なぜ人はニートになる?原因とケース別に解決法を紹介! | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

なぜ人はニートになる?原因とケース別に解決法を紹介!

ニートになる人は、なぜ仕事をしないという状況を長く続けてしまうのでしょうか。何が原因となって、ニートという状態に陥ってしまうのでしょうか。

近年は大人のニート・引きこもりが問題視されており、その原因は人によってさまざまです。ニートを脱出するための解決法も、原因によって変わってきます。

そこで今回は、ニートになる原因を解説しながら、それぞれの原因に沿った解決法を紹介していきます。実際にニートになって困っている人、もしくはニートになりそうで悩みに感じている人は、原因とあわせて対処法を参考にしてみてください。自分の悩みやニートになった原因にぴったり合う対策が、きっと見つかるはずです。

ニートになる原因は人によってさまざま

ニートになる原因は、その人その人にとって多岐にわたります。一概に「ニートになる原因は皆これ」とは言えないでしょう。

それくらい、仕事や対人関係には悩み苦しみがたくさんあるということです。そして近年は大人になってニートになる人も多い時代ですから、それだけ多くの人が仕事や対人関係における悩みを解決せずにいるということでしょう。

ニート生活をやめて社会復帰するためには、原因としっかり向き合って、その原因にあわせた対処法を取ることが大事になってきます。では以下から、ニートになる原因を見ながら、ケース別に解決法を整理していきましょう。

ニートの原因①ストレスから働く気力がなくなった

一つ目のニートになる原因としてよく取沙汰されるのは、ストレスやメンタルの悩みによって働く気力がなくなってしまったことです。現在ニートをしている人の多くは、過去に何らかのストレスに悩まされており、それがニートになる原因となってしまったパターンは多いです。

ニートの原因となるような、仕事のストレスは例えば以下のようなものがあります。

・職場の人間関係がうまくいかなかった
・上司や先輩のパワハラに悩まされた
・長時間労働や休日出勤などが多く心身ともに疲れた
・仕事で大きなミスをしてしまった
・仕事で成果を出せなかった

このようなストレスが溜まりに溜まると、心身のバランスが取れなくなり、精神を病んでしまう人は少なくありません。それが「もう仕事なんて嫌だ」といった心理につながり、ニートになる原因を作ってしまいます。

まずは精神状態を整えることも大事

精神的ストレスが原因で仕事を退職し、そのままニートになってしまった人は、まずは対策として精神状態を整えることが大事です。

どうしても辛い気持ちが止まらないなら、迷わず心療内科を受診しましょう。「どこからがうつ病?」「こんな程度の辛さで医者に行っていいのかな?」と思い、ためらってしまう人もいるかもしれませんが、基本的には「辛ければ行く」という判断で何も問題はありません。むしろその判断こそが正解でしょう。

そして溜まり切ったストレスから自分を解放するために、ストレス解消になるためのことは何でもしましょう。友達と遊びに出かけたり、趣味に時間を費やしたり……今はひとまず、ニートでいることの後ろめたさは抱かず、時間を自由に使って心をリラックスさせることが大事です。

同じトラウマを作らないような職場で社会復帰する

社会復帰が上手くいったとしても、その後、同じような原因でまた退職することになっては意味がありません。似たストレスを抱えるような職場は、なるべく選ばないようにしましょう。

ニートになって、「とにかくどこでもいいから仕事を見つけなきゃ」と焦る気持ちはわかります。ですがその焦りが、転職・就職に失敗する原因を作る場合は多いです。

前職の経験を活かして同じ業界に希望すること自体は良いことです。しかし本当にそれで良いのか、自分で冷静に考えることは大事です。同じ業界を選んで、またニートになるよう原因を作らないかどうか、落ち着いて判断しましょう。

例えば人間関係がうまく構築できず、それが退職の原因となってしまったのなら、なるべく人間関係の悩みが少ないような仕事を選んでおくのが安全かもしれません。長時間労働がきつくて心身のバランスが崩れてしまったのなら、なるべく残業の多い会社は選ばないでおきたいところです。

ニートの原因②家族が援助してくれる

ニートになる原因の一つに、家族が援助してくれることも挙げられます。家が裕福だと、実は自然とニートになってしまう人は多いです。家族が援助してくれる場合、親自身も子供にあまり干渉してこないパターンが多く、ニートであることを完全に容認させていることがあります。

そうなるとますます本人は就職しようとしませんし、ある程度年齢を重ねてもニートの状態を続けてしまいます。

また、特にそれほど裕福というわけではなくても、親自身がかなり過保護だったり子供を叱れないタイプだったりすると、つい子供のニート状態を容認してしまうことがあります。そのため、結局子供を飢え死にさせるわけにはいかず、「いつニートをやめてくれるのか」と思いつつもなんだかんだ生活費を用立ててしまいます。

ニートの原因となる実家暮らしをやめる

親の稼ぎで食べさせてもらっていることが原因となってニートを続けている人は、実家を出て一人暮らしすることをおすすめします。それでも親は仕送りをしてくれるかもしれませんが、まずは「自活」することからスタートしましょう。

ニート生活を送っている人の多くは、実家暮らしをしています。仕事をしていないからこそ、実家でなければ食べていくことができないからです。そのため、いつまでも実家にいるばかりでは、ニートの原因解決にはつながりません。

まずは強制的に自分を追い込む状況を作りましょう。一人暮らしを始めれば、もし親が経済的な援助をしてくれたとしても、一人で生活するための自覚が芽生えてきます。

自分とは違う環境の友達と触れ合う

ニートになっている原因が、親がなんだかんだ助けてくれることだと思うなら、まずは自分とは違う環境に置かれている友人知人と接してみましょう。つまり、具体的には社会人としてしっかり定職に就いて、自立している友達です。

実際のところ、ニート生活を送っている子供に対して、寛容に経済的援助ができる親は少ないはずです。子供がニートをしていれば叱りつけるでしょうし、そもそも収入状況的に、大人になった息子・娘に援助をする余裕なんて持てないという家も多いでしょう。

社会に出て自立するということはどういうことなのか、ニートにならず毎日のように仕事をするということはどういうことなのか、友達と接すれば状況も見えてくるはずです。そして同時に、ニートをしている自分がどれだけ危機的状況に置かれているかもわかってくるでしょう。

自分の状況を客観的に見つめれば、ニートになった原因、そしてニートから脱出するためにこれからどうすれば良いのかが理解できるはずです。

ニートの原因③ただただ働くのが面倒くさい

単純に働くのが面倒で、自由なニート生活を続けている人も多いです。病気や怪我が原因だったわけでもなく、精神的ストレスやトラウマが原因だったわけでもありません。いわゆる「モラトリアム」の心理が原因で、ニートになってしまうパターンです。

面倒臭いから働きたくないという気持ちが原因でニートになる人は、学校を卒業して間もない20代や、長くフリーターを続けていた人などに多い傾向があります。

せめてバイトで社会人経験は積んでおく

億劫に感じる心理が原因でニートになってしまった人は、せめて簡単なアルバイトだけでも始めたいところです。

ニートでいる時間が長ければ長いほど、社会復帰はどんどん億劫になってきます。それがいつまでもニートをこじらせてしまう原因にもなるでしょう。そのためまずは単発バイト・短期バイトでも良いので、社会経験を積んでおくことが大切です。

正社員として定職には就いていなくても、何もせず引きこもってニートでいるより、週2~3回でもアルバイトをしていた方が圧倒的に社会復帰はしやすいものです。そもそも定期的にアルバイトをして生活していれば、肩書きはニートではなくなるでしょう。始めるのにあたって、そこまでハードルの高くないアルバイトといえば、以下のようなものがあります。

・倉庫内作業(検品、ピッキング、梱包など)
・引っ越し(繁忙期は単発バイトも多い)
・コンビニ(夜勤は特に楽になることも多い)
・清掃員(仕事中のコミュニケーションが少ない)
・警備員(同じくあまり話さずに仕事できる)
・飲食店(求人が多いので探しやすい)
・データ入力(黙々と作業できる)

正社員として仕事はしていなくても、アルバイトで経験を積んでおけば、今後本格的に就活した際にも完全なニートと比べれば印象は明らかに良いはずです。

仕事の辞め癖が原因でニートになっていることを自覚

いつも面倒臭いという理由で働かずにいる人は、自分の仕事の辞め癖が原因でニートになっていることをしっかり認識するべきでしょう。「働きたくない」「働くのが面倒臭い」といった心理を持ってしまう人は、そもそも仕事やアルバイトに対してかなりの「辞め癖」を持っていることが多いです。

もちろん、心身のバランスを崩してまで嫌なことを続ける必要はないでしょう。パワハラやサービス残業などが横行している職場で、我慢して仕事をしなければいけないわけでもありません。

ただ、なんでもかんでも「嫌なら辞めても良い」といった考え方になってしまうことは危険です。ニートになる原因を作ると言っても良いでしょう。今の自分には本当に無理な仕事なのか、何とかやれるすべはないのかなど、しっかり考える事が大切です。辞め癖がしみついてしまうと、ニートを抜け出せなくなる原因になるため要注意です。

まとめ

ニートになる原因は、人によってとにかくさまざまなものです。どんな原因で退職して働く意欲がなくなってしまったのか、まずはその詳細と向き合うことが大切になります。原因がわかってこそ、ニートを抜け出すための対策が打てるものです。

精神的に病んでしまった、とにかく働くことが嫌になってしまった、家族に甘やかされているなど、自分はどの原因に該当するのかをよく考えてみましょう。そして自分に合った対処法で、ニートを辞めて社会復帰するための心がけを実践していってください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。