フリーターから正社員になるために必要な心がけ・最適な就活方法とは | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

フリーターから正社員になるために必要な心がけ・最適な就活方法とは

フリーターから正社員になるためには、自分に合った就活の方法を見つけること、そしてフリーターならではの不利なポイントなどを見極めることが大切です。

アルバイトとして働いているとはいえ、やはりフリーターから正社員に就職するのはそこまで簡単なものではありません。意外と就職活動が難航し、このままフリーターの状態が続いたらどうしよう…と自信を無くしてしまう人も多いです。

そこで今回は、フリーターから正社員になるために必要な心がけと、自分にとって適している就活方法の見極め方について解説していきたいと思います。

フリーターから正社員になるのは意外と大変?

フリーターから正社員になることは、実は本人が感じているよりも意外と難しいことです。必ずしもフリーターの延長線上に、正社員になることが約束されているわけではないでしょう。まずは、フリーターから正社員になるのはなぜ大変なのか、その理由を見ていきましょう。

社会的経験値が低いフリーターは能力に不安要素がある

まず、フリーターは正社員として就職活動を行う際に、企業側にあらゆる不安要素を感じられがちなところがあります。

フリーターは正社員として働いてきている経験値が低いため、責任感や積極性、リーダーシップなど、仕事の能力にマイナスポイントがあると思われてしまうのです。

もちろんフリーターからすんなり正社員に就職できる人もいますし、フリーターの全員が責任感に欠けるわけではありません。ただ、傾向として、どこか精神的に自立していないという印象がついてしまうのは事実なのです。

本人が正社員就職に乗り気になれないことも多い

そもそもフリーターの場合は、本人が正社員就職にいまいち乗り気になれないパターンも多いです。

フリーターは、社会的な信用が低いため、責任もそこまで重くありません。言ってしまえばフリーターという立場は正社員と比べてとても楽なので、本人がなかなかそのぬるま湯から抜け出せないことが多いのです。

そのため正社員を目指して就職しようとしても、なかなかモチベーションが上がらず、面接の際にも本気でやる気をアピールできないことがありがちです。

フリーターから正社員になるモチベーションの上げ方

フリーターから正社員になるためには、まず自分自身がぬるま湯から抜け出すために、就職するモチベーションを上げることが重要なポイントになってきます。フリーターから正社員になるモチベーションの上げ方を見ていきましょう。

正社員になると収入がアップすることをモチベーションにする

フリーターから正社員になれば、収入はアップします。確かに最初はそこまで給与の金額も変わらないかもしれませんが、正社員になれば長く働くことで出世も可能になり、給料アップも望めます。

さらに正社員になればボーナスがもらえるようになります。アルバイトなどの非正規の状態でボーナスが支給されることはあまりないため、フリーターから正社員になれば収入がアップすることは間違いないでしょう。

親など周りの人を安心させられることを考える

フリーターから正社員になれば、親などの周りの人を安心させることができます。親はやはりいつでも子供の将来が心配なもの。息子・娘がいつまでもフリーターをしていれば、正直将来に対して不安で仕方がないでしょう。

実際、フリーターをしていることに対して、親に後ろめたさや気まずさを感じている人は多いはずです。早くフリーターの状態から抜け出して正社員になれば、そんな気まずさからも解放されるでしょう。

フリーターを長く続けるリスクを認識しておく

フリーターを長く続けると、正社員になるのはどんどん難しくなります。年齢を重ねればそもそも働き口は少なくなっていきますし、フリーターを長くやっていることのマイナス点は大きくなっていきます。正社員になって働くモチベーションも落ちていくでしょう。

実際にフリーターの状態からニートになり、最終的には引きこもりになり……という最悪のパターンに陥る人もいます。経済状況もいつまでも充実せず、精神的な不安を抱えた毎日になります。そんなリスクを考えれば、早いうちにフリーターから正社員にならなくては、という気持ちにもなれるはずです。

フリーターから正社員を目指すために必要な心がけとは

フリーターから正社員になるためには、しっかり仕事を見つけるために以下のような心がけに注意する必要があります。

特定の仕事・職種にこだわりすぎないことが大切

大事な仕事のことですから、職種や仕事内容をこだわりたい気持ちはわかります。ですが、フリーターの期間が長ければ長いほど、就職は難しくなる傾向にあるため、なるべくこだわる気持ちは抑えた方が良いでしょう。

もちろん「こんな仕事に就きたい」という希望はしっかり持つ必要があります。しかしいつまでもやりたい仕事にばかりしがみついていると、なかなか就職が決まらず、自分自身の首を絞めることになります。仕事の内容は柔軟に考え、自分にやれそうな仕事には前向きになっていくのが望ましいです。

生活リズムが乱れがちな人はまずは整えるところから

普段から生活リズムが乱れがちで、昼夜逆転の生活を送っていたり、生活サイクルが安定しない過ごし方をしていたりする人は、まずはその生活習慣を整えることから始めてみましょう。

フリーターになると時間に自由があることが多くなり、生活サイクルも乱れがちになります。そのせいで就活がうまくいかない、働く意欲がわかないという人は多いため、まずは一般的な社会人と同じ、規則正しい生活を送れるように生活習慣を正していきましょう。

自分に合った仕事・自分でもできる仕事を見極める

フリーターから正社員になるためには、自分に合った仕事を見極めること、そして自分にできる仕事をしっかり見つけることが重要なポイントになります。

フリーターから正社員になるときは、仕事の見つけ方が大事になってきます。ある程度年齢を重ねている人も多いでしょうから、新卒のときと比べて求人が売り手市場…というわけにはいかなくなってくることも多々あります。

そのため、今の自分にはどんな仕事ができるのか、スキルや経験がなくてもできる仕事はあるのか、人手不足で採用されやすい業界はどこなのかなど、よく考えて仕事を見つける必要が出てきます。

フリーターから正社員になるときは、高望みはしないようにしながらこだわりは抑えつつ、自分にできる仕事をしっかり見極めていきましょう。そうすることが、スムーズに就職するカギにつながっていきます。

フリーターから正社員になるための最適な就活方法

では、フリーターから正社員になるためには、どのような方法で就活するのが良いのでしょうか。自分の頑張りだけで就活して正社員になるのは、そこまで簡単なことではありません。支援サービスや制度など、利用できるものは積極的に利用するようにしましょう。

サポートの厚い就職エージェントがおすすめ

フリーターから正社員になるためには、最適な就活方法として「就職エージェント」が挙げられます。

就職エージェントは、就職の支援をしてくれる会社・サービスのことで、フリーターから正社員を目指す多くの人はこの就職エージェントを積極的に使っています。就職エージェントに登録すれば自分に専用の担当者が付くため、応募すべき求人や就職に関する不安などを積極的に相談することができます。

また、就職エージェントには、一般的な求人サイトや情報誌に載っている以外の求人、いわゆる非公開求人も数も多いです。フリーターから正社員を目指す人を積極的に支援している会社もあるため、就職が不安な人は積極的に活用してみましょう。

ハローワークとどちらが良いか迷ったら両方活用

就職エージェントの他にある就職支援といえば、身近なものでハローワークがあります。ハローワークは公的なサービスなので、年齢問わず自治体のものを利用することができます。ハローワークは地元の会社とのつながりが深いため、地元で正社員を目指す人には特におすすめです。

ちなみに就職エージェントとハローワーク、どちらを利用すれば良いのか迷う人は多いでしょう。そんなときは両方利用するようにしましょう。ハローワークにも就職エージェントにも、どちらにも通い、自分が応募できそうな仕事を紹介してもらうことです。

繰り返しになりますが、フリーターから正社員になるための求人はそこまで多いわけではありません。それなら利用できる支援サービスは、積極的に利用した方が効果的ということです。

バイト先の正社員登用制度に期待しすぎるのは危険?

フリーターであれば、バイト先の正社員登用制度に期待もしたくなるでしょう。フリーターから正社員になることを考えるなら、確かに今のバイト先で正社員にしてもらうことが一番手っ取り早いといえばそうかもしれません。

実際、正社員登用を積極的に行っている会社なら、バイトから正社員を目指すこともかなり現実的でしょう。ですが「ずっとバイトしていれば正社員にしてもらえるはず」と淡い期待を寄せすぎるのは、少々危険です。

会社・店によっては、長く働いてくれようとも、特に正社員にしようとは考えていないところもあります。正社員登用制度があるとはうたっていても、ほとんどバイトから正社員の採用は行っていない会社も多いです。

自分のバイト先は、このままいて正社員になれるような職場なのかどうかをよく考えておきましょう。正社員になりたいなら一度責任者に相談してみて、可能性はあるのかどうかをしっかりチェックすることも忘れないでおきたいところです。

まとめ

フリーターから正社員になることは、意外と苦労することも多いものです。人によってはフリーター期間が長いからこそ、なかなか正社員になるモチベーションが上がらず、就活が難航することも決して珍しいことではありません。

フリーターから正社員を目指すなら、まずは自分の就活に向けてのモチベーションを上げること、そして確実に仕事を見つけるための支援を利用することなどを考えて、ぜひ自分に合った仕事を探していきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。