30歳を超えたフリーターはお先真っ暗?不安を感じたら就職しよう | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

30歳を超えたフリーターはお先真っ暗?不安を感じたら就職しよう

30歳でフリーターを続けている人は、意外と世の中にたくさんいます。最近は非正規雇用自体がとても多くなりましたし、正社員にはなりたいものの、就職が決まらずフリーターを続けている、という人も多いでしょう。

また、フリーターは何か別のことと両立しながらお金の稼ぐのにはちょうど良い立場です。そのため30歳くらいなら、別の夢ややりたいことを優先し、それとは別で生活費を稼ぐためにフリーターしている人もたくさんいるはずです。

しかし30歳を超えると、フリーターという立場は社会的にかなり不利なものになっていきます。将来のことを考えるなら、今後の身の振り方については真剣に考える必要が出てきます。

そこで今回は、30歳を超えたフリーターがするべきことや、効果的な就活方法について解説していきたいと思います。

30歳フリーター。この先待ち受けるものとは…

30歳前後でフリーターをしている人は、現代社会において決して少ない数ではありません。アルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用の需要が増したことが、理由の一つとしては関係しているでしょう。

しかし30歳前後でフリーターをしていることは、何か特別な事情があって本人・周りも納得していない限り、将来的にはあまり好ましい状態ではありません。

では、30歳でフリーターをしていると、今後はどうなっていくのでしょうか。考えられる可能性を整理していきましょう。

30歳を超えたフリーターははっきり言って就職しづらい

フリーターをしている状態で30歳を超えてしまうと、正直なところ就職のしづらさは大きな問題となっていきます。

中途採用で内定をもらえる年齢はやはり20代の若い人が多く、30代以降は募集枠も少なくなれば条件も厳しくなっていく傾向にあります。特別なスキルと経験があれば、それを活かして30歳以降で無事就職できる人もいますが、そのようなタイプの人は正直稀です。

30歳以降で就職を考える前は、今までアルバイトしかしてきていない…というフリーターは少なくありません。そうなると能力的にも不十分な点が多くなり、ますます採用は勝ち取れなくなります。

バイトをしていても収入の安定性は低い

30歳フリーターで、確かに非正規でも働いてはいるかもしれませんが、経済状況はほとんど潤っていないでしょう。フリーターは正社員と比べて賃金が低いため、収入に安定性はありません。

しかもフリーターはいつ仕事の契約を切られてもおかしくない立場です。正社員と比べて雇用が安定していないことは、経済状況が潤っていない原因の一つになります。今後30歳以降もフリーターを続けていくなら、収入は低いままでしょうし、貯金もなかなか貯まらないでしょう。

結婚もできなければキャリアを積むこともできない

30歳フリーターの状態でこのまま就職できなければ、今後は結婚できるかどうかも怪しくなります。やはりフリーターとの結婚を拒否する人は多いです。それは当然のことで、経済力や甲斐性に不安要素を感じられてしまうからです。

また、30歳以降もフリーターのままでは、キャリアを積んでいくこともままならないでしょう。アルバイトや派遣社員の状態では、キャリアアップして年収を上げるチャンスもなかなか巡ってきません。同じ30歳の正社員と比べれば、キャリアには大きな差が出てしまいます。

年金はどうなる?このまま孤独死?老後の不安も多い

さらにもっと先の未来をイメージしてみましょう。30歳以降、今後ずっとフリーターの状態で仕事をしていったらどうなるでしょうか。

フリーターの人は厚生年金にも加入していない人は多いでしょうし、払う年金が少ないということはもらえる年金も少なくなります。老後、困らずに生活できるのか、不安は残るものです。

そして結婚できず独身のままなら、孤独死するかもしれない不安もあります。その他、フリーターでいたせいで途中で仕事がなくなってしまい、無職になること、中高年で引きこもりになること……などなど、とにかく不安要素としてあげられることはたくさんあります。

30歳を超えたフリーターは不安を感じたらすぐ就活!

30歳を超えたフリーターには、何かと不安要素がつきものです。このままフリーターを続けていくことには、大きなリスクが伴います。そのため、「もう30歳になってしまった…このままではまずいかも」と思えたのなら、早めに就活を始めることが大切です。

年齢を重ねればどんどん仕事を選べなくなってくる

先ほども触れた通り、年齢を重ねれば仕事はどんどん選べなくなっていきますし、求人自体も減っていきます。就職しようと思ったタイミングですぐに就職できるとは限らないでしょう。

30歳でフリーターをしているという時点で、多くの企業はその人のことをマイナスなイメージで見るようになります。「仕事の能力が低いのかもしれない」「人間性に問題があるのかもしれない」などの見方をされることは、どうしても受け入れなければなりません。

ニートや引きこもりになれば社会復帰も難しくなる

30歳以降でフリーターをしていて、その後もしニートや引きこもりになれば、さらには正社員で働くどころか社会復帰も難しくなります。

30歳以降は、「頑張って働こう」という気力自体も薄れやすいものです。仕事が決まらない、周りに評価されない、社会的な孤独を感じる……そんな状況に悩まされればなおさらのことです。そんな負のループがニート化すること、引きこもり化することにつながっていきます。

就職しづらいとはいえ30代ならまだチャンスはある

以上のことを踏まえれば、30歳フリーターの状態で危機を感じたらすぐに就活すべきという考え方は理解できるのではないでしょうか。

しかし実際のところは、30歳以降で就職するチャンスはまったくないというわけではもちろんありません。30代ならまだまだチャンスはありますし、正社員の経験がゼロでもチャレンジできる仕事・業界はあります。

引きこもりやニートにも、誰もがなるわけではありません。自分自身がそのリスクや怖さを知ったうえで就職に向けて動き出せば、基本的には問題ないでしょう。30歳を過ぎて、もしくは30歳が近づいて、このままではまずいと感じたら、早めに行動することが大切です。

30歳を超えたフリーターの就活のポイント

ではここからは、30歳を超えたフリーターの就活のポイントを見ていきましょう。

利用できる就職支援サービスはフル活用することが大事

基本的に自分が利用できる就活支援はフル活用することをおすすめします。ハローワークや就職エージェントなど、就職支援は利用しておいてまったく損はありません。

特に今まで正社員として働いた経験がなければ、就活で不安なことは多いでしょう。どうすればフリーターでも就職できるのか、どんな仕事ならチャンスがあるのか、ハローワークや就職エージェントには逐一相談することができます。また、自分で探すだけでは見つけられないような求人の紹介も積極的に行ってくれます。

売り手市場の業界を狙うのがおすすめ

30歳以降のフリーターが就職するなら、なるべく売り手市場の業界を狙うことが望ましいです。

売り手市場ということは、つまり全体的に人手が不足しがちな業界ということです。仕事内容的に、人手がたくさん欲しいところ、人員がいすぎても困らないような業界になります。

近年の傾向を見れば、介護職などはやはり未経験者でも挑戦しやすく、30歳以降のフリーターで介護業界に就職する人は非常に多いです。その他には、パソコンスキルやあるならIT業界、体力に自信があるなら飲食業やサービス業、建設業などがあげられます。

30歳以上の就職だからこそ謙虚さを大切に

30歳以降で就職を考えるなら、年齢をある程度重ねているからこそ、逆に改めて謙虚さを大切にする必要があります。

実際に、年齢を重ねているせいで、つい面接の際に偉そうな態度が出てしまう人は少なくありません。年齢相応の落ち着きや冷静さは大事にしたうえで、その正社員としては社会人一年目の気持ちで、謙虚に面接に臨むことは忘れないようにしましょう。

30歳以上のフリーターで就活がとにかく不安なときは…

30歳フリーターともなれば、確かに今後本当に就職できるのか、不安にもなるものです。周りの一般的な30代と比べて、かなりスタートが遅れてしまっていることに、気まずさを感じている人も多いでしょう。

就活がとにかく不安なときは、以下のような心がけ・対策を実践することが大切です。

30代でも働き口はまだまだあることを認識してポジティブに

30歳以降のフリーターは確かに就職しづらい立場にありますが、働き口がまったくないわけではありません。むしろ人手が不足している業界は、30代の就職・転職にもかなり前向きなので、実質的にはまだまだチャンスはあります。

必要以上に不安ばかりを数えず、「きっと就職できる」「30歳は超えたけど、しっかり就活すればまだチャンスはあるはず」と気持ちを明るく持つことも大切になります。リスクは理解したうえで、気持ちは明るく持つこと、就職するモチベーションは失わないこと、これらのことはしっかり意識していきましょう。

正社員になるにあたって不安なことは積極的に相談する

正社員になるにあたって、不安に感じていることがあれば、そのことは積極的に周りに相談するべきです。特にハローワークや就職エージェントなど就職支援には、困っていることはしっかり相談するようにしましょう。

「不安だけどなんとかなるだろう」といった姿勢が、就活を難航させる可能性があります。「今更聞けない」「30歳を超えているのにこんなことができないなんて、恥ずかしい」と思う気持ちはいったん捨てて、素直に相談して対策することが大切です。

まとめ

30歳を超えてフリーターをしている人は現代社会においてたくさんいますが、その後フリーターのままでは、就職できない・結婚できない・老後に不安が残るなど、リスクはたくさん伴います。

そろそろ30歳も近いのでまずいという人も、30歳を超えてしまってますいという人も、危機を感じた段階で就職に向けて早めに動き出した方が賢明でしょう。謙虚さや積極性は大事にしたうえで、手遅れになる前に就職のチャンスはしっかりつかみにいくことが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。