30代フリーターは何が危険?バイト経験しかなくても就職はできる? | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

30代フリーターは何が危険?バイト経験しかなくても就職はできる?

30代のフリーターは、今後しっかり就職できるかどうかは、正直なところかなり微妙なラインにいると言えるでしょう。

就職は、年齢が上がれば上がるほど大変になっていきます。30代でフリーターをしている人は仕事が選びづらくなっていきますし、就職しようと思ったタイミングでスムーズに仕事が決まることはなかなかないでしょう。特に今までアルバイトの経験しかない人は、30代で初めて正社員になるハードルはかなり高いといえます。

そこで今回は、30代のフリーターはどんなところが危険なのか解説しながら、就職するために必要なポイントをご紹介していきたいと思います。

30代フリーターは何が危険?

まず、30代でフリーターをしている人は、何が危険なのでしょうか。今後ネックとなるポイントを整理してみましょう。

仕事の経験や社会人としての責任感が薄い

30代でフリーターをしている人は、新卒で就職した人と比べると、社会人としての責任感が薄くなりやすいです。というのも、30代といういい大人であるのにも関わらず、普段から責任のある立場にいないからです。

フリーターはアルバイトや派遣社員の非正規雇用で働く若者のことを言います。非正規雇用の人は、正社員とは違い、責任や現場の管理能力をそこまで求められることはありません。正社員よりは低い賃金で雇われているからです。そのためフリーターよりも正社員の方がどうしても責任感は高くなりやすく、フリーターはどこか他人に依存した生活の仕方になることが多いです。

その経験の浅さや責任感の薄さは、30代ともなると意外と大きな問題になってきます。いい大人であるのにも関わらず自立した行動がとれなかったり、人に責任転嫁するような考え方をしたり……そんな状況に陥る人は少なくありません。

30代フリーターのままでは婚期を逃す可能性大

30代のフリーターは、結婚にも不利です。特に男性の場合は、よほど将来性のあるフリーターでない限り、致命的と言っても過言ではありません。

誰だって結婚するなら安定している人、信頼できる人が一番でしょう。フリーターは収入が低いこと、安定していないことが大きなデメリットになるため、甲斐性がないと思われてしまうことが多いです。そのため30代でフリーターをしている人は、結婚のチャンスを逃してしまう人が非常に多いものです。

正社員になるチャンスはどんどん狭まっていく

30代でフリーターをしている人は、就職したいなら早めに仕事を見つけることが肝心です。なぜなら冒頭でもお伝えしたように、30代の就職は年齢が上になればなるほどどんどんチャンスがなくなっていくからです。

特に35歳以上になると、応募できるような求人は極端に減ります。即戦力として雇えるような人しか採用しようとしない企業は多くなります。特にアルバイトの経験しかない30代フリーターは、能力と経験が足りないということから、門前払いされてしまうことがほとんどでしょう。

働く気力を失って引きこもりニートになる人も

30代フリーターは、今後働く気力を失わないよう注意しなければなりません。そうなる前に就職できるのがやはりベストでしょう。

例えばもしアルバイト先や派遣先の契約を切られるようなことがあれば、また一から仕事を探さなければいけません。しかしもしそこで仕事がすぐに見つからなくなれば、それが働く気力を失うきっかけになることも多いです。

最悪のパターンは、その後ニートになって、さらには引きこもり状態に陥ることです。引きこもりになれば社会復帰することすら大変になるため、もはや就職どころではなくなります。誰もが辿る末路ではありませんが、30代フリーターにはこういったリスクもあることは、よく覚えておきましょう。

30代フリーター。バイト経験しかなくても正社員は目指せる?

30代フリーターにとって、今後就職できるのかどうかは非常に気になるポイントです。特にバイト経験しかないような人の場合は、本当に就職は大丈夫なのか心配でたまらないでしょう。

30代フリーターで、バイト経験しかない人は、正社員を目指すことはできるのでしょうか。

就職先を柔軟に考えれば就職は可能

30代フリーターでバイト経験しかない人でも、結論から言えば就職は可能です。しかしあまり仕事を選ぶ余裕はないかもしれません。就職を考えるときは、バイト経験しかない自分でもできそうな仕事を見つけることがポイントになります。

そのため就職を考えるときは、あまり特定の業界にばかりこだわらないこと、高望みしすぎないことが大切です。就職先、やりたい仕事を柔軟に考え、挑戦できそうな仕事があれば積極的に興味を示すことが必要となってきます。

就職エージェントやハローワークをフル活用しよう

30代フリーターで、バイト経験しかない人は、やはり不利であることには変わりありません。そのため自分の不利な状況は受け入れたうえで、利用できる「支援」は積極的に利用することが大事になってきます。

ハローワークや就職エージェントがその代表例としてあげられます。自分で正社員の求人を探すのはなかなか大変ですし、どんな企業、どんな業界が狙い目なのかもなかなかわかりづらいものです。

ハローワークや就職エージェントなどの就職支援を利用すれば、目指すべき業界がわかったり、面接対策をしてもらったりなど、幅広い部分でサポートを受けることができます。

30代フリーターで就職に失敗する人の特徴

30代のフリーターで就職に失敗してしまう人は、以下のような特徴を持っていることが多いです。絶対に就職したい、もう不安定なフリーターのままでいるのは嫌だという人は、以下のような特徴に当てはまらないように注意する必要があります。

また、現在進行形で就職できないことに悩んでいて、面接ではいつも落ちてばかり…という人は、もしかすると以下のような特徴に自分自身が当てはまっている可能性があります。要注意です。

仕事を選びすぎている

30代フリーターで就職に失敗する人は、求人を探す際に仕事を選り好みしすぎなところがあります。

「この仕事は疲れそうだし、この仕事は人間関係で病みそうだし…。こっちの仕事は良さそうだけど給料低そうだし…」とあれこれ考えて仕事を選びすぎてしまっているということです。

確かに誰だって仕事は楽で負担の少ないものが良いでしょう。逆に選ばなすぎてブラック企業に就職してしまっては本末転倒なところもあります。しかし選びすぎるとどうしても前に進めず、知らず知らずのうちにわがままになってしまうことは多いもの。30代フリーターで仕事を新しく見つけるなら、仕事の選びすぎにはよく注意する必要があります。

面接でやる気をアピールできていない

30代フリーターで就職に失敗する人は、やはりどこかアピール不足なところがあります。

興味のない仕事だからこそ受け答えがあっさりしすぎていたり、「なんでもいいです」「いろいろやってきました」「多分できると思います」などあいまいな表現をしてしまったり……そんな対応が目立つということです。

30代でフリーター、正社員の経験なし、もしくは少しの間しか就職していない……そのような人をわざわざ採用するのですから、やはり企業だってやる気あふれる人を採りたいはずです。そんな思いを考えずやる気アピールが不足していると、どうしても不合格になることは増えていってしまいます。

いつも「明日から本気で就活する」と思っている

30代で就職に失敗するフリーターは、「明日から本気で就活する」といつも思っている人が多いです。

つまりいつかやろう、いつかやろうと思って、やるべきことをいつまでも先送りしてしまうタイプの人になります。今は確かに毎月必要な生活費も稼げているでしょうから、「いつか就職しよう」といった心理にもなるかもしれません。

しかし後になって「ちゃんと就活しておけばよかった」と思う日は必ず来るでしょう。実際に、就職は年齢が上になればなるほど難しくなっていきます。

30代フリーターが就職に失敗しないための心得

では最後に、30代フリーターが就職に失敗しないための心得を考えていきましょう。

自分にやれそうな仕事があればチャレンジする

30代フリーターが就職に失敗しないためには、まず自分にやれそうな仕事があれば積極的にチャレンジすることが大切です。仕事の選びすぎ、高望みしすぎ、条件を多く指定しすぎなどの原因から、就職に失敗してしまう30代フリーターは多いです。

「この仕事なら少しは興味があるかも」と、やれそうな仕事には積極的に目を向けていきましょう。そうすることで、応募できる選択肢も増えていくはずです。

正社員の経験はなくても前向きに自己アピールする

30代フリーターで正社員経験のない人は、確かに自分の経験・スキルの低さを悩ましく感じがちです。

不利である状況は否定できませんが、そうはいっても後ろ向きになりすぎるのも問題です。実際にしっかり探せば、30代の就職先はまだまだあるため、面接の際には前向きに自己アピールすることが大切になります。

ちなみに正社員で働いた経験はなくても、アルバイト経験のある業界なら、その経験を買ってくれるパターンにも期待はできるはずです。

謙虚な気持ちを忘れない

謙虚な気持ちを忘れず、就活に臨むことは大事なポイントです。30代になって今から就職…ともなれば、企業から見た印象は正直良いものではありません。モラトリアムからずっとフリーターをしてきたのかな…と思われてしまうことも多いでしょう。

そんな中で少しでも偉そうな態度をとってしまっては、採否に響く可能性は高いです。経験も浅いのに年齢だけ重ねていて態度は偉そう…となっては、印象は最悪でしょう。しかし謙虚な姿勢を崩さなければ、未経験でも良い印象を持ってもらうことにはつながるはずです。

まとめ

30代フリーターが就職先を見つけるためには、就職に失敗しないために重要なポイントをしっかり押さえる必要があります。30代フリーターのままでは、今後将来における不安は見逃せない問題になりますし、就職はどんどん厳しくなっていくでしょう。

就職支援を利用したりできそうな仕事には積極的に興味を示したりしながら、就職できるチャンスはしっかりつかみにいきましょう。30代ならまだまだ就職のチャンスは十分あるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。