フリーターが正社員になるときの面接のポイント

フリーターがこれから正社員を目指す場合には面接対策をしっかりと行わなければいけません。何の対策もせずに面接を受けたとしても失敗する可能性が高いです。そこで、フリーターが面接を突破するためのポイントについてまとめました。

おすすめの就職・退職代行サービス

フリーターが注意するべき面接の身だしなみ

フリーターが面接を受ける際に気をつけるべき面接の身だしなみについて紹介します。

スーツは必須

基本的に面接ではスーツを着用することが必須です。どのような業界のどんな企業を受けるにしてもスーツが基本であると考えましょう。中にはスーツ着用を義務付けておらず、自由な服装で面接を受けられるような企業もあるのですが、そういう場合でもスーツを着ておくことは無難です。これから就職活動を始めたいならば、まずはスーツを用意するところから始めましょう。正社員として採用されたあともスーツを着る機会はたくさんあります。

髪型を整えておく

髪型をきちんと整えておくことは大切です。ボサボサ頭で面接を受けたとしても印象がとても悪くなります。髪型はその人の印象を決める重要な要素となるのです。事前に美容室へ行って、しっかりと髪型を整えておくことをおすすめします。また、髪の毛はできれば染めないほうがよいでしょう。真面目で清潔な印象を与えることが大切です。これから面接を受けることを伝えれば、美容師の方で最適な髪型を整えてくれます。

スーツやカバンはキレイなものを用意する

スーツやカバンなどはあらかじめ新しい物を用意しておくことをおすすめします。古くてくたびれたカバンやスーツを用意しても、印象が悪くなってしまうからです。新しい物を用意することで、印象がよくなります。

女性はナチュラルメイクを心がける

面接を受ける際に女性はメイクをしておくものです。そのときにはナチュラルメイクにしておけば印象が良くなるでしょう。あまり濃いメイクをしていくのはおすすめしません。また、メイクをせずにすっぴんで面接を受けるのもマナー違反と思われる可能性が高いです。自然なメイクを心がけましょう。

男性はきちんと髭を剃っておく

男性は面接の日にしっかりと髭を剃っておくことが大切です。無精髭を生やした状態で面接を受けてしまうと印象が悪くなってしまいます。その日の朝にしっかりと髭を剃っておくことをおすすめします。面接の日の朝は早起きして身だしなみを整えるための時間を確保しましょう。

フリーターが面接でよく聞かれる質問と回答

フリーターがこれから面接を受けたときによく聞かれる質問とその回答について紹介しましょう。

フリーターを続けていた理由

どうしてこれまでフリーターを続けていたのか、その理由を聞かれることは多いです。正直な理由としては、ただなまけていたから、だらけていたからといったものが多いでしょう。しかし、それをそのまま正直に面接で伝えてしまったのでは印象が悪くなってしまいます。たとえば、役者を目指していた、歌手を目指していたといった理由からフリーターをしていたのであれば、そのまま伝えても問題ありません。

単に正社員の求人に応募しても採用されなくて仕方なくフリーターをしていたという理由もありでしょう。このときには、どうして採用されなかったのか、就職活動を失敗した理由を自分なりに分析して伝えてみるとよいです。

育児や介護、家事などを手伝っていたのであれば、それを理由にすることも可能です。きちんと家庭の事情を伝えることで納得感を得られやすいです。

どんなアルバイトをしてきたのか

フリーターをしてきた中で具体的にどういったアルバイトをしてきたのか説明することは大切です。これまでに経験してきた仕事をすべて伝えるとよいでしょう。ただし、単に仕事内容を説明するのではなく、その経験を仕事にどのように生かすことができるのか説明することが大切です。

どうして就職活動を始めたのか

どうして今の段階で就職活動を始めたのか聞かれることは多いです。これは、興味を持った仕事があったからという理由がよいでしょう。応募する企業の業界や業種に憧れた、興味を持ったからという理由であれば納得させやすいです。自分の気持ちの変化について説得力のある理由を考えましょう。

弊社を選んだ理由

数ある企業の中からどうして応募先の企業を選んだのかその理由を説明することは大切です。応募先の企業にのみ当てはまる理由を考えることが大切です。どんな企業にも当てはまるような回答をするのは避けましょう。どうしてもその企業に入社したいという強い気持ちを訴えることが大事です。

バイトの成功体験や失敗体験

バイトをしてきた中での成功体験と失敗体験を聞かれることが多いです。成功体験では、成功したことで自分にどんな長所があるのか、どういう点が成長できたのかといったことを説明するとよいです。成功体験が仕事にどのように生かすことができるのか論理的に説明できるようにしましょう。

失敗体験については、どうして失敗したのかきちんと理解していること、その失敗を今後にどのように生かすことができるのかなどを説明できることが大切です。単に過去の失敗を説明するだけでは不十分なため注意しましょう。

フリーターが面接で第一印象を高める方法

これからフリーターが面接を受ける際にどうすれば第一印象を高めることができるのか、そのための方法について説明しましょう。

大きな声を出す

とにかく大きな声を出すことで元気の良さや明るさをアピールすることができます。また、大きい声を出すことで自信があることをアピールすることにもなるでしょう。緊張している人は第一声から大きい声を出すことを心がけてください。そうすれば、緊張をほぐすことができます。

姿勢を正す

姿勢を正すことで真面目な印象を与えることができます。姿勢が悪いとそれだけでマイナスなイメージを与えてしまうため注意しましょう。また、姿勢をよくすることで大きい声を出しやすくなります。普段、すぐに猫背になってしまうくせのある人は注意しましょう。意識的に背筋を伸ばすことを心がけてください。

言葉遣いに注意する

社会人の大人として恥ずかしくない言葉遣いを心がけることが大切です。バイトなどではそれほど言葉遣いに注意する必要がないため、普段のような言葉遣いで面接を受けてしまうと失敗する可能性があります。正しい敬語について事前に調べておくことをおすすめします。間違えた言葉の使い方をしないように注意してください。

自然な笑顔を心がける

面接を受けるときには自然な笑顔を心がけるようにしましょう。ずっと仏頂面をしていたのでは、印象が悪くなります。ただし、あからさまな笑顔を見せるのもわざとらしいと思われやすいです。自然に微笑むことができるように鏡で練習しておくとよいでしょう。自然な笑顔を見せることで、印象を高めることができます。

フリーターが面接に突破するためのコツ

フリーターが面接を突破するために大切なコツについていくつか紹介しましょう。

面接の回答を用意しておく

事前に面接でどういった質問を受けることになるのか想定しておき、それぞれの想定質問に対する回答も考えておきましょう。その場で予想外の質問をされてしまい、慌てて回答を考えるといったことがないように注意してください。

もちろん、面接でどんな質問をされるのか完全に予想することは難しいです。それでも、あらゆる質問を想定して回答を用意しておくことで、本番で慌ててしまうのを防ぐことができます。完全に同じ質問を受けなくても、似たような質問であれば、事前に考えた回答を応用することはできます。

正社員の面接では、仕事に直接関係しないようなことまで質問されるケースもあります。たとえば、プライベートに関することや価値観に関することが質問されることもあるでしょう。そういったところまで質問を想定しておくことをおすすめします。

卑屈にならない

面接では常に堂々としていることが大切です。フリーターを長年続けているとどうしても卑屈になってしまう人が多いです。自分は価値のない人間であると思いこんでしまい、面接で強い言葉を受けてしまうと気後れしてしまうような人がいます。それでは面接を突破することが難しくなるでしょう。

これまでずっとフリーターを続けていたとしても、そのことで引け目を感じる必要はありません。むしろフリーターをしていたことを堂々と誇っても良いです。尊大な態度になってしまうのは問題ですが、卑屈になるのを避けるためにも自信満々な態度を取ることは大切です。

面接の練習をする

面接の練習を事前にしておくことはとても大切です。特にフリーターは正社員の求人に応募した経験が少ないことが多く、面接を受けた経験も少ないでしょう。それでは、実際に面接を受けたときにとても緊張してしまい、頭が真っ白になってしまう可能性があります。

面接の練習ができる機会はたくさんあります。たとえば、ハローワークでは面接の練習を実施しています。就活支援のメニューが豊富に用意されていて、その中に面接や履歴書に関するセミナーや模擬面接などが含まれているのです。

民間のサービスの中にも面接練習をしてくれるところはたくさんあります。そのような機会を積極的に利用するようにしましょう。

就職エージェントなどのサービスを利用する

就活を支援してくれるサービスはたくさんあります。ハローワークだけではなく、民間の就職エージェントを活用することもおすすめします。いろいろな求人の紹介をしてくれて、就活に関する有効なアドバイスをもらうこともできます。フリーターが就活をする際の困り事や悩み事についてしっかりとサポートしてくれるでしょう。

まとめ

フリーターが正社員の面接を受ける際のポイントについてまとめました。しっかりと対策することによって、フリーターでも面接を突破することは可能です。この記事の内容を参考にして面接に臨んでください。

フリーターの最新記事8件

  • 女性がフリーターでいるメリットとデメリットを徹底解説!

    フリーターのままで仕事をしていくことは、メリットもあればデメリットも伴うものです。女性の場合、このままフリーターだったら結婚とか大丈夫なのかな……と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。フリーターとして生活していく際には、今だけではなく将来のことも見越してメリットやデメリットを考える必要があります。 そこで今回は、女性がフリーターでいるメリットとデメリットを解説していきたいと思います。正社…

  • フリーターから就職を決定づける志望動機の書き方とは?

    フリーターを卒業し、社会人として復帰したいと考える人の多くが頭を悩ませる志望動機はどんな風に記載しようと思いますか? 実は、フリーターから就職したいという場合に書く志望動機には書き方のコツがあります。 そこで本記事では、フリーターから無事に就職することができた人の情報を参考に、フリーターから就職を決定づけることのできる志望動機の書き方について徹底解説していきます。 これからフリーターから就職し、社…

  • 契約社員とフリーターの違いとは?メリット・デメリットを紹介!

    複数ある雇用形態の中から今回は、契約社員という働き方と、フリーターと呼ばれる働き方の違いや特徴について解説していきますね。 契約社員とフリーターの違いだけではなく、それぞれ働くときに感じるメリット・デメリットについても解説していきます。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 契約社員とフリーターの違いとは? 2 契約社員とフリーターの違い【契約社員…

  • 転職エージェントの中でフリーターにおすすめのエージェントを紹介!

    転職エージェントは、今転職をしたいと思っている人にとってとても心強い転職支援サービスです。 転職をしたいと希望すれば、フリーターでも同じ条件で就職活動をし、希望する就職先へ就職することも十分可能です。 自分一人では見つけることのできない優良求人を見つけることができるのも転職エージェントならではなので、フリーターだからこそ転職エージェントを有効活用して転職を成功させちゃいましょう! おすすめの就職・…

  • 【おすすめのバイトはこれ!】フリーターが稼げるバイトを紹介

    フリーターの状態の人は、少しでも楽にそしてしっかり稼ぐことのできるおすすめのバイトを常に探しているのではないでしょうか。 そこで本記事では、フリーターの人が稼ぐことのできるおすすめのバイトを紹介します。 フリーターだからこそ色々な仕事をぜひ体験し、社会経験を積みながら、しっかり稼いでいきましょう! おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 おすすめのバ…

  • フリーターをやめたいと思うタイミングが就職する大チャンス!

    これまでフリーターとして、ひとつの仕事にとらわれることなく、その時にやりたいこと、頑張れることを頑張り、楽しみながら自由に生活してきた人の中には、 「そろそろフリーターをやめたい。」「ちゃんと正社員として働いてみようかな。」 と思う瞬間があるようです。 フリーターをやめたいと思うタイミングは就職する大チャンスとして、そのチャンスのタイミングを逃すことなくフリーターを卒業してみてはどうでしょう。 本…

  • フリーターとパートは働き方や待遇の違いは?どっちがおすすめ?

    働き方には、正社員やアルバイトなどのほかにも、フリーターやパートなどと言われて働く人もいますよね。 そこで本記事では、フリーターとパートは働き方やお給料、待遇など何が違うのかについて解説します。 今までフリーターとパートの違いなど考えたこともなかったけど、何が違うのだろうという人必見です。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 フリーターとパートの…

  • フリーターはローンを組むことはできる?お金を借りるための条件とは

    フリーターという雇用形態で働いている人の中にも、ちょっと大きな買い物をしたい場合や、お金を借りたいという人もいると思います。 しかし、フリーターという不安定な雇用状態では、どんなに頑張って稼いでいたとしてもローンを組むことはできないだろうと諦めている人も少なくないようです。 そこで、フリーターはローンを組むことができるのかどうか、ローンを組む場合はどのような条件があるのかなど、気になることを具体的…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。