ニートが面接をクリアして社会復帰するためにできることは? | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

ニートが面接をクリアして社会復帰するためにできることは?

ニートの状態から無事に就職試験をクリアし、社会復帰を果たすためには、面接をクリアしなくてはなりません。

ニートが面接を受けて採用を勝ち取るためのハードルは、ニートだった本人が一番高いと感じてしまうのではないでしょうか。

実は、ニートの人が採用とならないケースの多くは、ニートだったことに対する劣等感と自信のなさから来ていると言われています。

そこで、ニートが面接をクリアし社会復帰するためにできることについて紹介していきます。

ニートが面接を受ける時に気になることを解消しよう!

では早速、ニートが面接を受けるときに気になることについて解説していきたいと思います。ニートの状態の人のほとんどが感じる疑問点や不安点をまずはしっかり解消し、自分だけではないと思って面接に取り組むようにしましょう。

面接官が怖い。緊張しない方法はある?

ニートの人が就職しようと思った時に一番不安に思うことは面接です。

特に面接官とのやり取りがとても怖くて不安と思っている人が多くいます。
緊張しすぎて具合悪くなってしまいそうという人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際の面接や面接で対応する面接官は決して怖い存在ではありません。

面接官は、限られた時間の中で一緒に仕事をしたい人かどうかを見極めるために行うので、ニートであったことに対して怒ったり、飽きられれることはまずありません。

面接官が怖い、緊張してしまうという場合は、面接官は自分の良いところを見ようとしてくれていると思って挑んでみることをおすすめします。

ニートだと面接で嫌な思いをしない?

ニートの人が面接で不安になる点は、「面接官が怖い。」「面接で異常に緊張してしまう。」という以外にも、「ニートであるからこそ何か嫌な思いをしてしまうのでは?」ということではないでしょうか。

特に、ニートになるキッカケが職場での嫌な経験だったりした場合、特にその傾向が強いと思います。

面接ではニートであることに対してバカにされるなど嫌な思いをすることはありません。
もしも、面接でそのような思いをしたら、その会社へは就職しないことです。

ニートになってしまう理由は人それぞれで、様々な事情を抱えている人も少なくありません。そのような事情を配慮できない企業は選ばないという気持ちで面接に臨むようにしましょう。

ニートだった空白の期間のことなど、どんなことが聞かれる?

ニートの人が面接を受けるからと言って、面接で特別なことを聞かれることはありません。

面接では、

・長く働く意欲はあるか
・人間関係をしっかり構築することができるか
・素直に仕事に取り組んで頑張る意欲はあるか 

など、採用後のことを考えて人柄を見られるケースがほとんどです。

そのため面接では、

・なぜこの会社を選んだのか。
・これまでどんな仕事をしたことがあるか。
・学生時代に打ち込んだこと
・長所や短所 

など、一般的な事柄を聞かれます。もちろんニートである空白の期間のことも質問されることがほとんどです。

どんな質問に対しても嘘をつかずに前向きな姿勢でいることをアピールできれば、ニートの空白期間についても問題はありません。

どんな質問に対してもはっきり自信を持って答えるようにしましょう。

ニートが面接でよく聞かれることと、ベストな回答例を紹介!

ニートでもニートではなくても面接で聞かれることに大きな違いはありませんが、ニートが面接でよく聞かれることと、それに対するベストな回答例についていくつか紹介しますので、ぜひ面接の参考にご活用くださいね。

・「うちの仕事は厳しいけれど大丈夫?頑張れる?」
 「はい!大丈夫です。頑張ります!」

・「どうしてうちの会社で働きたいと思ったの?」
 「御社の商品(サービス)が好きで、関わってみたいと思いました。」 

・「どうして働いていなかったのですか?」
 「自分の未熟さが原因で辞めることとなり、もう少し視野を広げたいという思いから定職にはつかずに様々なことを体験していました。」

・「人間関係は大丈夫?」
 「はい。大丈夫です。」

・「働いていない期間は何をしていたの?」 
 「短期の仕事や旅行に行くなどをしていました。」

・「何か質問はありますか?」 
 「もしも採用いただける場合、入社までに準備しておくことや、勉強しておくことはありますか?」

など、どの質問に対しても、自信がない、困ったという曖昧な返答ではなく、はっきりと自信を持って答えるようにしましょう。

そうすることで、面接官は、

「自分の言葉に責任を持って答えている。」
「少しつまずいてしまった時期はあるようだけど、頑張ろうとしている。」

という風に好印象を持ってもらえる可能性は高くなり、採用される可能性も高くなります。

ニートだった空白期間の答え方

ニートだった空白期間について、面接時に質問されるものとしてあらかじめ答えをしっかり用意して面接に臨むようにしましょう。

ニートとして過ごしている空白期間は、

・なぜニートという状態になってしまったのか
・空白期間に行っていたこと
・行っていた理由や根拠
・それに対するエピソード
・現状はどうなのか

など、面接官の人が聞いて、ニートになってしまった理由や空白期間に何をしていたのか、これからどうしようと思っているのかを理解・納得できるような答えを用意しておくと安心です。

ニートとなってしまった理由には、

・体を壊してしまった
・前職でうまくいかなかった
・家族の介護が必要となってしまった
・他にやりたいことができその準備期間にあてたかった

という風に具体的に用意し、それを踏まえて空白時間には、

・自分にとって最適な仕事を探すために短期の仕事をいくつかやってみた
・色々な地域に旅行に出かけてみた
・ボランティア活動をしていた
・資格取得のための勉強をしていた

など、ニートであった時期は、自分の甘さなどを反省して落ち込んでいた時期もあったものの、次の社会復帰のために前向きに取り組んでいることを伝えるとニートだった空白期間もマイナスではなくプラスとして表現することができ、好印象を与えることが可能となります。

ニートが面接を受ける時の注意点は?

最後にニートが面接を受ける時に心がけたい注意点についていくつか紹介していきます。

この注意点はニートに限らず、就職・転職のための面接を受ける人に共通していることなので、しっかり抑えて面接に臨むようにしましょう。

自信を持って面接に挑もう!

面接時は、自分に自信がなかったとしても、自信を持って面接に挑むようにしましょう。

自信を持って面接に臨んでいるかどうかは、面接時の立ち振舞いによって面接官はある程度わかるものです。

伏し目がちにビクビクしながら行動するのではなく、しっかり相手を見て受け答えをし、しっかり動くことが大切です。

面接がスタートしたら、質問に対してははっきりとした口調で受け答えをするように心がけましょう。この時のポイントは、語尾を濁らせないことです。

多少自信がなくても返事ははっきりすると頼りなく感じることはかなり軽減されるので意識するようにしましょう。

前向きな姿勢を見せるようにする

面接では、ニートの状態からの就職という人はもちろん、ニートではない人でも、前向きな姿勢を見せることがとても大切です。

そのためには、元気にハツラツとしていることが何よりも重要です。

面接会場に到着してから会社を後にするまでの時間帯だけでも良いので、なぜニートだったんだろうと思われるくらい前向きな姿勢を見せるようにあえて意識して振る舞うことをおすすめします。

前向きな姿勢は、ただ明るくすれば良いというだけではなく、質問に対してハッキリと答えづらいことも、自分の言葉で誠意を込めて答えるようにするだけで、相手に与える印象は違います。

ニートの期間があったことを振り返らなくてはいけない場面では、色々なことがあり、辛い時期もあったけど、でもそれもこれから先の自分にとってプラスだったというようなポジティブに転換して表現するようにしましょう。

それだけでも魅力的な人という印象を逆に与えることができると思いますので、「前向きな姿勢」を意識するようにしましょう。

背筋を伸ばして相手の目を見てハキハキと!

面接では、背筋をしっかり伸ばして相手の目を見てハキハキと受け答えするようにしましょう。それだけでもかなり印象が違ったものとなります。

また、言葉使いは丁寧に少し大きめの声で明るく発するように意識すると面接官も聞き取りやすいと思います。

すごく緊張しそうだし不安という場合は、面接が行われる部屋に入る時に「よろしくお願いいたします。」と言って入り、面接を終え部屋を出る時に「ありがとうございました。」と元気な声で挨拶するようにしましょう。

それだけでも良い印象を残すことができるのでおすすめです。あとは、話をしてくる相手の目をしっかり見てハキハキと受け答えすれば大丈夫です。

ニートだった空白の期間は嘘を言ってもいい?

ニートだった空白の期間について面接官に聞かれたら、アタフタしないように、事前に必ず聞かれるものと思って質問の答えを用意して面接に臨むことが大切です。

また、答えたことに対してひとつふたつ質問が来ることも想定してその答えも用意しておくと万全です。

ニートだった期間について、少しでも良い印象を持ってもらいたいという思いから、つい勉強をしていないのに勉強をしていたと答えたり、介護をしていないのに介護をしていたなど
と嘘を言ってしまう人もいるかもしれませんが、完全な嘘はつかない方がよいです。

嘘は、質問される内容や回数によってバレてしまう可能性が高くなってしまいます。かと言ってすべてを正直に話をすればいいのかと言ったら決してそんなことはありません。

ニートの期間、ほんの1日という短期のバイトをしたことを、複数の短期のバイトをして色々な世界を知る社会勉強をしていたと答えるのは悪いことでもありません。

多少の過大表現は嘘にも方便として利用するようにしましょう。

まとめ

ニートの状態から社会復帰を目指すために採用のための面接を受けるという行動そのものは、本当に勇気のいることだと思います。

しかし、ニートでもニートではなくても面接は、本当に緊張するものですし、その緊張を克服するためには、事前の準備が何よりも重要です。

どのような質問がされるのかを事前に想定し、その答えをしっかり準備した上で面接に臨むようにしましょう。

そして、面接の時間だけは「こんな自分でありたい。」という自分像を演出し、演じてみてはどうでしょう。

ほんの数十分の意識や行動、言動が、小さな自信となり変化を与えてくれることとなり、ニートの状態を克服することに繋がっていくと思います。

ニートで面接の第一歩を踏み出すときには、準備と行動を意識して取り組んでみてくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。