フリーターでも103万を超えたら注意!収入によって変わる義務を確認してみよう!

フリーターとは、正社員ではないアルバイトなどを仕事に生活している方を指す言葉です。そんなフリーターが気を付けなければならないのが「収入」。シフトを自分の都合で調整できるし、好きなだけ稼げるんじゃない?と思っている方も若い世代を中心に増えています。

フリーターは、収入の壁というものが定められており、103万円以上稼いでしまうと、今まで払っていなかった支払いを義務付けられてしまいます。アルバイトを中心に暮らしていこうと考えている皆さん。自分が損をしないように、しっかりと正しい知識を身につけましょう。

おすすめの就職・退職代行サービス

フリーターが103万以上稼ぐことで何が起こる?

フリーターの多くは、シフトを自分で提出して給料や休日、出勤日を調整します。フリーターでも先輩のなかには正社員のように働いている方もいるかもしれません。しかし、自分も同じように働こうと考えている方には、損をしてしまうかもしれない落とし穴があるかも…。

103万以上稼ぐことで発生する支払いや、変わってしまうシステムなどを理解しましょう。既婚者・未婚者によっても状況は変わりますが、一通りの情報を勉強してみましょう。

扶養控除が受けられない

「扶養控除」とは、年間の合計所得が38万円以下、給与収入が103万円以下で適用される制度です。給与収入は、給与明細の上で保険料や税金が引かれていない金額を指します。自分が実際にもらえる金額は「手取り」といって38万円の合計所得に該当します。

扶養控除❮65万円❯と、全ての働く方が受けられる制度「基礎控除」の金額❮38万円❯が控除され、103万円以下の収入の方は所得税がかからない計算になっています。所得税だけでなく住民税・国民健康保険なども扶養控除が適用され、金額の減額や支払い義務が発生しません。

基本的には納税者が存在し、納税者の配偶者や16歳以上の子供に関して、扶養控除は適用されます。納税者は親や夫が多いので、アルバイトやパートをしたい妻や子供は気を付けなければなりません。

納税者本人の収入が103万円以下の場合にも扶養控除は適用されます。控除を受けることが可能なフリーターの中には103万円以下の収入でやりくりしている方もいます。扶養控除も扶養から外れて得をする方と損をする方が別れます。

自分の収入に応じて、扶養を外れても構わないのか。考えながらシフトをいれることが大切です。

所得税の支払い

「所得税」は、自分がお給料として稼いだ金額にかかってしまう税金です。103万円以下の場合は、「非課税」となり、基礎控除と扶養控除によって所得税は存在しません。しかし、103万以上の収入になると扶養控除から外れてしまうので、所得税が発生します。

所得税は、自分だけでなく扶養してくれている納税者の支払う金額も高くなってしまいます。超えてしまった金額が103万に近いほど、損をしてしまうケースが多いです。所得税を引かれてしまう場合は、できるだけ多目に手元に残るようにしっかりとした金額を稼ぐようにしましょう。

基本的には「天引き」といって、勤務先から自動的に所得税を引いた金額をお給料としてもらうことができます。アルバイトやパートでも天引きされているケースがほとんどです。天引きされていない場合は、「確定申告」で自分で申告して支払わければなりません。所得税だけでなく住民税や社会保険料なども、必要な金額の場合は天引きされて、お給料が決められます。

住民税の支払い

「住民税」は、住民票がある地域でかかる税金のことです。103万円以下の場合は非課税なので必要ありませんが、103万以上の収入で支払う義務があります。地域や県によって住民税の金額は違い、所得によっても変動します。

自治体によっては100万円の年収で、住民税が発生する地域もあるので、必ず確認するようにしましょう。住民税は、今現在の収入で発生した税金を支払う時期が1年後になります。正社員の場合は、会社が自動的に天引きしてくれますが、フリーター・パートの場合は、自分で1年後に届く納付書に従って、支払わなければなりません。

仕事を今年辞めた方も、去年稼いでいる分の住民税は今年支払う義務があります。退職を考えている場合は、住民税を少し念頭に置いて貯金をしておきましょう。住民税の支払いが滞ってしまうと、最悪の場合は財産を差し押さえられる可能性があります。

支払いが難しい場合は、市役所や担当の事務所に電話で相談をしてみてください。

フリーターの多くは103万以上の収入で確定申告が必要

所得税の部分でも「確定申告」という言葉を使いましたが、正社員でもアルバイト・フリーターでも全員が2月~3月の期間内に行います。1年間になる1月1日~12月31日までのお給料を税務署に確定申告し、所得税を払いすぎていないか・払っている金額が少なくないかを確認します。

払いすぎている場合には、確定申告で過払い分が戻ってくるシステムです。もちろん、払っている金額が少なかった分は、後から支払いをします。この戻ってくるお金「還付金」といいます。

大きな会社でアルバイトをしている場合は、基本的には確定申告の用紙の記入のみで、税務署に直接行く必要はありません。会社でまとめて行ってくれます。フリーターの方も雇われている方が多いので、自分で税務署にいく必要はありません。しかし、給料から所得税が差し引かれていない場合は、必ず自分で行う必要があります。

年収が103万円に満たない場合は、非課税となるので所得税は発生せず、確定申告は行いません。注意点としては、年収が103万円に満たない場合でも、勤めている会社が自動的に88,000円を超えた月は所得税を引いている可能性が高いです。その場合は、年収が103万を満たしていないので、確定申告することで納めている所得税が返金されます。

【103万じゃない!】既婚者フリーターは支払い義務が適用される金額が違う

フリーターは、103万円以上の年収で扶養控除が受けられなくなる話をしまたが、既婚者である扶養家族が働く場合には、103万円の壁が「150万円」まで引き上げられます。多くは、妻でパートタイムの仕事を行っている方に限定されます。

2018年に、配偶者控除の適用が引き上げられました。さらに、年収が150万円を超えてしまった場合でも、配偶者特別控除が適用され、年収201万円までは税金の負担が小さくなりました。

150万円までは扶養家族として、所得税を払うことなく働けるラインです。150万円を超えると所得税やその他の支払いは発生しますが、特別控除によって支払う負担が少なくなっています。

支払わなければならないお金は発生しますが、上手に働くことで損をせずに思いっきり働くことが可能です。今までは扶養控除などを考えて、パートやアルバイトをセーブしていた既婚女性も、この制度を上手に利用してお得に働きましょう。

【103万を超えたらすぐ!】フリーターで106万を超えた場合も考えておこう

103万以上の年収で所得税・住民税支払ったすぐ先に「106万の壁」が存在します。このラインを超えてしまうと、扶養から外されてしまいます。今まで非課税で扶養されていたはずの、社会保険料・国民年金が自分が払わなければならなくなり、106万円に近い年収だった場合は、引かれてしまうお金で手取りが減少してしまうケースもあります。

ならば、払いたくない!と感じる方も多いかもしれませんが、国民年金は支払いが義務になっているので払わなければなりません。支払いを拒否すると、将来年金がもらえなくなったり、最悪の場合は財産の差し押さえの可能性があります。

社会保険は働く上でとても大切な保険です。社会保険は、加入していると仕事で怪我をしてしまった場合に手当て金を受けとることができます。さらに、自動的に厚生年金になるので将来貰うことのできる年金が多くなります。

社会保険に加入していなかった場合は、国民年金になります。厚生年金とは2倍近く貰える金額が変わるため、将来を考えるのであれば働ける元気なうちに、社会保険の加入がおすすめです。

103万以上稼ぐフリーターは社会保険にはいることができるの?

103万円以上稼いでいる方で、106万円以上であれば社会保険に加入することは可能です。ですが、自分が働いている会社が社会保険に加入しているのか、確認することが大切です。加入していなかった場合は、社会保険に入ることはできません。

・1週間の労働時間が20時間以上
・会社全体の従業員が501人以上
・雇用期間が1年間以上の見込み
・月の給与が88,000以上
・本人が学生ではない

会社にも社会保険に加入するための項目が存在しますし、本人も該当することが大切です。

103万以上稼ぐのであればフリーターから正社員になる方法もある

フリーターとして、103万円の収入を得ることができるほど、仕事ができる時間があるのならば、正社員になることをおすすめします。103万円や106万円の年収を稼いでいる方の多くは、平日5日間の勤務を行っていたり、人にいっては正社員と同じくらいの時間を仕事に当てている方も少なくありません。

アルバイトに時間をかけるなら、同じ時間を正社員勤務の時間に変えることで、福利厚生や会社が守ってくれるメリットが発生します。アルバイトで生計を立てている方は、自分が病気や怪我をしたときの代償を考えてみましょう。

最終的判断は将来や家族のことを考えよう

フリーターは、既婚者や独身のアルバイター、学校を卒業したばかりで就職しなかった方など、様々な状況が個人にあります。しかし、最終的には自分や家族の将来を考えてみましょう。

既婚者の場合は、夫か妻の立場で大きく「働く」という仕事の大きさに違いがありますが、少なくとも男性の場合には、子供や奥さんを養っていくために、安定した仕事や福利厚生のある会社の正社員になった方がよいでしょう。

独身や若い世代のフリーターは、将来家族を築いていくことや老後の年金のことなどを踏まえながら、これからの人生を考えてみてください。もちろん、フリーターでも税金を納めることでしっかりと年金や保険が適用されます。

フリーターの最新記事8件

  • フリーターから就職を決定づける志望動機の書き方とは?

    フリーターを卒業し、社会人として復帰したいと考える人の多くが頭を悩ませる志望動機はどんな風に記載しようと思いますか? 実は、フリーターから就職したいという場合に書く志望動機には書き方のコツがあります。 そこで本記事では、フリーターから無事に就職することができた人の情報を参考に、フリーターから就職を決定づけることのできる志望動機の書き方について徹底解説していきます。 これからフリーターから就職し、社…

  • 契約社員とフリーターの違いとは?メリット・デメリットを紹介!

    複数ある雇用形態の中から今回は、契約社員という働き方と、フリーターと呼ばれる働き方の違いや特徴について解説していきますね。 契約社員とフリーターの違いだけではなく、それぞれ働くときに感じるメリット・デメリットについても解説していきます。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 契約社員とフリーターの違いとは? 2 契約社員とフリーターの違い【契約社員…

  • 転職エージェントの中でフリーターにおすすめのエージェントを紹介!

    転職エージェントは、今転職をしたいと思っている人にとってとても心強い転職支援サービスです。 転職をしたいと希望すれば、フリーターでも同じ条件で就職活動をし、希望する就職先へ就職することも十分可能です。 自分一人では見つけることのできない優良求人を見つけることができるのも転職エージェントならではなので、フリーターだからこそ転職エージェントを有効活用して転職を成功させちゃいましょう! おすすめの就職・…

  • 【おすすめのバイトはこれ!】フリーターが稼げるバイトを紹介

    フリーターの状態の人は、少しでも楽にそしてしっかり稼ぐことのできるおすすめのバイトを常に探しているのではないでしょうか。 そこで本記事では、フリーターの人が稼ぐことのできるおすすめのバイトを紹介します。 フリーターだからこそ色々な仕事をぜひ体験し、社会経験を積みながら、しっかり稼いでいきましょう! おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 おすすめのバ…

  • フリーターをやめたいと思うタイミングが就職する大チャンス!

    これまでフリーターとして、ひとつの仕事にとらわれることなく、その時にやりたいこと、頑張れることを頑張り、楽しみながら自由に生活してきた人の中には、 「そろそろフリーターをやめたい。」「ちゃんと正社員として働いてみようかな。」 と思う瞬間があるようです。 フリーターをやめたいと思うタイミングは就職する大チャンスとして、そのチャンスのタイミングを逃すことなくフリーターを卒業してみてはどうでしょう。 本…

  • フリーターとパートは働き方や待遇の違いは?どっちがおすすめ?

    働き方には、正社員やアルバイトなどのほかにも、フリーターやパートなどと言われて働く人もいますよね。 そこで本記事では、フリーターとパートは働き方やお給料、待遇など何が違うのかについて解説します。 今までフリーターとパートの違いなど考えたこともなかったけど、何が違うのだろうという人必見です。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 フリーターとパートの…

  • フリーターはローンを組むことはできる?お金を借りるための条件とは

    フリーターという雇用形態で働いている人の中にも、ちょっと大きな買い物をしたい場合や、お金を借りたいという人もいると思います。 しかし、フリーターという不安定な雇用状態では、どんなに頑張って稼いでいたとしてもローンを組むことはできないだろうと諦めている人も少なくないようです。 そこで、フリーターはローンを組むことができるのかどうか、ローンを組む場合はどのような条件があるのかなど、気になることを具体的…

  • フリーターが就職する場合におすすめの仕事・職種はこれ!

    これまでしっかり働いてはいたものの正社員ではなくフリーターだったから、お給料はもちろん、福利厚生などもよくなく、何かと不都合を感じている人の中には、フリーターではなく、正社員として就職したいという人も多くいます。 そこでフリーターが改めて正社員として働く場合におすすめの仕事や職種と、正社員になるときに心がけたいことを紹介します。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。