フリーターから公務員!安定した公務員になるための方法は?

世の中では、フリーターから公務員になれた方がいます。「頭のいい大学を卒業しているんでしょ?」「誰かのコネ?」と、フリーターから公務員への壁は高く感じられがちですが、実は高卒でも公務員として働くことはできます。フリーターからせっかく正社員に就活するのなら、公務員に挑戦してみたい方も多いはず…。

今回は、どうしたらフリーターから公務員になれるのか。その可能性を高めるための対策やポイントをご紹介していきます。公務員試験の年齢制限は「30歳」とされているため、年齢が近い方はすぐに決断して行動しましょう。

おすすめの就職・退職代行サービス

【フリーターでも知っておきたい】公務員とは

「公務員」と1つにまとめても、実は公務員は様々な職業から形成されており、国家公務員や地方公務員など、名前も異なります。公務員を目指すに当たって、公務員とはどんなこのなのか、どんな職業が公務員に当てはまるのか、勉強してみましょう。

国家公務員

一般職

一般職は、外務省や財務省など、国に関わる大切な仕事をしている方々です。文部科学省や厚生労働省など、中央省庁で働く方々を国家公務員の一般職としてまとめられています。

特別職

特別職は、総理大臣や各大臣などを指します。政治家として活動している方々を国家公務員の特別職としており、選挙で選ばれなければなることはできません。政治家以外では、国会で働く職員・自衛隊も特別職に当てはまります。

国の流れは、この特別職の方々に決められ、一般職の各省に伝えられます。

専門職

専門職とは、労働基準監督官や財務専門官など、専門的な知識を使って働いている方々を指します。国税専門官なども、専門職にあてはまります。ちなみに、地方公務員として間違われやすいのが「税務署の職員」。税務署の職員は、国税局に勤めているとされているので、地方であっても国家公務員として扱われています。

地方公務員

地方公務員は国家公務員よりも、地元に近いところで働いている方々です。フリーターから公務員になる方もほぼ地方公務員が多いでしょう。

一般職

一般職は、県庁や市役所で働いている職員です。地方公務員の半分以上は、市役所や県庁に勤めています。そして、警察官や消防士も地域公務員の一般職に当てはまります。特別な試験や訓練を必要としますが、地域公務員です。

1番身近に感じる職業としては、学校の先生や公立の病院スタッフ、図書館の職員も地方公務員です。福祉施設で働いている方も、一般職の公務員である場合も多いです。

特別職

特別職は、各都道府県知事や市町村長が当てはまります。各地域のリーダーとなる方々なので、全員選挙を行って選ばれている方々です。公務員になるには、公務員試験を受けなければなりませんが、知事や市町村長は公務員資格を持っていなくても、立候補できるため公務員であるとの認識が薄いです。

高卒フリーターからでも公務員になれる

高卒フリーターでも公務員になれる可能性は十分にあります。地方公務員の方が、公務員になれる可能性は高まりますが、国家公務員も地方公務員も公務員試験を合格しなければなりません。

一般枠という公務員試験に、フリーターでも合格できれば、十分に公務員として働ける可能性はあります。公務員試験には、社会人として会社に勤めた経験などは関係なく、フリーターだったことによって影響するものはありません。

公務員試験にもレベルがあり、勉強に自信がない方でも「高卒程度」という試験をうけることが可能です。また、警察官や自衛隊なども高卒で試験をうけることができ、特別職や専門職の分野でも、高卒で活躍している方が大勢います。

大卒フリーターから目指せる公務員は?

高卒の方でも公務員として働くことが可能ですが、大学を卒業しているだけで働ける幅がぐっと広がります。大卒フリーターでも目指せる公務員を大まかにご紹介していきます。

キャリア官僚

キャリア官僚とは、国家公務員総合職です。国家公務員は、各省に分けられて分野ごとに仕事を担っていますが、キャリア官僚は将来に、リーダー的存在や幹部になることができ、実際に政策などを考える仕事も、将来的には行います。

警察官

高卒の方でも働くことができる警察官ですが、大卒の場合は「キャリア組」とよばれる警察官になることができます。高卒の警察官との違いは、高卒の場合は交番勤務や各現場での勤務が主ですが、キャリア組は事務的な作業が多く、警察幹部を目指すことのできる存在です。将来、警視総監になりたい方や組織の幹部として出世したい方が、キャリア組として働いています。

地方上級公務員

地方公務員の上級の公務員です。一般職の地方公務員と仕事は大きく変わりませんが、各自治体において、幹部候補として働くことができます。上級公務員の方が、任される仕事の量や責任感は多く、幅広い仕事を担っています。大学で教員試験を受験して合格している方は、公立高校の学校教師として働いている方も多いです。

フリーターから公務員になるメリットとは

フリーターから公務員になるためには、職場の面接や採用試験だけでなく、公務員試験を受けなくてはなりません。他の一般職よりも努力が必要になる可能性が高いですが、それでもフリーターから公務員になるメリットがあります。

安定した収入

公務員は、収入が安定しており、地方では公務員はお給料が良い職業としても認識があります。フリーターでは、自分が働いた時間や日数の金額しかもらうことはできませんが、公務員では毎月決まった額をもらうことができるため、収入が不安定なフリーターにはメリットです。

また、社会保険や厚生年金に加入することができるため、万が一、病気や怪我で働けなくなってしまった時の給料や、将来の年金などをしっかりともらうことが可能です。退職してしまった時も、失業保険などに加入しているのでハローワークで申請すれば、退職理由にいって変動はありますが、給付金を受けとることができます。

フリーターがアルバイトをやめても、基本的にはハローワークで給付金を受けとることは不可能ですが、公務員として勤めていると仕事がなくなった期間でも、仕事を探していれば少しのお金でも給付されます。

将来の不安が少なくなる

先ほどお話しした、厚生年金に加入していることで老後、国民年金よりも多い金額をもらうことが可能です。フリーターは基本的には、国民年金に加入している方が多いですが、平均して年金額は6.5万円ほどです。この金額では、パートなどをしないと暮らしていけない可能性もあります。

公務員では、厚生年金で倍近い年金を受け取ることができますし、収入が安定しているため貯金もしやすいです。金銭面で、将来の不安はフリーターよりもないと感じられます。

さらに、結婚や出産に関しても、男性であればフリーターで年齢を重ねると結婚できる可能性は低くなってしまいます。ですが、公務員である以上、社会的なイメージや安定した収入で年齢を重ねてからの結婚も珍しくありません。

女性の場合でも、出産や育児は人生のなかでも大きなイベントです。一般的な企業でも公務員でも代わりはありませんが、しっかりと産休や育休が取得でき、女性として母として、育児をしながらも働きやすい時間帯に仕事ができる職業です。

フリーターから公務員試験に受かりやすくなるようにするために

フリーターから公務員試験に受かりやすくするポイントは3つです。

筆記試験の勉強を怠らない

公務員試験で実施される筆記試験は、高卒程度と大卒程度に大きく分けられます。この時点で、自分はどちらに分類されるのか、しっかりと把握しておきましょう。

高卒程度の場合は、一般j的な教養試験が行われます。高校時代に勉強したことに近い試験ですが、学校を卒業した私たちは、自分が思っている以上に勉強を忘れています。高卒程度だからと甘くみずに、しっかりと試験勉強をして受験してください。

大卒程度の場合は、教養試験と専門的な知識の専門試験が行われます。教養試験の勉強も大切ですが、働きたい分野において必要な知識を試験されます。専門的な勉強も事前に独学でする必要があるので、高卒程度よりも時間が必要です。

面接対策をしっかりとする

筆記試験を合格した方には、ほぼ面接が実施されます。この面接は、高卒程度の試験・大卒程度の試験どちらも実施されます。

面接では、自分の言葉でしっかりと考えて話ながら、これからどうやって働いていきたいかをしっかりと伝えましょう。緊張して小さな声になったり、マイナスな言葉を発しないように気を付けましょう。

できれば、相手の方を準備して、実際の面接のように練習をした方が、本番は緊張しな方が多いです。出来る限り、本番勝負にならないように対策してください。

一般枠を受験する

受験には、「経験枠」と「一般枠」があります。経験枠とは民間企業に勤めていた経験が一定期間ある方が受ける枠です。一般枠はフリーターや、高校卒業でも受けることができます。

経験枠では、正社員からの転職を希望する方も多く、実績やスキル、経歴などが自分よりも上回っている方が多い傾向があります。倍率も高いため、フリーターの方は合格する確率が少なくなってしまい勝ちです。

おすすめは「一般枠」での受験。この一般枠では、フリーターでも経験枠の方と比較してみられることもありませんし、自分自身も経験枠の受験者に怯える可能性も減ります。一般枠でも、専門的な試験は受けることができます。自分らしさをしっかりと出して、倍率が少なく、比較的合格しやすい一般枠で受験してみましょう。

今どう行動するかによって将来が大きく変わります

今すぐに行動するだけで、自分の可能性を広ろげることができ、将来が大きく変わってきます。学生時代に勉強が苦手だった方もいるかもしれませんが、勉強の在り方や仕方を工夫すれば、誰でも試験に合格できる知識を身に付けることができます。

公務員試験には年齢制限があります。地方にいっては、違いがあるかもしれませんがほぼ30歳が制限です。「30歳はまだ先だから。」と思って躊躇していると、あっという間に30歳は通り越してしまいますよ。

自分の将来や未来の家族のこと、両親のことを考えるのであれば、早く行動してもデメリットはありません。しっかりと自分の今の状況やこれからの生活のことを考えて、今何をするべきなのか、考えて行動してみてくだs

フリーターの最新記事8件

  • 女性がフリーターでいるメリットとデメリットを徹底解説!

    フリーターのままで仕事をしていくことは、メリットもあればデメリットも伴うものです。女性の場合、このままフリーターだったら結婚とか大丈夫なのかな……と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。フリーターとして生活していく際には、今だけではなく将来のことも見越してメリットやデメリットを考える必要があります。 そこで今回は、女性がフリーターでいるメリットとデメリットを解説していきたいと思います。正社…

  • フリーターから就職を決定づける志望動機の書き方とは?

    フリーターを卒業し、社会人として復帰したいと考える人の多くが頭を悩ませる志望動機はどんな風に記載しようと思いますか? 実は、フリーターから就職したいという場合に書く志望動機には書き方のコツがあります。 そこで本記事では、フリーターから無事に就職することができた人の情報を参考に、フリーターから就職を決定づけることのできる志望動機の書き方について徹底解説していきます。 これからフリーターから就職し、社…

  • 契約社員とフリーターの違いとは?メリット・デメリットを紹介!

    複数ある雇用形態の中から今回は、契約社員という働き方と、フリーターと呼ばれる働き方の違いや特徴について解説していきますね。 契約社員とフリーターの違いだけではなく、それぞれ働くときに感じるメリット・デメリットについても解説していきます。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 契約社員とフリーターの違いとは? 2 契約社員とフリーターの違い【契約社員…

  • 転職エージェントの中でフリーターにおすすめのエージェントを紹介!

    転職エージェントは、今転職をしたいと思っている人にとってとても心強い転職支援サービスです。 転職をしたいと希望すれば、フリーターでも同じ条件で就職活動をし、希望する就職先へ就職することも十分可能です。 自分一人では見つけることのできない優良求人を見つけることができるのも転職エージェントならではなので、フリーターだからこそ転職エージェントを有効活用して転職を成功させちゃいましょう! おすすめの就職・…

  • 【おすすめのバイトはこれ!】フリーターが稼げるバイトを紹介

    フリーターの状態の人は、少しでも楽にそしてしっかり稼ぐことのできるおすすめのバイトを常に探しているのではないでしょうか。 そこで本記事では、フリーターの人が稼ぐことのできるおすすめのバイトを紹介します。 フリーターだからこそ色々な仕事をぜひ体験し、社会経験を積みながら、しっかり稼いでいきましょう! おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 おすすめのバ…

  • フリーターをやめたいと思うタイミングが就職する大チャンス!

    これまでフリーターとして、ひとつの仕事にとらわれることなく、その時にやりたいこと、頑張れることを頑張り、楽しみながら自由に生活してきた人の中には、 「そろそろフリーターをやめたい。」「ちゃんと正社員として働いてみようかな。」 と思う瞬間があるようです。 フリーターをやめたいと思うタイミングは就職する大チャンスとして、そのチャンスのタイミングを逃すことなくフリーターを卒業してみてはどうでしょう。 本…

  • フリーターとパートは働き方や待遇の違いは?どっちがおすすめ?

    働き方には、正社員やアルバイトなどのほかにも、フリーターやパートなどと言われて働く人もいますよね。 そこで本記事では、フリーターとパートは働き方やお給料、待遇など何が違うのかについて解説します。 今までフリーターとパートの違いなど考えたこともなかったけど、何が違うのだろうという人必見です。 おすすめの就職・退職代行サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 フリーターとパートの…

  • フリーターはローンを組むことはできる?お金を借りるための条件とは

    フリーターという雇用形態で働いている人の中にも、ちょっと大きな買い物をしたい場合や、お金を借りたいという人もいると思います。 しかし、フリーターという不安定な雇用状態では、どんなに頑張って稼いでいたとしてもローンを組むことはできないだろうと諦めている人も少なくないようです。 そこで、フリーターはローンを組むことができるのかどうか、ローンを組む場合はどのような条件があるのかなど、気になることを具体的…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。