけて行われていきます。

自己分析をしっかり行った上で就職活動が開始されるので、安心して取り組むことができ、なおかつ自分にマッチした就職先を見つけることができます。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートキャリアが運営している大手の転職・就職支援サイトです。

自分がどんな人間なのか、どんな仕事が向いているのかなど、自分自身がよくわからないという人など自己分析が苦手という人におすすめです。

リクナビNEXTでは、「グッドポイント診断」という自己分析できるツールなどが充実しています。

ニートとなってしまった自分自身を見つめ自己診断を行うことで、安心して就職活動できる環境を整えることができます。

ニート歓迎の求人を求めて利用!就職支援サービスを選ぶポイントは?

「ニート歓迎の求人を少しでも多く手に入れたい。」
「安心して働くことのできる仕事に就きニートを脱出したい。」

と思ったときに利用したい就職支援サービスは、実際に探してみると複数あり迷ってしまうと思います。

そこで、就職支援サービスを選ぶポイントをいくつか紹介しますので、それを参考に選んでみましょう。

ニート向けの支援やコンテンツが充実している

就職支援サービスの中には、ニート向けのコンテンツの充実に力を入れているところもあります。

そのようなサービスを利用することで、就活に必要となる知識などをしっかり習得することが可能となります。

ニートである期間があったとしても、それが不利にならないような履歴書の書き方、面接での受け答えなども習得できるのでしっかり対策をしたうえで面接などに臨むようにしましょう。

文章の記載だけでは理解しづらいという人のために、動画のコンテンツや、Q&Aを用意しているところもあるので、自分が理解しやすそうなサービスを選んで利用すると安心です。

求人検索をしやすく利用しやすい

就職支援サービスでは、ニート歓迎の求人をはじめ多くの求人情報を得ることができます。 その数があまりにも多いので、自分の希望する求人を見つけるのが大変です。そのため、就職支援サービスを利用する場合は、求人検索のしやすいサービスを利用することも重要です。 どんなに求人数が多くても、希望する求人を見つけるのにすごく時間がかかったり、見つけられないということも多いので求人検索のしやすさは重要視して選ぶようにしましょう。

「ニート歓迎!」ということがわかる求人がある

求人票を見てみると、応募資格や給与、福利厚生などが記載されていますが、それ以外にもその企業で働く上での情報がいくつも記載されているので、気になる求人を見つけたらじっくり見てみましょう。 特に、 「未経験者歓迎」
「入社後の研修が充実している」 というものは、応募時に知識や経験がなくても入社後に覚えていけば大丈夫という安心感があるので、ニートの求人としては安心材料のひとつとなります。 求人票には嬉しい情報ばかり記載されている訳ではありません。 求人票の中には、正社員ではなく派遣社員の求人という場合も少なくありませんので、じっくり確認し、疑問点があったら面接時などに確認するくらいの気持ちでいることが大切です。

ニート歓迎の求人への応募は、就職支援が手厚いサービスも受けながら挑戦することが大切!

ニート歓迎の求人を見つけて応募する場合、自分ひとりで履歴書を用意し、面接に挑むという人も多いかもしれません。

良い求人を見つけて希望通りの就職を成功させるためには、就職支援サービスやハローワークなどのサービスを受けながら挑戦するようにしましょう。

就職支援サービスなどニートの支援を行っているところでは

・履歴書の書き方
・面接の対応

など、ニートであった時期が不利にならないようなアピール方法などの指導を受けることができるので、どんどん利用するようにしましょう。

まとめ

ニートでも歓迎している求人は、探してみると実は思った以上にたくさんあり「未経験者歓迎」という求人も合わせると、ニートでもなんとかなるかな?と思えると思います。

今度こそは、無理なくそして長く働くことのできる働く環境の良い企業の求人を見極めて応募することが大切です。

決して無理することなく、自分の希望や適正にマッチする求人をぜひ見つけてくださいね。

ニートの最新記事8件

  • 半年ニートをしてみた 仕事しないことはこんなにも素晴らしい?

    ちょっと昔の人たちは、社会人でないことに人間であることから脱線してしまったようなものすごい恐怖感を感じ、そこに頑張ってなんとしてもしがみついていたりします。 現在はそのよう時代でもなく、それぞれの人たちがそれぞれ別々の人間として生き甲斐を見つけたりします。そこに生き甲斐というものが存在しているのならまだいいかもしれませんが。本当にニートの人たちは、生き甲斐を感じて生活していらっしゃるのでしょうか。…

  • ニートは転職できないって本当?対策について真剣に考える

    会社を辞めてすぐに転職活動しないで、しばらくニート生活を……。そして、転職活動するものの、なかなか上手くいかないという人たちがいます。結果、そのような人たちは、もっと長い期間ニートでい続けてしまうことになります。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 「ニートは転職に不利」は事実? 2 転職できないニートはパートでも繋ぐべき? 3 転職できないニー…

  • 就活に失敗 ニートになってしまうかも ここでしなければならないこと

    おおかた、ニートって、悪い意味で使われていることが多いのではないでしょうか。就活に失敗してニートになってしまったという方々が。真剣に就活と向き合わないで、ダラダラいい加減なモチベーションでいれば、いつでもニートになってしまう落とし穴があります。 あなたは、ニートでもいいでしょうと言うかもしれませんが、それはまだ若いから言うことができるのではないでしょうか。 若いからまだニートでいいのかもしれません…

  • 既卒でニートというのは事情が違うそろそろヤバいかも

    「ニート」、そのような人たちは、ニートという言葉に対していいイメージを抱いているかもしれません。そもそも仕事をしないことは美しいことなのです。人生たった一回なのになんで私達はしたくもない仕事に縛り付けられていなければならないのでしょうか。 社会人ということが、「しばられる」という意味合いならば、社会人でなくてもいいと思っている若い人たちがいます。 学生ニートという言葉があれば、(一般的には学生をニ…

  • ニート歴10年…… このままで大丈夫? そろそろ卒業しなければならない?

    ニート歴10年という人たちのことを、世間ではどのような評価をしているのでしょうか。 ニート歴10年は、まだまだ問題なし……という考えもあるでしょう。ニート歴10年は、相当マズいと思っている人たちもいます。一体どちらが正しい解釈なのでしょうか。 ニート歴10年でも、今後就職活動しようと思ったとき企業があなたをスムーズに雇用してくれればいいのですが。それほど企業は、甘いものなのでしょうか。 おすすめの…

  • ニートのその後をリサーチ 幸せになっているの?

    ニートとは、果たしてなんなのでしょうか。ニートといういい方をして、若い人たちをひょっとしたら甘やかしているだけなのかもしれません。なぜなら、若い人たちは、ニートという言葉をそれ程悪いイメージの言葉として使用していないからです。 若い人たちも自らニートといい、甘えの衣をまとい、大人たちもニートと批判しているものの、ニートという言葉をモラトリアムの許された期間にいる人たちを指す言葉としても使用していま…

  • ニートからの脱出 今のあなたなら出来ないことはない

    ニートはまだまだ余裕?いえ、まだ余裕と思っている時にこそ、脱出しなければならないのがニートではないでしょうか。なぜあなたはニートを選択したのでしょうか。また、今回、ニートからの脱出方法についてアドバイスしましょう。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 なんであなたはニートという選択をしたのか 2 いつまでもニートは笑えない 3 ニートからの脱出を…

  • ニートって、「お金稼ぎ」はどうしているの?

    ニートとは、基本、何もしていない人たちのことです。何もしないでいい……、それは非常に羨ましいことです。みなさんも、できれば気楽なニート生活をしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし、実際に何もしないでいいということがあり得るのでしょうか。何もしなければ、お金がないということです。お金がなければ飢え死にしてしまうことになりますが。 ニートと言うものの、はっきりと言えば、お金稼ぎとはしっかり向…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。