ニート就職支援を有効活用してニートから正社員になる方法 | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

ニート就職支援を有効活用してニートから正社員になる方法

ニートから正社員になる方法としておすすめなのは「ニート就職支援」を有効活用することです。

「ニート就職支援」とはどういうもの?どこでそんな支援を受けることができるのだろうという人のために、ニート就職支援とはどういうものなのか、支援の内容など気になることを紹介します。

ニート就職支援とは?どんな支援を受けることができる?

ニート就職支援とは、公的機関、民間企業などいくつかの支援機関で行われているものです。

ニートの状態の人が安心して就職活動を行い、無事に長く勤めることのできる企業へ正社員として働き、社会復帰するための支援を行います。

ニート就職支援は、

・適職を見つけるためのカウンセリング
・求人情報の提供
・求人応募のサポート
・履歴書の添削
・面接指導
・就職後のサポート 

などニート就職支援サービスを行っている機関によって多少の違いはあるものの、孤独になりがちな就職活動の手厚いサポートが行われています。

ニート向け就職支援サービスの種類

ニート向け就職支援サービスは複数あり、それぞれの特徴があります。

公的機関から民間企業が運営しているものまで、どのようなサービスが行われているのかについて紹介します。

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は、日本全国各地にあり、求職者登録をすれば誰でも利用することができます。

ニートの人が就職支援先としてハローワークを選ぶというのも珍しいことではありませんので、ぜひ利用してみましょう。

ハローワークでは求人情報の閲覧、紹介を中心に、

・就職相談
・職業訓練
・就職支援セミナー

なども開催しています。

わかものハローワーク

ハローワークが45歳未満の求職者を対象に行っている就職支援で、「正社員を目指す若者」の支援を専門としています。

ハローワークと同じく求人情報の閲覧、紹介を基本とし、就職支援セミナーなどを利用することができます。

また、ハローワークでは行われていない支援として、

・適性検査
・自己分析

などがあり、担当者がついて正社員として就職するまでの間、様々なアドバイスや相談に応じてくれるので安心して就職活動を行うことができます。

地域若者サポートステーション(サポステ)

地域若者サポートステーション通称サポステは、15歳~39歳を対象にした就職支援を行っている機関で、NPO法人などが運営しています。

様々な事情で不安や悩みを抱えている若者に対し、

・個別相談
・支援計画の作成

などをキャリア・コンサルタントが担当し、必要に応じた教育訓練・協力企業へ職業体験 などを行う環境を用意し、ニートから脱出できる就職支援を行っています。

ジョブカフェ

ジョブカフェは、都道府県によって設置され15歳~34歳という若い年齢の人の就職支援を行っている施設で、正式名称「若年者のためのワンストップサービスセンター」と言います。

対象年齢はおおよその目安で、設置されている地域によって上限年齢が違いますので34歳以上で利用したいという場合は、事前に確認すると安心です。

ジョブカフェでは、

・職業相談
・職業紹介
・就職セミナー
・職業体験

などが行われ、ジョブカフェ内または、ハローワーク内に併設していることも多いので、ニートの就職支援での利用に最適です。

若者正社員チャレンジ事業

東京都でニート・フリーター向けの就職支援を29歳以下の人を対象として行っている就職支援サービスです。

若者正社員チャレンジセミナーでは、正社員になりたいという人の役に立つセミナーの開催や、企業内での実習などに参加することができます。

若者正社員チャレンジ事業に参加できる条件として、

・就職や就業経験のない人
・就業経験が非正規しかない人
・過去2年以内に正社員としての職歴が1年未満の人 

となっていますので、該当するニートやフリーターの人で東京都内で正社員として働きたいという人におすすめです。

民間の就職支援サービス(就職・転職エージェント)

ニートの就職支援サービスは、公的機関だけではなく人材紹介会社などの民間企業が行っているものも多くあります。

公的機関で行われているニートの就職支援とは違い、ニートなど就職を希望する人が就職することができるような手厚いサポートが行われています。

基本的なサポート内容は、

・カウンセリング
・自己分析
・求人紹介
・履歴書の添削
・面接指導
・就職先への条件交渉

などで、無事に入社した後の、就職後のフォローなども行っているところもあり、ニートの就職支援としては、かなり手厚いサービスを受けることができます。

ニート就職支援を利用したい!でも気になる疑問を解消しよう!

ニートが受けることのできる就職支援として色々な支援があることがわかりました。

ニートから脱出したいという場合は、ひとりで頑張るのではなく利用できるサービスを上手に利用すると安心です。

それでも利用するのも不安という人のために、気になる疑問点について解決していきましょう。

ニートを採用する企業なんて本当にある?

「ニートとなってしまった人を企業は本当に採用するのだろうか。」と、ニートの状態の人は一番気になると思います。

ニートに対する対応は、もちろん企業によって様々です。

しかし、高齢化や少子化社会となっている今、人手不足が深刻化している業種や企業は多くあります。

人材確保に苦労している企業では、ニートやフリーターでもやる気や意欲のある人を採用しています。

ニートが就職支援を利用してできた就職実績ってホント?

ニート状態の人が就職支援を利用し、就職することができたという人の就職実績は、各就職支援サービスで情報公開されています。

その就職実績の高さから本当の情報なのだろうかと疑問に思う人もいますよね。

公開されている就職実績に嘘はありません。

ニートの状態から就職支援を受けて実際に社会復帰している人はとても多くいるので、思い立ったら少しでも早く就職支援を受けながら就職活動してみましょう。

ブラック企業を紹介される心配はない?

ハローワークや民間の就職支援サービスなどを利用して紹介された企業がブラック企業だったというケースはゼロではありません。

就職支援サービスが提供している求人だから安心だろうと思っているとガッカリすることもあるかもしれません。

しかし、ブラック企業かどうかの定義や判断は、人によって多少の違いがあるので、過剰に反応するのではなく、求人を選ぶときに慎重に調べることを習慣化することで、回避することが可能です。

ニート就職支援サービスはどうやって利用する?

ニート就職支援サービスは、公的機関や民間企業など様々なところで行われていますが、それぞれのサービスを利用するためにはどうやって利用すればいいのか具体的に紹介しますね。

ハローワークの利用方法

ハローワークを利用し、就職活動を行いたいという場合、まずは「求職申し込み手続き」を行いましょう。

この手続きは、近くにあるハローワークに直接出向いて手続きする必要があり、インターネット上での手続きはできません。

手続き申込後、「ハローワークカード」が発行されます。カードが発行されると、ハローワーク内の様々な求職活動を行うことができるようになります。

民間の就職・転職エージェントの利用方法

民間で行われている就職・転職エージェントを利用する場合は、会員登録を行い、キャリアアドバイザーとの面談を行います。

キャリアアドバイザーとの面談では、どのような仕事に就きたいのか、ニートになった原因や期間など仕事に関する様々なことが聞かれます。

なぜ、このような面談を行うのかの理由は、ニートの状態の人が、安心して仕事に就くことができる職種や企業をキャリアアドバイザーが見極め、最適な仕事を提案するためです。

遠慮したり、恥ずかしいと思わずに何でも話をして、自分の特徴や良さをキャリアアドバイザーに理解してもらうことで、良い就職先を早く見つけることに繋がっていきます。

ニート就職支援を行っている「就職支援サイト」を紹介!

ここからは、ニートの就職支援を行っている「就職支援サービス」を紹介していきます。利用してみたいというサービスがあったら、まずは会員登録をして始めてみましょう!

ジェイック

職歴のない社会人未経験のニートやフリーターから正社員を目指したいという人のために就職支援を行っています。

実際に利用した人の就職成功率は80%以上と高く、入社後の定着率は90%以上と良い企業へ就職することができると人気があります。

ニートの就職支援として、就職支援講座の開講を随時行っており、その講座ではビジネスマナーなど就職にあたって必要なノウハウを学ぶことができます。

それ以外にも履歴書の書き方や面接の受け方などの指導も受けることができるので、安心して就職活動をすることができます。

DYM就職

ニートやフリーターに特化した就職エージェントで、特に20代の求人を多く用意し、ひとりひとりに合わせた求人の紹介を行っていることでも定評があります。

内定を得るまでは、専任のサポーターと二人三脚で挑むこととなるので、孤独になりがちな就職活動もプロのサポーターの助言を受けながらできるので安心です。

書類選考のない求人も多く保有しているので、ニートなどのブランクや就業経験のない人でも採用されやすいです。

就職shop

リクルートが運営している就職支援サービスで、その知名度から多くの人が利用しています。

ニートやフリーター向けの求人を多く紹介していますが、紹介求人の業種や職種の種類が豊富なので、希望する仕事も見つけやすいです。

就職shopを利用して応募すると、書類選考なしで面接となるので採用されやすいというのも就職shopを利用するメリットと言えます。

ハタラクティブ

ニートなどの就職支援実績が15万人を超えているハタラクティブでは、ニートで職歴や未経験という人に対する手厚い支援を行っています。

職場環境の良い長く働くことのできる企業を紹介し、ニートからの脱出の支援を行っています。

東京を中心とした関東、関西、愛知、福岡などが対応エリアとなっていて、20代までの人が利用することができます。

ウズキャリ

初回のカウンセリングに2時間、それ以降も手厚いサポートを行いニートの就職支援を行っています。

ニートを脱出して就職したいけれど不安で仕方がないという人が、自信を持って社会に出ることができるような手厚いサポートを行っていることでも有名です。

一人ひとりのサポートに費やす時間は業界No.1とも言われているので、不安なことだからけで一歩も踏み出せないという場合は、利用してみることをおすすめします。

マイナビジョブ20’s

24歳~29歳、既卒・第2新卒、正社員の経験のあるニートやフリーターの人を対象とした転職エージェントです。

マイナビが運営していることもあり、多くの求人を保有しているので、一度は社会に出たけれど、ニートになってしまったという29歳までの人は、利用してみることをおすすめします。

非公開求人がほとんどなので、ここでしか得られない優良求人を多く保有しているので、安心して働くことのできる企業と巡り合うことも可能です。

まとめ

ニートの就職支援を行っている機関は、想像以上に多くあります。

今ニートの状態だけど就職して社会復帰したいと思っているなら、まずは気になる就職支援サービスを利用してみてはどうでしょう。

対応してくれるスタッフは、ニートであることを理解したうえで、最善の方法を一緒に悩み考えてニートから脱出し就職できる方法や企業を親身になって紹介してくれます。

ニートからの就職は、自分ひとりで行わずにニート専用の就職支援を有効活用するのがベストです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。