正社員ではないフリーターとニートの違いとは?

正社員とフリーターの違いは理解できます。しかし、一般に言うフリーターとニートの違いについて理解できない方がいます。そもそも、フリーターとニートについて理解が無い方がいます。ニートと呼ばれる方は簡単に説明すると仕事を何もしないで、誰か支援してくれる人のお陰で生活が出来ている人です。次に、フリーターは一般にい言うサラリーマンのように正社員になっている訳では無く、アルバイトなどで生計を立てている人の事です。

簡単にフリーターとニートの違いを説明しましたが実際これだけの説明でも一目瞭然で働いているか、そうではないかの差が読み取れます。しかし、これは表面上の物で実際くわしく見ていく事で更にフリーターとニートの違いが明確になってきます。また、基本的には正社員とフリーターも雇用形態の部分で大きな差が有るため異なり、この3種類の物は全く他の物だと言えますが、全ての人間がなることができる物です。

おすすめの就職・退職代行サービス

フリーターとニートの収入源の違い

フリーターとニートの基本的な違いが分かった所で実際に収入源の違いを見ていきます。フリーターというものは、前述してきたように基本的には労働をして、その対価の報酬を雇い先から得る形で正社員の方と同じで給料というものが発生しています。これは社会一般で言う収入という物です。収入は自分自身が働き給料を得ている物になるので、誰かに貰った資金や、宝くじで当選した物は含まれません。

一方でニートの収入源を見ていきます。ニートというものは基本的には働きません。ではどの様に生活しているのかという論点になりますが、ニートの多くは自分自身の親に養って貰っています。しかし両親に養って貰うことは幼い頃なら当たり前でした。これが何故ニートになるのかということに関しては、成人しているからです。

一般の人は成人して、大学を出て働いている人や成人する前から働いている人がいます。それは親が全て子供のお金を稼ぐという時期が過ぎているからです。成人というものは大人の仲間入りをしたということです。大人になったということは社会的にみて、両親と同じ存在になり、基本的には自分自身で働きお金を稼ぐ義務が有り、それが常識です。

しかし、ニートと言われる人はアルバイトのような物もしないで、親の収入や家で生活をしています。ここで、比べる対象になるフリーターは就活が上手く行かずに短期間だけフリーターの場合も有りますし、基本的には自分でも収入を得ている事からも収入源の違いが明らかになります。

フリーターとニートでは社会的信頼度が違う?

フリーターとニートでは社会的信頼度の違いが有るのか、そもそも社会的信頼度とはどの様なものなのか、必要有るのかという事を見ていきます。実際にフリーターの方もニートの方も成人している場合にこのような呼び名が付いている事も有るので、両者ともに社会人ということになります。

社会に出れば、自分自身で出来る事というのは学生の時代よりも格段と多くなり、それは、お酒などや趣味などだけには留まらずに何か高額の物を所有することであったり、そのためにローンを組んだり、基本は余り有りませんが借金をしたりなど兎に角視野が広がります。以上の事を踏まえて実際に社会的信頼度の違いや必要な場面を幾つか紹介していきます。

社会的信頼度とは?

ニートとフリーターの社会的信頼度を見ていく前に実際に社会的信頼度とは何かを見ていきます。社会的信頼度は明確な基準や数値が存在している訳では有りません。それは、何を購入するかなど時と場合によって変化してきます。これは、一度審査をしてみないと自分自身が相手にとって信頼できる人間なのか分かりません。

しかし、明らかに自分自身でも審査が通らないと判断出来るない場合が有ります。それは収入が無い事や過去に金銭の面で問題を起こしている場合です。人からお金を借りるのは社会に出なくても信頼というものが非常に重要になってきます。これが、社会的な信頼と言われる物です。

ニートとフリーターの社会的信頼性の違い

初めに言っておくと、家を買う際など大きな買い物をする時の社会的信頼性はフリーターもニートも基本的に皆無だということが言えます。しかし、フリーターとニートの社会的信頼度に違いが無いのかと言ったらそうでは有りません。前述しているように社会的信頼性は金銭のやり取りをする際などに良く使われる物です。

上記の内容を踏まえた上で、ニートから見ていくと、ニートは労働をしません。即ち収入が0です。しかし、場合によっては親からのお小遣いや仕送りが収入として認められる事も有ります。社会的信頼度の説明でも書きましたが、金銭のやり取りをする時に信頼性を問われる事が多く、当たり前ですが、借りたら返さなければいけません。ここで、お金を貸す側が抱くニートの社会的信頼度は皆無です。

では、次にフリーターの場合を見ていきます。社会的信頼で大切なのは収入があるかどうかでした。収入の面を見た時にしっかりと労働して対価を得ているので信頼が全く無いという事では有りません。場合によっては社会的信頼度や返済能力が認められる事も有ります。そのため、多少のローンや借金というものはニートと違い行うことが出来ます。

しかし、収入がある程度あるフリーターでも家や車と行った基本的に長期間かけて返済する物などは審査が通らない場合が有り、どうしても購入したいなら一括で購入するしか方法が有りません。その理由としては、収入は有るが安定していないからです。高額の物になってくると安定を求められます。それはフリーターがいつ職を失ってもおかしく無いからです。よって、信頼は少し有るが正社員ほどでは無いということになります。

ニートとフリーターのそれぞれの社会的信頼度を紹介してきました。ニートは収入が無いため皆無で、フリーターは少し信頼性が有るが正社員のように安定していないので信頼度が低いという事になります。

自由時間のフリーターとニートの違い

社会に出てから働き始めると学生の時よりも自分自身の時間は減少します。そこを求めて近年ワークライフバランスを考える人が増加し、各企業も働き方改革などを打ち出し行動してきました。では、正社員よりも自由な時間が多いように感じるフリーターやニートはどれほど時間が有り、お互いに自由の時間はどれほど異なって来るのかを紹介していきます。

ニートは働きに行くことが無いため、基本的には全て自分自身い使うことの出来る時間だと言えます。あえて、普段の生活に必要な時間を自分自身の時間に換算して考えるのなら、12時間程自由な時間が存在していることになります。次にフリーターですが、ニートとは違いアルバイトという労働をしています。正社員のように土日以外は会社に行き働くというものでは無く、自分の決めた日に行く形なので日によって時間の偏りが出てきます。

アルバイトの業種にもよるが基本的に8時間労働になっているため、出勤する日は大体5時間程度の自由な時間になってきます。休日に関しては仕事が無いため社会人と同じぐらいの自由な時間が存在しています。しかし、出勤する日数が少ないため週換算で自由時間を出すと正社員の方よりは多いです。個々で、ニートとフリーターで自由時間を比較したときに単体では半分ほどしか差が無いが週換算だと大きな差が出る。

年収のフリーターとニートの違い

基本的にニートは労働をしない為収入が無く年収という概念が皆無です。しかし、お金を借りる際などに親からの収入や仕送りも年収に換算する事が出来る場合があるため言い換えれば無限です。しかし、両親の生活も有りますし、年齢の事を考えると期間が非常に有限です。年収と言う概念で考えてお金を借りる事は出来るが、実際に自分自身が手にしている物は無いと言えます。

フリーターは、時給で換算されそれが収入になり年収になります。日本の労働法で、働く上限時間が決められていますが、正社員のように固定給でない為、働いたらその分だけ、年収が増えます。アルバイトで生計を立てるフリーターは100万前後の年収にして、税金を防ぐことが有ります。上記の内容で両者を比較すると自分自身で稼ぐことの出来るフリーターの方が年収が有るが、ニートはそれ以外の支援者から多くの資金を得ていると言えます。

年収は社会人としてのステータス

ニートは収入が一切存在していない為に年収と言う概念が無いと説明しました。しかし、フリーターには年収が存在しています。年収は社会人としての一つのステータスでも有ります。やはり、年収が少しでも高い方の方が優秀だというイメージは誰でも持ってしまいますし、また、大人の恋愛をする際などにも年収で比較されたりと何かと重要な指標にもなってくるのです。

上記の内容で説明したように年収は社会人として一生付きまとって来るステータスです。このことを考えると少しでも年収を上げたいと考えると思います。実際に正社員でなくても、フリーターとして、トレーダーやクリエイターなど一部の才能ある人間は多額の収入を得る事が出来ますが、基本的には正社員になり、出世するのが一番の意か道なのです。

まとめ

今回はフリーターとニートの違いについて紹介してきました。簡単に言ってしまえばニートは働かず支援者のお陰で生活出来ていて、フリーターは定職には就いていないが仕事をして、自分で稼いで生活をしているというものです。差が大きく出るものは、家にいる時間で、ニートは仕事がない分だけ、一日暇だということです。

ニートはフリーターよりも時間が有るため、就職するための活動時間に多く費やす事が出来るのでフリーターよりも有利と言えますが、雇う側としてはアルバイトもしないでニートだった事実はかなりマイナスです。なので、ニートよりもフリーターの方が印象が良く実質就職に有利だという将来に関わる大きな違いが存在しています。

フリーターの最新記事8件

  • 女性がフリーターでいるメリットとデメリットを徹底解説!

    フリーターのままで仕事をしていくことは、メリットもあればデメリットも伴うものです。女性の場合、このままフリーターだったら結婚とか大丈夫なのかな……と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。フリーターとして生活していく際には、今だけではなく将来のことも見越してメリットやデメリットを考える必要があります。 そこで今回は、女性がフリーターでいるメリットとデメリットを解説していきたいと思います。正社…

  • フリーターから就職を決定づける志望動機の書き方とは?

    フリーターを卒業し、社会人として復帰したいと考える人の多くが頭を悩ませる志望動機はどんな風に記載しようと思いますか? 実は、フリーターから就職したいという場合に書く志望動機には書き方のコツがあります。 そこで本記事では、フリーターから無事に就職することができた人の情報を参考に、フリーターから就職を決定づけることのできる志望動機の書き方について徹底解説していきます。 これからフリーターから就職し、社…

  • 契約社員とフリーターの違いとは?メリット・デメリットを紹介!

    複数ある雇用形態の中から今回は、契約社員という働き方と、フリーターと呼ばれる働き方の違いや特徴について解説していきますね。 契約社員とフリーターの違いだけではなく、それぞれ働くときに感じるメリット・デメリットについても解説していきます。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 契約社員とフリーターの違いとは? 2 契約社員とフリーターの違い【契約社員…

  • 転職エージェントの中でフリーターにおすすめのエージェントを紹介!

    転職エージェントは、今転職をしたいと思っている人にとってとても心強い転職支援サービスです。 転職をしたいと希望すれば、フリーターでも同じ条件で就職活動をし、希望する就職先へ就職することも十分可能です。 自分一人では見つけることのできない優良求人を見つけることができるのも転職エージェントならではなので、フリーターだからこそ転職エージェントを有効活用して転職を成功させちゃいましょう! おすすめの就職・…

  • 【おすすめのバイトはこれ!】フリーターが稼げるバイトを紹介

    フリーターの状態の人は、少しでも楽にそしてしっかり稼ぐことのできるおすすめのバイトを常に探しているのではないでしょうか。 そこで本記事では、フリーターの人が稼ぐことのできるおすすめのバイトを紹介します。 フリーターだからこそ色々な仕事をぜひ体験し、社会経験を積みながら、しっかり稼いでいきましょう! おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 おすすめのバ…

  • フリーターをやめたいと思うタイミングが就職する大チャンス!

    これまでフリーターとして、ひとつの仕事にとらわれることなく、その時にやりたいこと、頑張れることを頑張り、楽しみながら自由に生活してきた人の中には、 「そろそろフリーターをやめたい。」「ちゃんと正社員として働いてみようかな。」 と思う瞬間があるようです。 フリーターをやめたいと思うタイミングは就職する大チャンスとして、そのチャンスのタイミングを逃すことなくフリーターを卒業してみてはどうでしょう。 本…

  • フリーターとパートは働き方や待遇の違いは?どっちがおすすめ?

    働き方には、正社員やアルバイトなどのほかにも、フリーターやパートなどと言われて働く人もいますよね。 そこで本記事では、フリーターとパートは働き方やお給料、待遇など何が違うのかについて解説します。 今までフリーターとパートの違いなど考えたこともなかったけど、何が違うのだろうという人必見です。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 フリーターとパートの…

  • フリーターはローンを組むことはできる?お金を借りるための条件とは

    フリーターという雇用形態で働いている人の中にも、ちょっと大きな買い物をしたい場合や、お金を借りたいという人もいると思います。 しかし、フリーターという不安定な雇用状態では、どんなに頑張って稼いでいたとしてもローンを組むことはできないだろうと諦めている人も少なくないようです。 そこで、フリーターはローンを組むことができるのかどうか、ローンを組む場合はどのような条件があるのかなど、気になることを具体的…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。