30代のフリーターの末路は悲しい!現実と回避法を解説します

30代フリーターは悲しい末路が待っています。自分の将来のことについて悲観している人は多いのではないでしょうか。そこで、この記事では30代のフリーターの末路について、現実と回避法を解説しましょう。30代フリーターで悩みを抱えている人は参考にしてください。

おすすめの就職・退職代行サービス

30代のフリーターの悲しい末路

30代のフリーターが直面する悲しい末路について詳しく解説しましょう。

正社員になれない

30代でフリーターだとなかなか正社員になることができません。多くの企業は正社員として採用する際に若さを重視するからです。30代のフリーターよりも20代のフリーターのほうが重宝されるでしょう。そのため、30代になってしまうとフリーターから正社員を目指すことが困難になります。多くの求人に応募しても門前払いとなってしまい苦しんでしまうのです。

貯金ができない

30代のフリーターは年収が上がることがありません。毎日の生活に必要なものにお金を使うので精一杯であり、貯金することが難しくなるでしょう。正社員のように昇給や賞与の機会がないため、お金がなかなか貯まらないのです。40代や50代になっても貯金が0円の状態になってしまいます。これでは、もしものときにお金を用意することができずに困ってしまうでしょう。

結婚できない

30代でフリーターだと結婚をするのが難しくなります。基本的にフリーターというのは社会的な信用が低いのです。フリーターと結婚するのを敬遠する人はたくさんいます。付き合っている恋人にプロポーズをしても、フリーターであることを理由にして断られる可能性は高いです。40代や50代になってもフリーターであれば、結婚は絶望的になってしまうでしょう。

病気や怪我の補償がない

フリーターには万が一のときの補償がありません。たとえば、病気や怪我をしてしまったとすると、仕事を休むことになり、その間の給与が補償されないことが多いです。失職してしまったとしても、雇用保険に入っていなければお金をもらうことはできないでしょう。もしものときのリスクがとても高いのがフリーターなのです。30代でフリーターの人は将来に危機感を覚えるべきでしょう。

スキルや経験を蓄積できない

フリーターの仕事には特別なことは何1つ要求されません。基本的に誰でもできる仕事しか任されないからです。そのような仕事を続けていたとしてもスキルや経験を蓄積することはできないでしょう。いつまでもフリーターをやっていたのでは、スキルアップの機会はなく、一生フリーターの仕事しかできなくなります。

30代フリーターの悲しい末路を回避する方法

30代のフリーターの人は悲しい末路をどうにかして避けたいと思っているものです。そこで、どうすれば悲しい末路を回避することができるのか、そのための方法について解説しましょう。

正社員になる

フリーターであることのリスクを回避したいのであれば正社員になることが大切です。正社員として働くことができれば、すべての社会保険に加入することができ、福利厚生が充実していて、昇給や賞与の機会が用意されているなどメリットが大きいです。フリーターの立場とは大きく異なるため、正社員になることができれば明るい未来が待っているでしょう。

結婚する

30代フリーターでも独身と結婚をしている人では大きな違いがあります。たとえば、結婚をすれば、もしものときに家族に助けてもらうことができます。自分はフリーターでも、配偶者が正社員として働いているのであれば、経済的な問題は解決されるでしょう。フリーターでも結婚している人はいるため、30代フリーターは恋愛に力を入れることが大切です。

貯金する

30代のフリーターはできるだけ貯金をすることを心がけてください。無駄なものにお金を使わないようにすることが大切です。もしものときの補償が一切ないのがフリーターだからです。万が一のときの出費に備えておくためにできるだけ多くのお金を貯めるようにしましょう。

社会保険に入る

フリーターでも実は社会保険に入ることはできます。条件を満たしていれば、正規雇用でも非正規雇用でも関係なく社会保険に加入できるからです。自分が条件を満たしているならば、雇い主に交渉をして社会保険に入らせてもらうとよいでしょう。

資格を取得する

特別なスキルを持っていれば、それを武器にして正社員になることができるかもしれません。そこで、何らかの資格を取得してみるとよいでしょう。語学系の資格やIT系の資格、介護系の資格などさまざまな資格が存在しています。国家資格であり、ある程度難しい知識やスキルが要求されるものであれば、就職活動をするときの武器になるでしょう。

30代フリーターの末路を回避するための心構え

これから30代フリーターが悲しい末路を回避するにあたって心構えを紹介します。

現実を直視する

30代でもフリーターをしている人は悲しい現実を忘れるためについ現実を無視してしまう傾向にあります。現実逃避することが多いのですが、そのようなことをしていても将来のリスクが高まってしまうだけです。まず、30代フリーターがするべきことは現実の自分についてよく考えることでしょう。このままで本当にいいのか自問自答してみるべきです。

このままフリーターを続けていると自分にどのような未来が待っているのか真剣に考えてみましょう。そうすれば、自然と危機感が生じてくるようになり、すぐに行動しなければいけないという気持ちになっていきます。辛い現実を直視するのは難しいことですが、それを避けてはいけないのです。楽な道ばかり選択したから30代でフリーターをしている今の自分があることを自覚しましょう。

計画性を持つ

計画性を持って行動することは大切です。フリーターをしている人の多くは計画性がなく場当たり的な行動をしがちです。そのような生き方が許されるのは20代までであり、30代になったならば、もっとちゃんと自分の人生に向き合うようにしましょう。計画性を持って行動することができないと、どこかで危機的な状況に陥ってしまうリスクがあります。特にフリーターの場合は貯金がなく、綱渡りの生活を送っているため注意しましょう。

危機感を持つ

自分の現状に危機感を持つことは大切です。危機感を持っているのであれば、今の状況を改善するために積極的に行動に出るようになるでしょう。どこかで将来について楽観視しているからこそ、30代になってもフリーターを続けているのです。たとえば、フリーターの悲しい末路についていろいろと調べてみるとよいでしょう。そうすれば、自分もそうなってしまうのではないかと危機感を持つことができます。

ただし、危機感を持ちすぎてしまうと憂鬱な気持ちになってしまい、何も行動する気が起きなくなってしまうため気をつけてください。あまり思いつめすぎてしまうと逆効果になってしまいます。

1日を無駄にしない

1日1日を無駄にしないことを心がけましょう。30代になると、もう残された時間はわずかと考えるべきです。子供の頃と違ってあっという間に毎日の時間が流れていきます。だらけた生活をしているとすぐに40代になってしまい、取り返しのつかないことになるでしょう。30代という貴重な時間を無駄にせず、向上心を持って何事にも取り組むことによって、未来が変わるかもしれません。

アルバイトで消耗しすぎない

30代フリーターが危機感を持つことは大切ですが、そこでアルバイトに一生懸命になるという道を選んではいけません。アルバイトをいくら全力で取り組んだからといって誰も評価してくれません。やる気を出してアルバイトをしても、昇給や賞与の機会はほとんどないでしょう。そこに力を注ぐのではなく、正社員になるための努力の方にやる気を出すことが大切です。

アルバイトを一生懸命やったとしても、それで将来のプラスになることはほとんどありません。無駄な努力をして心身を消耗させないように気をつけましょう。

30代フリーターから正社員になるコツ

30代でフリーターであることに危機感を持って正社員を目指そうという人は多いでしょう。そこで、30代フリーターから正社員になるための具体的なコツについて紹介します。

就職支援サービスを利用する

正社員になるのを応援してくれる就職支援サービスがあります。就職支援サービスは決して新卒者のみを対象にしたものだけではなく、フリーター向けのサービスも存在しています。30代フリーターであっても利用することができて、就職で成功するためのサポートを受けることができるでしょう。

たとえば、面接や履歴書の対策をすることができます。求人を紹介してもらうことも可能です。面接の日程調整などをしてくれるサービスもあります。就職エージェントが専属でついてくれて、充実したサポートをするサービスもあるのです。30代フリーターから正社員を目指している人は、ぜひ就職支援サービスの利用を検討してみましょう。

求人に応募しまくる

30代フリーターという条件では面接で落ちてしまうことが多いです。書類選考の段階で足切りされることもあるでしょう。そのため、とにかく多くの求人に応募することをおすすめします。たくさんの求人に応募しても落ちてしまうのが当たり前だからです。求人に応募しまくることで、どこかの企業が正社員として採用してくれるかもしれません。

正社員登用制度を活用する

正社員登用制度を用意している職場にアルバイトや派遣として入るという方法があります。そこで頑張って仕事をして認められれば、正社員に登用されるかもしれません。求人に応募する方法よりも早く正社員になれることがあります。ただし、正社員登用制度があるからといって、正社員に絶対に登用してくれるとは限りません。その点には注意して仕事を選びましょう。

まとめ

30代フリーターの悲しい末路についてまとめました。経済的なリスクが特に大きいため、早めに正社員になることが大切です。この記事を参考にして、30代のフリーターの悲しい末路を避けてください。

フリーターの最新記事8件

  • 女性がフリーターでいるメリットとデメリットを徹底解説!

    フリーターのままで仕事をしていくことは、メリットもあればデメリットも伴うものです。女性の場合、このままフリーターだったら結婚とか大丈夫なのかな……と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。フリーターとして生活していく際には、今だけではなく将来のことも見越してメリットやデメリットを考える必要があります。 そこで今回は、女性がフリーターでいるメリットとデメリットを解説していきたいと思います。正社…

  • フリーターから就職を決定づける志望動機の書き方とは?

    フリーターを卒業し、社会人として復帰したいと考える人の多くが頭を悩ませる志望動機はどんな風に記載しようと思いますか? 実は、フリーターから就職したいという場合に書く志望動機には書き方のコツがあります。 そこで本記事では、フリーターから無事に就職することができた人の情報を参考に、フリーターから就職を決定づけることのできる志望動機の書き方について徹底解説していきます。 これからフリーターから就職し、社…

  • 契約社員とフリーターの違いとは?メリット・デメリットを紹介!

    複数ある雇用形態の中から今回は、契約社員という働き方と、フリーターと呼ばれる働き方の違いや特徴について解説していきますね。 契約社員とフリーターの違いだけではなく、それぞれ働くときに感じるメリット・デメリットについても解説していきます。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 契約社員とフリーターの違いとは? 2 契約社員とフリーターの違い【契約社員…

  • 転職エージェントの中でフリーターにおすすめのエージェントを紹介!

    転職エージェントは、今転職をしたいと思っている人にとってとても心強い転職支援サービスです。 転職をしたいと希望すれば、フリーターでも同じ条件で就職活動をし、希望する就職先へ就職することも十分可能です。 自分一人では見つけることのできない優良求人を見つけることができるのも転職エージェントならではなので、フリーターだからこそ転職エージェントを有効活用して転職を成功させちゃいましょう! おすすめの就職・…

  • 【おすすめのバイトはこれ!】フリーターが稼げるバイトを紹介

    フリーターの状態の人は、少しでも楽にそしてしっかり稼ぐことのできるおすすめのバイトを常に探しているのではないでしょうか。 そこで本記事では、フリーターの人が稼ぐことのできるおすすめのバイトを紹介します。 フリーターだからこそ色々な仕事をぜひ体験し、社会経験を積みながら、しっかり稼いでいきましょう! おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 おすすめのバ…

  • フリーターをやめたいと思うタイミングが就職する大チャンス!

    これまでフリーターとして、ひとつの仕事にとらわれることなく、その時にやりたいこと、頑張れることを頑張り、楽しみながら自由に生活してきた人の中には、 「そろそろフリーターをやめたい。」「ちゃんと正社員として働いてみようかな。」 と思う瞬間があるようです。 フリーターをやめたいと思うタイミングは就職する大チャンスとして、そのチャンスのタイミングを逃すことなくフリーターを卒業してみてはどうでしょう。 本…

  • フリーターとパートは働き方や待遇の違いは?どっちがおすすめ?

    働き方には、正社員やアルバイトなどのほかにも、フリーターやパートなどと言われて働く人もいますよね。 そこで本記事では、フリーターとパートは働き方やお給料、待遇など何が違うのかについて解説します。 今までフリーターとパートの違いなど考えたこともなかったけど、何が違うのだろうという人必見です。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 フリーターとパートの…

  • フリーターはローンを組むことはできる?お金を借りるための条件とは

    フリーターという雇用形態で働いている人の中にも、ちょっと大きな買い物をしたい場合や、お金を借りたいという人もいると思います。 しかし、フリーターという不安定な雇用状態では、どんなに頑張って稼いでいたとしてもローンを組むことはできないだろうと諦めている人も少なくないようです。 そこで、フリーターはローンを組むことができるのかどうか、ローンを組む場合はどのような条件があるのかなど、気になることを具体的…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。