30代ニートは多い!転職を目指したつもりが無職にならないよう注意! | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

30代ニートは多い!転職を目指したつもりが無職にならないよう注意!

ニートといえば、若い人がいわゆる「モラトリアム」でなっている印象がありますが、実は30代以降の大人も、近年はニートになりやすい傾向があります。

ニートや引きこもりは現代における社会問題の一つですし、同じ30代なら他人事には思えないでしょう。特に転職をする人は、失敗した末にニートになってしまわないように注意が必要です。

そこで今回は、30代でニートになってしまう人はなぜ出てくるのか、その原因や実態などをご紹介しつつ、30代でニートにならないための注意点を解説していきたいと思います。

30代ニートの数とは?

ニートは、仕事に就かず無職の状態を続けている人のことを言います。

仕事がなければ当然収入はなくなるため、長くニートを続けている人は親に生活の面倒を見てもらっている場合がほとんどです。そうなると学生の延長といったイメージから、30代や40代というよりは10代~20代の人がニートになる印象を持つものです。

ですが現実は、意外とそうでもありません。政府が発表している2019年の「労働力調査」を参照すると、完全失業者の数は、30代が該当する25歳~34歳、34歳~45歳のところを見るだけでも合計68万人もの人がいることがわかります。

参考:https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/pdf/index1.pdf

ニートは10代~20代だけの問題ではない

上の数字から見てもわかるように、ニートは若い人だけの問題ではないのです。30代になってからニートになる人は現代において決して少ないわけではありません。

仕事に対して意欲を失っている人、仕事で人間関係をうまく構築できない人などは、30代になってからもニートになる傾向が強いと言います。ニートになって毎日気まずい思いをしながら生活することは、若いうちから仕事をしてきた30代の男性女性でも、決して他人事ではないのです。

30代でニートになる原因

では世の中の30代のニートは、なぜ30代でニートになってしまうのでしょうか。まずは30代でニートになる原因について考えてみましょう。

転職に失敗して30代ニートに

よくあるのは、転職に失敗してニートになってしまうケースです。

先に転職先を決めた状態で退職すれば、転職にも失敗しづらく、ニートになることは回避できる可能性が高いです。しかし誰もが転職先をあらかじめ決めた状態で仕事を退職できるわけではないのも事実です。

30代になってから仕事がつらくなった、とにかくすぐに辞めたい。
30代になってから自分の上司になった人と合わない、すぐに辞めたい。

そんな問題に悩まされれば、転職先も決めずに早めに退職を選んでしまうものです。

そしてその後に就職先をすぐに見つけられれば問題はありませんが、問題はなかなか決まらないパターンでしょう。30代ニートになってしまう人は、結局その後全然仕事が見つからない、仕事が見つからない時期が続きすぎて働く意欲そのものがなくなってしまうなど、そういったケースに陥ってしまう人が多いのです。

病気・怪我・メンタルヘルスが原因で退職して以来ニートに

大病を患ったり大怪我をしたりして働けなくなれば、当然、仕事は休まなければいけなくなります。病気や怪我をきっかけに、仕事を辞める人も多いでしょう。

そしてそこから働くきっかけを失ってしまい、病気や怪我が治っても、ニートを続けてしまっている30代はたくさんいます。長いこと仕事というものから離れていれば、正直、毎日仕事に縛られて生きる生活に戻るのは億劫に感じてしまうでしょう。このままなんとか働かずに生きていけないだろうか……といった考え方を持ってしまう30代ニートは多いです。

また、メンタルヘルスが原因でニートになってしまう人も現代においては非常に多いです。仕事の人間関係などが原因となって心を病み、働く意思を無くしてしまうパターンになります。パワハラやモラハラなどが問題視される現代社会ですから、それによってうつ病を患ってしまう人も少なくありません。

30代ニートになってしまう人は、20代は普通に仕事をしていて、30代になってから突然仕事のきつさから精神を病んでしまい……といったパターンの人も非常に多いのです。

やりたいことがありずっとフリーターをしていた

自分のやりたいことや夢を追っていて、しばらくフリーターを続けていた人なども、そのまま流れで30代ニートになってしまうことはよくあります。

例えば芸人になりたい、漫画家になりたいなど、夢を持っていれば、アルバイトと掛け持ちしながら夢を追っていく人は多いです。しかしそのまま夢をつかめる人は一握りに過ぎず、多くの人は夢を追うことを断念し、就職したり結婚したりなど別の道を考えることになります。

しかし中には、夢も叶えられず、就職もできず……といった状況に陥ってしまう人がいます。長い間フリーター生活をしてきたからこそ、きちんと就職することに面倒臭さを感じてしまうのでしょう。もしくは、まだ夢を追いたいといった希望にすがりついてしまう心理もあるかもしれません。そんな状況下に置かれると、30代でもニートや引きこもりにはなりやすいのです。

ニートの大きな原因!30代で転職に失敗する理由とは

では次に、30代ニートの大きな原因となっている転職に失敗することについて、その理由や原因を考えてみましょう。

年収アップを目指して高望みしすぎた

30代で転職するなら、今までのキャリアを活かして年収アップも積極的に目指したいところです。しかし残念ながら、30代で転職するのにあたって、誰もが年収アップを目指せるわけではないのも事実でしょう。

なかなか良い転職先が見つからないのなら、多少は収入が下がってでも妥協は必要になってきます。しかしここで年収アップや高待遇に対して諦めがつかないと、いつまでも高望みを続けてしまうことになります。

すると結果としていつまで経っても就職が決まらない状況が続き、徐々に仕事を探すことすらしなくなっていきます。30代で転職しようとした結果ニートになってしまう人の多くは、こういった高望みや優柔不断さがニートになる原因となっています。

久々の無職期間につい羽を伸ばしすぎた

転職を目指して仕事を辞めれば、久しぶりに自由に時間を使えるときがやってきます。

毎朝早起きする必要もありませんし、夜更かししていても会社に遅刻する心配はありません。嫌な満員電車に揺られることもなければ、仕事中に上司に叱れることもなく、営業成績に胃をきりきりさせる必要もなくなります。

さらに言えば、大好きな趣味にも時間を費やすことができますし、忙しくて行けなかった店や観光地などにも足を運ぶことができます。そんな自由な時間を手にすれば、今まで仕事に心血注いできた30代ならつい羽も伸ばしたくなるでしょう。

退職してから何日かは、そんな状態を続けるのも悪くないかもしれません。実際、前職で嫌な思いをしているなら、心身ともに休息をとることも必要です。

ですがあまりにもそのような自由な時間を取りすぎると、今度は仕事をするといった生活に戻すのが大変になります。転職に失敗して30代でニートになる人は、自由な無職期間につい味をしめてしまうことが多いのです。

30代ニートにならないための転職の注意点

30代でニートにならないためには、転職する際に以下のような点に注意する必要があります。最後に、30代の転職でニートにならないための注意点を整理していきましょう。

過剰に高望みすると転職がうまくいかずニートになるかも…

就職にも転職にもいえることですが、やはり過剰な高望みは危険です。30代でニートになる人の多くは、転職の際に何度も高望みをしてしまい、結果として仕事が決まらず求人を探す意欲さえなくなってしまった人になります。

30代ならまだまだ確かに選択肢はありますが、のんびりしすぎていると、なかなか仕事は決まらなくなってしまいます。30代でニートになりたくないなら、転職先が決まらなかったときは、高望みせずにある程度のところで妥協する姿勢も大事です。

転職先が決まった状態で退職するとニートになりづらい

30代でニートになりたくないなら、そもそも仕事を退職するときはあらかじめ転職先を決めておくことが大事になってきます。

転職先が既に決まっている状態なら、前職の退職から転職先に入社するまで多少時間が空いたとしても、転職先を早々に辞めない限り30代でニートになる心配はありません。

仕事をしながら転職活動をすることは大変ですが、ニートになりたくないなら、それくらい準備を整えておくことはとても大事なことです。例えば転職エージェントを利用すれば、仕事をしている状態でも担当のエージェントが企業にアポイントを取ってくれたりするため、仕事をしながら転職活動をしたい人にはおすすめです。

30代でニートをこじらせる危険性を認識しておく

30代でニートの状態をこじらせてしまうと、その後の末路はかなり悲惨です。ますます就職しづらくなるといっても良いでしょう。

30代なら多少はニートの期間はあっても就職できる可能性がありますが、40代、50代と年齢を重ねていくと、いざ就職しようと思ってかなり選択肢は狭まります。面接すらも受けられないといった状況も珍しくなくなるでしょう。

自分の周りの30代の人は、しっかりキャリアを重ねて出世もして、家庭を持っていて……でも自分は未だに30代ニートのままで……。そんな状況に陥れば、ますます劣等感は募り、ネガティブ思考になってニート生活は続いていきます。

ニートになると、本人が考えている以上にその状態から抜け出すのは大変になります。30代以降のニートにはその傾向が顕著に見られるため、30代でニートをこじらせる危険をあらかじめ認識しておけば、転職を失敗せずに済むでしょう。

まとめ

30代以降でニートになる人は現代において非常に多く、今は普通に仕事をしている人でも「明日は我が身」と言ってもおかしくはない状況かもしれません。特にこれから転職を考えている30代は、ニートにならないために転職するときには注意する必要があります。

高望みして転職先を選り好みしないこと、なるべく転職先を決めてから退職することなどを心がけ、30代でニートになってしまうことだけはしっかり回避していきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。