フリーターは何が悪い?就職しないことの決定的なデメリットとは | ニート・フリーター・退職代行のおすすめ情報

フリーターは何が悪い?就職しないことの決定的なデメリットとは

フリーターで働いている人で、「フリーターで何が悪いの?」と思っている人は一定数いるものです。

確かにフリーターとはいえ生活費はしっかり稼いでいる人は多いでしょうし、立派に貯金している人もたくさんいるでしょう。そうなると「何が悪いの?正社員とそんなに変わらないじゃん」と思う心理にもなるものです。

しかしそれでも、一般的に見て、フリーターというものへの世間からの風当たりはきついもの。フリーターというだけで悪いイメージを持たれてしまうことは多いです。

そこで今回は、フリーターは何が悪いのか、就職しないことの決定的なデメリットについて考えていきたいと思います。

フリーターで何が悪い?働いてるし!…と思っている人は注意

現在フリーターをしている人で、「フリーターで何が悪いの?」と考えている人は多いかもしれません。

しかし正社員にならないこと、いい大人になってもアルバイトのままでいることは、本人が考えている以上にいろいろなデメリットやリスクを持つものです。今は確かに稼げているからこそ「何が悪いの?」と思ってしまいがちですが、将来的に見れば、フリーターでいることは不利に感じられることは多いです。

フリーターで何が悪い?とまさに今感じていて、世間の風当たりのきつさを疑問に思っている人は要注意です。「今」だけではなく、「未来」のことにも、もっと視野を広げてみる必要があります。

フリーターで何が悪い?と感じてしまう人の特徴

フリーターで何が悪い?と思ってしまう人は、どんなタイプ・行動パターンの人に多いのでしょうか。まずは、フリーターで何が悪いと感じてしまう人の特徴を見ていきましょう。

将来に対する意識が低い

フリーターで何が悪いと感じる人の多くは、一般的な社会人と比べて、将来に対する意識が低い人です。

将来に対する意識が低い人は、普段からあまり将来のことは考えず、「今が良ければそれで良い」という考え方についなってしまいます。未来のことに向けて何か予定を立てて準備をしたり、そのために慎重な行動を取ったりすることを苦手とする場合も多いです。

責任感が欠けている

フリーターで何が悪いと感じてしまう人は、どこか責任感のない行動・発言をしてしまうところがあります。

自分の見の周りのことは自分の責任という考え方をなかなか持てないため、自己中心的な行動を取ることも多いです。周りの人に責任を押し付けたり、責任を考えずに開き直るような発言をすることも多いでしょう。そのため周りから信頼を勝ち取ることができず、悪い印象を持たれることもありがちです。

フリーターは何が悪いのか?決定的なデメリット

フリーターで何が悪いと感じてしまう人は、そもそもフリーターにはどんなデメリットがあるのか、その点についても理解をしていないことが多いです。ついフリーターであることのデメリットやリスクから目を背け、「なんとかなる」といった雑な考え方をしてしまいます。

フリーターで何が悪いのか、理由を知るためにも、決定的となるデメリットを考えてみましょう。

フリーターは正社員に比べると圧倒的に収入が低い

フリーターは正社員に比べると、圧倒的に収入が引く傾向にあります。フリーターはアルバイトなどの非正規雇用で働く人のことを言いますが、非正規雇用の人は職場の中では大きな仕事を任されたり発言を求められたりするようなことはありません。

つまり重い責任が伴う立場でないからこそ、賃金も安い傾向にあるのです。賞与、いわゆるボーナスもなければ、その他の手当てがもらえることもあまりありません。

では、収入が低いことは、何が悪いのでしょうか。当たり前ですが、収入が低ければ貧乏で困ることも増えてきますし、貯金もできません。一般的な社会人と比べると、かなり水準の低い生活を強いられることも増えてくるでしょう。

フリーターは社会的な経験値が低い

フリーターで何が悪いと感じてしまう人は、自分の社会的な経験値の低さや能力面での頼りなさを客観視できていないことが多いです。

「それなりにバイトは続けてきているし」と感じるかもしれませんが、アルバイトや派遣などの非正規雇用の立場で培った経験や能力と、正社員として働いて培ったそれには、大きな差が出ます。それはやはり、正社員の方が立場が上だからでしょう。

フリーターのままでいると、社会的な経験値がいつまでも低いまま、そんなデメリットに悩むことになります。周りの社会人はしっかりリーダーシップを持って部下を指導・教育していけるのに、自分はずっとバイトの立場だったがために部下を指導する力はない…そんな能力の格差に苦悩することになるのです。

フリーターには将来に対する保証が何もない

フリーターには、将来に対する保証がありません。正社員であればリストラにあったり病気になったりするなどのことがなければ、基本的に定年まで働ける保証が強いものです。

しかしフリーターの場合は、非正規雇用という時点で、いつかは契約を切られてしまうかもしれないリスクが伴います。フリーターで何が悪いと思う人は多いかもしれませんが、いつまでもその職場で働けるわけではない、という問題は見過ごせない問題になります。

フリーターは信用を勝ち取りにくい

フリーターは、正社員で仕事をしている人と比べて、信用を勝ち取りにくいところがあります。

では、世間一般で言う、「信用」とはどんなことを指すのでしょうか。それは主に、その人が一人の大人として安心できる経済力を持っているのかという点になります。

ではそんな信用がないとフリーターはどんなところで苦労するのかと言うと、例えば身近な例で言うと、クレジットカードやローンの審査に通らなかったり、マンションやアパートを自分名義では借りれなかったりなど、そんなリスクが伴う点があげられます。

確かにフリーターでも稼いでいれば問題なく審査に通る場合ありますし、フリーターでも入居をOKしてくれる賃貸物件はあります。しかし経済力に関して、正社員と比べれば信用がないのは明らかなことでしょう。先ほども触れた通り、フリーターは雇用の安定性もありません。

フリーターで何が悪いと思う人は意外とたくさんいますが、このように信用を勝ち取りにくいことはなかなか厄介なことです。ちなみに経済力を不安視されて結婚できなくなる、そんなデメリットも可能性の一つとしてはあげられます。

フリーターで何が悪い?…ではなく、将来のために就職しよう

フリーターで何が悪いと感じることは自由ですが、実際のところそのように将来のことと向き合わず過ごしているばかりでは、今後苦労することも出てくるのは明らかです。

フリーターで何が悪い?と思うのではなく、なるべく早めに自分の将来と向き合って、就職することを考えるのが一番でしょう。ここからは、就職するために意識しておくべきポイントを見ていきたいと思います。

まずはフリーターでいることのデメリットを認識するところから

まずは、フリーターでいることのデメリットをしっかり自分で認識することからです。

フリーターで何が悪いのかと感じてしまうということは、将来に対するリスクやデメリットを実感できていないということになります。「いつかどうにかなる」といった考え方で、悪い意味で将来を楽観視してしまっていることが考えられます。

もし今のようにこのままフリーターで、年齢だけ重ねていったとしたら、自分の5年後、10年後、20年後の未来はどうなっているのか……イメージを膨らませてみましょう。将来について少し考えてみただけでも、「まずいかもしれない」と思える人は多いはずです。

自分と同年代の正社員の友人知人と、自分を比べてみるのも良いでしょう。このまま年齢だけ重ねれば、フリーターの自分は彼らとどれくらい差がつくのか……考えただけでもぞっとする人は多いはずです。

就職支援を利用して自分にできる仕事を探そう

フリーターの就職は、実はそう簡単にうまくいくわけではありません。特にある程度年齢を重ねてしまい、20代後半、30代前半……年齢が高くなると、就職はますますしづらくなってきます。やはり若い人を企業は積極的に採用するからです。

就職先を見つけるなら、求人サイトをただ眺めているだけでなく、ハローワークや就職エージェントなどの就職支援を利用するのがおすすめになります。その方が就職に関するあらゆる情報をキャッチしやすくなりますし、自分に合った仕事も見つけやすくなります。

不安に感じる面接の対策も徹底的にしてもらえますし、困ったことがあれば担当に相談することも可能です。フリーターだからこそ今さら就職できるか不安……と思ったら、ハローワークや就職エージェントなどの就職支援を積極的に利用するようにしましょう。

どうしても働くのが億劫なら負担の少ない仕事を選ぼう

ニートで何が悪いのか、と感じてしまう人は、どうしても働くのが嫌で……といった考え方を持ってしまうことも多いでしょう。実際に長くフリーターを続けていれば、ぬるま湯から抜け出したくない心理もあるかもしれません。

どうしても働くことが億劫なら、なるべく負担の少ない仕事を選んで就職するのがおすすめです。人とのコミュニケーションが少ない工場作業の仕事や、清掃、事務職、警備員などは、比較的負担の少ない仕事と言われています。

とはいえ何をもってして負担が少ないと考えるかは人それぞれでしょう。どんなポジションに配置されるかでも、大変さは変わってきます。どんな仕事なら負担が少ないかをしっかり判断して、自分に合った仕事を見つけていけるのが一番でしょう。

まとめ

フリーターで何が悪いのかと感じてしまう心理は確かにありますが、現実問題として、フリーターのままでは何かと不利益を被ることは多くなりがちです。後になって苦労するのはやはり自分自身ですから、なるべく早いうちにフリーターの状態からは抜け出したいものです。

就職のために重い腰を上げるには、やはりフリーターでいることのリスクを認識することが一番でしょう。このままではまずいかも……と思うためにも、早めに就職しないリスク・デメリットについては理解しておきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。