フリーターにおすすめのアルバイト志望動機とは?印象アップのコツ | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

フリーターにおすすめのアルバイト志望動機とは?印象アップのコツ

フリーターがアルバイトを決めるうえで、志望動機をしっかり考えることは重要なポイントになります。アルバイトとはいえ、志望動機は会社・店側からすれば、その人の採否を判断する大事な要素です。「家から近いから」といった雑な志望動機だけでは、なかなか採用を勝ち取れないでしょう。

そこで今回は、フリーターにおすすめのアルバイト志望動機について解説していきたいと思います。志望動機は自分の印象を上げる大事な要素になるため、ぜひしっかり考えていきましょう。

フリーターはアルバイト面接の際に志望動機に困りがち

フリーターにとって、アルバイト面接の際の志望動機は、意外と頭を悩ませるものです。

正直なところ「家から近いから」「時給が高いから」「シフトの時間がちょうど良かったから」といった理由でアルバイトに応募するフリーターは多いでしょう。しかしそんな志望動機をざっくばらんにそのまま伝えてしまっては、あまり印象は良くありません。

大事なのは、いかにそういった本音をうまくオブラートに包みつつ、良い印象のある志望動機を伝えられるかどうかという点です。フリーターの場合は、年齢的にもいい大人である人も多いでしょうし、アルバイトの志望動機で良い印象はしっかり稼いでいきたいものです。

フリーターやアルバイトの志望動機が重要な理由

では、アルバイトに応募するうえで、志望動機はなぜ重要なのでしょうか。まずはフリーターやアルバイトの人にとって、志望動機が重要になる理由を見ていきましょう。

志望動機がしっかりしていれば信頼性が上がる

まず、志望動機がしっかりしていれば、その人の信頼性はわかりやすくアップします。「信用できそうな人」「人柄がしっかりしてそうな人」といった印象を持ってもらえるのは間違いないでしょう。

実際、志望動機に魅力を感じて、その人を採用しようと思う面接官・責任者は非常に多いです。志望動機は自己アピールと似たポイントもあるため、やる気アピールにもつながるからです。「アルバイトの志望動機を聞いただけでやる気を感じた」「周りの手本になってくれそうな第一印象を感じた」など、好印象につながることは多いです。

志望動機が曖昧だと「すぐ辞めそう」などの悪印象に

フリーターやアルバイトの志望動機が曖昧だったり、あまりにも簡素なものだったりすると、「すぐ辞めそう」といった悪い印象になることは多いです。

アルバイトの面接の際には、基本的に最初に志望動機を聞かれるパターンがほとんどです。そのため志望動機があまり良いものでないと、第一印象から失敗してしまうということになります。

その他にも「やる気なさそう」「アルバイトで雇ったらトラブルになりそう」といった悪い印象につながることも多いです。また、人柄や背景をよく知らないからこそ、「こんな適当な志望動機しか言えないから、この歳でもフリーターなんだろうな…」なんて思われてすっかり印象がマイナスになることも考えられます。

志望動機で人柄や経歴をアピールすることができる

志望動機をしっかり考えれば、志望動機の中で自分の経歴や人柄を伝えることができます。それは自分をアピールする材料としては十分でしょう。

例えばアルバイト面接の際に、「学生の頃に飲食店で2年アルバイトをしていました。その時はアルバイトリーダーも経験してとてもやりがいを持って仕事に取り組むことができました。今回はそんな経験を活かしてお仕事ができればと思い、応募しました」と伝えたとしましょう。

この志望動機なら、飲食店のアルバイト経験があること、リーダーシップがあることなどをアピールして面接で伝えることができます。これだけで、店・会社側に「この人なら採用したい」と第一印象で思ってもらうことにつながる可能性は高いです。

フリーターにおすすめのアルバイト志望動機

では、フリーターはアルバイトに応募する際には、具体的にどのような志望動機を伝えると良いのでしょうか。経験のあるアルバイトと未経験のアルバイトに分けて、それぞれ印象の良い志望動機を見ていきましょう。

経験のあるアルバイトの志望動機

経験のあるアルバイトの志望動機は、例として以下のようなものがおすすめです。

・経験を活かしたいと思ったため
・以前経験したときにやりがいを感じたため
・以前経験したときに楽しかったため

やはり経験のあるアルバイトは、志望動機を伝えるのにもあまり苦労しないことが多いです。実際、経験のある業界の求人に応募することは不自然なことではないため、上のようにアルバイトの志望動機を伝えても納得してもらえることは多いです。

未経験のアルバイトの志望動機

迷うのはやはり未経験のアルバイトの志望動機でしょう。例えば以前は事務のアルバイトをしていたのに、急に工事現場のアルバイトに応募したのでは、面接官も不思議に思うものです。「なぜ未経験のこの業界なんだろう?」と感じられたときに、納得できる志望動機を伝えられることがカギとなります。

未経験のアルバイトの志望動機としては以下のようなものがおすすめです。

・将来や夢のために〇〇のスキルを磨きたかったため
・友人がしていたアルバイトが楽しそうで興味を持ったため
・経験はないが以前から憧れを持っていた仕事だったため

なぜ興味や憧れを持ったのか、なぜ挑戦しようと思ったのか、そのポイントをより詳しく伝えられるともっと理想的です。未経験でも採用したいと思ってもらえるかどうかをよく考え、志望動機を伝えていきましょう。

フリーターがアルバイト志望動機に突っ込まれて困るパターン

アルバイト面接で志望動機を伝える際には、ただ伝えて終わるパターンも多いですが、時には志望動機について面接官の方から質問をしてくることがあります。実際、質問をされるとは思っておらず、突っ込まれたポイントの説明に困ったことのある人も多いでしょう。

もし詳細を突っ込まれたときに戸惑ってしまっては、印象もやはり悪くなります。なるべく良い印象を持ってもらうためにも、質問が来ても困らないよう詳細はしっかり考えておくことが大切です。

ここからは、フリーターがアルバイトの志望動機に突っ込まれて困るパターンを見ていきましょう。

「なぜうちの店なの?他の店はダメなの?」

意外とよくあるのが、「他の店ではダメなのか」という質問のパターンです。確かに当然の疑問と言えるでしょう。

例えば飲食店で働きたいというのなら、店はどこでも良いといえばその通りになります。なぜその店ではならなかったのか、レストランや居酒屋ではなくカフェが良い理由、そして他のカフェではなくそのカフェが良い志望動機を、しっかり伝えていく必要があるでしょう。

ちなみに言ってしまえば、「他の店でも良いけれど、ちょうど良くその店の求人があったから」という本音があるのは事実でしょう。ですがそうはいっても、当然その本音を伝えるわけにはいかないでしょう。

他の店ではダメなのか突っ込まれた場合は、以下のような答え方がおすすめです。

・「将来〇〇になりたいと思っているため、この仕事で得られるスキルと知識を活かしたいからです」
・「以前こちらを利用させてもらったことがあるのですが、その時は従業員の方の対応のすばらしさに感動しました。私もぜひ勉強させていただきたいと思ったので、今回応募いたしました」

このように理にかなった詳細を伝えられれば、志望動機に対して突っ込まれても悪い印象は抱かれないでしょう。

「今までと全く違う職種だけどなぜ興味を持ったの?」

未経験のアルバイトをするときは、やはり興味を持った理由を明確に伝えられるのが理想的です。まったく縁のないような仕事なら、確かに店・会社側も疑問を持つものです。そのため話の流れで「どうして今度はこの業界なの?」と突っ込まれることは多いでしょう。

興味を持った理由について突っ込まれ答えに困ったときは、先ほども触れましたが友人知人に影響されたこと、もしくはテレビや雑誌を見て興味を持ったなどの理由も自然でおすうめです。

以前から興味を持っていたと伝えるにしても、やはりそのアルバイトに関心を持ったきっかけは説明できると良いでしょう。ちなみにただ「興味を持った」と一言伝えるだけでは不十分なので、「接客のすばらしさに憧れた」「商品について詳しく説明できることやお客様の相談に乗れることに憧れた」といった具体的なポイントを伝えられるのが一番です。

「前のバイトを辞めたなら就職は考えなかったの?」

フリーターの場合、なぜ就職しないのかというポイントを突っ込まれることも多いでしょう。なぜ前のバイトを辞めたときに就職しなかったのか、気になる人も多いはずです。

ちなみにこれは志望動機とは直結しないことも多いため、あまり答えたくない人も多いかもしれません。ただ、「答えたくありません」「それって答えないとダメですか?」と言ってしまうのはあまりに印象が悪いため、なるべく他の理由をそれとなく伝えておけるのが一番でしょう。

「将来〇〇を目指しているので、フリーターをしています」と素直に夢ややりたいことを伝えるのは問題ないでしょう。もし言いたくないなどの事情があるときは、「家族の介護や看病のため」といったような家庭の事情を出しておくと良いかもしれません。

ちなみに面倒臭さから就職したくなくて…と伝えてしまうと、「仕事に対してやる気がない人」と思われてしまうため、伝えない方が良いでしょう。

まとめ

フリーターやアルバイトにとって、面接のときに志望動機はどう伝えるべきか悩むポイントになります。正直なところ家から近かっただけ…という志望動機の人も多いでしょうし、そんなときはどんな志望動機にするか迷うものです。

志望動機はその人の人柄や経歴を知るうえで重要なポイントになります。志望動機がしっかりしていれば人柄の良さは自然と伝わりますし、好印象につながることは間違いありません。ぜひ志望動機はしっかりと考え、印象アップに役立てていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。